CBN Bike Product Review
TOP >  その他(パーツ以外) > 

SPECIALIZED BG-FIT


 
momochi_gyugund  2011-12-28 20:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPECIALIZED BG-FIT
購入価格 ¥21000

11月13日のレースをもって、私の2011年シーズンは終わった。
毎年この時期になると始まるのが「ポジション探しの旅」である。

私は以前からポジション探しの旅に出ると長く、
クリートの位置を1ミリ動かしては1カ月も2カ月も答えが出せないことがままある。
不思議なのは、元に戻しても違和感が取れないことだ。
ほぼ毎回、もとのポジションに戻して「余計なことしなけりゃよかった」で終わるのが常である。
わかっちゃいるんだけど「もっと自分の力を引き出せるポジションがあるかもしれない・・・」
との考えにとりつかれ、今年もまたぞろ同じ迷宮にいざなわれてしまうのだ。

今年は一念発起して雑誌で評判のBGFITを受けてみることにした。
今まで自分の感覚だけが頼りの我流でやってきたので、
他者の目―――とくに理論的なもの―――を入れてみたいと思ったのだ。
また、論理的にポジションを煮詰めていく考え方を盗むつもりもある。

私の住む地方でもBGFITはなかなかの人気のようで、
受講できるのは平日のみにもかかわらず少なくとも半月前には予約は埋まってしまう。
たまたま有給休暇と予約を取れる日が重なったので・・・迷わずGOだ!

予約が確定すると、お店よりアンケートのメールが来た。
それには、自転車に乗る目的(強度、頻度なども含む)、現状での問題点の有無、目指すところ、などを記述する。
「月1000km程度、目標はヒルクライムレースでの自己ベスト更新と上位入賞、上りでより力が入るポジションの模索と下りの安定感を向上、現状で痛いところなど特に不都合はない」
こんな感じで書いて返信した。
また、当日はボトル、ウェアなども含め、普段自転車に乗る状況で来店するように、とのこと。

12月某日。当日朝。開店前に店内で待ち合わせ。
まずは乗り手の身体測定。
股下計測、ペダリング時の足幅計測、運動靴で足踏み・スクワット時の足幅計測、
体の柔軟性計測。
続いて、ローラー台にかませた自転車に乗って、ペダリング時の膝角度などの測定。

これによって導き出された私の身体的特徴は
・体は固い
・足首も固い(この項目だけ、意外であった)
・ややO脚である
・左足つま先だけがやや外を向いている(右足はまっすぐ)
・スクワット、ペダリング時ともに、左膝を曲げる時に内側に入るクセがある

これらは、ほぼ普段から自覚していることと一致する。
変更前のポジションはこうだった。

股下77cm
サドル高692mm
サドル後退幅67mm
ハンドル落差49mm
上死点での膝関節角度110度
下死点での膝角度(右)36度
下死点での膝角度(左)36度
クランク水平時の膝位置(右)-10mm
クランク水平時の膝位置(左)-5mm

まとめると、「サドルはやや低く、後退幅が大きい。ハンドル落差は少なめ。標準よりも後ろ乗りである(標準とは、膝の皿から垂線を下ろしたとき、ペダル軸を通るというもの。それよりも後ろ乗りだから数値がマイナスとなっている)」

このポジションは
○低め、後ろ乗りは回転重視、持久力重視には良い
▲一方、大腿四頭筋などの「踏む筋肉」が極端に使えていない
○下ハンを使いこなせている
という評価だった。

その後、ローラーを30分ほど回し、試行錯誤の末・・・

サドル高692mm→699mm
サドル後退幅67mm→50mm
ハンドル落差49mm→60mm
上死点での膝関節角度110度→115度
下死点での膝角度(右)36度→31度
下死点での膝角度(左)36度→32度
クランク水平時の膝位置(右)-10mm→-3mm
クランク水平時の膝位置(左)-5mm→+2mm

こうなった。
変更点をまとめると「サドルを7mm上げ、10mm前に出した。その結果、以前より前乗りになり、膝角度に余裕ができた。ハンドルは動かしていないので、その結果落差は11mmほど大きくなった。」

さらにこの後、店員さんを悩ませたのが私の左膝。
どうにも「左膝が納得してくれない」(店員さん談)のである。
具体的には、クリート位置、サドル高・後退幅どれを微調整しても、左膝だけが5mmほど前に出てしまうのである。
「ひょっとして・・・」と、足の大きさが左右で違うのではないか、というところも調べたが同じであり、結局どうやらなかなか頑固なクセのようであるということになった。
「しばらく様子を見ましょう。膝が互いに平行に、地面に対して垂直に上下するように意識してください」とのこと。

総所要時間3時間弱。客観的な目でポジションを見直す、有意義な時間であった。
午後、そのままいつものコースを走りに行った。
▲まだ新しいポジションに慣れていず、上下に踏み抜くペダリングになってしまい違和感がある。
○一方で、加速は明らかにしやすくなった。
下ハンをグッと引き、前乗りに移行しながら踏みこむと今までよりも明らかにラクにスムーズに加速ができた。
・上りで強度を上げると、違和感はあまり感じなくなった。
○以前から上りで淡々とTTをするような場面では前乗りになっていたので、ちょうどよいところにサドルのサポートが来たという感じである。

しばらく慣らしてみるつもりだ。
一ヵ月ほど後に、術後の経過を見せに行く予定。

価格評価→★★★☆☆
評   価→★★★☆☆
評価は今のところ何とも言えず。経過を追ってまた報告します。
 
momochi_gyugund  2012-2-29 19:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPECIALIZED BG-FIT
購入価格 ¥ 21000

後日談。

「術後のサポートもします」とのことだったが、BGフィット初回から数えること二ヶ月余。
実は、この二ヶ月の間に、ポジションは元に戻ってしまっていた。
一度目のレビューの際に膝の違和感について言及していたが、
それはしばらくの慣らしを経た後でも消えることはなかった。
それどころか痛みに発展してしまったため、少しずつサドルを下げ、後ろに戻し・・・
としていたところ、結局もとのところに落ち着いてしまったのである。
しかも私のポジション探しの旅の常の例にもれず、
今回も元に戻した後の違和感が残ってしまった。
心を入れ替えて浮気相手と縁を切って正妻のもとに戻ってきたはいいものの、
そう簡単には私の不貞は許してもらえないようである。

というわけで、BG-FITは無意味だったか・・・
といえばそういうことになるのだが、色々と思うところはある。
ポジションについて、ここまで深く悩んだことは初めてだったからだ。
以下、悩んだ結果の現在の結論について記す。
あくまで個人的感想としてお付き合いいただければ幸いである。

----------------------------------------------------------------------------

【優先順位が高いもの】

・サドル高さ

・サドル後退幅

・クリート左右位置(Qファクター)
Qファクターは個人の好みに過ぎず、わりとどうでもいいとする考えもあるようなので、話半分で聞いてください。
私の場合、これはけっこうシビア。
BGFITでの測定結果によると私の骨盤幅(サドルの坐骨で支えているところの幅)は
144ミリでけっこう広め(愛用しているSLRが「狭すぎる」との指摘を受けた)。
ゆえにクリート左右位置も広めがいいとのことだったのだが、
私の場合これを広めにとるとただでさえ内股気味の膝がさらに内に入ってしまい、膝に違和感が出る。

【優先順位が低いもの】
これは「どうでもいい」というわけではない。
ただし、最近気付いたのだが、これら「優先順位が低いもの」は比較的寛容に対応でき、
かつ「優先順位が高いもの」がベストポジションでない場合、動いて対応してくれるのである。
(例えば、サドルが高すぎる場合は腰がサドル前方にすべり出てくるし、
サドルが低すぎる場合は腰が後ろに下がろうとする、という具合である。)
つまり、
「強度を上げると腰が前後に動く」場合は「サドル高がベストでない可能性」を、
「シューズの中で足が動きたがる」場合は「クリート位置がベストでない可能性」を疑うべきだ、ということがわかってきたのである。

・クリート角度
クリート角度に対しては、私の足はかなり寛容に対応する。
クリート角度は、Qファクターに依存して動いているように感じられる。
もう少しQファクターを狭くしたほうがいい場合には、自然とつま先は外側をむき、
足首の位置を内側に持ってくるように動いている。
反対に、もう少しQファクターを広くしたほうがいい場合には、自然とつま先は内側をむき、
足首の位置を内側に持ってくるように動いている。

・クリート前後位置
サドルが高すぎる場合は、クリートをもっと前に(浅目に)つけるように要求してくる。
反対にサドルが低すぎる場合は、クリートをもっと後ろに(深目に)つけるように要求してくる。

にしてみると、
サドル高さ≧サドル後退幅>Qファクター≧クリート前後位置≧クリート角度
≧のところは便宜上優先順位を付けたが、実質は同時進行で、の意。

最後に。
「BGフィットってどうなの?」と訊かれたとしたら。

1.今のポジションを変えず複数年乗っている。
2.その期間、故障がない。
3.自転車に乗ることが楽しい。

この3点が当てはまる場合、ポジションを積極的に変える必要はないし、変えない方がいいとも言えると思う。
ロードに乗り始めて5年余。
今まで当たり前のようにそばにいてくれた「故障がないこと」のありがたみを今かみしめている。



価格評価→★☆☆☆☆
(私はよい結果を得られなかったので。)
評   価→★★★☆☆
(計測、客観的にフォームを見てもらう、などの経験は、プラスになるものではある。)
<オプション>
年   式→2011
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!



セール&クーポン情報・話題の商品

CRC🔥MEGA19 対象商品 最大3,750円OFF
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru
SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2019-7-12 17:43  saejii
NITTO PEARL  (ステム)  2019-7-11 18:05  GlennGould
Litelok GOLD  (カギ)  2019-7-9 5:29  ikue
SHIMANO T-23  (バックパック)  2019-7-3 11:38  saejii

CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.115Sec(43 Queries)