CBN Bike Product Review
TOP >  ロードホイール > 

MAVIC COSMIC CARBONE SSC SL


 
afrostyle  2009-1-24 17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SSC SL F885g R1090 - 1100g

購入価格 ¥160000

08SL。
プレミアムと10gの差で1万の価格差に納得できなかったのでノーマルを選択。
アルミリムなので雨天、下りでのブレーキに不安はない。
が、いかんせんアルミリムにカーボンカウルをかぶせただけ、感は否めない。
スポークはステンレス。
空力は良い。
ハブはとてもよく回る。

キシリウムに比べて重い重い。

スピードに乗れば空力のよさもあって40~の巡航がすばらしく楽。

逆にストップアンドゴーが多いと重さもあって疲れる。
スピードの上げ下げが多い場合も同様。

平坦を一定のスピードで走るにはもってこい。

風切り音はモチベーションがあがってとても良い。

価格評価→★★★★☆アルミリムにカウルかぶせただけ。もっと安くてもいい。09で安くなるがそのくらいが妥当。
評   価→★★★☆☆平坦なら5つ。
 
RS80R  2010-2-15 18:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SL

購入価格 ¥80,0000.-程度(←オクにて)

ライダーのスペック:約H=165㎝/W=56㎏
バイク経験値:四半世紀以上!(←中抜け有り。)

ディープ・ホイールが欲しく、購入。
フイッティングし乗り出した瞬間、ダルな感じで膝には優しく、
高剛性フレームとのマッチングは吉!

が・・・貧脚の自分、ディープ・ホイールのメリット全く感じません。
繊細にBRGを調整するが一般的なボール・ベアリングの使用の為か・・・
寒波、フルクラムが採用している“カップ&コーン”比較にて、
どう見ても回らないホイール。

これが定価 約¥160,000.-のホイールとは・・・
私には、理解できない。

多種の使用経験から、フルクラムR3がベストか!?

価格評価→★★☆☆☆
評   価→★★☆☆☆
<オプション>
年   式→'08?!
カタログ重量→1740g(ペア) フロント:780g/リア:960g


 
Emikan  2010-7-22 21:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SL

購入価格 ¥10万

レーシング3(練習用ホイール)のスポークを引きちぎってしまったため「レーシング3よりも丈夫」なホイールをと考えたところコスカボSLに白羽の矢が立ち購入しました。

使用タイヤはコンチネンタル グランプリ4000s です。

このインプレをするには、自分のスペックを明確に示す必要があります。
身長164cm、体重58kg 脚質はスプリンター(山もそこそこ登れます 伊吹山13km短縮コース35分)

 WEB上でいろんなが30km/hからの伸びがいい とか、高速巡航が楽になった、2枚分重いギアで走れるようになったみたいな趣旨の文面を良く見ます。
しかし、自分は未だにこいつを使いこなせません。(といっても使い始めて1か月弱ですが) さらにギア1~2枚分軽いの使ってます
その原因として考えられることは、

・小型ゆえに筋肉量が少なく、パワーが足りない。

の一言に尽きると思ってます。 大型で体重のある方はまわしきれるのでしょうが、自分のように軽量がゆえに回りと戦っていける人間にとっては厳しい限りです。確かに、一発の力はあるので最高速は平地で63km/h以上出ましたが、通常は自分の中で目安としている40km/h巡行にものすごい労力を使います。(簡単に言うとスピード維持が難しい)

しかし、本当にきれいなペダリングが出来る人は何事もなく使いこなせるのかな?と予想しています。そう考える理由として、一見きれいに見える自分のペダリングも多少のムラがあり、ホイール回転数も一定ではないと仮定すれば、回転数が落ちた際にこの重いホイールの回転を上げるためには重量に見合った力が必要であるためにムラのないペダリングだとこの無駄な労力が必要ないということになります。


次にこのホイールの重さを分かりやすく表現したいと思います。
たまたま、一緒に走っていた友人とコスカボとR500をその場で交換して走ってみました。
コスカボはR500より、重量は軽かったです。
しかし、実際に走りだすと・・・R500のほうが軽いんです!!
R500でも40km/h巡行できました。
これを考慮すると、コスカボのリムはR500以上に重いと考えられます。 ホイールの重量差はおそらくハブとスポーク、スポーク数の違いなのでしょう。

剛性に関してはもちろんR500より高く、レーシング3、ユーラス以上、レーシングSPEED、レーシングZERO以下(柔らかい順に書いてみました)です。しかし、高剛性でありながら一応カーボンホイールのため振動吸収性はいいです。

今後はレースでコスカボを使っている人を見かけたらリスペクトの気持ちを持って申し訳ないですが、抜かせていただこうと思います。

最後に念押しになりますが、体重が軽い人で購入を考える際はお金を捨てるもんだと覚悟を決めてください。

価格評価→★☆☆☆☆
評   価→★☆☆☆☆(1万のホイールのほうが楽に速く走れるとは・・・)
<オプション>
年   式→2010
カタログ重量→ 1740g(実測重量 g)
 
ysftaka  2010-8-28 17:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SL

購入価格 ¥157,500(定価)

自分スペック=身長170cm体重63kg
使用タイヤ=ブリジストン エクステンザRR1
使用フレーム=SCOOT CR-1(2009年) PINARELLO PRINCE(初代)
以前使用ホイール=デュラハブ+オープンプロの手組、6700アルテグラ

聞く話だとMAVICで一番売れているというコズミックカーボン
てっきりキシリウムの方が売れていると思いました

・使用感
平地は最高、登りは初めはいいけど体力がなくなると…といった感じ
よく言われている30km/hからの伸びは確かに良く、30km/h~40km/hの巡航がとても楽になりました
また、スプリントをした時もよく進み、いきなりのアタックでもすぐに相手の速度まで追いつけるぐらい剛性が高くよく進むホイールです。
向かい風でも53mmのリム高が効いてるのかそれともリムの慣性が効いているのか速度維持が楽でした。
登りはリムの重さが響いて少々重たい感じですが、力を入れて登るとグイグイと進み、なかなかに楽しいホイールです
ずっしりとした見た目と重量で平地オンリーなホイールに見えますが意外とオールラウンドに使用できるホイールですね。あとアップダウンはちょっと苦手かなと感じました。
前輪を軽いホイールに変えれば峠や登りは結構行けます。
ちなみに初速でガツンと加速したい人は重いホイールと感じるかもしれませんが、サイクリングロードやレースなど止まる場所がほとんどない状況化ではそこまで重いホイールとは感じ無いはず
また普段使いにも最適化と思います。アルミリムで頑丈なのでシューも換えずに、カーボンホイールのように気を使うレベルでもないので使いやすいです

・見た目
ディープリムは男のロマン。一度は自分のバイクに付けてみたい。
正直このホイールを購入した理由が性能ではなく「自分のバイクにつけたらカッコいいんだろうな」といった理由。いま考えたらそれでウン十万払ったと考えると…後悔はしてません
もちろん平地に強いホイールが欲しいというのもありましたが、お店の方から「キシリウムの方がいいと思うよ?」と言われましたがディープリムの魅力が勝ちました。
さて、見た目ですがデザインが二つあり、ホワイトロゴを選びました
ビックロゴはカッコ良いです。ディープリムもカッコ良い
つまりとてもカッコ良い見た目ということになりますね
走行音も中々いいです
高速領域に入るとヒュンヒュンと風を切る音とコォーとリムの反響音がヤル気を掻き立て、ダンシングするとガオンガオンと派手な音を立てます。
ハブも結構ラチェット音が大きいですがカンパほどではありません
完全に走りとは直結しないプラシーボですが見た目や音も大切な選び方の一つだと思いました。

総評
峠など頻繁にいくホイールではなく、クリテリウムやサイクリングロードやサーキットなどで威力を発揮しそうなホイール
登り重視ならキシリウムや同じ値段帯のR-SYSがいいと思います
軽いホイールはたくさん紹介できるけど、速いホイールはなに?と言われたらこのホイールと言いそうです

価格評価→★★☆☆☆(高いけどディープリムがこの値段で買える)
評   価→★★★★☆(平地だと★5、登りだと★3)
<オプション>
年   式→2010年
カタログ重量→フロント786gリア1004g合計1790g


 
skywalker  2011-1-19 0:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SL

購入価格 借り物です。

えぇ…モロに借り物ですが、興味がありお借りしました。
筆者は172cmで55kgほどしかないので、重量級ディープリムはパフォーマンスの2割も出せないまま終わっちゃうかな??っていう覚悟でいましたし、他の軽量級ライダーの方のレビューにおいても、スプリントが得意であっても、巡航では筋肉量やウェイトの足りなさから良さを体感できなかったという声があったので、見てくれの良さ以外の期待はあまり無く(笑)転がし始めました。

しかし、予想に反し、自分なりにこのホイールの良さを感じました。

平地の巡航は40km/hオーバーとはいきませんが、向かい風でなければ40km/h弱での巡航は可能でした。

いきなりのダッシュへの対応は体重60kg未満のライダーにはこのホイールは厳しいモノがあるかもしれません。少なくとも筆者は安価な軽量ホイールの方が0-30km/h到達は早かったです。

スプリントは高めの速度を長めに維持出来るという意味で良いと感じました。筆者の場合、平地、下りでの一発加速はどちらにしろ無いので、高めの速度を長時間維持ってだけでかなり御の字です。

続いて下りに関して、軽量級のライダーが一番このホイールで助けられるのはこのシチュエーションかもしれません。
アルミにカーボンを貼り付けたリムは少ない慣性質量の助けになると思われるのですが、最高速度が私は5km/h近く上がりました。(EASTONのEA90AEROとの比較で)それ以上に平均速度の維持が楽です。50km/hオーバーになってくると私はこれまで向かい風と格闘しながらの走りとなっていて、油断するとスルスルと減速してしまっていたのですが、それが軽減されました!!

最後に登坂について。
登坂では基本的に苦しむ展開になっている方が多いのですが、私的には面白いと感じるホイールでした。
10%越えの坂が続くとさすがに苦しいですが…比較的ゆるやかな上りが続く峠であれば、ダンシングが続く限りはかなりイイ走りができました。ちなみにダンシングが続かなかった事は今の所無いのですが、もし続かなくなったら、かなり落ちるかと思います。。。でも、慣性で進む力を生かせる程度のスピードが出ている限り気持ちよく走れるかと思いますよ!

思ったより、あらゆるシチュエーションでの走りのバランスが取れたホイールだと感じました。
でも、やっぱりクライマーには美味しい所を使い切るのは難しいのかなぁ…

同じ価格帯だったらローハイトリムのがクライマーには良さそうかな?って当たり前の結論ですみません…。。


価格評価→★★☆☆☆(使い切れない残念な自分のせいもありますが…)
評   価→★★★☆☆(走りの面白さはよかった。)
 
moutoku  2011-2-18 19:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SLR 2010

購入価格 ¥168000

普段はコスミックエリートを使用し、レースではキシリウムSLをつかっています。
初めて使った時の感想は、こんなもん?って感じでした。
キシリウムより踏んだ時の剛性を感じないし、コスミックのような加速感も感じない。

ディープリムは剛性高くて、踏んだらギューンと勢いに乗るだろうということを期待していましたが、
リムが柔らかく踏んだ分が吸い取られているような感じがします。
集団練習で走っていると途中で切れますが、最後まで着いていくことができました。

ストップ&ゴーの多い場所では使いづらいと思います。
このホイールに適しているのは追い風でただひたすら平坦な
スピードを一定にして走る時だと思います。

なので、効果はあるのでしょうが
イマイチ踏み込んだときの加速感や威力に欠けます。

自分はブレーキシューを変えたくないのでこれにしましたが。
他のフルカーボンのディープだと剛性が高いのでしょうか・・・
FFWDやRACING SPEEDを買いたくなりました。

価格評価→★★★☆☆ 10万ちょいが妥当だと思います。
評   価→★★★☆☆ フルカーボン買った方が実戦で使えます。
                
<オプション>
年   式→2010
カタログ重量→1595g(実測重量 不明だがあきらかに重いg)
 
chibaraki  2013-11-4 19:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SLR 2013

購入価格 ¥17万くらい

カーボンチューブラーをいくつか使用したけど、決戦用とかではなく普段から気軽にディープリムを使いたくて、クリンチャーのこいつを購入することに。

・踏み出しは重たいです。ZONDA(2013)と比べても明らかに重い。
・しかしヒルクライムでは何故かそこまで気にならない。
・とはいえ、和田峠みたいな10%超のヒルクライムだとやや重さを感じる。
・時速30kmを超えてからの加速・速度の伸びは素晴らしいと思う。BORA ONEやZIPP303よりこれの方が良いと感じた。
・下りは速度がよく伸びます。
・横風は特に気になりません。
・乗り心地は悪い。硬くて跳ねる。
・エグザリット2のブレーキの効きは素晴らしい。初代エグザリットのホイールも所持していますが、2は慣らしも不要で最初からよく効きコントロールもしやすい。シューも減らない。雨天時も晴天時とあまり変わらない、安心の効きでした。
・デカールの文字まで全てブラックのデザインはカッコいい。

価格評価→★★★★☆ カーボンチューブラー買えちゃう価格。高い。
評   価→★★★★★ 普段使いでは非常に良い。
<オプション>
年   式→2013
カタログ重量→1595g(実測重量 計測していません)
 
flare  2014-8-30 0:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MAVIC COSMIC CARBONE SL 2009

購入価格 中古 2009年モデル

平地周回練習でいつもちぎれてしまうので、練習を最後までやりきってトレーニング効果を高めるため…という建前で購入。
(本音は、カッコイイコスプレ用ディープが欲しかっただけ)



一言で表すなら、切削加工を施したアルミロープロリムにカーボンのカウルを貼り付けたホイール。
実測重量1800gオーバー。R500の10倍の価格なのに重量は似たようなもの。

初出は15年ほど前か?今も販売されているディープリムのホイールとしては最古参の部類。
しかし、理屈ではあまり出来の良い造りではない。
そもそも、オンロードにおけるディープリムのメリットは
・リム自体が高剛性な上、リムハイトの分短くなったスポークの変形量が減って剛性アップ。
・剛性向上分、スポークの本数を減らせる。
・スポークの本数が少なく、長さも短いために空気抵抗が少ない。
・若干ながら、リム自体の整流効果も望める
逆にデメリットは
・横風に弱い。
・外周のリム重量が重くなりがち。
・剛性が過剰になる場合がある。

といったところ。しかしコスカボSLは、ローハイトリムにカウルがついただけなので、
・スポーク長いから剛性は大して上がらない。
・アルミリムにカウルまで貼り付けてるので外周部がやたら重い。
・依然として横風には弱い。

…と、いいとこなし。
加えて、カーボンカウルにはスポークが通る穴が開けられているが、隙間が開いていて風切り音がする。絶対これ空気抵抗になってる。
また、ここから水が入るため、雨天走行時や洗車後は水抜き穴から水が抜けるまでチャポチャポいう。



しかし、外周部重量で十分すぎるビハインドを背負った分、高速巡航性能でローハイトリムとは一線を画している。
30km/hまではR500だが、40km/hオーバーで明らかに空気抵抗の少なさを感じる。
さらにフライホイール効果というか、一瞬脚を緩めても速度が落ち込みにくいので維持しやすい。
加速の重さが最大の弱点だが、これがむしろ高速性能を際立たせている。
ブーストが効き始めるまでトルクがスカスカのターボ車みたいに、扱いにくいし総合的には大して速くないが、ドラマチックなのだ。



平地で踏み倒すのが楽しくなるホイールだし、アルミクリンチャーでブレーキも効くしタイヤ交換も楽。
普段から使えるカーボンディープとしてはなかなか良いのではないだろうか。
今新品を買うならデュラのC50のほうが良いと思うけど!
その他の注意点としては、特に反フリー側のエアロスポークがねじれてエアブレーキになってたりするので、たまに向きを調整してあげよう。

アルミリムでクリンチャータイヤが使えて、ディープリムがカッコイイので欲しがる人は多いものの、使いどころが無くて手放す人も多いホイール。
ヤフオクでは高値安定。ユーザーはなんとなく二極化してる気もする。

MavicのコスカボSL、キシリウム、R-SYSを比べると、性格の違いが際立つ。
加速を捨てて高速性能に特化したコスカボ、逆に、加速にスキル極振りしたのがR-SYS。
クルマのミッションに例えれば、R-SYSは1速、キシリウムは3速、コスカボは5速ホールドな感じ。
バランスの良いキシリウムが一番使いやすいんだけど、尖ったホイールを使ってみるのも面白い。

価格評価→★★☆☆☆ 新品定価でも10万円以下が妥当でしょ…
評   価→★★★★☆ レースでの実用性はとにかく、面白いホイール。
年   式→2009
実測重量 F813g R1008g(クイックなし リムテープ含む) 前後合計1821g
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!











新着レビュー投稿一覧
(このリストは30分毎に更新されます)

Rapha ProTeam Lightweight Shadow Jacket  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2023-2-2 11:45  Ljungberg
コアラグリップ ゲル両面テープ 1mm厚 KG-02  (その他(パーツ以外))  2023-2-1 22:47  OYAJI-METAL
Ridenow TPUインナーチューブ 700x18-32C 85mm FV  (チューブ・バルブ関連)  2023-1-26 1:56  S15_WK0
Sim Works By MKS Bubbly Pedal  (ペダル)  2023-1-24 16:18  assin5
[REAR] CATEYE SL-WA100 WEARABLE X  (ライト)  2023-1-24 9:32  assin5
Rapha Pro Team Insulated Jacket  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2023-1-23 12:41  luke
Rapha Pro Team Winter Tights with Pad II  (レーサーパンツ・ビブ・トラウザー)  2023-1-23 12:36  luke
LAKE CX146  (シューズ)  2023-1-22 21:54  luke
CHROME KURSK AW PRO  (シューズ)  2023-1-22 21:20  luke
CATEYE CC-VL820 ベロ9  (サイコン・GPS)  2023-1-19 11:51  500miles
カリンピア リフレクタークリップ(ナフコの100均コーナー)  (100均)  2023-1-15 23:42  rinrey
Wolf Tooth ゴートリンク  (リアディレイラー)  2023-1-13 22:34  ensoniq_mr76
教訓:シートクランプ内蔵式フレームについて学んだこと  (その他のパーツ)  2023-1-13 14:19  OYAJI-METAL
TEKTRO HD-M275  (ディスクブレーキ)  2023-1-12 10:55  500miles
ZIPP SERVICE COURSE 70 XPLR  (ドロップハンドル)  2023-1-11 22:07  OYAJI-METAL
[研磨切削] HOZAN ラバー砥石 K-141 YD-1178  (工具)  2023-1-11 14:05  assin5
[TL] IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC (2020-)  (ロードタイヤ)  2023-1-6 11:01  hipparidonky
CASIO G-SHOCK GW-S5600-1JF  (時計)  2022-12-31 0:09  rinrey
BLUELUG sandwich reflector   (その他のパーツ)  2022-12-29 22:06  rinrey
Paul Component BOXCAR STEM 70mm 0° (Polish)  (ステム)  2022-12-23 9:29  assin5
ゆるふわーくす 防眩シェード  (その他のパーツ)  2022-12-18 11:03  500miles
Chris King Stem Spacer Kit クリスキング ステムスペーサーキット  (コラムスペーサー)  2022-12-15 17:50  assin5
Philwood コラムスペーサーセット 1 1/8  (コラムスペーサー)  2022-12-14 9:28  assin5
Philwood 1 1/8 headset   (ヘッドパーツ)  2022-12-13 9:54  assin5
[Cycling Courses] メキシコ グワナファト州  (サイクリングコース・峠・名所名物・レース)  2022-12-12 5:38  MountainHigh
[WO] Panaracer AGILEST DURO 700x25C  (ロードタイヤ)  2022-12-5 11:03  kakutei
KMC CHAIN AID  (工具)  2022-12-1 0:07  Ryu
ダイソー 3D スポーツインソール  (ソックス・インソール)  2022-11-29 20:13  teddybear
FINISH LINE テフロンプラス (DRY Teflon Lube)  (ケミカル関連)  2022-11-25 10:05  500miles
BROMPTON Aluminium Hinge Clamp & Rear Frame Clip Set  (クイックリリース・クランプ)  2022-11-24 15:11  assin5
[TU] Veloflex Extreme  (ロードタイヤ)  2022-11-23 21:33  haru1
Muc-Off C3 DRY CERAMIC LUBE  (ケミカル関連)  2022-11-23 12:03  hipparidonky
DT SWISS C1800 SPLINE  (ロードホイール)  2022-11-21 20:53  500miles
[その他] Jamis sequel  (フレーム・完成車)  2022-11-16 20:23  striker
Magura MT2  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 8:02  MountainHigh
Magura MT4  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:57  MountainHigh
Magura MT8 Pro  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:47  MountainHigh
Magura MT6   (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:25  MountainHigh
Magura Marta SL 160mm  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:10  MountainHigh
Phil Wood Bottom bracket BSA 108mm +Mud Guard  (ボトムブラケット)  2022-11-9 11:25  assin5
ELITE QUICK MOTION  (ローラー台)  2022-11-8 15:36  hipparidonky
santic サイクルキャップ  (キャップ・ヘッドウェア)  2022-11-7 16:00  assin5
SUGINO CBBAL SG Mighty テーパーBSA 68mm113mm   (ボトムブラケット)  2022-11-2 19:00  assin5
Brompton Roll Top Waterproof Bag 25L  (フロント・ハンドルバーバッグ)  2022-10-31 0:20  rinrey
LOOK KeoBlade2(crシャフト)  (ペダル)  2022-10-20 10:58  hipparidonky
[TL] Schwalbe G-One Allround Evolution   (ロードタイヤ)  2022-10-13 14:40  500miles
気づきベルのストラップ交換  (DIY・小技)  2022-10-9 13:21  clx
Panaracer デュアルヘッドデジタルゲージ  (空気圧ゲージ)  2022-10-7 18:04  500miles
三ケ島(MKS) ALLWAYS  (ペダル)  2022-10-4 12:43  ghk
RideNow (中華 TPU チューブ) 700x18-32C, 65-mm FV  (チューブ・バルブ関連)  2022-10-3 13:04  teddybear
Garmin Rally XC100  (パワーメーター)  2022-10-3 7:57  MountainHigh
読み放題プレミアム  (書籍・DVD)  2022-9-27 21:49  Uzino
横長サドルバッグ取り付け方法  (DIY・小技)  2022-9-18 10:17  wanga
チューブの外付け携帯にぜひ!(サンスター文具 ペンケース NoFF ノフ シリコンペンケース クリアブラック S1423231)  (DIY・小技)  2022-9-18 8:42  wanga
Morethan サイクルジャージ LVP-021 (長袖 炭素繊維入り)  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2022-9-15 10:50  500miles
[REAR] KILEY LM-017アイライト リア用  (ライト)  2022-9-12 14:02  assin5
Q36.5 UNIQUE GLOVES  (グローブ)  2022-9-10 13:33  assin5
[FRONT] KILEY LM-016 アイライト フロント用  (ライト)  2022-9-10 9:32  assin5
MiniMods Chubby Colour Rear Shock for Brompton  (リアショック)  2022-9-7 13:52  assin5
DT Swiss XR 1700 SPLINE  (MTBホイール)  2022-9-5 4:59  MountainHigh

CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2019 CBN Bike Product Review
0.045Sec(62 Queries)