CBN Bike Product Review
TOP >  書籍・DVD > 

スキージャーナル ロードバイクの科学

(1) 2 3 »

 
AstorPiazzolla  2008-4-4 22:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキージャーナル 『ロードバイクの科学』
購入価格 ¥1470

 実にすばらしい自転車本の登場である。
楽しく、面白く、痛快で、しかも考えさせる、本当に内容の濃い充実した一冊であり、その出来映えは見事としか言いようがない。自転車バブルの昨今、写真がきれいなだけで内容が薄っぺらなムックが跋扈する中でこの本は、全く異質である。こういう書籍が既存の自転車雑誌系列からではなく、不況の色が濃いスキー業界の真っ只中にいるSKI JOURNAL社から出版されたというのは、実に興味深い。

 内容は、ロードバイクをほぼ中心に据えて、題材としては非常に多岐にわたっており、そのどれもが大変面白い。限られたページ数の中で、様々な実験結果や考え方について、最大限に論理的な記述で語られている。このページ数の書籍で、この内容の濃さというのは、全く出色である。著者と担当編集者の努力は大変なものだったであろう。

 すべての項目が面白いので困ってしまうが、テクニカルな解説をひとつだけ挙げてみる。コーナリング時のブレーキングに関して考察したページが80から83ページにある。常々おかしいと思っていた、『コーナーに入る手前までに減速完了するべし』という世間一般の俗説が一刀両断されるページとなっている。実に興味深く、わかりやすく書かれている。

 そんなテクニカルな筆致ばかりかと思っていたら、ひときわ光るコラムに出くわした。そこでは、ママチャリを改造した動機が語られている。働けなくなると主人に捨てられてしまい動けなくなってしまう黒馬ブランキーのもとに、サンタクロースが降りてきて銀のソリを引けるようになるという、『くろうまブランキー』という絵本を引き合いに出して、2、3年で打ち捨てられるままチャリが哀れでならない、と述べている。私はここに、著者の本質を見る思いがした。

 そして、乗って工夫してこそ自転車は楽しい!という主張が随所に感じられるのも、好感が持てる。何十万円もするような高額な自転車のセールスが好調のようだが、著者は、金さえ出せば何でも手に入る、というような考え方を、何の面白みもなく、退屈で安易でつまらない生き方、として退けているように見える。

 この著者なら、『廉価な自転車だっていいんだよ。さあ、走ろう!』と、家が貧しくてスポーツ自転車を買うことが出来ないような貧乏な中高生にやさしく語りかけてくれそうである。スポーツ自転車を持っていなくても、こんな本を読んで、あれこれと夢を見て、妄想にふける子供がいたとしたら、その子供は貧乏であっても幸せであり、大きな可能性を秘めているのだ。

 自転車好きな大人、自転車オタクな人、自転車に技術的にアプローチしたい人、そして速く走りたいという人はもちろんだが、未来を担う子供たちにこそ読んでもらいたい、そんなすばらしい自転車本である。夢見る子供たちにとってこの本は、何物にも代えがたい宝物になるだろう。そしてオトナになってから、あの時この本に出会ってよかった、と思うに違いない。


価格評価→★★★★★
評   価→★★★★★

年   式→2008



 
AstorPiazzolla  2008-4-4 22:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキージャーナル 『ロードバイクの科学』
購入価格 ¥1470

 憎まれ口はページを改めたいと思ったので、こちらに書く。

 ・・・すばらしい本である。

 自転車専門誌編集に携わる人々(すべてとは言わない。)には、この本を読んでこの際、愕然としていただきたい。

 本来こういった内容こそ、自転車専門誌が提供するべきものだと思うのだが、それがまともになされていない現実から目をそらさないでいただきたい。そしてこれを教科書として読み、真剣に学んで意味を理解していただきたい。『気分で語って気分で流す』風なスノッブで空っぽで意味不明なインプレ記事などをタレ流して恥をかかないためにも、である。
 そして、学んだひとつひとつを実際に試し、試行錯誤し、新たな視点、論点を『自分自身の力』で探り出し、この本を越える新たな本を作り上げていただきたいものである。

 自転車バブルに酔い痴れ、ぬるま湯に浸っているうちに、いつしか自転車雑誌が完全に周回遅れになっていた、という現実に目覚め、もうヘタなことは書けない、ということを自覚するのは、まさに今である。


価格評価→★★★★★
評   価→★★★★★






 
nakanohito  2008-4-11 20:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキージャーナル 『ロードバイクの科学』
購入価格 ¥1400+税

ここでのレビューを拝読させていただき興味を持ち、購入しました。
確かにこれは良書で感心します。

例えば・・・・

「完組のフロントホイールはなぜラジアル組が多いのか?」
これまでは何となく「リアほど力がかからないからこういう形でもいいのだろう」とぼんやり思っていた程度だったのですが、この本を読んではじめて、ラジアル組のスポークにかかる負荷の大きさがよりリアルにイメージできるようになりました。

「ツール・ド・フランスの選手はなぜ1日に7000kcalも食べるのか?」
これも何となく、40-50km/h平均で四時間も五時間も乗車していたらそれは腹も減るだろうな、と漠然と納得してはいたものの、7000kcalの内訳もよくわかるし、7000kcal食べても足りないくらいであることがわかり、新鮮な驚きがあります。

そうした「ああ、そういうことだったのか!」という新鮮な発見に満ち溢れた本です。

この本のもう一つの特徴は、「読み捨て」にならないところでしょうか。数学や物理学に強い方は別かもしれませんが、どちらかというと文系人間の私にとって、一度読んだだけで理解できないところのほうが多いのですが、じっくりゆっくり繰り返し読んでいくと、最初は摩訶不思議に見えていた数式が体にしみこんでいきます。考えてみれば、自転車専門誌はこれらの定量的なデータを定性的な表現に「わかりやすく翻訳」して読者に伝える使命があると思いますが、果たして本書の著者と同程度の解析的バックグラウンドがあるかどうかは不明です。尤も、必ずしも自転車専門誌のライターが数学を理解している必要はないとは思いますが、いかにも数学的裏付けがあるような表現をしていながら、実は「なんとなくそう思う」程度の理解に基づいて記事を書いているのなら、その姿勢は改められければならないのは明白でしょう。

また、この本は数字によって自説を正当化するといった論文調の本でもなく、あくまで「なぜそうなんだろう」といった素朴な疑問に対して真摯に解を与えようとする過程で生まれてきたものであるように見えます。その結果、読んでいて楽しい。書き方も非常に公正(フェア)であり、大部分が「他の人は違うやり方をしていてもいいですが、私はこう考えてセッティングしています」といったトーンなので、「人柱としていろいろやったことのある人の貴重な見解」を読めるという点で説得力もあります。

「最新技術最術のプロチデル」について書かれている某書も1500円くらいするようですが、同じくらいの価格ならこちらのほうがおすすめできます。

個人的にいちばん嬉しいのは、これからはじめてみようと思っているホイール組について詳細な解説があることです。原理がわからなくともたくさん経験を積めば良いホイールを組めるようになるのかもしれませんが、プロと違って一生で10組も20組もホイールを組むことはないであろう愛好者の私たちにとって、こうした原理の解説は非常にありがたいものです。

価格評価→★★★★★
評   価→★★★★★
 
SHINSUKE  2008-6-3 15:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキージャーナル 『ロードバイクの科学』
購入価格 ¥1480

 ここの評価が気になって購入。三軒目の本屋に二冊残ってました。
一言で言って良書。スポンサーのヨイショと広告に終始するどこかの雑誌とは次元が違う。
 我々が感覚的になんとなくそうかなーくらいにしか分かってないことが専門的な知識でかつ我々にも非常に解り易く解説されている。カラーの写真等のハッタリは無いが繰り返し読むことに耐える内容のある本である。

価格評価→★★★★★(定価が4000円であったとしてもも安い)
評   価→★★★★★(8000円ぐらいの内容はある)
 
Sanmarcocramnas  2008-6-22 18:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキージャーナル 『ロードバイクの科学』
購入価格 ¥1470

ここのレヴュウにつられてボクも買って見た。
正直、ちょっと難しくて読み進むスピードも鈍りがちだったけど、本当に面白い本だと思った。というわけでボクもレヴュウに参加したくなったと言うわけです。

すでに書かれているが、こういう自転車の本は見たことが無いような気がする。カラーページがキレイで、毎年更新されるような「ロードバイク本」などとは根本的に違う本だな、という感じでしょうか。

10年位、売れ続けるのではないでしょうか?


価格評価→★★★★★
評   価→★★★★★
💓 スキージャーナル ロードバイクの科学 を購入する : Amazon, Rakuten

(1) 2 3 »




セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Wiggle🔥WHEEL24 ホイール最大22,500円OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCSALE2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-7-31 9:52  saejii
GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.13Sec(51 Queries)