CBN Bike Product Review
TOP >  ボトル > 

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L

(1) 2 »

 
timo  2009-11-21 19:40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L

購入価格 ¥1880

同メーカーのポディウムの保温バージョン。
保温は夏場に使ってみないと効果は分からない。
ただ、見た目からすると、ポーラー製の方が保温性は高そう。

当方も、ポーラー製のボトルを使っていた。
ボトル・吸い口共に硬く、飲み辛くて不満があった。

この製品は、ボトルが柔らかく、吸い口も工夫がされていて飲みやすい。
購入後、まだ2回ほどしか使っていないが機能面は満足!
耐久性は不明。
一度、手にして見ると良いと思う。オススメ!!
今後買い足すならまた、このボトルを買うと思う。

価格評価→★★★☆☆(もう少し安かったら)
評   価→★★★★★



 
mk-2  2010-6-30 15:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L

購入価格 ¥1300(wiggle)

IBERAの保冷ボトルがあまりにも硬いため、簡単に飲めと聞きこちらを購入。
カラーは日本ではあまり見かけないRace Edition Clearにしてみた。

まず、飲んで驚いた。
ボトルを押すや否や勢い良く中身が発射されるため、子供の頃公園で水を飲む時、蛇口をひねりすぎてフゴゴゴとなるあの感じに。手加減しないと危険である。

また、今まで何度もフレームを汚してしまった事があるため、逆さにしても漏れないのは非常にありがたい。任意でロックもできるため、重ねて安心である。

しかし、炭酸を入れると独特の構造が災いして、揺れるたびにゲップをするように中身を吹き出す。ああ、思わぬ盲点が。案の定、入れていたグレープソーダのお陰で白いフレームは淡いピンクに。

なので、一応炭酸運用を主とする人(いるかな?)にはあまりお勧めできない。

あと、肝心の保冷性能は、気温25度で3時間程度。それ以上になるとやはり一般的にぬるいと言われるレベルになる。どうしても持続時間を延ばしたい人は氷を入れるか、水筒を持つかしかないだろう。ちなみに、IBERAの保冷ボトルも概ね同じような性能だった。もしかしたら、既存の構造ではこれくらいが限界なのかもしれない。

何より柔らかいのが気に入っているので、当分はこれを使うと思う。国内では高いが、海外から買うには十分安いので、迷ったときは買ってみてはいかがだろうか。

価格評価→★★★★★(海外なら文句なし)
評   価→★★★★★(吸わないで良いのは思った以上に楽)

ちなみに、TACXのTAOだと少しきつく感じた。ただし、ダウンチューブ側だけだったため、ボトルケージ側の個体差か歪みのせいかもしれない。念のため。


 
vice  2010-7-2 12:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Camelbak Podium Chilljacket

購入価格 ¥1,300前後 (wiggle)

キャメルバックのポディウムボトルのチル(chill:冷え)仕様。
2重構造のチルジャケットを内蔵し、キャメルバックで初めて
保冷を実現させたモデル。という触れ込み。


今回はRace Editionをチョイス。


○保冷
○ジェットバルブ
○抗菌かつ無臭
●保冷性能は高くない


お馴染みのポディウムボトルに二重構造の保冷ジャケットを
着せた物で、シリコン製ジェットバルブやON/OFFバルブなど
は同じ仕様。当然一般的なボトルケージにぴったりフィット。

特許ハイドロガード(抗菌素材)でバクテリアの増殖を防ぐと
いうことで衛生的。新品の時点でプラ臭がしないのも好印象。

但し肝心の保冷性能については、あまり高くないように思う。
見ての通り二重構造にして保冷材と称するプラスティックの
層を加えただけなので、当然にして保冷効果はそれなり。


保冷ボトルの定番ポラー(の小さい方)と比較すると、
保冷機能で気持ち劣り、吸い口の使い易さは比較にならず。
サイズはほぼ同等だが、重量はかなり軽く、容量も大きい。
(※ポラー現行版のカタログ数値では)


(※画像の小ポラーは骨董品なのでサイズなど全般に
現行版とかなり違うハズ/大ポラーは比較的新しい)


通常版ボディウムボトルとは微妙にサイズが違う。
バルブ周りや抗菌素材、無臭加工辺りは同等か。

保冷機能のために容量と重量を犠牲にした感じ。
(通常版:700cc/71gに対して保冷版:620cc/105g)



口が大きく氷も入れ易く、また洗い易い。
この点は大方のサイクルボトルと同じか。


個人的に保冷機能はおまけ程度と認識しているが、
小一時間の通勤ではそれなりに効果を発揮してくれる。

THERMOSマグなどは断熱効果自体はとても高いが
取り回しにやや難があるのと、キンキンに冷えた物を
飲みたいわけでもないので、こちらを主に使っている。
(THERMOSマグは専ら暖かい飲み物に使用)

ポラーが同価格帯で国内で普通に買えるので、特に安く
はないが、ポラーと比較すると本体がかなり柔らかくて
押し出し易く、バルブと合わせ使い勝手が良い。お奨め。


価格評価→ ★★★☆☆ (妥当)
評   価→ ★★★★☆ (良い)

年   式→ 2010年
カタログ重量→ 104g (実測重量105g)
 
chari  2010-7-31 1:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L

購入価格 ¥1,300(Wiggle)

ポーラーの使い勝手の悪さに耐えかねて購入。
さすがキャメルバックと思わせる点は随所にあるが
チルジャケットボトルに関して言えばさらに改良が必要。
秋になったら保冷じゃないポディウム買おうかな。
あるいは蓋だけ別のボトルと取り替える?

(・∀・)イイ!
・ボトル本体がやわらかい
・バルブの流量が多い
→保冷じゃない通常のボトルと比べても操作感が軽い

(`A´)イクナイ!
・ボトル表面が滑りやすい
・ボトル本体にクビレがほとんど無い
→つかみにくい

・バルブがでかい
・バルブに歯で引っ掛けるところが無い
→ボトルを口にくわえて手を離すのは無理

(・д・)注意!
・保冷力はポーラーと大差ない
 氷を満タンにしてドリンクを入れれば夏場でも1時間はキンキンに冷えている
 温くなる前に飲みきるくらいで水分補給にはちょうど良い
・ボトルをつぶしてからドリンクが出るまで微妙にタイムラグがある
 バルブの弁が開く圧に上がるまでのタイムラグなのでしかたない

価格評価→★★★★★ Wiggle価格なら良い買い物
評   価→★★★☆☆ 自転車用にさらに改良が必要
<オプション>
年   式→2010購入
 
nobody  2010-8-7 23:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L

購入価格 ¥1300強

最初は、前歯が差し歯の人が考えたボトルとか
ひどいこと言ってたんですけど、反省!!

皆さんからの情報どおり、水を飲むという動作が
簡略化されるメリットは予想以上に大きい

************************************
* 1)取り出す -> 2)吸い口を引っ張る -> 3)中身を飲む *
*  -> 4)吸い口を元に戻す -> 5)ゲージに戻す     *
************************************
         *****
         *****
      ***********
        *******
          ***
           *
************************************
* 1)取り出す ->2)中身を飲む -> 3)ゲージに戻す   *
************************************

文章にすると僅か2動作減っただけなのだが、
このシンプルな動作に一度慣れると、もう元に戻れない。

前の方がおっしゃっているように、ちょっとすべり易いかと
思ったが、慣れてしまったのか、今は別に気にならなくなった。

保温性能は結構高い。連日35℃を越えるようになって、
最近は氷を一杯に入れて、そこに冷蔵庫で冷やした
冷水で満たして出掛けるのだが、ボトルを持っても
つめたくない。ボトルがいわゆる『汗』をかかない。
つまり、あまり内部からの熱の漏れが無いという
ことだと思う。

その割りに、35℃だと中の水が1時間位しか冷たく
感じないので、もう少し保冷時間を延長できないか、
考えたんだが、保冷層は割りと性能が良い感じなので、
後は太陽のいわゆる『遠赤外線効果』を封じれば
良いのかな?ということで、ポーラーを見習って、
アルミ箔で覆ってみることにした。

ホームセンターで売っている、ガムテープサイズの
アルミテープ(\598 アルミ厚み0.05ミリ)をキャップも
含めて、吸い口を除く全体に貼り、いざ出陣。


下に見える緑色の字は『アオバ自転車店』の
付録ステッカー。アルミだけだと寂しいので

さてテストの結果だが、びっくり。1時間40分で1本目を
飲み終えたとき、まだボトルの中の氷が溶けきってません
でした。簡単にできるので、皆様もお試しあれ!

そこまでしなくても、中の水がくさったり匂ったりしない
ので、それだけでもありがたいですけどね‥

吸い口だけは汚れがつきやすいので良く洗うこと

アルミ箔のテープを剥がす時は、無水アルコールを
ティッシュに付けてゴリゴリ拭いてください。
多分、糊の部分は綺麗になるはずです

価格評価→★★★★☆(この機能で安いですね)
評   価→★★★★☆(冬場に備えて、保冷層の内外にアルミの皮膜をお願いします)
 
okenta  2010-8-27 17:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L

購入価格 ¥1.300(自治区)

夏もそろそろ終わってきますが、日中はまだまだ暑いので買ってみました。

上記、皆さんのフレコミどおり、保冷性能はポーラと比べると劣りますが、
使い勝手はバツグンと言ったところでしょうか。

私はELITEのJOSSAという、同じく逆止弁付きのボトルを持っているのですが、
そちらと比べるとキャメルのジェットバルブは若干、使いにくいです。

手加減が難しく、飲みたい量が飲めないんです。
強く押せば正にジェット攻撃を喰らうことになりますし、口からこぼれてフレームにほとばしるスポーツドリンク・・・

保冷性能も中途半端で、改良の余地が沢山あるボトルだと思いました。
ただ、軽いし(102g、ポーラは122g)取り回しは良好なので、
私のように頻繁に飲む人は、ポーラから買い換えてもいいんじゃないでしょうか。


価格評価→★★★☆☆(妥当じゃない?)
評   価→★★★☆☆(改良の余地アリ)

<オプション>
カタログ重量→ ??g(実測重量 102g)

もしこれ以上保冷性能を求めたら、押しにくく硬いボトルになってしまうと思う。
ELITEのナノゲライト(新型保冷ボトル)は更に硬かったので、保冷性能で並べると、
1.エリート、2.ポーラ、3.キャメル、使い勝手で並べるとこの逆になる。

とすると、見事に中庸を行くポーラは、やはり皆に愛される、愛されボトルなのかもしれない。
 
mile405  2011-5-12 16:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L の分解方法

購入価格 ¥1,390

説明書には、「(分解はせずに)流水で洗ってください」とあるだけでしたが、
今回分解にチャレンジしてみたら・・・できました!

1、口に当たる透明なパーツはもぎ取るようにしてはずします。これはそんなに伸びるということはありませんでした。
2、青色の弁と、白色の弁を押さえるパーツが出てきます。これが一番硬くて苦労しました。灰色のパーツと白のパーツの間に親指の爪を差し込んで隙間を作り、その隙間に下の前歯を差し込んだら外れました。弁を傷つけるので、マイナスドライバーとかは使わないほうがいいです。
白のパーツはそんなに硬い素材でもないようで、この過程で若干けずれてしまいます。20回くらい分解を繰り返したら寿命が来るかも・・・?
3、灰色のパーツは、黒のキャップ本体に4つのツメで固定されているので、このツメすべてを、キリや針などで”少しだけ”起こします。あとは少し力を入れて引っ張ると外れます。白いゴムのリング(パッキン)が出てくるので、なくさないように。
灰色のパーツのほうが若干削れますが、普通に使う分には問題ないレベル。そもそも飲み口をひっぱる使い方はしないわけだし。


使用感としては、やっぱり噛んで引っ張る動作がない分、すごく楽。ボトルの硬さもちょうど良い。保温性はそこそこ、においのつきにくさもそこそこ。
LOCKを解除した状態で逆さにして振るとさすがにもれるけど、吸い口を上にした状態ではよっぽどぶんぶん振らないと出てこなかった。

難点としてはやはり掃除のしにくさと、結構一気にビュッと出るので、あせって飲もうとすると失敗すること。
また、飲み口を真下に来るように傾けないと最後まで飲みきれないのもマイナス。

やっぱり100均のペットボトルキャップが自分の中では一番かな・・・。
何でこれ買ったんだっけ・・・?

価格評価→★★☆☆☆(ちょっと高いかな)
評   価→★★★☆☆(飲むのは楽。清掃は面倒)

 
AKA_TCR  2011-7-27 13:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Camelbak Podium Chilljacket

購入価格 ¥1300円くらい?

ボトルを押すだけで飲めるのは非常にラクチンです!
保冷機能の分、本体は厚くなっているにもかかわらず充分柔らかいです。

保冷は冷蔵庫で冷やした普通の水だと30程度はまあまあ冷たいが、
冷蔵庫から出すとすぐにボトル表面が結露することから、
あまり断熱力は高くないような気がします。

衛生面では、ボトル本体は非常に洗い易いのですが、
フタ(特に吸い口部分)が洗いにくいです。
簡単に分解清掃が出来る構造なら良かったのに・・・


価格評価→★★★☆☆ (妥当な値段だと)
評   価→★★★★☆ (保冷力UPと吸い口の分解が容易なら最高!)
 
MrHinkyaku  2015-11-6 23:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK ポディウムチルジャケット 0.62L

購入価格 ¥1728

今年の夏は、8月に猛烈な暑さだったが終わってみればちょっと短かった感じがする。
日数的にも激しすぎる暑さは半月有ったかな程度で、8月の最終週はだいぶしのぎやすくなっていた記憶がある。
それでも、夏のサイクリングの永遠のテーマは「水分補給」だ。
早め早めに、こまめに補給。これが基本らしい。
この、「こまめに」が意外と曲者で、ボトルを取り出す所から飲んでボトルを戻すまでがスムーズに行えると個人的に走り慣れてるイメージが湧いてくる。
勿論、あくまでも「個人的に」だが。
昔MTBに乗っていた頃はボトルを取る、歯で噛んで蓋を開けてギュッと絞って飲んだ後、下顎で蓋を閉めてまたケージに戻すをやっていたのだが、時代は変わったものだねぇ(急に年寄り口調で)。



今や定番の「ゾウが踏んでも壊れ…」じゃない「蓋を閉じなくてもこぼれない」ポディウムさんである。
何と言っても「蓋の開け閉め」が無いのはとても楽だ。
取り出して、グッと握ってジュッ!である。
握りも柔らか目で、飲みたい量を出しやすい。
保冷能力はそこそこ、決して魔法瓶には勝てないが「人間スポンジ」と呼ばれている私の場合、
ほぼ毎回ぬるくなる前に空になる
ので、保冷能力を気にしたことがないといいますが気にしてみたいものだ。
ちなみに、ほぼ毎回「氷水」を入れて運用していた。
脇にちらっと見える黄色のボトル(MAVICのボトル。個人的に「COSMIC ボトル アルチメイト」と呼んでいる)にスポーツドリンクである。
最大の理由は、通常時の補給は水がメインで、スポドリ補給はちょっと停止時間が取れた時だからだが、もう一つ外せない理由がある。



これだ。
このボトルの最大の利点、「逆さにしてもこぼれない」&「蓋を開ける必要が無い」ことから、
ヘルメットの隙間から頭に水をかける時、この上なく重宝するのだ。
私はこの動作を「リアップ」と呼んでいる。

べ、別に本物のリアップなんてやったこと無いんだからねッ!
この動作、普通のボトルだと頭の上に持って行く間にこぼれたり、ヘルメットのエアテークを探している内に蓋がしまったりするがこのボトルならその心配も無用。
凹んだ所に飲み口が触れたら、即リアップジェット!
頭皮に届くぅ~である♪
……
な、何度も言うけどリアップしなくったってフサフサなんだからねッ!

飲み口が洗いにくいのはまさにその通りだけど、ライド中の使いやすさは代えがたい物だ。

価格評価→★★★☆☆(まぁ安くはないよね)
評   価→★★★★☆(飲みやすさ抜群、洗いにくさ抜群、保冷力もうちょいで)
<オプション>
年   式→2014
ポディウムアイスが気になるお年ごろ。
 
LZPT2IB  2016-9-17 23:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CAMELBAK PODIUM CHILL

購入価格: ¥1,890 (税込)
標準価格: ¥1,890 (税込)

『保冷力はまあまあだが、ドリンクを楽に飲める点は素晴らしい。新形状のジェットバルブは分解・清掃も容易』



■ この夏からPODIUM CHILLを使用
私は4年半以上もPLOARの保冷ボトルを使っていたが、バルブを外してクリーニングしていたこともあり、3本のうちの1本からのバルブから水が漏れるようになった。それに、ドリンクがぬるくなると、なんとなくプラスチックのニオイが移るような気がしてきた。POLARのボトルは十分長く使ったので買い換えることにした。

今回、私が選んだボトルはCAMELBAK PODIUM CHILLだ。私が所有するCAMELBAK製のRapha Bidonは、ジェットバルブによるドリンクの飲みやすさが好印象だったので、他のCAMELBAKのボトルも使ってみたいと思っていたところだった。


CAMELBAK PODIUM CHILL ペースピンク、ブレイクアウェイブルー 610ml(21oz)





■ 豊富なカラーバリエーション
CAMELBAKのボトルの中でPODIUM CHILLを選んだのは、私の自転車のフレームのカラーに合わせるためだ。シンプルなデザインも私の好みだ。PODIUM CHILLはカラーバリエーションが多く、自分の自転車に合ったカラーが見つかりやすい。ただ、ベースピンクは、ボトル本体とフタの色が同じではないのがちょっと残念だ。

 
フレームに合わせてボトルのカラーを選択





■ ドリンクを楽に飲める
CAMELBAK PODIUM CHILLは、ドリンクを飲むのが本当に楽だ。ボトルの材質(TruTaste ポリプロピレン)が柔らかく、軽い力で握るだけでジェットバルブからドリンクが出てくる。しかも、ジェットバルブのロックを解除した状態でも走行中にドリンクが漏れず、ドリンクを飲むたびにわざわざバルブの開け閉めしなくても済む。ドリンクの飲みやすさに関しては、文句の付けどころがない。


ジェットバルブと柔らかいボトルのおかげでストレスなくドリンクが飲める





■ 保冷効果の高さはまあまあ
PODIUM CHILLの保冷効果はそれほど高いわけではなく、真夏の炎天下では氷をたくさん入れても、ドリンクの冷たさが2時間も持たない。一方、最高気温が26℃くらいのくもりの日なら、2時間経ってもドリンクがキンキンに冷えた状態が保たれる。

やはり、保冷効果の高さは、直射日光や外気温、アスファルトの地熱などによって影響される。この点はPOLORの保冷ボトルも同様で、保冷効果の高さもそれほど大きな違いはない。確実に冷たいドリンクを楽しみたいなら、冷凍庫でボトルごと凍らせたほうがいいかもしれない。


保冷効果の高さはPOLARと大きな違いは感じられない





■ 分解・洗浄しやすくなったジェットバルブ
私が所有するRapha Bidonのジェットバルブは、強引に分解しなければ洗浄できないのが不便だった。現行のモデルのPODIUM CHILLは、ジェットバルブが分解しやすいように改良されており、特別な技術や工具も必要なく直感的に分解・洗浄ができる。

半透明なシリコンバルブは、軽い力でひねるだけでフタから外れる。この状態でも十分に洗浄しやすいが、さらに細かい分解も可能。青いバルブは外すと取り付けるのが大変そうだが、分解を以下の画像くらいまでにとどめておいても、隅々まで十分きれいにできる。

普段のクリーニングは、付属のタブのとおりに、温水と洗剤を入れて振って洗浄している。水ですすぎ洗いした後は、カビの繁殖を防ぐために、水をよく切って乾拭きしている。その上で、定期的に薄めの漂白剤につけおき洗いもする。スポーツドリンクの香料のニオイが取りきれない場合も漂白剤を使う。いろいろな方法を組み合わせて洗浄することで、ボトルはきれいに保てる。

 
新形状のジェットバルブは手でかんたんに分解可能(左)、Rapha Bidonのジェットバルブは分解が難しい以前のタイプ(右)





■ ボトルケージやフレームとの相性
MINOURA DURA-CAGEとGIANT PROWAYの2つのボトルケージに関していえば、PODIUM CHILLはスムーズに抜き差ししやすく、走行中にボトルがすっぽ抜けることもない。ちょっと残念なのは、ボトル表面の印刷がボトルケージとこすれて薄くなりやすいことだ。硬めのボトルケージでは、早い段階でロゴや模様が傷つく可能性が高い。

また、私が乗っているGIANT SEEK R3(Mサイズ)では、シートチューブ側のボトルケージに挿入すると、バルブがトップチューブにわずかに接触してしまう。ちなみに、PODIUM CHILLの全長は約243mm。スローピングの大きなフレームや小さなフレームサイズでは、ボトルケージからトップチューブまでの距離をチェックしておいた方がいいと思う。


SEEKにもなんとかボトルは挿入できたが、今後はトップチューブとバルブが接触しないようにする工夫が必要





■ 保冷力はまあまあでも、ドリンクが飲みやすいので満足感が高い
PODIUM CHILLは、条真夏の長時間の走行には保冷効果が物足りないが、これでも保冷効果がないよりはマシだと思う。素晴らしいのがドリンクの飲みやすさで、ボトルを軽く握るだけでドリンクが飛び出し、わざわざ飲むたびバルブのロックを開閉する必要もない。ジェットバルブの分解・清掃のしやすさやカラーバリエーションの豊富さもポイントが高く、このボトルを選んだのは正解だった。



価格評価→★★★★☆ (価格に見合った使いやすさ。買う価値はある)
評  価→★★★★☆ (保冷効果以外の部分での満足感が高い。星4.5コ)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→113g(実測で105g)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!

(1) 2 »










新着レビュー投稿一覧
(このリストは30分毎に更新されます)

Ridenow TPUインナーチューブ 700x18-32C 85mm FV  (チューブ・バルブ関連)  2023-1-26 1:56  S15_WK0
Sim Works By MKS Bubbly Pedal  (ペダル)  2023-1-24 16:18  assin5
[REAR] CATEYE SL-WA100 WEARABLE X  (ライト)  2023-1-24 9:32  assin5
Rapha Pro Team Insulated Jacket  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2023-1-23 12:41  luke
Rapha Pro Team Winter Tights with Pad II  (レーサーパンツ・ビブ・トラウザー)  2023-1-23 12:36  luke
LAKE CX146  (シューズ)  2023-1-22 21:54  luke
CHROME KURSK AW PRO  (シューズ)  2023-1-22 21:20  luke
CATEYE CC-VL820 ベロ9  (サイコン・GPS)  2023-1-19 11:51  500miles
カリンピア リフレクタークリップ(ナフコの100均コーナー)  (100均)  2023-1-15 23:42  rinrey
Wolf Tooth ゴートリンク  (リアディレイラー)  2023-1-13 22:34  ensoniq_mr76
教訓:シートクランプ内蔵式フレームについて学んだこと  (その他のパーツ)  2023-1-13 14:19  OYAJI-METAL
TEKTRO HD-M275  (ディスクブレーキ)  2023-1-12 10:55  500miles
ZIPP SERVICE COURSE 70 XPLR  (ドロップハンドル)  2023-1-11 22:07  OYAJI-METAL
[研磨切削] HOZAN ラバー砥石 K-141 YD-1178  (工具)  2023-1-11 14:05  assin5
[TL] IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC (2020-)  (ロードタイヤ)  2023-1-6 11:01  hipparidonky
CASIO G-SHOCK GW-S5600-1JF  (時計)  2022-12-31 0:09  rinrey
BLUELUG sandwich reflector   (その他のパーツ)  2022-12-29 22:06  rinrey
Paul Component BOXCAR STEM 70mm 0° (Polish)  (ステム)  2022-12-23 9:29  assin5
ゆるふわーくす 防眩シェード  (その他のパーツ)  2022-12-18 11:03  500miles
Chris King Stem Spacer Kit クリスキング ステムスペーサーキット  (コラムスペーサー)  2022-12-15 17:50  assin5
Philwood コラムスペーサーセット 1 1/8  (コラムスペーサー)  2022-12-14 9:28  assin5
Philwood 1 1/8 headset   (ヘッドパーツ)  2022-12-13 9:54  assin5
[Cycling Courses] メキシコ グワナファト州  (サイクリングコース・峠・名所名物・レース)  2022-12-12 5:38  MountainHigh
[WO] Panaracer AGILEST DURO 700x25C  (ロードタイヤ)  2022-12-5 11:03  kakutei
KMC CHAIN AID  (工具)  2022-12-1 0:07  Ryu
ダイソー 3D スポーツインソール  (ソックス・インソール)  2022-11-29 20:13  teddybear
FINISH LINE テフロンプラス (DRY Teflon Lube)  (ケミカル関連)  2022-11-25 10:05  500miles
BROMPTON Aluminium Hinge Clamp & Rear Frame Clip Set  (クイックリリース・クランプ)  2022-11-24 15:11  assin5
[TU] Veloflex Extreme  (ロードタイヤ)  2022-11-23 21:33  haru1
Muc-Off C3 DRY CERAMIC LUBE  (ケミカル関連)  2022-11-23 12:03  hipparidonky
DT SWISS C1800 SPLINE  (ロードホイール)  2022-11-21 20:53  500miles
[その他] Jamis sequel  (フレーム・完成車)  2022-11-16 20:23  striker
Magura MT2  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 8:02  MountainHigh
Magura MT4  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:57  MountainHigh
Magura MT8 Pro  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:47  MountainHigh
Magura MT6   (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:25  MountainHigh
Magura Marta SL 160mm  (ディスクブレーキ)  2022-11-14 7:10  MountainHigh
Phil Wood Bottom bracket BSA 108mm +Mud Guard  (ボトムブラケット)  2022-11-9 11:25  assin5
ELITE QUICK MOTION  (ローラー台)  2022-11-8 15:36  hipparidonky
santic サイクルキャップ  (キャップ・ヘッドウェア)  2022-11-7 16:00  assin5
SUGINO CBBAL SG Mighty テーパーBSA 68mm113mm   (ボトムブラケット)  2022-11-2 19:00  assin5
Brompton Roll Top Waterproof Bag 25L  (フロント・ハンドルバーバッグ)  2022-10-31 0:20  rinrey
LOOK KeoBlade2(crシャフト)  (ペダル)  2022-10-20 10:58  hipparidonky
[TL] Schwalbe G-One Allround Evolution   (ロードタイヤ)  2022-10-13 14:40  500miles
気づきベルのストラップ交換  (DIY・小技)  2022-10-9 13:21  clx
Panaracer デュアルヘッドデジタルゲージ  (空気圧ゲージ)  2022-10-7 18:04  500miles
三ケ島(MKS) ALLWAYS  (ペダル)  2022-10-4 12:43  ghk
RideNow (中華 TPU チューブ) 700x18-32C, 65-mm FV  (チューブ・バルブ関連)  2022-10-3 13:04  teddybear
Garmin Rally XC100  (パワーメーター)  2022-10-3 7:57  MountainHigh
読み放題プレミアム  (書籍・DVD)  2022-9-27 21:49  Uzino
横長サドルバッグ取り付け方法  (DIY・小技)  2022-9-18 10:17  wanga
チューブの外付け携帯にぜひ!(サンスター文具 ペンケース NoFF ノフ シリコンペンケース クリアブラック S1423231)  (DIY・小技)  2022-9-18 8:42  wanga
Morethan サイクルジャージ LVP-021 (長袖 炭素繊維入り)  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2022-9-15 10:50  500miles
[REAR] KILEY LM-017アイライト リア用  (ライト)  2022-9-12 14:02  assin5
Q36.5 UNIQUE GLOVES  (グローブ)  2022-9-10 13:33  assin5
[FRONT] KILEY LM-016 アイライト フロント用  (ライト)  2022-9-10 9:32  assin5
MiniMods Chubby Colour Rear Shock for Brompton  (リアショック)  2022-9-7 13:52  assin5
DT Swiss XR 1700 SPLINE  (MTBホイール)  2022-9-5 4:59  MountainHigh
[ホイール工具] Tacx T3175  (工具)  2022-8-31 9:52  assin5
Shimano WH-M8100-TL-F15/R12 -B-29  (MTBホイール)  2022-8-29 6:12  MountainHigh

CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2019 CBN Bike Product Review
0.058Sec(68 Queries)