CBN Bike Product Review
TOP >  ステム > 

THOMSON Elite X2 Stem

(1) 2 »

 
HALO99  2008-11-5 23:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THOMSON Elite X2 Stem
購入価格 ¥7980

カラーがオールブラックでカッコいいステム、という条件で探していたら発見。
プリントされているロゴも控えめで、クールなルックスに一目惚れ。

実物を手に取ってまず感じるのは、加工の素晴らしさ。
削り出された曲線が見事で、触っていて思わずウットリしてしまう (笑)。
「いつまででも触っていたい!」と思わせるほどの心地よさ。
切削加工処理のためかあまりツルツルピカピカではなく、程よいマット感が美しい。

3~4ヶ月使用しているが剛性感も文句なく、組付け時にも問題は感じなかった。
コラムクランプ部のボルトが対向ではなかったり、ハンドルクランプ部が2本締めだったり、が気になる人には気になるかも。

価格評価→★★★★★ (特に高いとは思わない)
評  価→★★★★★ (大満足)

<オプション>
ライズ角→-10度
サイズ→70/90/100/110/120mm (当方は120mmを購入)
カタログ重量→151g

 
84R  2010-12-23 22:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THOMSON Elite X2 Stem
購入価格¥5,000くらい





その見た目から一度は使ってみたかったトムソンのステム。短いサイズも選べるのはありがたい。70mmを購入。

ボルトの締め付けトルクはもちろん、「コラムやハンドルとの接触面にグリスを塗るな」など、説明書には細かな指定が書かれている。イラストの線は何となくアメコミふうの太さというか、そんな感じである(どんなだ)

ガッチガチなわりに幅が細い。アームも細く、クランプ径31.8mmの頭はかなり先太りに見える。仕上げの美しさには定評があるものの、傷がつくと目立ちやすく、何かをマウントするには考える必要がある。私は時計をテキトーに巻きつけて失敗しましたよええ。





カーボンコラム、アルミハンドルの組み合わせで使用。特にコラムの挿入はかなりタイトで慎重になった。ボルトを締めていくと、ある程度できっちり止まってくれる。手ルクレンチではあるが、力の加減は分かりやすく、精度の高さがうかがえる。

ただ、トムソンのハンドルは今のところ発売されておらず、ステムとメーカーを合わせたい人にとっては最初から選択肢に入らない。個人的にパーツ選びで重視する価格と重量もほどほどである。機械加工を売りにする他メーカーも多いなか、さらに個性的なものづくりをトムソンに期待したい。





価格評価→★★★★☆技術料としては安い!
評   価→★★★☆☆削り出しマニア向き
<オプション>
年   式→2009年初夏購入
実測重量→129g
 
mk-2  2011-11-19 1:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THOMSON Elite X2 Stem
購入価格 ¥6000

現在最も美しいステムの一つと思われる。

Thomsonお得意のアルミ削り出しで切削ラインも残ったままだが、各面綺麗に線が残っているため非常に美しい。当然精度も非常に高く、コラムを差し込む際は少しでも斜めになると入れることができない。ハンドルクランプも同様で、ハンドル2本で試したが、フェースプレートを外してもハンドルが落ちない。ハンドルとの相性にもよるが、ボルトを締めた時の安心感といい先述の精度といい、これ以上高精度なステムは触ったことが無い。Thomsonといえばシートポストの方が有名ではあるが、精度が顕著に出る点からするとステムの方がよりThomsonらしい製品であるように感じる。

標準のボルトはM5x17mm x4だが、最近仕様変更があったのか3mmのアーレンキーを使用するものに変わっていた。ハンドル周りは4mmで済ませたいため交換して使っているが、フェースプレートのボルトが2本しかないためハードに使用するならそのまま使った方が良いだろう。参考までに、チタンボルト4本に交換した場合6g軽くなった。

本来X2はフェースプレートが2ボルト仕様なのでロード用だが、ロードに合わなかったのでMTBに装着している。特に問題は生じていないが、MTBには別途X4が用意されているため強いてX2をMTBに使う必要はない。10度というライズもMTBにはあまり向いていないように思う。とはいえ、600mmを超えるフラットバーでもがいてもしなりを感じない辺り、剛性は非常に高いレベルにあるのだろう。

基本的には非常に良いステムだが、上の方のレビューの通り傷が付くと非常に目立つ上傷が付きやすいのが難点。元々が非常に綺麗なステムなので傷が付くと余計に目立つ。しかも、非常に目に入りやすい場所にあるものだから困ったものだ。私は見えなくなるのが嫌で何もマウントしないことにしているが、もし何かをマウントする際はタイラップなどは避けた方が良い。気付かない内に傷が入るぐらいなので、タイラップなんて付けようものなら傷だらけになるのは間違いない。

あまり知られていないが、スタックハイトが低い点も気を付けた方が良い。約37mmと通常のステムに比べて5mm程度短いため、余分なスペーサーが必要になってしまうのが残念。

ただ、ステムという個性の出しにくいパーツでここまでインパクトの強い製品を出し、なおかつ見かけ倒しではないというのは素晴らしい事だ。新作を望む、というよりはこのまま変わらないでくれる方が嬉しい。何本か持っておきたいと思う良い製品だった。

価格評価→★★★★☆(ステムにしては高いが、他の同価格とは比べ物にならない)
評   価→★★★★☆(傷の件と低いスタックハイト以外は完璧)
<オプション>
実測重量 147g(110mm,純正ボルト)


 
pajamaman  2014-12-21 23:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THOMSON Elite X2 Stem
購入価格 ¥4,980(中古美品)

サドル探しの旅と言われるのと同様、ステムもまた、旅人が多いことと思う。
自分は、サドルの旅はスペシャのROMINでとりあえずの終着点をみた。
しかし、ステムが決まらない。

ロードに乗り始めてすぐは、とにかく短くしていた。
ストックのスペシャ可変ステムは90mm。これをまずTIOGAの80mm17°に変えた。



で、友人から頂戴したS-worksの90mmステムに交換。
189gと重かったが、とにかくビジュアルが良いのでしばらく使っていた。今もお宝として大事に保管している。


と、ここで乗り方に変換点があった。
初めての仲間とヤビツへ行ったとき、蓑毛の激坂をフロント52で低ケイデンス(40~50)で登る男がいた。
当然のことながらひと漕ぎでゆるーっと進んでいく。ダンシングの動作はゆっくりなのだがスピードは速い。あっという間に見えなくなった。
当時軽いギアでヒィヒィ走っていた自分には悪夢を見ているようだった。

細身で腕の長い彼のポジションは、サドルを目いっぱい後ろへ引き、ステムは150mm17°
彼曰く、上りのダンシングにはこれがいいのだと。

それから、ステム探しの旅がまた始まった。
走りこむにつれ、サドルは高くなり、ステムは低く遠くなった。
上りでも、重いギアに入れて低ケイデンスでノッタリ登って行けるようになってきた。
結局、Zipp SCの110mm17°に落ち着くこととなる。


今シーズン3レースに出場した。
7月の富士チャレでは上記Zipp
9月のかすみがうらEDではさらに長くONE by Esuの130mm15°

このステムの軽さには驚いた!

なお、11月のエコパ東西対抗ではZippに戻した。

この頃はあまりロングを走っていなかった。また、レースではチーム走だったので、走行距離は20~25km程度を2回とか3回とか。
レース中は下ハンを握ることが多かったので、低くて遠いのがとても良かった。

ところが、先週久しぶりに100kmを走ったら、ポジションがどうにも合わない。ハンドルが低くて遠すぎる。
色々あって1か月半全く乗れていなかったことも大きいと思うが、あれだけフィットしていると思われたポジションが、他人のバイクのような感覚になってしまった。

前置きが長くなってしまった(大汗)

で、見つけたのはTHOMSON ELITE X2
サイズは120mm10°
Zipp110mmとONE by Esu130mmの間の長さ。


Zippより10mm伸びたが、角度が7°緩くなったため、ポジションは楽になった。
再び同じコースを100km走ったが、首肩の疲労感が全く違った。
買って正解だった。

THOMSON製品全体に言えることだと思うが、アルミの切削がとても美しい。
控えめに記されているTHOMSONのロゴも好感が持てる。
ステムキャップをTHOMSONにしていたので、お揃いになりビジュアル的にもいい感じ。
「所有する」という満足感はかなり充足できると思う。

ハンドル側プレートはボルト2本留めだが、ガッチリ留まる。
本体とフェイスプレートの合わせが上下それぞれ凸凹構造になっており、チリ(隙間)も限界まで詰められている。完成度の高さにウットリする。

諸先輩方が書いている通り、スタックハイトの低さに驚いたが、ハンドルポジションを換えやすいという利点もあり、レース時は低く、ポタ時は高くと色々工夫ができそう。

剛性も高く、ハンドルの性格がくっきり出る(ような気がする)。
現在使っているTOKENのカーボン、あれ?ちっとヤワくなった?と感じたくらい。



ちなみに、上記で記載したステム一覧
まずは角度別


次に長さ順。
これだけポジションが変わってきたということ。


上から。



価格評価→★★★★★(←定価でも安いと思う)
評  価→★★★★★(←いい!)
 
flare  2015-6-25 23:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THOMSON Elite X2 Stem
購入価格 ¥8000

重い割に剛性も大して高くないけど、何故か使ってしまう不思議なステム。
非常に使い勝手の良い袋が付属する。袋は電動ヒゲ剃り入れとして活躍中。



トムソンといえばシートピラーの出来の良さで有名だが、ステムとなると少し見劣りする感がある。
削りだしで作っていて余分な肉がついているせいか、他社の鍛造ステムに比べると重く、重量剛性比も低い傾向にある。
MTB用の4本締めX4ステムは重いが硬いとキャラが立っているが、ロード用のX2は実に平凡。
(参考 http://fairwheelbikes.com/c/forums/topic/2014-stem-review-3/)



だが、見た目の美しさを楽しむだけの浪漫パーツというわけでもない。
ハンドルをボルト2本で締めるステムは固定力が不足しがちだが、規定トルクでガッチリと固定される。逆に締めすぎるとフェースプレートが割れるらしいので注意。
削り出しならではの、鍛造とは比較にならない精度が効いている。相手のハンドルもそれなりに高品質なものが求められるけど。
あと、やっぱりステムは乗車中もよく目に入る場所なので、削りモノ好きは楽しいサイクリングが楽しめると思います。

実用的な意味では、Elite X2ステムを敢えて使う理由は以下の2つ
・豊富なサイズ(-10度で70,90,100,110,120,130mmをラインナップ、100mm以上は-17度もある)
・スタックハイト(37mmと低いため、ギリギリまでハンドルを下げたいとかコラムが短いとかの事情に対応)
・やっぱり頑丈なので、信頼性第一のレース機材にこそ使うべき?

価格評価→★★★★☆ 造りを見たら高いだなんてとても言えない
評   価→★★★★☆ 重くても、柔くても、浪漫。

カタログ重量 143g(10deg 110mm)
実測重量 148g(10deg 110mm) 141g(10deg 110mm 全ボルトをチタン製に交換)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!

(1) 2 »




セール&クーポン情報・話題の商品

amazon🔥サイクルウェア10〜15%OFF(〜9/30)
Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥MOON35 サイト内35%OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

[REAR] Fizik LUMO L5  (ライト)  2019-9-13 19:25  ManInside
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-9-10 19:32  saejii
自転車の異音  (JOKE)  2019-9-9 6:20  ReClimber
MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.139Sec(52 Queries)