CBN Bike Product Review
TOP >  書籍・DVD > 

宮尾岳 並木橋通りアオバ自転車店


 
mascagni  2009-4-29 7:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アオバ自転車店
購入価格 ¥571+税(最新の07巻)

「並木橋通りアオバ自転車店」としてのコミックスは20巻まで。
ヤングキングの連載と並行して、ヤングキングアワーズでも不定期連載されるようになるのと時を同じくして、
「アオバ自転車店」としてコミックスのタイトルリニューアルがされ、巻次も01巻から始められている(連載側のタイトルは「並木橋通りアオバ自転車店」のまま)
現在(2009年4月末)07巻まで刊行中。2009年5月11日に08巻が発売される。

ヤングキング側の連載では、レギュラー+セミレギュラーが入り混じった物語構成だが、ヤングキングアワーズ側の連載では、
セミレギュラーは当分出さない形でのストーリー作りをしているとのこと。
1999年7月から連載されている、既に息の長い漫画と言っておかしくない状況では、セミレギュラー(=店の常連)が多数いるのは当然。
それを出さないことで、差別化を図っていると言うことであろう。

先人の言うとおり、自転車への愛に満ち溢れた作品。
と言うより、自転車を介する事で人と人のドラマが描かれる。主役は「人」、自転車は「触媒」。
まぁ、はっきり言ってしまうと、なんでもかんでも麻雀で解決する麻雀劇画、なんでもかんでも料理で解決する「美味○んぼ」「クッキング○パ」と同じとも言えるがw

ただ、自転車漫画と言えば「シャカリキ」や「Odds」のように競技・競輪系が多いわけで、そんな中で自転車を使う日常を題材にすると言うのは、
着想そのものが面白いし、又読んでいても身近で面白い(ま、所詮漫画なので、非日常設定であることも多いのだが)。

題材とされる自転車は、ロードレーサーやMTBはあまり無い。
生活の中で使われるシティサイクル、ちょっと趣味性が高くなるフォールディングバイクや小径車などに陽が当ることが多い。
ちなみに我が愛車、BromptonやSTRIDAも出てくる。

正直、この作者は、ストーリーメーカーとしてはなかなかだと思うが、今ひとつ尻切れトンボ的なラストになることが多く、ストーリーテラーとしてはイマイチと思う。
つまり、ストーリーが悪いのでは無く、コマ割りや最後への持って行き方が今ひとつでは無いかと。
漫画家でも無い自分がこのような偉そうな事を言うのは気が引けるが、なんとなくオチのコマで「アレ、これで終わり?」的な肩透かしを食らうことが多いように思う。
何も全てのストーリーが「じゃじゃーん!」みたいな終わり方をする必要は無いとは言え、やや残念な部分ではある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここで閑話、と言うかミニレビュー。

レギュラーキャラクターである峠一家の峠ワカバさん。
主役の峠アオバの母であり、峠工一の妻であり、アオバ自転車店の辣腕おかみ。
しかもナイスバディで美しいw
18巻の「多島」(大島と思われます(^^;)で見せてくれたビキニ姿は、子供を一人産んでいるとは到底思えないゴックンものw
宮尾G先生、サービスし過ぎwww

この方の自転車がプジョーCOM Step-in。2004年モデルだと思う。Vブレーキ+外装変速仕様。
元々、プジョーNS40がワカバの愛車であり、工一との出会いの自転車だったが、アオバに譲ったことで新しい自転車が必要になり、そこで工一が選んだのがこの自転車だった。
日本企画台湾製造のプジョーで、仏車でも何でも無いが、そこに小改造を施しフレンチスピリットを封じ込めるのが峠工一の腕(14巻「フレンチ・スピリット」)。
こう言う設定の下の自転車選びをさせると、本当にこの作者は上手いと思うし、知識の豊富さが際立つと思う。

実は自分の奥方の自転車がこのCOM Step-inの2003年モデル。
2003年モデルはローラーブレーキ+内装変速仕様(シマノインター4)。



この自転車は、自分が買ってあげたものだが、これを買った時にはこの漫画のことなんてまったく知らなかった。
後々、この漫画を読んで、初めてこの偶然の一致に驚いた次第。

この自転車、フレームが頑強この上ない(素材はハイテンの筈)。
一度、事情があって、サドルを自分に合わせて自分が思い切り漕いだ事があるのだが、まったくヨレることも無く、真っ直ぐに、放たれた矢のように走った。
そんじょそこらのママチャリとは一線を画す出来である。
フレームがヨレないので、逆にクランクなどのヤワさが分かってしまったくらい。

この自転車も、随分とあちこちガタがきているのでオーバーホールをやりたいところではある。
走行距離的には5,000kmくらいの筈なのだが、経年劣化が結構出ている。無論、タイヤ・ケーブルの類は替えているが(フレーム自体は問題無し)。
錆の浮いたヘッドパーツ・ハンドルの交換、ハブダイナモで前輪組み、インター8で後輪組み(インター4はギア比が重過ぎる)、
ブレーキをキャリパーに変更(2003年モデルはV台座が無いので可能)、等々妄想してみたりしている。
(妄想は素晴らしい趣味です)

まぁ、そこまでやるくらいなら、新品の自転車を一台買った方が安いし手っ取り早いし良さそうではあるのだが・・・

※ ディスコン製品の新規レビューはしない方針なので、ここでミニレビューさせて頂いた

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

閑話休題。
一つ書いておきたいことがある。
作者は「自分の漫画の中の人達は生きている。だから二人乗りや無灯火をする人達もいる。そうでなくては漫画が生きない」と言う旨の発言をされている。
なるほど、それは漫画家として至極当然のことかもしれない。
現実の世界で二人乗りや無灯火が無くならないように、漫画の中の世界も清濁併せ呑むようで無いとウソになってしまうだろう。

しかるに作者は、今まで無灯火・飲酒運転・ノーブレーキピスト・違法駐輪と言った自転車の問題に対しては、批判・啓蒙的なストーリーを書いてきている。
これも又立派なことである。
が、二人乗りに関してだけは、「甘酸っぱいから」などとのたまって、二人乗りをすることを肯定するかのような作品を書いているのである。
(読者ならご存知、一連のケンタとチヅルの話だ)

無論作者に聞けば、ストーリーに必須、漫画の世界も生きている、二人乗りを肯定しているわけではない、と言うであろう。
しかし、それは屁理屈である。
上記自転車の違法行為を批判している以上、如何なる理由であろうとも、二人乗りがストーリーの中心となること、すなわち「正」であることは許されまい。
そして作者は、自分が知る限りは、二人乗りを「悪」として描いたことは無い。

この点に関しては、この作品はまったく認めることが出来ない。
他がいいだけに、誰にでも薦めたい自転車漫画なだけに、ここだけがとてつもなく残念である。

価格評価→★★★★☆ まぁ、全巻揃えたら高いけどねぇ、一巻一巻は大した額じゃないでしょ。
評   価→★★★★☆ 「二人乗り肯定」で星一つ減。
 
nobody  2009-11-3 23:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アオバ自転車店
購入価格 ¥600

アオバ10巻が発売された。同時に「並木橋通りアオバ自転車店」の
文庫1-2巻が同時発売だそうだ。

別にたいした情報でもないんだが、今号では珍しく漫画の舞台に
実在の公園が名前入りで紹介されているので、自宅から10キロほど
しか離れていないので行ってみた

公園の名前は「水源の森 あけぼのふれあい公園」という。
多摩川の支流である、仙川の上流部分、三鷹市上連雀にある、
人工的に造成された「水源」があるという公園である。



作中では、公園の中にある、自転車ではなかなか足をつかないで
上り下り出来ない道を、練習の末、走破できるようになるという
話になっているが、実際に上り下りしてみたところ、大人であれば、
足を付かないで上り下りするのは別に難しくない。自転車に乗れる
ようになったばかりの小学生には、ちと厳しいと思うが‥


ここが「難所」とされる折り返し部分。

であるからして、話の後半部分にある高校生になって
再度チャレンジする部分は、完全に作者が膨らました話だと
分かった。

このあたりは、多分、玉川上水あたりから引水するためか
どこかの沼地から水を抜くために作られた、人工河川を
仙川の上流部につなげた所らしく、川には水が無く、
元々河川ではないので土地に勾配が無く、公園に辿り着く
まで手間取った。


川底には玉砂利が敷き詰めてあるだけ。普段は水は流れていない

えらく寒いことでもあるし、いつも多摩サイ一辺倒でなくて、
たまにはスピードをゆるめて、支流をゆるゆる散策してみるのも
よろしいかと‥

ちなみに、帰路、これもアオバゆかりのCWS吉祥寺にて
現在メーカー欠品中の、ユニコ Bikeguy 折りたたみミニツール8 を
見つけて、思わず買ってしまった。まだ、あと数個ありました
https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=5411&forum=82

価格評価→★★★☆☆(まあこんなもんでしょ)
評   価→★★★☆☆(連載が2誌にまたがるようになってから、今ひとつおもしろくない気が)
 
ManInside  2009-11-5 21:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
少年画報社 並木橋通りアオバ自転車店
購入価格 ¥495+税@一冊

おもしろいらしいので五冊買って読んでみた。
おもしろい。
基本的に一話読み切り形式なのがいい。
また、どのエピソードも退屈しない。
作者は自転車のことをよくわかっているし、自転車が好きなんだと思う。
ロード、スポルティフ、ランドナー、ミキスト、ミニベロからMTB、そしてBMXまで登場する。その分け隔てなさが良い。世の中にはこんなに色々な自転車がある、それに乗る人もいろいろだなあ、としみじみしてしまう。

登場人物たちの人間模様と、彼らが出会う自転車。
毎回、どちらも魅力がある。

難を言えばアオバちゃんがちょっと物知りすぎなところかな?
でもカワイイからOKとしよう。

こんなおもしろい漫画があと20冊くらい読めるなんて、サイコー!!

価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★☆
💓 宮尾岳 並木橋通りアオバ自転車店 を購入する : Amazon, Rakuten



セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥対象の服・シューズ・バッグ10%OFF
PBK🔥CLOTH15 厳選ウェア・シューズ15%OFF
amazon🔥高評価! air bone ZT-A15クイックポンプヘッド ¥ 2,160
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
MyProtein🔥SAKURA 最大80%OFF
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🔥CBN10 ホイール以外全品30,000円以上購入で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🔥CBNW ホイール37,500円以上購入で7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Tweeks🉐CATEYE VOLT800 送料込み¥7,064
Bellati🉐ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
WiggleSPRING19DHB9 dhbウェア1.5万円で20%OFF
WiggleSPRING19DHB22 dhbウェア22,500円で25%OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
CRCSSBIKEFEB 厳選バイク10%OFF
RibbleOUTLET50 対象商品が50%OFF
RibbleLASTONE10 残り1個商品が10%OFF
TweeksCLEAR10 クリアランス品10%OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


Can Do すね毛トリマー  (100均)  2019-3-25 23:18  hitaka
SHIMANO DURA-ACE PD-R9100-L  (ペダル)  2019-3-25 21:47  baru
OGK AERO-R1  (ヘルメット)  2019-3-21 20:18  canzana7
Ritchey WCS Alloy 4-Axis  (ステム)  2019-3-19 20:59  PHILLY
ASTVTE STARLINE VT  (サドル)  2019-3-19 20:13  PHILLY
LEZYNE MEGA XL GPS  (サイコン・GPS)  2019-3-14 19:20  ghk
サイクリング麻雀  (JOKE)  2019-3-8 10:07  kuromitsu2
NAROO MASK X5s  (ウェアー小物)  2019-3-7 18:46  saejii
GARMIN eTrex 30x  (サイコン・GPS)  2019-3-5 20:49  baru
ダイソー あむころ  (100均)  2019-3-5 12:55  duston
自転車あるある  (JOKE)  2019-2-27 22:01  PHILLY









CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review