CBN Bike Product Review
TOP >  ブレーキシュー・パッド > 

SHIMANO DURA ACE ブレーキシュー R55C4


 
ichello  2014-4-28 9:51
このエントリーをはてなブックマークに追加
SHIMANO DURA ACE ブレーキシュー R55C4
購入価格 ¥3,080(定価)×2ペア

【マヴィックSSCを使い続ける】

レースに出る訳でもなく、そんなに機材にうるさくなく(いやそれは無い)、ただ何時もと同じ感覚で楽しく走れればそれだけで幸せなサイクリスト故、相変わらずブレーキキャリパーにはマヴィックSSCを愛用中です。

http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=537&forum=18

上記キャリパー、引きの軽さやコントロールのし易さが気に入っており、当時はデユラエースよりも軽くて安価でしたので、事実上、私にはこれしか選択肢がありませんでした。購入後2年程して製造中止のお知らせ。冒頭の理由であれこれ部品を変えることで、フィーリングが変わるのが嫌なので、3セット程ブレーキシューを買いだめしてありました。

【補修部品が無くなった・さてどうするか?】

で、最近、最後の1ペアも使い切ってしまいましたので、思案の末9000系に船毎交換しました。丁度9000系がリリースされ、デリバリーされた直後にオーダーしたのですが、即入荷。シマノやるなあ。



お値段1ペア(定価で)3,080円。これを安価と言えばいいのか高いと言えばいいのか判断に迷いますが、カンパのブレーキシューは船から抜きづらい とか 多分シマノより高いんだろうなと深く考えずに9000系。9000系のブレーキそのものが大変良いのはブレーキシューの性能向上も一因などというネットのウワサも散見していたので試してみました。

【9000系のブレーキシュー】

初めは戸惑いがありましたが3日で慣れました。恐らく、一皮剥いてからで無いと本来の性能が出ないパーツなんだと思います。

よく、カンパのブレーキキャリパーと9000系以前のシマノのブレーキキャリパーの特性の差についてのコメントを見ますが、SSCはどちらかと言えばカンパについてのコメントに近くて、握り込むと制動力を増していくタイプのブレーキだと思います。昔のVブレーキ等もそうなのですが、シマノのシューは正しい言い方かどうかはわかりませんが多少「硬くて」、効き始めにリムを掴むときの食いつきみたいなものは鋭いけれど、そのあと握りしめるとヤスリの様にリムを研ぐだけで、コントロール製に難があったと思います。

SSC+9000系シューの組み合わせは、制動力の立ち上がりが、純正同士の組み合わせより少し早いかなとは感じますが、ブレーキレバーを握り込んでいった時の「粘り」の様なものを感じます。この「粘り」みたいなものは、例えばブレーキを当て効きさせる際にもとてもフィーリングが良く、コーナーにオーバースピード気味で飛び込んでしまった時に、ラインが膨らみそうになって、当て効きで少しスピード殺したりする時などにも、違和感無く、安心感をもって使えます。

【総 評】

合成樹脂製の部品は経年劣化等もありますので、純正に拘らず、最新のものに交換して行った方が安心です。カンパももちろん、こうした消耗品のサプライの努力はしていると思いますが、国内だとシマノの入手性の高さにはやはり安心感があると思います。

一方配線、ワイヤー類のフレーム内への内装化が進み、フリクション(=引きの軽さやレスポンス)が悪くなる傾向から、カンパも11速化を機に、ブレーキのレバー比を見直しましたし、シマノも7900→9000系への更新の際に同様の理由からか、ブレーキのレバー比を見直しています。カンパでは10速/11速エルゴでのレバー側のレバー比の変化はそれほど大掛かりなものではなく、事実ブレーキキャリパーは同一のものでの互換性を保持していますが、SSCを11速のエルゴで引いてみると、ワイヤの余長が多いと、良く効くところまである程度握りこまなけれあならず、余長さを小さくすると、調整幅が少なくなるというジレンマを感じます。

メーカー推奨外の使い方なので致し方ありませんが、ブレーキというのは、間接的に路面状況やリムとのコンタクト等を手に伝える大事な手段なので、もう少し感覚的に違和感ないところまで調整を追い込んで行きたいなと感じました。

総じて良いものだと思いますので、5700/6700/7900系を使っていらっしゃる方は交換時にこちらを選ぶのも「アリ」なんじゃないかと思いました。

※写真は交換後のブレーキキャリパー全景、シューホルダーが黒なので真っ黒けっけになり、いい意味で「テクトロ」っぽいチープさになってます。全然気にしないけど、、、





価格評価→★★★☆☆(船ごと変える必要無かったのかも、、)
評   価→★★★★☆(悪く無いです)
<オプション>
年   式→2013
カタログ重量→ g(実測重量 未計測g)
 
baru  2017-1-23 23:55
このエントリーをはてなブックマークに追加
SHIMANO R55C4
購入価格 ¥1100 (シューのみ・4個入りセット)

SHIMANOのロード用キャリパーブレーキ向けシュー。オールラウンドに使えるタイプ。


■購入動機
9000系Duraの登場とともに登場したブレーキシューです。今は店で置いてあるシューも大体これ。事実上、SHIMANOのアルミ用ではほとんどの人がコレを使っているはずです。

私も例にもれず、普段はコレを使っています。


■製品概要
実測重量は11g/2個。付属のボルトは黒色です。


■使用感
普段の練習、ブルベ等のロングライド、レースでも大体コレを使っています。

-----

現在手に入るSHIMANOのロードバイク向けアルミリム用シュー(カートリッジタイプ)は以下の2種類です。

 ・R55C4(本製品)
  →オールラウンドタイプ。
 ・R55C+1
  →リムへの攻撃性を低めたタイプ。

R55C+1のレビューは以下を参照してください。

 SHIMANO R55C+1
 http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=10394&forum=23&post_id=25483#forumpost25483
 
上記レビューにも書いた通り、私は雨ライドの時はあえてR55C+1を使っていましたが、これは誤った使い方でした。

ウェット条件では、R55C4は明らかにR55C+1よりも制動力が上です。ただし、やはりドライ条件に比べると大幅に制動力は低下するので注意。雨ではカーボンリムとカーボンシューの方がよく止まる気がします。SHIMANOの公式スペック表でも、カーボン用シュー(R55C4 for carbon)の方がウェット時の制動力は上であると明記されています。

また、R55C+1のレビューでは「ドライ条件だとR55C4と比べても大して制動力の違いは感じませんでした。」とは書きましたが、取り替えて比較してみると、確かにR55C4の方がドライ条件でも制動力は上です(微妙ですが)。その分リムは削ってしまいますが、私はどんな条件でも制動力が高い方を選びたいです。

寿命は大体3~4000km程度。私は3ヶ月を目安か、もしくはブルベの直前などに交換することにしています。


なお、2個入りのパッケージと4個入りのパッケージが存在します。4個入りの方が単価が安くなるので、私はいつも4個入りで買っています。


■まとめ
ドライ、ウェット両方共オールマイティに使えるシュー。ただし、それなりにリムは削れてしまう点と、ウェットでは制動力が大きく低下する(リムとの相性にもよる)点には注意が必要です。

私は今後はR55C+1は使わず、こちらを指名買いする予定です。


価格評価→★★★★☆(性能から考えると安い)
評   価→★★★★☆(雨での効きは今ひとつだが、他は満足)


SHIMANO DURA ACE ブレーキシュー R55C4 を購入する

| 楽天市場 | Wiggle | CRC














新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2017-2-22 21:10  baru
redshift SHOCKSTOP  (ステム)  2017-2-21 21:32  baru
SHIMANO SH-XC31  (シューズ)  2017-2-20 21:34  baru
SHIMANO SH-RC700(RC7)  (シューズ)  2017-2-15 21:41  baru
自転車あるある  (JOKE)  2017-2-14 0:45  hitaka
SHIMANO DURA-ACE PD-7900  (ペダル)  2017-2-9 22:02  baru
パワーストーン  (JOKE)  2017-2-9 21:30  Qtac












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review