CBN Bike Product Review
TOP >  スポーク > 

SAPIM CX-RAY


 
flare  2010-2-28 0:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SAPIM CX-RAY
購入価格 ¥350/本

空気抵抗、重量、引張強度を高次元で達成したと名高いスポーク。
普通のプレーンスポークの10倍近い価格だったが、
どうしても使ってみたかったので買った。

扁平したエアロ形状だが、ハブを選ばず通る。表面はマットな質感。
ホイールを組んでみると、細身のせいかあまり目立たない。
完組のエアロスポークを見慣れているとちょっと物足りなく感じたりもする。

なお、扁平スポークはニップルを締めた時のねじれが目で見てわかりやすい。
そのおかげでスポークのねじれに起因する初期振れがほとんど出ない。

スポークのトラブルもなく満足しているが、
欠点といえば価格が高すぎるということだろうか。リムより高くついた。

価格評価→★☆☆☆☆ ご冗談を。
評   価→★★★★★ 満足度は高い

実測重量 1本あたり4.6g(280mm)

 
numero_nero  2010-8-4 21:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SAPIM CX-RAY
購入価格 $3.45/本 (ストレートプル・ブラックなどの特注だったため)

CX-Rayの特徴である"しなやか"さを端的に表す写真を出してみます。



振れ取り中にニップルが固着してしまっているスポークが混ざっていて、ちょうど写真中の螺旋が始まっている辺りをホルダーで固定しレンチで強引に回したところ、写真の状態に。固いスポークならば捻る力に耐えきれずパーンと弾け飛んでいたはず。このスポークが切れにくいと言われているのは、この柔軟な特性ゆえのことでしょう。実際このスポークを用いて組まれたホイールを複数セットもっていますが、走行中に切れた経験は一度もありません。

空力に関しても体感できます。リアホイールをフレームに装着し、思いっきりクランクをぶん回して10時辺りのスポークの中程(タイア・リム・ハブフランジからは離れている場所)に手を翳して乱流を感じてみるとよく分かります。CX-Rayはほとんど空気を掻き乱さず、丸断面スポークとは明らかに違います。

確かにスポークに求められる性能を高次元でバランスさせていますが、価格の他にも少々扱いにくい面があります。写真のスポークは100kgf程で締められていたのですが、比較的低いテンションで、ホルダーを併用しても迂闊にニップルを回すとご覧の通りクリンクリンと捻れて再利用不能になってしまうことがあります。特段伸びやすいとは思いませんが、ハイテンションで組む際は不用意に捻らないよう神経を使わされます。特にリアDSに使う場合は要注意。

付属するPolyaxアルミニップル(12mmではなく14mmだった)はDTのアルミニップルよりもほんの少しだけ頑丈だと感じました。

価格評価→★★☆☆☆(64本買うと仰け反りますねぇ…でもDT Aeroliteよりほんのちょっとだけ安い)
評   価→★★★★★(ちゃんと扱えば素晴らしい性能を発揮します)

カタログ重量→ 4.34g/260mm (実測重量 13g/3本の重量、ブラック238mmストレートプル、14mmアルミニップルを含む)
 
numero_nero  2012-1-10 18:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SAPIM CX-RAY
購入価格 --

以前から”もしかしたら…”と思っていたのですが、この度SAPIMのパッケージに入ったままのスポークを入手して確認することが出来ました。

ファクトリーでカットされたCX-Rayは表示よりも1mm短いです。
通常J-ベンドのスポークはクニャッと曲げられたヘッドの内側からスレッドの端までの長さで表記しますが、CX-Rayはヘッドの中心から計った長さを表記しているようです。

1mm短いことでなにか深刻な問題が起こるようなことはないでしょうが、長さの足りないスポークにロングニップルを組み合わせて再利用するような場合は困ってしまうかもしれません。

価格評価→-----
評   価→-----
 
kazane  2018-8-7 23:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SAPIM CX-RAY
購入価格 ¥330~360円/本(シルバー)


【購入動機】
自作実験用ホイール2号の空力性能UPを企て
エアロスポーク考
https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=15948&forum=33&post_id=27616#forumpost27616
などと題して大真面目にスポークの空力性能を試算した結果、結局辿り着いてしまったド定番スポーク。
プレーンスポークと比較すると高価なスポークですが、エアロスポークというジャンルの中では案外安価な部類に入る。また、強度や空力性能は非常に高い部類に属するため費用対効果は高いと言える。



【触ってみた印象】
CX-Rayはプレーンスポークをローラー圧延して作ったスポークなので個体によっては多少反ったりしており、工作精度自体はそこまで高くはない。
ネジや頭の精度は悪くはないが特筆するほど良くもない。
ホイール組みの作業性や性能上は特段問題とはならないので別に構わないと言えば構わないが値段を思い出すと気にはなる。
少し曲げて感じは星のステンレススポークと比べるとかなりしなやかで弾力があります。
断面は完全な扁平ではなく潰れた菱形のような翼断面っぽい形状なので公式スペックより厚く感じるかも。(※実測値は公式通りなのでご安心を。



【組んでみた印象】
仮組みしてみると、スポーク穴(TNIエボライトハブ Φ2.5[mm])はすんなり通った。
あやを取りながらスポークを編んでいく作業もしなやかさのお陰で作業しやすい。

しかし、ハブのスポーク穴にCX-Rayの頭と首がうまく収まってくれないという現象が起きた。
それも、40本全部が...だ。

しかし、冷静に考えてみると某ラボを始めとする巷の手組ホイールはこの組み合わせで組まれているので組めないはずはない。
手で力を掛けると収まりそうな気配も一応ある。
多分大丈夫だろうと自分に言い聞かせながら一応慎重にテンションを掛けていくと、首がすぽっと収まった。
しなやかな事で有名なCX-Rayは首もしなやかなのね...。
初見だとびっくりするかも。

エアロスポークは必然的にねじれを取りながら組むので、ホイールを地面に押し付けてしごく、いわゆる慣らし作業をやらなくても初期振れ皆無だった点もありがたい。
比較的組みやすいスポークだと思います。



【空力性能】
今回はプレーンスポークで組まれた手組ホイールのスポークをCX-Rayに入替えてますので、組み換えの前後で比較。
プレーンスポークで組んだホイールを回すと、「ブワッ」って感じ。空気をかき乱すというより、出来の悪い送風機を回していると言った方がしっくりくる。(笑)
今回組替えたホイールとは別個体(Shimano R500)の事例で、プレーンスポークがピュンピュンという音を発した事もありました。あの音は個人的にとても好きな音でしたが、音を発している=運動エネルギーの一部を使って空気を振動させているているという事なのでエネルギーロス以外の何者でもありません。
それに対し、CX-Rayはほぼ無音。スポークが空気(空間?)を切断し、スポーク後端で収束させ、置き去りにしていく感じ。レーシング3のスポークも音を発しないハブとリムの間の空間に何もないのではないかと錯覚させるような素晴らしい空力性能でしたがあの感覚によく似ていると思う。

ここまでは感覚的な話でしたが、感覚だけ語っても面白くないので具体的数値を測るべく、スポークの組み換え前後で3本ローラ最高速アタックをやりました。
機材はスポークとニップル以外全て同じです。

プレーンスポーク ⇒ 86.7[km/h]
CX-Ray ⇒ 94.1[km/h]

スポークの空気抵抗55[%]削減により、7.86[%] の最高速向上が達成できました。
参考で、ギヤ比とクランク長が異なる過去の記録ではありますが、レーシング3は98[km/h]を記録しています。
※クランク長172.5[mm] 53-11T (レーシング3)
※クランク長170.0[mm] 52-11T (今回)

また、CX-Ray交換後は40[km/h]⇒85[km/h]の速度の出し入れが何の苦もなく出来る状態に。
なんと、スポークを換えただけで最高速がサクッと10[km/h]近くも上がってしまいました。

ご参考までに。



【弱点】
CX-Ray唯一の弱点は価格だろう。エアロスポークというジャンルの中では案外安価な部類に入るものの、高価なスポークであることにかわりは無い。スポークパターンやスポーク長の検討はくれぐれも慎重に行いたいところだ。
手間と多少の資金は掛かるが、私のように一旦安価なプレーンスポークで組んでスポーク長の確認やホイールのバランスチェックをしてからCX-Rayに組み替えるのも悪くないのかもしれない。


【まとめ】
外観の美しさや仕上げの丁寧さはフツー。
しなやかで組みやすい。
空力性能や強度は巷で語られているように素晴らしいの一言に尽きる。
エアロスポークというジャンルの中で比較すると安価な部類に入るのに強度も空力性能も高いため費用対効果が高いが、プレーンスポークと比べてしまうと雲泥の差なのでスポーク長を決める際は慎重に。



価格評価→★★☆☆☆(高価ですが、それに見合うだけの費用対効果はちゃんとある。)
評   価→★★★★★(これは速いわw)
<オプション>
付属のアルミニップルを普通のアルミリムに使用する場合、空力的にも重量的にも全くお得感が無いので、SAPIMかDT Swissの12[mm]ニップル又は内蔵ニップルを使用することをお勧めします。
https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=15994&forum=33
この付属ニップルは、リムの底厚(ニップルが収まる穴の深さ)が厚くて12[mm]ニップルでは工具が掛からない場合は有効かと思いますが、それ以外ではあまり使用する価値が見当たらないように思います…。

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC, Bellati, PBK, Tweeks, Evans, Ribble








主要ショップ セール&クーポン情報・人気商品一覧

ショップセール&クーポン
Bellati SportsCBNイチ推し! ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
amazon.co.jp携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ ¥1,799
ProbikekitCBNSS 購入金額に応じて¥750〜¥3,750%OFF
ProbikekitCBN10 対象商品がさらに10%OFF
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitPBKSS 金額に応じて対象商品が750〜4,250円OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
ProbikekitEXTRA18 対象ウェア18%OFF
MyProteinLAST 旧パッケージ売りつくしセール
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsGuerciottiフレーム・完成車大幅値引き中
Bellati SportsDe Rosa 2019取扱い開始
Chain Reaction CyclesTOOLS10 ツール10%OFF
Chain Reaction CyclesCHAMP 対象商品最大¥6,000 OFF
Chain Reaction CyclesCLEAR2018 セール品¥15,000で¥2,000 OFF
Chain Reaction CyclesNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
WiggleCYCLE15 サイクルウェア¥15,000で¥2,250 OFF
WiggleCYCLE16 サイクルウェア¥30,000で¥6,000 OFF
WiggleDHBSAVE15 dhbウェア¥15,000で¥3,000 OFF
WiggleDHBSAVE16 dhbウェア¥22,500で¥6,000 OFF
WiggleSUMMER18 初回限定¥7,000で¥1,500 OFF
ProbikekitSHOE15 シューズ15%OFF
ProbikekitCOMPO10 対象コンポーネント10%OFF
Ribble CyclesLASTONE10 残り1個製品が10%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


intro STINGER 4  (グローブ)  2018-10-18 20:59  canzana7
CATEYE INOU  (カメラ関連)  2018-10-17 9:46  saejii
WAHOO KICKR CLIMB  (ローラー台)  2018-10-15 0:49  nadokazu
SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2018-10-8 22:53  kuromitsu2
Rohloff SpeedHub  (リアハブ)  2018-10-7 22:07  stone_n_roll
DZR Midnigth  (シューズ)  2018-10-7 6:43  EIN








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review