CBN Bike Product Review
TOP >  DIY・小技 > 

染めQエアゾール+染めQクリーナー


 
kawaji  2009-2-22 18:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
染めQエアゾール+染めQクリーナー
購入価格 ¥1980+980

知人から安く譲ってもらったサドル(セライタリア Flite GelFlow)が
青だったため、バイクに合わせて黒く塗るために使ってみました。

説明通り、純正のクリーナーで脱脂後、今回は青→黒なので下地は
使用せずに塗装しました。

染め、という単語はその通りで、元からあった擦れ等もそのままの
状態で色が付いていきます。そのおかげもあってか、非常に違和感
ない仕上がりとなりました。

試しに後ろの金具部分はマスキングしないでそのまま塗ってみた
ところ、色見はとてもいいのですが、こするとすぐに色が落ちました。
金具部分はマスキングするか、下地を使って塗るのが良さそうです。

あと、マスキングを失敗したこともあって、ちょっと厚塗りしすぎた
のか、ツヤが出すぎてしまい、若干すべるような質感になってしまい
ました。この辺りは好みもあると思うのですが、スプレー回数で調整
はできると思います。自分は7~8回塗ってしまいましたが、メーカー
の説明通り、4回目くらいでほぼ、真っ黒な状態になりました。

耐久性も、今のところ問題は出ておりません。こすっても色落ち
しない感じは、まさしく「染め」の単語がしっくりくる感じです。

たまたま行ったホームセンターにミニサイズがなかったため、ちょっと
高くついてしまった感もありますが、仕上がりには満足しています。

価格評価→★★★☆☆(VELOのサドルくらいなら買えてしまいそうな…)
評   価→★★★★★(自分的に、全く違和感無い仕上がりでした)



 
toppopoporo  2010-1-26 20:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
染めQエアゾール+染めQクリーナー
購入価格 ¥1,980 ¥980

最近買ったクロモリバイク。
フレームが白という事で、白いサドルバッグを探したのだがこれがまた見つからない。

無ければ作ればいいという事で、染めQで染めてみた。

ベースとなったのはこちら。



クロモリには、やっぱり革のサドルバッグがイイ。

染めQクリーナーを使い、表面の油分を洗い取る。
基本的には塗装と同じなので、油分は大敵。

その後塗りたくない部分にマスキングをして塗装。



ムラにしないコツは、窪んでいる塗料の付きにくい部分から吹き付け、広い面は後から吹き付けると良い。
またマスキングをし難い部分はニ○アのようなハンドクリームを厚めに塗っておくと良い。



下地は今回塗っていないが、5~6回吹き付けると丁度いい位になった。



仕上がりはこんな感じになった。
以前濃い色を使った時よりも塗り重ねる必要はあると思う。

ちなみに完全に乾燥してからレザーワックスを塗ったが、色落ちは無し。
クリアを吹かなくても十分だと思う。

価格評価→★★★☆☆(塗料と考えれば高い)
評   価→★★★★★(無い色が欲しければこれで作るのが吉)

 
toppopoporo  2011-10-28 22:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
染めQエアゾール+染めQクリーナー
購入価格 ¥720(70ml)



染めQの良いところは、色んな物が簡単に染められること、そして塗装と違い剥がれたりしない(し難い)こと。
自転車の物の中にはどうしても欲しいけれど色が無い、という物もとても多く、全体的なバランスを思えば妥協したくない部分でもある。
上のサドルバッグもそうだが、そういうちょっとした悩みを簡単に解決してくれる製品だと思っている。

例えばISM ADAMO PODIUMだが、手に入れたのは白。
持ち主としてはサドルは黒がいいと思っていたのだけれど、生憎国内でも在庫が無かった為白にした。
が、やはりそこはそれで微妙に納得がいかない。
だったら塗ってしまえ、という事なのだが、どうせなら買える黒ではなく他の色がいい、じゃあフレームにもそこそこ入っている赤にしよう、という事で染めQの出番である。



染めたくない部分をマスキングして染めQを塗布。
サドル上面のADAMOの部分は、木工用ボンドを爪楊枝で盛ってマスキング(実際染めた後に剥がしたら綺麗にマスキング出来ていたものの、あまりにも浮いてしまったので結局文字は黒で染めてしまった)。



金属部分は染めQプライマーを使えば染められるが、普通に脱脂した程度では比較的簡単に剥がれてしまう。
レール部分にマスキングをしていたものの適当だった為、はみ出してしまった部分が染まっていたが液体コンパウンドの極細で磨いただけで綺麗に剥がれてしまった。



マスキングテープで養生したものの、やはり微妙に染め漏らしが出来てしまったが、どうしても気になるのであれば油性マジック辺りで補ってやったらいいのかもしれない。

素材が素材なので毛細管現象等は起こさず、染め上がりも綺麗なものになった。
今回は70ml缶を使ったが、サドル1個を丁寧に吹いて(大体6回程上吹き)少し余った程度。
コストが良いか悪いかは別として、どうしても欲しい色が無いサドルを生み出したい、また汚れが目立つようになったが悪くないし気に入っているという場合は黒等濃い色を吹けば解らなくなるので、そういう使い方をするのも良いのかもしれない。
とりあえず重ね吹きして色の濃さを合わせた現状としては手前味噌ながらなかなかいい感じになったと思っている。

価格評価→★★★★☆(余らせない分量としてはまぁ妥当だったかと)
評   価→★★★★★(無い物ねだりするなら試す価値あり)
 
kitamura  2013-8-25 9:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
染めQエアゾール+染めQクリーナー
購入価格 ¥680(70ml)

バイク乗り時代から愛用しています。

フレームを乗せ換えたところサドルの色が妙に浮いてしまったので、フレーム色に合わせて塗装してしまおうという流れで久しぶりに使用。
サドルは2年前のFizik アリオネCXチームエディション(ホワイト×ホワイト)
センター部のみ塗装のため染めQクリーナー(所持品)で脱脂→マスキング


使用カラーはサンイエロー。
捨て吹きから始めて乾燥→塗装を繰り返すこと4回。


うん、いい感じ♪
塗装後500kmほど乗っていますが、剥がれたり色落ちすることもなく満足の仕上がりです。

自転車だとサドルだけなくシューズにも使えますね。
注意点としては、脱脂はパーツクリーナーではなく専用クリーナーやシリコンオフ等の脱脂剤の使用を推奨します。
脱脂が不完全だとシワになる部分からポロポロと剥がれて無残な姿に…こうなってしまったら修正不可能です(経験談)

価格評価→★★★☆☆(割高感は否めない)
評   価→★★★★★(自己満足度はプライスレス)
 
numero_nero  2014-4-13 23:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
染めQエアゾール+染めQクリーナー
購入価格:¥861 (@近所のホームセンター、エアゾール70ml入。ブラックのみ少し安い¥820)、専用クリーナー・ソフトリムーバー¥537、各100ml缶入。



Arione 00のセンターにデーンとやたら目立つイエローラインを消したくて、染めQに挑戦。のグレー・ブラック中心に暗色系を数種、それとギンギラ銀というアルミシルバーに近い色、それとクリアーを仕入れてみました。

 → 
結局使用したのはギンギラ銀+クリアー。センターライン部分の他は染め直ししていません。

のっけから脱線しますがFi'zi:kサドルのマーキングはアセトンで簡単に落とせます。今回使ったArione 00は一部バックスキン風仕上げの素材が使われているので、溶剤で溶けたペイントが滲んで汚れてしまうのが心配でした。そのまま上塗りしようかとも考えたのですが、染めQの性質上デカールにシリコンが含まれていると染まらないので、やはり落としておくことに。溶けて少し滲んでしまった部分はやはりアセトンを含ませた布や綿棒で丁寧に拭えば綺麗になります。microtexはアセトンで縮んだり風合いが変わるような事はありませんでしたが、本革や他社のLorica素材などに溶剤の類を使う場合、裏の方の目立たないところで大丈夫かどうか試してからにしましょう。

サドルのど真ん中で失敗ややり直しはしたくないですし、前もって仕上がりを予想する為にサドル表皮と同じmicrotexのハギレでテスト。おなじみFi'zi:kバーテープ、ホワイトの切れ端です。

染め直す色の候補として調達してきたのは、(トーンが明るい順に)シルバー・ロイヤルグレー・エスプレッソブラウン・ブラックグレー・ブラックの5色と上塗りするためのクリアー。どれも隠ぺい力の強い色なので不要だとは思いましたが、念のためベースコート(エアゾール70ml入¥645)も買っておきました。下地になるハギレはペーパータオルに専用クリーナーを染み込ませたもので拭い、脱脂してあります。専用クリーナーはタミヤのエナメル塗料用シンナーと同じ様な匂いがして揮発がゆっくりなのも似ていますね。試してはいませんがもしかしたら代用できるかも…

さて、染め上がったテスターがこちら。


左上から時計回り方向にブラックグレー・ブラック・ロイヤルグレー・シルバーで塗り分け。一度全体にブラックグレーを吹き、その上にマスキングしながらブラック→ロイヤルグレー、シルバーの順で吹いています。仕上がりを比較するために左のブラックグレーだけマスキングして後の色にはクリアーを吹いてみました。下のハギレはエスプレッソブラウンで、同じくベースコート・クリアー無しの吹きっぱなしです。すべて重ね吹きは2回。一回目は軽く砂吹きの状態にして2~3分ほどフラッシュオフタイム(溶剤を揮発させる為の放置時間)を取り、2回目に2往復を目安に吹いてみました。ハギレとノズルの距離は15~20cm程度。乾くとトーンが一段暗くなりますので、吹いた直後の状態で仕上がりを予想せずにフラッシュオフさせながら吹きましょう。一気に仕上げようとすると染め上がりにムラが出来る上、シボが目詰まりしてペンキでベッタリ塗りたくったような残念な質感になりやすいです。

テスターを作ってみてわかったことがいくつかあります。

・吹きっぱなしではツヤはほとんど出ません。クリアーを塗っていないブラックグレーやエスプレッソを見ればわかりますね。

・重ね塗りは3コート、各レイヤーはしっかり乾燥させながら薄く・均一にを心がけて。2コートだとところどころ染めが甘い部分が出てきます。暗い色なら2コートでもムラは目立ちませんが、ロイヤルグレーやシルバーのような明るめの色ではムラが目立ちやすいようです。

・専用クリーナーは筆などを使ってたっぷりしみこませ、シボの隅々まで脱脂する。テスターの段階では、脱脂はペーパータオルに含ませたクリーナーで何往復か拭うだけでしたが、どうやら完璧を期すなら筆か刷毛でたっぷりと塗り込んでから拭う方法が良いように思いました。というのも、光を水平に近くして透かさないとわからないレベルでなのですがシボ(表皮の肌理)に所々染まりきっていない部分ができてしまい、発色が良くない部分があります。サドルの方は筆でしっかり塗って脱脂したところ、より発色が良く染めムラもほぼ無くなったように思います。

・シルバーは染料が定着するのが遅く、吹きっぱなしだと移染やかすれが出来やすいので、クリアーで保護しておいたほうがよさそう(他のメタリック色も多分同様)。エアゾールを吹いている最中も染まり具合が判断しにくい(というか全く染まっていないように見える)のですが、溶剤が飛ぶと色が出てくるというちょっと特殊な染まり方をします。エアゾールは吹きすぎないよう注意!

10分程乾かすと指で触ったり軽く擦っても落ちない程度に定着します。長期的な耐久性や耐候性はまだわかりませんが、しっかり染まっていてツメを立て擦っても落ちないのを見る限り、問題ないように思えます。クリアーを重ねるとツヤはでるのですが、厚塗りができないのでエナメル的なツヤにはならず、発色が僅かに暗くなってオイルを塗ったような質感が出ます。つや出しだけなら靴用のカルナバワックスなどでも出せると思いますし、一度塗ってしまうとクリアーだけをきれいに落とすことはできなくなるので、ずっとツヤをキープしたい場合やメタリック系の色が移染したりかすれたりするのを防止したい場合用、と考えた方が良いでしょうか。

エアゾール缶の印象ですが、ノズルの出来はそこそこで割と細かい霧が噴霧できます。当然ガンとコンプレッサーで吹くように細かな霧が安定して出せるわけではありませんが、単純な線なら割と鮮明に塗り分け出来ます。普通の塗装用マスキングテープできちんと塗り分けられますし、アルファベットや単純なロゴ程度ならステンシル風の仕上げも可能だと思います(あまり細かなイラストを入れるのはさすがに滲むので塗料原液とエアブラシでも使わないと無理ですが)。サドル表皮にラインを入れるとかパネル単位で染め変える程度の単純な塗装ならエアゾールで十分です。ただこのエアゾール、ちょっと癖があります。通常の塗料スプレーと比べ染料に対する溶剤の量が相当多く、特にシルバーで顕著だったのですが、最初は攪拌が足りなかったのか!?と思ってしまうくらいでした。ですがそれで常態のようで、吹いてすぐは染料が全然出ていないように見えてしまうようです。少し待っていると溶剤が飛び染料本来の色合いが徐々に出てきますので厚塗りしたくなるのをグッとガマンしましょう。一度に厚塗りしてしまうと滲みやタレを起こしやすくなります。

それと70ml缶の内訳ですが、おそらく2/3近くを溶剤とガスが占めており染料はごく僅かです。缶の注意書きにも塗装可能面積0.2~0.4㎡と書かれているのですが、本当にあっという間に吹ききってしまいます。サドル丸ごと塗る場合70ml缶1本ではまず足りないのでご注意を。

まとめると、専用クリーナーでしっかり脱脂しておけば手軽に染め直しができる、面白い商品だと思いました。エアゾール缶もちょっとした癖さえ抑えておけば特に扱いにくい部分もなく、仕上がりの品質にも満足できると思います。カラーバリエーションが多く、大きな缶だけでなく小さな缶もあるので複数の色を揃えやすいのも○。工夫を凝らしながら、自分だけのカスタムレザークラフトを作っている気分が味わえます。今回は使いませんでしたが、エスプレッソブラウンはなかなか味のある深い色が出ます。下地に明るめのブラウンを入れ、エスプレッソを塗った上からサンドペーパーやバフなどで擦れさせクリアーでつや出ししてバーニッシュ仕上げ、なんていうのも出来るかも?

欠点といえば、普通の塗料と比べると少し割高な点でしょうか。とは言えホームセンターなどで簡単に手に入る、革にも使える塗料の中に染めQに対抗できる程バリエーションがあるものなどありませんし、プロに依頼して表皮張り替えをしてもらうよりははるかに安く気軽ですし・・・できれば、染料原液と溶剤を(単価・流通的に)もう少し買いやすくしてくれると、エアブラシやスプレーガンを持っている人はコストを下げられて有り難いです。

価格評価→★★★☆☆(もっと単価を下げられると嬉しい)
評   価→★★★★★(仕上がりには満足、作業自体も楽しめます)
💓 染めQエアゾール+染めQクリーナー を購入する : Amazon, Rakuten



セール&クーポン情報・話題の商品

CRC🔥MEGA19 対象商品 最大3,750円OFF
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru
SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2019-7-12 17:43  saejii
NITTO PEARL  (ステム)  2019-7-11 18:05  GlennGould
Litelok GOLD  (カギ)  2019-7-9 5:29  ikue
SHIMANO T-23  (バックパック)  2019-7-3 11:38  saejii

CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.158Sec(52 Queries)