CBN Bike Product Review
TOP >  ロードタイヤ > 

[WO] Continental Grand Prix 4000 S

« 1 2 3 4 (5) 6 7 »

 
deka2  2012-5-7 16:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] Continental Grand Prix 4000 S
購入価格 約¥3500/本 @Evans Cycles

2セット使ってます。レーシング7と7900-C24-CLにて使用。
7900に最初はウルトラスポーツを履き、翌日にGP4000Sに履き替えて比べてみました。
ちなみにどちらのタイヤも非常にはめやすいです。鼻歌交じりでスポスポ入りました。

平地で真っ直ぐ進む分には乗り心地的にはウルトラスポーツの方が柔らかくて安楽です。
スピードが出てくるとある程度の硬さや真円度の違いかGPの方が回しやすいです。
さらに下りともなると前者はアウトへ逃げていく感じがありますが、GPは狙った通り曲がれます。

センチュリーなどで平地や上りが悲劇的なほど遅い僕には下りで少しでも挽回できるGP4000Sは最高です。
0.1tを支えていますが、一度もパンクはありません。もちろん空気圧はMAX!
摩耗もウルトラスポーツより遅い感じ。優秀。

価格評価→★★★★★(海外通販ならの条件で)
評   価→★★★★★(WOはずっとこれでいい)
 
momochi_gyugund  2012-8-12 15:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] Continental Grand Prix 4000 S
購入価格 30ポンド前後@wiggle

馬鹿野郎!
「1kgの軽量化で1分の短縮」だの「車輪の重量100gは車体の重量1kgに匹敵する」だの
バイクの軽量化はいいが肝心の自分の軽量化はどうなったんだ!
たとえ俺がアディクトを駆ったところで、ウィギンスはママチャリに乗って容易に俺をチギっていくんだよ!
とはいえ、俺も努力の末に伸び悩み、ついにタイヤの軽量化という悪魔の果実に手を染めたことがありました。
どうやら俺の価値観を360度変えた友のあの言葉について語るときが来たようだな・・・

今年も英彦山サイクルタイムトライアルの季節がやってきた。
俺は今まで3回出場し、そのリザルトは

【2009年9月27日】
50分33秒53、最大心拍???、平均心拍163、消費カロリー667cal/27%FAT

【2010年9月26日】
49分●●秒03、最大心拍???、平均心拍159、消費カロリー637cal/29%FAT

【2011年9月25日】
46分●●秒46、最大心拍???、平均心拍163、消費カロリー610cal/23%FAT

では、そこに至る過程はどうかというと、

2009年の年間走行距離は10640.2km、白糸登頂回数59。
2010年は年間走行距離は12742.9km、白糸登頂回数77。
2011年は年間走行距離は12237.1km、白糸登頂回数68。
そして2012年は… 8月現在で7720km、白糸登頂回数66。

もちろんヒルクラTTもチンタラ回数だけこなせばいいというものではないが、
年間走行距離とTTの回数はある程度の指標にはなる。
2011年が前年比で3分余短縮と、ややできすぎの結果であったので
今年さらに記録を更新するためには、同じようなトレーニングをしていても頭打ちになってしまうだろう。

そう考えた俺は、今まで休日に必ず一本実施していたヒルクライムトレーニング、通称「白糸TT」を
休み明けや体調のいい時は連続で2本行うことにしたのである。
その結果、年間走行距離は8月現在で7720km。これは月1000kmペースで例年の水準に達するだろう。
白糸登頂回数はというと、早くも2011年の年間通算に届こうとしている。
どうやらいい感じで練習強度を上げることができているようだな・・・

その日も俺は、チームメイトのたけしとともに、白糸TTトレーニングの真っ最中だった。
たけしは最近体調がよく、よくトレーニングもできているようで、
いつもの山のふもとまで俺からちぎれることなくついてきていた。

デヤァァァーーー!

白糸TTを前に入念にアップをしようと、俺の高回転ペダリングがうなりをあげる。
おっと、TTに入る前に、タイヤ表面の異物をチェックしないと・・・
俺はおもむろに愛車のRNC7を停めると、
まず後輪、続いて前輪を、まずは目視で異物が刺さっていないか、亀裂はないかを確認した。
そしてグローブの腹でシューッとして、表面の汚れを払い落した。
PANARACER TYPE L のような軽量レーシングタイヤは、細心の注意を払ってあげないとな・・・

はじめの1kmほどの緩斜面を、エアロポジションで力強く俺が引く。
この区間ではほとんど差は出ない。
ほどなくグッと傾斜が上がり、山が挑戦するものをふるい落としにかかる。

ヌオォォォォーーーー!!

軽量レーシングタイヤのPANARACER TYPE L をしならせて、俺のダンシングが炸裂する。
たけしはと見ると、高耐久性で評判の4000Sを装着している。
・・・馬鹿め!!
PANARACER TYPE L の重量は189g(実測)。一方、4000Sの重量は209g(実測)。
  
その差20g、前後で実に40gにもなる。
車輪の重量100gは車体の重量1kgに匹敵する、というが、
ならば俺はたけしに対して400gものアドバンテージを有しているのである。

しかし、たけしはしぶとく俺にくらいつき、最後の激坂区間では渾身のアタックを決めて、なんと俺をちぎって勝利したのだ。
馬鹿な・・・実力が同じなら、軽量タイヤを履いた俺がなぜ負けるのだ・・・
釈然としない風の俺に、たけしはこう言った。

たけし「つよし、お前はよくタイヤのことを気にしているな。
    表面の異物チェック、それは一回のライドごとに数分だろうか。
    それに、より頻繁になるタイヤ交換、パンク修理の時間も加えると、差はより広がるだろう。」
    俺はその時間をトレーニングに充てたんだ。この4000Sを履くことでな。」

俺は瞬時にして今日の敗因を悟った。
確かに、TTであと数秒を削ることができるタイヤは他にもあるだろう。
しかし、たけしは高耐久性のタイヤをはき、メンテナンスの時間を短縮することで、トレーニング時間を増やしたのだ。

たけしは言う。人は皆、心につぼを持っているのだと。
このつぼには、努力をすると水がたまり、つぼから水があふれ出したとき
(つまり、つぼいっぱいに水がたまったとき)、その努力が実るのだと。
形になって現れるのだと。
しかし、この努力のつぼは、人によって、努力するものによって、大きさが違う。
すぐにいっぱいになる、成果が実るつぼもあれば、一方で、なかなかいっぱいにならないつぼもある。
大きなつぼのことである。
大きなつぼはなかなかいっぱいにならないので不安になるが、
少しずつでも、時間がかかっても、確実に水はたまり続けている。
そんな大きなつぼにも、いつか必ずいっぱいになる日が訪れる。
努力が実らない日々が長ければ長いほど、つぼが大きければ大きいほど、
いっぱいになってみれば中に入っている水は多いものなのだ、と。

この話を聞きながら俺はいつしか、物心ついた頃のおぼろげな記憶と対峙していた。
今ならわかる。
人目をはばかるようにあわただしく車に乗り込みながらおじいちゃんが言っていた、あのときの言葉の意味が―――

俺「じぃじー、どうして夜中なのにお引越しするの?」
おじいちゃん「ただしの嫁が壺を売る詐欺に手を染めてな。もうこの町にはいられないんじゃよ」

そしてたけしは、最後にこう結んだ。

努力の結果が思うように出ず、不安になることもあった。
しかし、俺の心にある「大きな努力のつぼ」にたまった大きな力が、花開く日が必ず訪れることを信じた。
だからつよしも、安易に軽量パーツに走ったり、タイムが伸び悩んだからといって努力をやめたりしてはダメだぞ―――

---------------------------------------------------------------------------------------

要点をまとめます。

こういう走りをしている私のタイヤ選びの基準は
1に上りの軽快さ、甲乙つけがたく耐パンク性、3・4がなくて、5に耐久性、です。
クライマーなので上りの軽快さは外せないが、パンクは非常に嫌なもの。
さぁ今からTTいくぞという時にパンクというのはその日一日のやる気を一気にそいでしまうし、
ましてや人里離れた山奥でパンク修理などまっぴらごめんである。
下りのさなかでのパンクは命にかかわるしね。

ぶっちゃけ、私は耐久性はわりとどうでもいいと思っています。
3000kmなら3000kmでいいから、その間ガッチリとパンクから守ってもらえれば。

一方、グリップ性、とくにウェットグリップはほとんど考慮しません。
雨天では乗らないし、下りカーブを攻めるなんてことはできもしないからです。

ちなみに、タイヤ着脱の容易さはタイヤの評価基準には入りません。
新品ならタイヤレバー一本。一度でも着脱したタイヤなら、素手で着脱できます。
もし、タイヤレバーを2本使っても着脱ができない、という人は、安易にゆるいタイヤを選ばないで
悪いことは言わないから一度上手な人にやり方を学ぶことをお勧めします。

---------------------------------------------------------------------------------------

高速巡航性
★★★★☆
まぁ、巡航速度は平地で28~35km/h(平地を単独・無風状況下で3時間走った時のサイコンAVEが30km/hくらい)の私が
「高速」巡航性を語るな、ですが。
固いけれどもスムーズに回る。加速は気持ちいい。です。
このタイヤのおいしいところは、もっと高速域にありそうです。

上りの軽快さ
★★★★☆
パナのTYPE L と比較すると、「おぉっ、軽い!」と情熱に語りかけてくる感覚はありません。
しかし、数値でみると、速度に有意な落ちは見られないようです。

乗り心地
★★★☆☆
「固い」というインプレをよく目にしますが、その通りだと思います。
ただし乗り心地が悪いとは思いません。
固いけれどもスムーズに回る感じは気持ちがいいです。
ただし、しなやかさ、しっとり感、衝撃吸収をタイヤに期待する人は、がっかりするかもしれません。

グリップ力
★★★☆☆
正直、評価できません。攻めないから・・・
とりあえず、グリップが弱い、ブレーキの利きが悪い、などと思ったことはありません。
雨天で走らない、コーナーを高速で攻めない、ならば必要十分なグリップでしょう。

耐パンク性・耐久性
★★★★★
素晴らしい。
約1年、走行距離8500km(うち2421kmは後輪として使用、現在は前輪に履いている)時点で、初めてのパンク。
それもリム打ちでも貫通でもなく、チューブのバルブ根元の劣化。
タイヤが異物を通したわけではないのである。
まだタイヤ摩耗インジケーター(小さな丸いくぼみ)が残っているので(この走行距離で!?)
チューブだけ交換してまた前輪に戻しました。
8月いっぱいをこのタイヤのまま走ったとしたら、走行距離は9000kmを超えるでしょう。
すごい数字です。
とはいえ、おいしい時期はもう終わっているし、いいかげん交換時期だと思うので、
9月末の英彦山CTTの前に交換するつもりです。
ちなみに、現在の後輪は、後輪としてのみ使用(ローテーションなし)で走行距離約6000kmです。
ノーパンク、インジケーター残りあり。

総じて、レースに、トレーニングに、走りに集中させてくれる良タイヤ。
TTであと数秒を削ることができるタイヤは他にもあるが、この走行性能の高さにあって極めて高い安心感は稀有である。
海外通販で安く手に入るのも良い。
レースに、トレーニングに、通勤にガンガン使う。走りの良さは楽しみたいがパンクは嫌、というならこれ一択。
次点でパナのTYPE D か。

価格評価→★★★★★(驚愕の超ロングライフ。しかも海外通販なら普段履きの価格)
評   価→★★★★☆(「これは・・・いける!」とワクワクする軽さはない)

年   式→2011
実測重量 209g

  
 
leg  2012-10-23 12:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] Continental Grand Prix 4000 S
購入価格 ¥約4000(wiggle)

GP4000をしばらく使っていたが価格が4000と4000sで大差なくなりsを購入。
手で触ると、個体差かもしれないが4000よりかなり粘着力があるような気はする。せいぜい35㎞/hまでしか出さないのではグリップの差は判らないが、ブレーキは良く効く。120psiで使っているが77㎏あるので固い感じは特になし

二回ローテーションで7800㎞。前はまだマーク残っている状態で後ろはマークの角なし。マークとしては余力あるが前面にひび割れが酷くなり、サイドのコードもゴムからはみ出し始めたので寿命と判断。
パンクは1000㎞時点で突き刺しパンク一回。

輸入価格だったら最強。価格と命を天秤に掛けながら、2000㎞持たないルビノプロやウルトラスポーツを使う理由はどこにもない。

やはり国内価格はぼったくり過ぎ。ドイツ製品をイギリスと日本で扱うのに二倍の経費差なんてあるはずがない。

価格評価→★★★★★(wiggle価格が正当)
評   価→★★★★(人間の方の問題で、本来のレース用トップパフォーマンスを確認するような使い方ができないので)
 
leg  2012-11-10 16:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] Continental Grand Prix 4000 S
追記

買いだめて長期保存の際は、届いたらすぐ輪ゴムを外すこと。
手触りからして明らかにGP4000より柔らかいせいかどうかは判らないが、半年ほど箱のまま置いていたらゴムが完全にトレッドに食い込んで1mm弱の溝ができていた。同じく保管中の2ヶ月程度のもの4本を確認したがいずれも溝ができかけている。GP4000の時には一度もなかったことなので非常に気になる。

溝がトレッドを横断していてかなり深く広いため、走っている間に広がらないか不安だし異物を拾ってパンクの可能性は確実に上がる。

本来の性能を維持するためにも、ゴムは即外すこと。

価格評価→★★★★★
評   価→★★★★
 
baru  2012-12-16 23:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] Continental Grand Prix 4000 S
購入価格 4000円程度

このサイトのレビューで見て使い始めたが、以来2年間クリンチャーは1本を除いてコレしか使っていない。

-----

■耐久性
耐久性は、「パンクのしにくさ」「どれだけの距離を走れるか」の2つに別れると思う。このタイヤは、高いレベルでこの2つ両立している数少ないタイヤでは無かろうか。

まず、「パンクのしにくさ」。パンクは時間をロスするだけではなく、精神的ダメージも大きいので怒らないに越したことはない。

このタイヤを使うまではSPECIALIZEDのRoubaix PROIIを愛用。これも乗り心地の良いタイヤではあったが、いかんせんコンパウンドが柔らかすぎ。路上のゴミを拾っては良くパンクしていた。対して、GP4000S。本当にパンクしない。乗り手である自分がパンクするような乗り方をしなくなったのもあるとは思うが、多くの人が同じ事を感じているので、確かなことのはず。ブルベでの使用率の高さからも、その信頼性の高さは伺える(海外通販の使用率が高いだけ?)。

実際、自分は出場したほとんどのロングライドイベントでこのタイヤを採用。

・東京糸魚川ファストラン(283km)
・大阪→東京キャノンボール(550km)
・東京→大阪キャノンボール(550km)
・Tokyo-Osaka-Tokyo(1100km)
・サコライド伊豆(430km)
・サコライドW善光寺(550km)
・サコライド御前崎(480km)
・Fleche2012(360km) ※パンク1回
・BRM728新雛鶴(200km)
・BRM804ロマンチック片道(200km)

最近走った上記のイベントで、パンクしたのはFlecheでの1回のみ。対パンク性には全幅の信頼を置いている。ただ、サイドは薄いので、ここをやられると一発でパンクする。これは高グレードのタイヤには共通して言える傾向なので、特に弱点とは思わない。


次に「どれだけの距離を走れるか」。これは厳密に測ったことはないが、感覚値で6000kmくらいは余裕で持つ。ガンガン走る人でも、年に3セットもあれば十分事足りる。海外通販ではセットで7000円前後なので、お財布にも優しいタイヤと言えると思う。


■グリップ
正直良くわからないが、Flecheで雪山のダウンヒルをしても滑らなかったので、性能は良いはず。


■快適性
チューブレス(Fusion2)に比べると劣るが、必要にして十分な快適性。体重78kg・8.5気圧運用で、ロングライドでも特に問題なし。


■抵抗
数値の上では「結構抵抗が高い」というデータがあるようだが、体感では「よく転がる印象」。不満はない。

-----


総合的にレベルの高いタイヤ。これからも使い続ける予定。


価格評価→★★★★★(この耐久性でこの値段)
評   価→★★★★★(総合性能でも最高)
<オプション>
年   式→不明
カタログ重量→ 205g(実測重量 210g)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!

« 1 2 3 4 (5) 6 7 »


セール&クーポン情報・話題の商品

amazon🔥ウェア・シューズ・バッグ15%OFF
Tweeks🔥TWEEKS5 週末限定全商品5%OFF(GoPro除く)
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥高評価! air bone ZT-A15クイックポンプヘッド ¥ 2,160
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
MyProtein🔥NIGATSU30 サイト内30%OFF
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🔥CBN10 ホイール以外全品30,000円以上購入で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🔥CBNW ホイール37,500円以上購入で7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Tweeks🉐CATEYE VOLT800 送料込み¥7,064
Bellati🉐ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
RibbleOUTLET50 対象商品が50%OFF
RibbleLASTONE10 残り1個商品が10%OFF
TweeksCLEAR10 クリアランス品10%OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


CATEYE Volt300の調光  (JOKE)  2019-2-19 17:19  GlennGould
Garmin vector 3  (パワーメーター)  2019-2-18 13:46  jun
TRP SPYRE-C  (ディスクブレーキ)  2019-2-15 2:05  EIN
ダイソー おゆプラ  (100均)  2019-2-14 19:41  TeC6
[REAR] GIANT NUMEN+AERO TL  (ライト)  2019-2-14 19:11  TeC6
[携帯工具] Knog FANG  (工具)  2019-2-6 22:44  Xenon
TRP Hylex  (ディスクブレーキ)  2019-2-6 15:18  SPOCK








CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review