CBN Bike Product Review
TOP >  その他のパーツ > 

カラーコーディネイト

« 1 2 (3)

 
LZPT2IB  2017-5-2 0:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カラーコーディネイト
購入価格: じっくり選んだので無駄な出費は少なかった

『フレームに色味を合わせた単色のカラーコーディネートは、パーツの選択肢が狭まるが、完成後の満足感は非常に高い』



■ フレームに色味を合わせた単色のカラーコーディネート
私が所有するGIANT DEFY1 DISCは、フレームとフォークが単色のライトブルーで仕上げられている。スポーツカーのようなパール系のブルーが使われており、光の加減によってキラキラときれいに輝く。DEFY1 DISCのブルーが引き立つように、私は単色でカラーコーディネートし、取り付けるパーツやアクセサリーの色味もできるだけ合わせることにした。

だが、色味を合わせてカラーコーディネートするのはとても難しい。市販されているパーツやアクセサリーの多くは、必ずしも自分の自転車の色味に合っているわけではなく、選べるものは限られてくるからだ。色味を考慮せずに単色でカラーコーディネートするのはかんたんだが、自転車の一部の色味が強くなったり、ゴチャゴチャとした印象になる場合もある。


購入直後のGIANT DEFY1 DISC





■ 実際のパーツやアクセサリー選び
実際に取り付けるパーツやアクセサリーを選ぶ際には、実物で色味を確認するのが一番いいが、ネットの画像検索も役に立つ。色は光の加減によって濃くも薄くもなるので、商品画像と実物の色味は異なることも多い。しっかりと色味を把握すれば、失敗して余分な出費がかかることも少なくなる。だが、アルマイトカラーは、光の反射で色味が大きく変わるため、ネットの商品画像では色味の把握が難しい。

 
fabricのようにメジャーなパーツなら色味の確認がたやすい

 
中国製のシリコンカバーは、画像検索での情報が極端に少なかった(左)
ブルーアルマイトのGIANTのトップキャップは、商品画像よりも青みが強い(右)





■ 取り付け可能な色味の差
塗装、樹脂、ゴム、スコッチカルなどは、ブルーの色味が少々異なっても、屋外で光が当たることで色味はほぼ一致することが多い。さらに、取り付けたパーツやアクセサリーがフレームやフォークから離れるほど、色味の差はわからなくなる。アルマイトカラーは光の反射で色味が大きく変わるが、できるだけ薄いブルーを選べば、比較的色味を合わせやすいようだ。

 
ブルーの色味が少々異なっても、光が当たれば色味がほぼ一致する





■ 面積
サドルやバーテープといった、自転車全体を占める面積が大きい部分は、カラーコーディネートの視覚効果が絶大だ。面積の大きい部分の色味を合わせることで、カラーコーディネートの完成度も高まる。また、ブルーの色味が異なるパーツであっても、自転車全体に占める面積が小さいなら、色味の差が目立ちにくいので取り入れることも可能だ。ホイールも面積の大きなパーツだが、同色にすると単調でのっぺりとした印象になるので、特に何もいじっていない。面積小さい場合でも、ブルーを増やしすぎるとクドくなる場合がある。大切なのは全体のバランスだ。

 
面積の大きい部分は視覚効果が大きい(左)、このサドルのブルーの色味は合っていたが、ブルーの面積が小さかった(右)

 
ボトルとRWSのブルーは青みが強いが、面積が小さいので色味の差がわかりにくい





■ スコッチカル(カッティングシート)
スコッチカルはカラーコーディネートに有効だが、貼り付ける面積が大きくなると、貼り付けるパーツの表面処理との質感の差が目立ちやすい。パーツのロゴの下にスコッチカルで細いラインを入れるだけなら質感の差が目立ちにくいし、小さい割には視覚効果が高く、カラーコーディネートの完成度も高まる。

 
スコッチカルで細いラインを入れるのも効果的





■ 塗装
カラーコーディネートの完成度を高めるため、パーツやアクセサリーを塗装するのもひとつの方法だ。Mr.カラーのような模型用のラッカー塗料は、ラインナップが豊富なので好みの色味が見つかりやすく、きれいに塗ることもたやすい。私はベルとスピード&ケイデンスセンサーをMr.カラースプレーで塗装し、UVカットのクリアースプレーで仕上げているが、1年以上使っても紫外線で退色しないことを確認している。

 
ベルやスピード&ケイデンスセンサーを塗装

 
サイコンのブラケットを塗装したこともある(左)、バーエンドキャップをエナメル塗料でスミ入れ(右)





■ パーツのニコイチ
カラーコーディネートのために、パーツをニコイチするという方法もある。DEFY1 DISCに取り付けている、D-FUSE SL COMPOSITE SEATPOSTのサドルクランプの色はブラックだったが、クロスバイクに使っているGIANT CONNECT SL SEAT POSTのブルーのサドルクランプと取り替えることでカラーコーディネートを実現した。

 
カラーコーディネートのためにサドルクランプを取り替えた





■ ブラックとホワイト
全体的にブラックを占める面積が大きいと、自転車が見た目に重たい印象になるが、ブラックをブルーに置き換えることである程度解消される。ブルーで単色のカラーコーディネートではあるが、ホイールは例外としてロゴをホワイトのままにしている。ホイールまで同色にすると単調になるというのは前述したとおりだが、見た目に重たい印象を避けるためでもある。つまり、ブラックとホワイトは明るさの調整役で、ホワイトを増やしすぎると単色のカラーコーディネートの完成度が下がるので、できればブラックを減らす方向で取り組んだ方がいい。


以前のDEFY1 DISCは、バーテープとサドルのブラックが見た目を重たい印象にしていた





■ 総評
フレームの色味に合わせて、単色でカラーコーディネートしようとすると、パーツやアクセサリーの選択肢が少なくなる。さらに、性能まで求めるとますます選択肢は狭まる。ネットの商品画像と実物の色味が異なる場合もあり、フレームと同じ色味のパーツやアクセサリーを探すのは非常に難しい。ただ、フレームに色味がだいたい合っていれば、屋外ではほぼ色味は一致する可能性が高い。アルマイトカラーは光の反射が大きく、商品画像と実物の色味の差が大きいため、慎重に選ぶ必要がある。

じっくりとパーツやアクセサリーを選んだだけあって、個人的には大満足のカラーコーディネートになった。このまま完成車として販売されていたような雰囲気というか、GIANT DEFY1 DISC LIMITED EDITIONみたいな限定仕様・特別仕様っぽい感じにはなったと思う。実はカラーコーディネートのアイデアはまだあるが、これは機会があれば発表したい。

   
カラーコーディネート後のGIANT DEFY1 DISC




価格評価→★★★☆☆ (じっくり選べば、無駄な出費は少ない)
評  価→★★★★★ (我ながらうまくいった)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→ ー
 
LZPT2IB  2017-5-30 22:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カラーコーディネイト
購入価格: これまで購入したウエアやヘルメットの総額

『シャツとヘルメットを合わせるだけでカラーコーディネートが成立。複数のヘルメットがあれば、さらにカラーコーディネートしやすい』



■ 普段着や街乗り系サイクルウエアのカラーコーディネート
自転車本体だけでなく、ウエアにもカラーコーディネートはある。私は普段着ではカラーコーディネートを強く意識しないが、自転車に乗る際には気持ちを高めるために、積極的にカラーコーディネートを意識することが多い。

普段着で出かける際は、さりげなさやシンプルさを重視して、カラーコーディネートはシャツにヘルメットを合わせる程度にとどめている。シャツもヘルメットも全身を占める面積が大きいため、これでも十分なカラーコーディネートになる。このとき、カラーの異なるヘルメットをいくつか所有していると、普段着に色を合わせやすい。また、シャツとパンツが同色になることはほとんどないため、普段着なら全身がカラーコーディネートになりにくい。

  
シャツにヘルメットの色を合わせてカラーコーディネート


街乗り系のサイクルウエア、特に普段着というよりもサイクルウエアにしか見えない場合は、全身のカラーコーディネートを意識することもある。特に冬はジャケットを着ることが多く、暖かい時期よりも同じようなパターンのコーディネートになりがちだ。このとき、全身をカラーコーディネートすることで、ワンパターンのコーディネートでも飽きが来なくなる。

ただ、ブラックやネイビーといった暗い色に明るい差し色が入るくらいなら、全身をカラーコーディネートしてもあまり違和感はないが、明るい色を基調にすると、全身のカラーコーディネートはクドく感じることがある。そのような場合は、ジャケットに対して合わせるアイテムを少なく抑えている。ロングライドなどで気合いを入れる際には、逆にあえて全身を派手にすることもある。

 
ネイビーを基調にしてピンクを挿し色にしたカラーコーディネート

  
ライトブルーは私の好みの色だが、実際にはこれらをすべて使うことは少ない


ちなみに、冬のジャケットと同色のシャツを買えば、違う季節で同じようなカラーコーディネートが可能になる。ただ、グローブはともかくヘルメットとウエアは使われている素材が異なるので、色味を合わせることは自転車のパーツやアクセサリー以上に難しい。自転車の場合は色味が異なるとゴチャゴチャして見えるが、ウエアの場合は同じようなカラーで素材感や質感の違いを出して変化をつけるという解釈もできる。全身の質感や素材感が同じだとのっぺりして見えるので、ウエアは自転車本体ほどには色味にこだわる必要はないと思う。

 
お気に入りのカラーコーディネートを夏と冬で実施


普段着や街乗り系のサイクルウエアの場合は、シャツに対してヘルメットやグローブでカラーコーディネートするだけでも、サイクリングでの気分がちょっと高まる。自転車本体と同様に、これからも好きなウエアを選んでサイクリングに出かけたい。



価格評価→★★★★☆ (しっかり選べば無駄な出費は少ない)
評  価→★★★★★ (自分が満足すればOK)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→ ー
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!

« 1 2 (3)


セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥De Rosa Pininfarina SKフレーム(ディスク・リム)22.7万 / 23.4万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Tweeks🔥CATEYE5 CATEYE全製品5%OFF(在庫限り)
Tweeks🔥SRAMAXS5 SRAM AXS 5%OFF(期間限定)
PBK🔥CLOTH15 厳選ウェア・シューズ15%OFF
amazon🔥高評価! air bone ZT-A15クイックポンプヘッド ¥ 2,160
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
MyProtein🔥HEISEI31 サイト内31%OFF
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上購入で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円以上購入で7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Tweeks🉐CATEYE VOLT800 送料込み¥7,064
Bellati🉐ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
RibbleLASTONE10 残り1個商品が10%OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー



DT SWISS RR585  (リム)  2019-4-23 12:13  osobakosan
OGK AERO-R1  (ヘルメット)  2019-4-11 22:19  qazwsxedcrfv
[FRONT] GENTOS XB-555LR  (ライト)  2019-4-6 11:10  ishill
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-4-4 23:35  baru
自転車の異音  (JOKE)  2019-3-28 22:58  baru
BBB MountHigh BPD-12  (ペダル)  2019-3-28 19:02  saejii
Can Do すね毛トリマー  (100均)  2019-3-25 23:18  hitaka
SHIMANO DURA-ACE PD-R9100-L  (ペダル)  2019-3-25 21:47  baru










CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review