CBN Bike Product Review
TOP >  サイクリングコース・峠・名所名物・レース > 

[Cycling Courses] JR武蔵五日市~奥多摩周遊道路~JR奥多摩


 
ManInside  2010-6-5 0:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] JR武蔵五日市~奥多摩周遊道路~JR奥多摩
JR武蔵五日市駅から桧原(ひのはら)村を通過、奥多摩周遊道路に入り風張(かざはり)峠を越えてJR奥多摩駅に向かうコースです。総走行距離は約60kmで、約半分が登坂になります。

今回はJR武蔵五日市まで輪行します。ご覧のように非常に大きい外観の駅です。が、改札は小さく、駅にはそば屋さんのようなものは見当たりません。付近にも気軽に寄れそうな食堂がないのが残念です。ただし、駅前には「やまねこ亭」というサイクリスト御用達の有名なカフェがあります。



10分と走らないうちにこんな風景になります。ゆるやかな登りですが、3%~5%でしょうか。全然余裕です。どうですか、最高でしょう。こんなステキな風景の中を延々と登っていけるんですよ(関係ないけど、左下の写真の道、なんでマンホールだらけなんだろう)。右側の写真の教会あたりから、「奥多摩度」が増していきます。



現代美術のオブジェ風な橋を超えます。なんだか久しぶりに来たせいか、見覚えがないなー・・・などと、路面がサイコーなので完全に観光気分で登っていけます。



左下の写真にあるような風景が、私にとって「奥多摩的」な風景です。右下の写真は九頭竜(くずりゅう)神社。縁結びの神社のようですが、行ったことはありません。古くて風情があるので、いい雰囲気ではあります。ここまで坂らしい坂はほとんどありません。今回はEdge 705を忘れてしまったので正確な斜度は不明ですが、せいぜい8%くらいでしょう。



奥多摩周遊道路の入り口に着きました。本格的な登坂はこのあたりから。とはいえ、斜度は最大でも10%を超えることはないと思います。平均で6%くらいのような気がしました(体感数値)。右下の写真は、上の道路から周遊道路のゲートを見下ろしたもの。結構、標高差があるように見えますね。ここからとりあえず「都民の森」を目指します。ちなみに、奥多摩は山奥のわりに自動販売機は結構多いので、駅で出発時にスポーツドリンクを一本購入、途中の数馬あたりで一本購入するといいでしょう。「都民の森」で最終補給をして奥多摩駅を目指すというわけです。



ようやく「都民の森」が見えてきました(看板を左折)。武蔵五日市駅からここまで 29.3kmでした。緩やかとはいっても30km登ってくるとそれなりに疲れます。私はあんまり食べてこなかったので、お腹ペコペコです。簡易食堂でそばと磯辺焼きを食べました。味のほうはというと・・・かなり残念な感じです(そばは、まあまあ。磯辺焼きは0点)。お菓子やカップラーメンの類は売っていないので、カロリーメイトとかスニッカーズとかその手のエナジーバーを持ってきたほうがいいでしょう。コーヒーも薄くて全くおいしくありません。ここの食事関連は★☆☆☆☆。自動販売機で済ませたほうがいいです。



さて、補給を終えたらあと数キロだけ登りです。やがて、道路の右側にひっそりと1146Mを示す標識が見えます。東京で一番高い場所にある道路なのだそうです。この看板を拝むのは奥多摩ヒルクライムのお約束なので、皆さん忘れずに記念写真を撮りましょう。



そろそろとダウンヒルを開始します。ちなみに奥多摩周遊道路はオートバイの人もよくやって来るところで、死亡事故も多いようです。何箇所かでお供え物と花を見ました。ただし、線香は山火事を誘発し、お供え物は動物に食い荒らされるので禁止なのだそうです。また、奥多摩周遊道路で怪我をした場合、119番通報から病院に搬送されるまで二時間かかるそうです。ゲート付近には公衆電話もありますが、私のiPhoneは電波をキャッチしませんでした。気をつけたいところです。

下りの途中に「月夜見第一駐車場」という看板が見えたら、小休止してみましょう。ここからの眺めがいちばん良く、奥多摩湖を見下ろせます。美しいですね。右下の写真は、もっとずっと下で撮影した奥多摩湖(ちなみに本レビューの写真は全てOLYMPUSのマイクロフォーサーズ機・E-P1+17mmパンケーキレンズで撮影)。



ダウンヒルの際の路面ですが、悪くないです。バンプ処理をしている区間と、安全溝を切っている区間もありますが、どちらも距離は短いので、せいぜい50km/hくらいにとどめておけば怖い思いをすることはありません。

さて、奥多摩湖まで十数キロメートルのダウンヒルを堪能してからが、このコースで最も危険な箇所です。それはトンネルです。JR奥多摩に向かうまでは大小様々なトンネルを通過します。最初のトンネルにさしかかったら、まず自転車を止め、テールライトを点灯しましょう。サングラスも外します。テールライトは、強力に明るいものをおすすめします。トンネルのうち三つくらいは数百メートルの長さがあります。そして濡れている箇所があります。下りになっているトンネルもあります。歩道も路側帯もないトンネルもありますが、くれぐれも左に寄りすぎてはいけません。凹凸処理を施された白線があり、しかも濡れているので、スピードが出ていて運が悪くて集中力が切れていたら転倒する恐れがあります。

明るいテールライトさえあれば、後続のクルマが追突してくることはありませんから、落ち着いてゆっくりとトンネルを通過しましょう。CATEYEならTL-LD610-Rか1100クラスがあると安心です。そして、なるべく日が暮れる前にトンネルを通過してしまうことが重要です。

さて、唐突に奥多摩駅付近に到着してしまいました。駅周辺とはいえ、山に囲まれているのがいいですね!! 体力と時間のある方は、このまま右折して青梅街道に出れば、東京方面へと至ります。新宿まで70~80kmだと思います。



無事JR奥多摩駅に到着しました。ホームは2Fにありますが、エレベーターがあるので輪行もラクチンです。当然ですがSUICAも使えます。ところで、武蔵五日市といい、奥多摩といい、駅の看板が立派な木材でできていて、いいですよねぇ。



このコース、勿論、このJR奥多摩駅を出発して、JR武蔵五日市駅を目指すこともできます。以前そのパターンも挑戦したことがありますが、この場合、登坂のキツさは少し増しますが、登り区間の距離自体は短いです。どちらも楽しめますが、初心者の方はJR奥多摩駅スタートをオススメします。というのも、危険なトンネル区間を集中力があるうちに、かつ明るいうちに通過してしまったほうが良いからです。

私の好みは、JR奥多摩駅を終点とする今回のコースです。こちらのほうが、奥多摩の大自然をゆるい強度で長時間登りながら眺めることができるので、視覚体験的にも充実しているような気がします。森林浴効果も高く、コンクリートジャングルで資本主義の奴隷として働かされ続けた結果疲弊した身体と精神をリフレッシュ、リセットするのに大変オススメのコースです。上司の胸倉を掴みたくなったり辞表を叩きつけたくなったら、まずこのコースを走ってみましょう。

ヒルクライムという点では物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、アクティビティとしての満足度はかなり高く、充実したサイクリングを楽しめるコースです。そのため、FIVE★としたいと思います。

評   価→★★★★★
 
UmeTKY  2013-8-18 7:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] JR武蔵五日市~奥多摩周遊道路~JR青梅
ManInsideさんの同コースのレビューを何度も読んでいつか走りたいなと憧れていたコースです。連日の猛暑で平地を走るのは自殺行為。いつ走るの? い(ry



ManInsideさんのレビューがあまりにも詳しくて的確なので、付け足す部分が殆どありませんが少ない写真でご紹介します。

 武蔵五日市駅までは当然輪行です。新宿駅から1時間ちょっと、料金は780円ととても手頃です。うちからはヤビツ方面に行くよりも安かったです。改札を出たところにあるコンビニ(NEWDAYS)で水を買ったらレジのお姉さんに「大会に出るんですか?」と聞かれました。「9月の? ああ、あれは国体ですよ。私みたいなおじさんがでる大会じゃありませんよ。」と苦笑い。


 駅から出発してしばらくは路側帯の広いとても走り易い道です。街路樹には名もない花が咲いています(おまえが名前を知らんだけだろw) 勾配は1%程度でとても緩いですが、気温が高いのでゆっくり進みます。


 程なくこんな景色に。日陰は涼しいです。勾配はまだまだ緩め。


 橘橋の交差点からタイムを計る人が多いらしいですね。ここから都民の森まで25km、標高差730メートル。1級山岳に匹敵するでしょうか? 斜度は最大でも10%なのですが、とにかく距離が長いのと標高差があるので疲れます。当日は暑さもあってかなりへたれました。


 都民の森に着くと自転車に乗ったゆりーとがお出迎え。りっぱなサイクルラックも設置されていました。屋根のあるベンチの下でゆっくり休ませて頂きました。


 都民の森を出てもうしばらく、風張峠の頂上までがいちばん勾配のきつい区間です。あれー、1146Mの標識見つけられなかったー。
 で、いつのまにか越えてしまった風張峠から奥多摩湖へ向かう下りは、勾配も緩くコーナーのRも大きいので、けっこう豪快にかつ安全に飛ばせます。ただし、コーナー手前のバンプ処理のおかげで手に来る振動は著しく不快です。十分に減速が必要です、

 小河内ダムにつきました。水少ないねえ。秋まで持つかなあ…


 ここから奥多摩の駅まではトンネルの連続です。怖いのを覚悟していましたが、交通量が極端に少なくて、トンネル内で車に追い越されることわずか数回。大型車はいなかったので恐怖を味あわずに済みました。もちろん前後のライトは必須です。
 さて、帰路の電車の本数を考えてゴールを青梅駅にしたのですが、奥多摩駅から青梅駅までの区間が暑かった! 猛暑ぶりは平地とほとんど変わらず、十分に水分補給しながら走ったものの頭痛がしてくる始末。軽い熱中症になってしまいました。十分に冷えたJR車両の中で中野駅付近まで眠っても頭痛が治まりませんでした。やはり猛暑は危険です。皆さんも十分気をつけてください。

価格評価→★★★★★(輪行してもリーズナブル)
評   価→★★★★☆(バンプ以外はとても走り易く達成感も味わえる素晴らしいコース)


 おまけ。楽しみにしていたおそば屋さん。お盆休みだった orz
💓 楽天トラベルで宿・航空券を探す



セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥対象の服・シューズ・バッグ10%OFF
PBK🔥CLOTH15 厳選ウェア・シューズ15%OFF
Evans🔥CBN10 対象のウェア・アクセサリー10%OFF
amazon🔥高評価! air bone ZT-A15クイックポンプヘッド ¥ 2,160
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
MyProtein🔥HARU30 サイト内30%OFF
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🔥CBN10 ホイール以外全品30,000円以上購入で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🔥CBNW ホイール37,500円以上購入で7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Tweeks🉐CATEYE VOLT800 送料込み¥7,064
Bellati🉐ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
WiggleSPRING19DHB9 dhbウェア1.5万円で20%OFF
WiggleSPRING19DHB22 dhbウェア22,500円で25%OFF
WiggleBIKE22 完成車15万円で1.5万円OFF
WiggleBIKE23 完成車30万円で3万円OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
CRCSSBIKEFEB 厳選バイク10%OFF
CRCSSCLOFEB 厳選ウェア・シューズ・プロテクション20%OFF
RibbleOUTLET50 対象商品が50%OFF
RibbleLASTONE10 残り1個商品が10%OFF
TweeksCLEAR10 クリアランス品10%OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


Ritchey WCS Alloy 4-Axis  (ステム)  2019-3-19 20:59  PHILLY
ASTVTE STARLINE VT  (サドル)  2019-3-19 20:13  PHILLY
LEZYNE MEGA XL GPS  (サイコン・GPS)  2019-3-14 19:20  ghk
サイクリング麻雀  (JOKE)  2019-3-8 10:07  kuromitsu2
NAROO MASK X5s  (ウェアー小物)  2019-3-7 18:46  saejii
GARMIN eTrex 30x  (サイコン・GPS)  2019-3-5 20:49  baru
ダイソー あむころ  (100均)  2019-3-5 12:55  duston
自転車あるある  (JOKE)  2019-2-27 22:01  PHILLY








CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review