CBN Bike Product Review
TOP >  フェンダー > 

FLINGER ロードバイクフェンダー SW-670


 
hta  2009-2-22 16:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FLINGER ロードバイクフェンダー SW-670


購入価格 ¥2415

http://www.flinger.co.jp/news/new-670.htm

クロスバイク用に取り外しが容易で前後揃いのフェンダーを探した結果購入。泥よけの性能も標準以上で、見た目もすっきりしている。取付/取り外しもワンタッチで、外した後残る金具が小さいので目立たないところが気に入っている。耐久性はまだ不明。

金具の取付方法が限定されているので、車体側とうまく対応することを購入前に確認することが必要。Vブレーキの場合は干渉も問題となる。



当方の例では、フロントはうまくいったもののリアの金具がフレーム側のダボ穴の向きと合わず苦戦する事となった。金具に穴をあけ直したが今度はVブレーキと干渉したりしてうまくいかず、L型金物を仲介して取り付ける事で何とか収まった。取付の自由度を確保するために金具を長短2種類くらい用意したりボルト穴を複数あけておいたりといった配慮が欲しいところ。

また、角度を調整する仕組みにはなっておらす、金具を力任せに曲げる方法となる。

価格評価→★★★★☆(前後セットとしては安い)
評  価→★★★☆☆(金具取付方法に問題あり)

 
baru  2012-12-20 20:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FLINGER ロードバイクフェンダー SW-670
購入価格 ¥2280

サドル沼、ライト沼、軽量沼、シューズ沼、チタン沼(!?)……自転車関係には「沼」がたくさんある。要は、「これ!」いうものが見つからず、色んなものを取っ替え引っ替え使っている状態のことだ。

私は最近、世にも珍しい「泥除け沼」にハマった。


■発端
事のキッカケは「TOT」である。TOT=Tokyo-Osaka-Tokyo―――今年走った、東京と大阪を往復するイベントの名前だ。TOTの走行距離は1100km。走行時間はどんなに短く見積もっても3日掛かる。

経験上、3日連続で「雨に降られない」ことは有り得ない。どこかで必ず雨に降られる。

雨のロングライドで一番厄介なのは「レーパンのパッドが濡れる」ことである。レーパンのパッドが濡れると、繊維が毛羽立ち、股ズレの大きな原因となるからだ。これを防ぎたく、泥除けの導入を決意したのであるが……良いものが見つからない。

ブルベを走る人であれば、既に「マイベスト泥除け」を見つけている人も多いはず。ブルベはどんな天候でも開催される。自転車の装備は自然と全天候型になる。その中で必然、泥除けの選択も行うわけだ。

ただ、自分はブルベにはほとんど出ない。ロングライドを設定するのは「雨が降らない」と解った日だけ。つまり、これまで私の自転車には泥除けは不要だったのである。しかし、今回のTOTでは泥除け必須。1000km走っても問題の起こらない泥除けを探し出さなければならない。

かくして、泥除け探しの旅が始まった。


■要件
先に述べたように、「1000km走っても問題の起こらない」泥除けが必要だ。そのための要件を少しブレイクダウンしてみる。

 1. フレームに取り付けられること
  →私の乗るRoubaixはフォーク、ステーが特殊形状(ゼルツ入り)。付かない泥除けも多い。

 2. 後輪の水の跳ね上げを防いでくれること
  →これも必須。付けても尻が濡れるような泥除けは不要だ。

 3. 軽いこと
  →長く走るなら軽い方がストレスが少ない。

 4. ズレないこと
  →振動でずれてしまう泥除けも多い。ズレたら用を成さない。

輪行が前提ならば、これに加えて「取り外しが容易なこと」が挙げられるのだが、今回は往復コースであり輪行はしない想定。上記の4つの観点で泥除けを比較してみることにした。


■候補
今回、候補に挙がったのは以下の6製品。

 ①あさひ ハネンダー
 ②Acor イノベーティブリアフェンダー(リアのみ)
 ③Flinger SW-670FR
 ④SKS RaceBlade
 ⑤Crud RoadRacer mk2
 ⑥Zefal CROOZER ROAD(フロントのみ)

結論から言えば、この中で実際に本番で使用したのは以下の製品だった。

 フロント: Zefal CROOZER ROAD
 リア: Flinger SW-670FR


■比較
本レビューではリアについての比較結果のみ述べる。フロントの比較結果は、そのうちZefalのCROOZER ROADのレビューで書くこととしたい。





結果だけ見れば、②を選ぶべきである。事実、本番では②を使用するつもりだった。

しかし、実際に使ったのは③であった。理由は単純、本番前に②が壊れてしまったから。角度調整のためにネジを締めこんだら、いとも簡単に泥除け部分にヒビが入ってしまい……。確かに②は良かった。軽量だし、実は性能に関しても悪くない。ただ、耐久性は良くなかった。その点、③はブルベ専門誌「ランドヌール」における、ブルベ参加者たちの使用率も高い。恐らく、耐久性には問題は無いであろうことが想像できる。


こうして、③を採用して、1100kmの旅路に臨むこととなった。


■レポート
TOTのスタート地点である東京・日本橋に行って驚いた。


 ……泥除け付けてるの自分だけだ……


それもそのはず、TOTが行われる三日間は、東海道全域晴れ予報であった。こんなことは滅多に無い。喜ばしいことだが、何か損をした感じもした。レインジャケットと、レインパンツを持参しているのも自分だけ。皆、驚くほど軽装である。こちらなんて、サドルバッグやトップチューブバッグも全て防水仕様にしてきた上に、アイウェアのレンズには撥水スプレーを吹いてきたと言うのに……。

しかし、スタートから400km。予報に反して雨が降り出す。四日市より西は雨雲に覆われ、3時間ほど雨が降り続いた。10月の夜、雨具も無しに走り続けては体が冷えてしまう。結局、他の参加者は全員、雨宿りを余儀なくされることとなった。

そんな中一人「時は来た!」と妙にテンションの上がる私。雨の中を走り続ける。慣れない土地での雨の中のナイトランは初めてだが、全く問題は無かった。一番の懸念であった「レーパンのパッドの濡れ」は、レインパンツとSW-670でガード。しっかりと役割を果たしてくれた。

結局、ゴールに至るまで雨が降ったのは、この3時間のみであったが、重量も軽いSW670はロングライドでストレスになることも無かった。ちなみにカタログ重量は250gだが、実測では168g。なぜ上にサバ読んでるのか分からない。

一見、柔らかそうなのでタイヤと接触しそうだが、絶妙な硬さでタイヤとは接触しない。跳ね上げについても尻・頭の方向は完全にシャットアウトしてくれる。ズレることもほとんどないし、絶妙な柔軟性で壊れない。

SW-670を選択したのは正解だった。


■総評
地味なパーツである泥除け。実は奥が深い。晴れれば必要ないが強い雨が降れば、走り続けるのに必須。何時間も走り続けるロングライドにおいて、これは大事な意味を持つ。

なお、今回の要件としては無視した「取り外しが容易なこと」であるが、これについてもSW-670は優秀である。ワンタッチで外れる機構になっているため、輪行時は外して袋に放り投げておけばいい。柔軟性があるので、壊れることはないはず。

唯一の弱点は、「太いタイヤが付けられない」ことだろう。この泥除け、取り付けのための金具がブレーキアーチの下を通る。23Cタイヤなら問題ないが、25Cタイヤの場合はタイヤと金具が接触してしまう。太いタイヤを使うロングライダーは要注意だ。

価格評価→★★★★★(SKSやAcorに比べると激安)
評   価→★★★★☆(太いタイヤが付かない・・・)
<オプション>
年   式→2011
カタログ重量→ 250g(実測重量 168g)
 
KinGi  2014-1-27 19:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FLINGER ロードバイクフェンダー SW-670
購入価格 ¥1,780 (amazon)

[概要]
スマートな形状の泥除け。
取り付けに工夫が必要な場合があり。



[購入動機]
筆者が外出すると雨を呼び寄せる傾向があるようで、
300km以上走る際は、ほぼ確実に雨に降られており、
そのたびにお尻から背中にかけて、泥だらけにしていました。
身体やウェアが汚れるのは気になりませんが、
ジャージのポケットに入れた財布・携帯などにも泥がかかり、
取り出す際に何とも不愉快な気分になってしまいます。

雨男なのは対策のしようがないとして、
雨の中でも極力快適に過ごせるよう、リア用の泥除けの導入を検討しました。

検討にあたっての要件は二つ

・容易に取り外しが可能なもの
 >1台でブルベからレースまで行うため、必要に応じて取り外れるものがよい。
  また緊急で輪行する際でも、輪行袋の中に納まるものがよい。

・可能な限りタイヤ外周に沿ったもの
 >サドルバックに干渉しない、かつ泥除け効果が高いよう、可能な限り低い位置につけられるものがよい。

以上の条件を満たしたものとして、今回の泥除けを購入しました。


[レビュー]
車体に固定する金具と泥除け本体の2つで構成されています。
泥除け本体の幅は狭く、ロードバイクに取り付けても雰囲気を損ないません。

金具はフレームとブレーキに共締めする形で固定します。
共締めした金具はブレーキアーチの下側を通して後方に向け、
そこに泥除け本体を差込み、本体側のロックで固定します。

ここまでがマニュアル通りの取り付け方法。

今回問題となったのはこの金具の取り付け。
ブレーキアーチの下を潜らせるのですが、ブレーキ本体と干渉し、タイヤとのクリアランスを確保できませんでした。
ブレーキの問題か、フレームの問題なのか。
(フレームはBOMAのVelno、ブレーキは5700系の105です)

値段も安いのでここであきらめてしまってもよかったのですが、
せっかくなので金具を加工して取り付けられるようにしました。


[取り付け加工]
加工方法は単純、
ペンチで無理やり変形させるだけ。
ブレーキアーチ上側を通して金具を取り付けた際に、泥除けがタイヤに沿うよう、角度を変えていきます。
調整含めて、ものの5分もあれば変形させられるでしょう。

あらためて取り付け。
角度、クリアランスともにギリギリですが、ばっちりです。







泥除けをはずすとこのように。
一度金具をつけてしまえば取り外し容易で、かつ目立ちません。
写真にはありませんが、金具が露出しないようなゴム製のカバーも付属しています。



期待していた泥除け効果ですが、
大きな水たまりの中に突っ込まない限り、上に向かって飛んでくる雨・泥・土をほぼ完全にシャットアウトしてくれます。
やはりタイヤ外周に沿っていることの効果は高いようです。

また金具を上部にすることによって、
25c以上のタイヤでも干渉することなく使用することができるのもメリットです。


[まとめ]
少しの加工で車種を選ばず使用できるスマートな泥除けです。
泥除けは野暮ったいからと敬遠している方、是非試してみてください。


[おまけ]
本来は前輪用、後輪用、泥除けと金具のセットで販売されていますが、
前輪側には取り付ける予定はないため、
同様に金具を変形させて、2台目のバイクに取り付けました。
これで一つの泥除けを2台のバイクで使いまわせるようになりました。


価格評価→★★★★★(気軽に試せる値段)
評   価→★★★★★(性能、外観、文句なし)
 
frecce  2014-9-25 7:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FLINGER ロードバイクフェンダー SW-670
購入価格 ¥2,160-

25Cでも付けられたよ報告です。

1000kmブルベ(2014BRM920広島1000km)に出るということで、3日も走れば雨には降られるだろうということ、また、その時に使用するサドルバッグが防水性の低いAPIDURAのサドルバッグ
https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=12343&forum=69&post_id=21336#forumpost21336
ということで、ついに泥除けの導入を決意。

ここのレビューを見て、この商品を選びました。
前は付けず、後ろだけ。

フレームは2011年モデルのPINARELLO FP4、ブレーキは105の5700、
タイヤは【25C】のPanaracer Race Type A Evo2 でしたが、
干渉することはありませんでした。
フレームによっては25Cでも付けられ、65時間以上の間、最後まで擦ることはありませんでした。
超満足です。

価格評価→★★★★★(安くて高性能)
評   価→★★★★★(防泥性能、軽さは文句なし!)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!





セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Wiggle🔥WHEEL24 ホイール最大22,500円OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCSALE2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-7-31 9:52  saejii
GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.155Sec(50 Queries)