CBN Bike Product Review
TOP >  ロードホイール > 

A CLASS ALX440SL 2011モデル


 
TORIAL  2011-9-12 22:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A CLASS ALX440SL 2011モデル
購入価格 ¥25000 オク

どうやら、近年モデルチェンジして昔の物と別物になったらしいので新たに項目を作りました。2011モデルのジャイアントの完成車外しをオクで手に入れました。
さて、レビューに移ります。まず、外観、自分のはグロッシーグレー?カラーで見た目はそこそこ良いです。ただリムのシールがあまりにも安っぽいので即剥がしました。また付属のリムテープはペラペラです。これは元からベロプラグに交換するつもりだったので、これまた即取り外しました。ハブはスムーズに良く回ります。ラチェットも良い音で良く回ります。そして全体の外観ですがスポーク数多いですね。割と軽量なアルミホイールなのにかなり多いです。F20R24です。空気抵抗が若干気になりますが、逆に考えると頑丈であろうので良しとします。そして気になる重量ですが1555g(ベロプラグ交換済み)でした。なかなか軽量です。スポーク数から考えても良い線ではないでしょうか?
そして走ってみてのレビューですが、肝心の私が入院中なため、レビューできません。それでもレビュー書きたいので代わりに、弟2人に通学で使ってるクロスにつけてもらいレビューを書いてもらいました、元はR500にパセラ28Cです。変更後はA CLASS ALX440SL とミシュランのダイナミックスポーツ23C(付属品)です。弟達の反応は以下です。
三男 とにかくスピードアップできて それを維持できて楽しい。大絶賛。

次男 平地も坂もとにかく速く走りたくなり、気づけばギアを重くしている。ただ、いままでのタイヤが28Cだったからか、少し不安定に感じ、振動も手と尻から激しく感じる。

とのことです。R500からすれば1500g台のホイールは全く別物なので当然の反応が返ってきました。ちなみに弟達はロードには乗ったことない初心者なので、初心者でもかなりパーツ交換の影響を感じれるようです。なので完成車付属の重いホイールから交換ならかなりスペックアップが期待できるでしょう。

私の怪我が治ったらきちんと追記レビューさせてもらいますが、今回はこれで勘弁してください。どうしても今月にホイールレビュー書きたかったので…


価格評価→★★★★★(この値段なら大満足)
評   価→★★★★★(弟達の評価です)
<オプション>
年   式→2011
カタログ重量→ 1570g(実測重量 1555g)
 
TORIAL  2011-10-29 23:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A CLASS ALX440SL 2011モデル
上の追記レビューです。
皆さんお待たせしました?ようやく私、本人のレビューが書けるようになったので書かせて頂きます。外観に関しては前のレビューを読んでください。今回は実際に乗ってみて感じた性能について焦点を当ててレビューさせていただきます。比較対象はSHIMANOのWH-R561やWH-R500、以前使ったことのあるWH-7801SLです。タイヤはコンチのグランプリ4000Sです。

まず結果から言うと、コストパフォーマンスは高いが値段なりのホイール。決戦用ホイールと呼ぶには性能が足りない。です。

ホイールの性能を語るには登坂での性能(主に軽量性)、平地での性能(主にエアロ部分)、快適性、剛性(縦横どちらも)、ブレーキングだと思いますので、それら一つ一つについて書かせて頂きます。

まず、登坂での性能
一言で言うと良いです。さすが1500g台のホイールであるだけあって軽快に上れます。リアハブのラチェットの掛かりも良いのでダンシングしても良い感じです。特にリアは左右共に交差組みで組まれているのでダッシュしても全たわむ感じはありません。ただ、同じ1500g台のWH-7801に比べると劣ります。WH-7801はWH-R561などに比べギア2枚分軽い感じがしましたが、こいつはギア1枚分ぐらいしか軽くなった感じがしませんでした。ここは値段の差が出てると思います。

次に平地での性能
これはあまりよろしくありませんでした。WH-R561に比べても劣る感じです。R500と比べてもちょっと劣ってるんじゃないかと感じてしまうくらいでス。25km/hまでは良いのですがそれより上、特に30km/hを維持するのが少々しんどいです。漕いでないとすぐ失速してしまいます。これの原因はスポークにあると思います。これはこいつが完組みホイールとして売られていますが実はスポーク数が若干少ないだけの手組ホイールだからです。F20ラジアル、R24の交差組みでスポークは15番プレーンスポークです。対してWH-R561はF16ラジアル、R20フリー側ラジアル、反フリー側は特殊交差組みで、セミエアロスポークが使用されています。R561と比べるとスポークの本数差は8本で更にプレーンスポークとセミエアロスポークの差があります。これらが非常に大きなエアロ性能の差を生んでいるとため平地での性能があまり優れなかったのではないかと感じています。リムの重量差ですがおそらくR561の方が重いのでそれも多少の差はあるかと思いますが、スピードを更に上の40km/h以上から伸ばしていったときの差が非常に大きかったのでエアロ性能の差の方が大きいと思います。写真で見れば一目瞭然です。フロントのみですが
・ALX440SL

・WH-R561


たった4本のスポークの差ですが非常に差が大きく感じます。写真では分からないですがプレーンスポークとセミエアロスポークの差も大きく感じます。
先にも述べたとおりこれはメーカー製の手組ホイールなのでスポークは汎用品ですので、たとえばSAPIMのCX-RAYなんかに交換すればエアロ性能は改善するでしょうが、CX-RAYは現在1本350円程度します。前後交換すると計44本のスポークが必要になりますので、350×44=14960円もかかってしまいます。正直、これでどこまで改善するかも未知数なので、よほど安価にセミエアロスポークが手に入らない限り、交換せず、おとなしくより上位のホイールを買うための貯金をしたり、安いタイヤを付けてるならより良いタイヤに交換するなどのカスタマイズをするほうが効果的だと思います。

次に快適性です。付けているタイヤが4000Sと硬めのタイヤなのもありますが、思ったよりも良くありません。R561と同等レベルだと思います。これはこの440SL自体が、開発する際に参考にされたホイールがMAVICのキシリウムだったそうなのでそれの影響を受けたためだと思います。以前ちょこっとキシリウムに乗らせてもらったこともありますが、確かに近い印象です。ただ、多少の剛性とダッシュ力を犠牲にしてリアのスポークテンションを下げたり、タイヤの空気圧をいじったり、快適性の高いタイヤをあわせれば問題ないと思います。ちなみに快適性は良くないと書きましたが、私自体は快適性の悪い状態に慣れてるのである程度耐性がある人にとっては問題にはならないでしょう。

次に剛性です。
縦横共に良好です。WH-R561より良いと思います。これはスポーク本数が多い恩恵でしょう。踏み込んで上り坂スプリントしたり、下りのカーブでも膨らむようなことはありませんでした。参考にされたキシリウムの影響もあると思います。まぁ私が体重が軽いライダー(現在49kg)だからというのもあるとは思いますが。WH-R561より優れた感じがしますし、正直これくらいの剛性があるなら20kg以上荷物を積むキャンピングツーリングに使ってやっても大丈夫な感じがしていますので、体重が重い方でも剛性不足に悩まされるということはないと思います。

最後にブレーキングですが、これは良好です。
リムのブレーキ面は丁寧に加工されていて効きムラがある感じはありませんし、良好に効いてくれています。ウエットでは試していませんが、この感じだとウエットでも大丈夫だろうと思います。

さて、長々と書かせていただきましたが統括すると

・登坂での性能 ・・・ ★★★★☆
・平地での性能 ・・・ ★★☆☆☆
・快適性 ・・・ ★★★☆☆
・剛性   ・・・ ★★★★★
・ブレーキング ・・・ ★★★★★

・総合                   ★3.5くらい

です。やはり同重量レベルで価格が上のホイールと比べると性能不足が否めません。同価格帯のホイールと比較しても平地での性能が若干低いのもネックです。正直、総合的な性能ではWH-R561の方が優れていると感じました。手組ホイールと比べ、やっぱりハブやリムからトータルに設計された完組みホイールの完成度の凄さを感じました。
レースで使用しても問題ないレベルだとは思いますが、性能からするとヒルクライムでタイムアップを狙うには十分だと思いますが、表彰台や優勝を狙うには役不足、ロードレースではエアロ性能がネックです。どちらかというと速く走るホイールではなく、楽に走るためのホイールだと思います。練習でガンガン使っても大丈夫そうな感じですから、デイリーユースでガンガン使ってあげて、途中の上り坂をちょっと楽したいという思いで使うのが良いでしょう。
マジで走ることを目的にして買うとちょっとがっかりしちゃうかもしれません。
とはいえコストパフォーマンスは良好で、メンテナンス性や壊れたときの補修も簡単なのでとりあえず安くそれなりに走るホイールで、特に上りで楽したいならお勧めできます。総合性能を取りたいならこれよりシマノやマビックの同価格帯のホイールのほうが優れていると思います。


価格評価→★★★★★(今回の価格なら、あさひだと4万レベルなのでその価格なら★3つ)
評   価→★★★☆☆(正確には★3.5。正直もう少し、総合性能が高いと嬉しかったがそうではなかった。完組みホイールの凄さを勉強させていただきました。)
<オプション>
年   式→ 2011
カタログ重量→ 1570g(実測重量 1555g)




 
TORIAL  2011-11-17 8:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A CLASS ALX440SL 2011モデル
購入価格 ¥タダ

上の更に追記レビューです。正直、期待していたわりに走らないホイールだったのでがっかりしていました。エアロ効果を上げるためCX-RAYで組みなおしてやろうかと思いましたが、ご存知の通りCX-RAYはとっても高価なので、今は無理です。そこでとりあえず色々とチューンすることにしました。したことは

・フリーの分解とグリスの塗りなおし
・スポークテンションの調整

です。まずフリーから。
フリーは簡単にばらせます。ハブレンチだけで簡単に分解できました。新古品買ったのであまり汚れてはいませんでしたがとりあえず洗浄。低粘度グリスを適度に詰めてもどしました。

つぎにスポークテンション。
最初どれくらいで組まれていたか忘れましたが結構低いテンションで組まれていました。そこでリアはフリー側137kgf、反フリー側100kgf、フロントは97kgfに上げました。おそらくですがリムが結構がんばって軽量化しているのであまりテンションを上げすぎると割れる可能性もあるので恐る恐る上げました。やる場合は自己責任で。

以上のチューンを施しました。
結果、エアロ効果は上がるわけないのですが、平地で多少失速しにくくなりました。フリーの洗浄が効いたかな?ただこれはかなり微小で正直誤差レベルな気も。しかしスポークのテンションを上げたのは正解でした。以前感じた30km/hくらいからのスピードの伸びが改善、踏めば踏むほど回せば回すほど走るホイールになりました。ホイールの剛性が上がったことでそうなったのでしょう。ホイールの剛性が上がったのでタイヤも7Barで使ってましたが、タイヤの剛性がホイール負けして、ダンシングすると若干もっさりしたので7.5Bar まで上げました。これも正解で。かなりキビキビ走ります。上りのダンシングの軽快さはかなりのものです。

ただ、その代償として乗り心地はすごく悪くなりました。背骨傷めている自分にはつらいです。しかし、速く走って帰ってこれるので、帰ってきたときの疲労感はあまり変わりません。また、剛性アップしたため悪路ではとっても跳ねます。悪路に入るとギアを2枚くらい重くして丁寧にダンシングして切り抜ける必要があります。

以上のチューンを施し、それなりに満足できるホイールになりました。これ以上を求めるともう、スポーク交換しかないでしょう。お金が無い人で軽量ホイールがほしい人が買うホイールだと思うので、以上のチューンをしてタダでより走るホイールにしたほうがいいと思います。余裕があるならスポークを交換するともっとよくなると思う。あぁ手組ホイールの楽しみってこういうことか・・・手組ホイール沼にはまりそう・・・

評   価→★★★★☆(チューン後の評価)
 
yuta1010bicycle  2012-7-10 0:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
A CLASS ALX440SL 2011モデル
購入価格 ¥33,075 (サイクルショップ バイクキング)

リム: ARAYA AR-713、ハブ: Shimano HB-4600、スポーク: 不明の手組ホイールからの換装。
交換前のホイールの重量は未計測だが2000g弱らしい。
通勤用フラットバーロードに装着。
約400gの軽量化で、上り坂が楽になり、加速も早くなった。
ストップ&ゴーが多く、アップ・ダウンが激しい、都内の街乗りにはぴったり。
ただしデザインは古臭い。
剛性や耐久性はよく分からないが、今のところ性能には満足。
するとデザインまで愛らしく思えるという不思議。
ちなみにリムテープは18mmを装着すると、タイヤにチューブを噛み込んでしまった。
どうやらリムテープは16mmを選択した方がよさそうだ。

価格評価→★★★★★(コスパ最高)
評   価→★★★★★(確かにデザインはダサい。だがそれがいい)
<オプション>
年   式→2011
カタログ重量→1570g(フロント658g, リア912g)



💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!





セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Wiggle🔥WHEEL24 ホイール最大22,500円OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCSALE2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-7-31 9:52  saejii
GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.116Sec(47 Queries)