CBN Bike Product Review
TOP >  サドルバッグ > 

ORTLIEB サドルバッグL

« 1 2 (3)

 
ReClimber  2018-4-1 22:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ORTLIEB サドルバッグL
購入価格 ¥3000-4000ほど (6年ほど前にcyclestoreにて購入。)
今回は¥5500で再購入amazonにて。




この製品の詳細はレビューについては、もはや不要なほどCBNをはじめその他ブログでも多数記事があるため、その点は割愛します。

今回は2012年6月に購入したサドルバッグLが壊れたので、その点について書いてみます。
使用方法としては、週5回ほどの通勤で使用。



壊れた箇所は、バックルです。






このように金属疲労ならぬプラスチック疲労。繰り返しの使用についに耐え切れず、破断してしまったようです。写真赤丸の部分が破断しています。



ただ壊れたと言っても、写真青丸の部分がつながっているので、走行中にバックルが外れることはなくバッグ内の荷物は無事でした。
この2本つながりのあるバックルのおかげで、荷物は守られたのかも。
このバックルを採用しているのはどうやらLサイズのみ?なのかもしれません。
所有しているMサイズのものは、バックルの形状が異なっています。一般的な1本つながりのものです。


なお、このバックルを交換できないかアフターパーツを調べてみたのですが、どうやら売ってなさそうです。(見つけられなかっただけかも。)
構造上このバックルを交換することは困難かと思うので仕方無い。しかし壊れそうな部品を交換できるような形で作っていればなぁ、とも思います。


ちなみに防水性能は保たれたまま6年の使用に耐えてくれました。とてもありがたい。
それだけに、このバックルを替えるだけで良いのに、新品を買わなければならない事が、とても惜しい!と思います。



価格評価→★★★★★(耐久性は高い)
評   価→★★★★☆(パーツ補修ができない部分が壊れると買い替えするしか無い)


新品購入

 
ManInside  2018-6-22 21:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ORTLIEB サドルバッグL
購入価格 ¥ 5,427

最近リュックスタイルなことが多かったのですが、少し大きめのサドルバッグに変更してみようと思い購入。

最初に結論を書くと、このスレッドで皆さん絶賛されているように良いものだと思いました。特にコストパフォーマンスは他社製品に比べて秀でていると思います。

容量はbaruさんも書かれているように公称2.7リットルは完全に超えている感じ。予備チューブ、ヘックスレンチやタイヤレバー等の工具一式、「例のポンプ」、ウインドブレーカー、ABUSの4804K、ハンドタオル、スマホと財布、日焼け止め等が余裕で入ります。もし工具等をツール缶などに移動させたら1泊ツーリングで必要な着替えも入りそうです。

唯一ネガ的なことを書くと、サドルが思いっきり前乗りセッティングの場合はアタッチメントの取り付けに苦労するかもしれないということです。アダプター自体をレールに装着できても、本体が「カチッ」という音を立てて確実に固定されるためにはある程度本体が前に出る必要があります。エアロシートポストの場合は特に問題になるかもしれないので、そこだけ要注意。

このオルトリーブのサドルバッグLは、これよりも大きい大容量サドルバッグ(APIDURA等)に行くかどうかの境目になる製品のような気がします。

防水性や耐久性に関しては他の皆様のレビューが大変参考になるのでそちらをご参照下さい。



価格評価→★★★★★ 安いと思う
評   価→★★★★☆
 
Minagi_Ichirino  2018-9-29 17:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ORTLIEB サドルバッグL


購入価格 ¥4400くらい(ウエムラサイクルパーツ)

 今更レビューしてどうするの?

 どこでもいいので、ブルベのスタート地点へ行ってください、一番つけてる人が多いサドルバッグがコレです(乱暴な言い方だが、過言ではない!)

 ――というほど、ロングライダーにはメジャーなサドルバッグ、ORTLIEBのサドルバッグです。

 Lは一番大きいサイズ、公称2.7リッターの容量ですが、明らかにそれ以上は入ります、概ね5リッターほどでしょうか。
 結構前から細々と改良されつつも、今でもひたすらよく見かけるサドルバッグなので「ブルベとかロングライドやりたいけど、シートバッグどうしよう?」なんて人には、コレを選んでいただければ、まず間違いはないでしょう。
 サイズが違うとはいえアピデュラより全然安いし、カラーもなかなか豊富ですよ?

 ORTLIEBは防水機能に定評のあるドイツのメーカー、代理店はPRインターナショナルなので、国内だとシュワルベと同じ代理店。
 浮き輪にしないでくれという注意書きには、そこはかとない自信を感じる。
 海外の通販でも時々見かけますが、ちょっとでも安く買いたいって人なら探してもよいでしょうけど、国内で買っても、それほど高価なものではありません。

 ORTLIEBは以前はスリングイットという、メッセンジャーバッグもあって、割と愛用してたんですが、いつの間にかTimbak2との覇権争いに負けたのか、メッセンジャーブームが去ったからなのか、ラインナップから消えていました。

 ――それはさておき

■このサドルバッグ、シートポストへはベルクロで、サドルレールにアタッチメントを取り付けてそこへスナップオンさせる固定方法で、重量的には軽くはないですが、見た目含めて非常にスマートです。
 アタッチメントの精度もいいですね、樹脂の質も良いし、砂が噛んで動かなくなってしまったということもないです。
 アタッチメント自体もバッグ側で位置を調整できるので、サドルの後退量に合わせて、調度よい場所でマウントしましょう。
 バッグそのものも、割としっかりした生地で、シートポストへ接する部分は割とハードな樹脂板が入っているので、ラフにパッキングしてもおかしな感じにはあまりなりません、よく出来ています。

 入れられる容量こそ、先ほど5リッターほどと書きましたが、実際にどういうものがどれくらい入るの?という部分に関しては、先にレビューされてるかたを参考にしてもよいでしょう。
 しかし、自分の感想を言えば、こちらのパッキングのセンスが無いのか、先にレビューされてる方ほど入れられません……
 雨具の上下、シューズカバー、携帯ポンプ、緊急用の工具……このへんでもうバツバツです。
 ここに長袖ジャージは加えられないですね、輪行袋も入らないです、もう一着何か足したいなら、もうワンサイズ大きい物をチョイスするべきでしょう。

■実際使ってみると、やはりアタッチメントで固定されてるので、結構色々入れて、重量が重たくなっても、リジッド感ありますね。
 バイクに対してブラブラ振られる感じはありません。
 ベルクロで吊るしてるバッグは、かなり上手に入れてもある程度ブラブラと振られるのは致し方ない部分があるので、それに比べるとがっちりした挙動をみせてくれます。

 防水性も非常に調子良いですね、ネジで止まってる部分もあるのですが、そこから浸水することもありません。
 ただ、バッグ後端のロールアップ方向が上向きがディフォルトで、この向きでロールアップし、土砂降りの中走ると、ロールアップした部分に水がたまり、バッグを開くときに、多少水が入ります、
 それを嫌って、下向きにロールアップしたりする方も居るようですが、下向きだとリフレクターも見れなくなるし、なによりロールアップを開いた時に物を落としそうなので、自分としてはディフォルトの方向でロールアップするのをオススメですね。
 本当に濡らしたくないものは、ドライバッグか、もう一つ袋に入れるのが良さそうです。

 ちなみにロールアップ回数を減らすと、その分容量が増えてモリモリ入れられますが、防水性も損なわれます、やはりリフレクターが見える範囲での利用が良さそうです。
 
 骨盤狭い人だとペダリング時にやや当たることもありそうですが、多分この部分に関しては他の大型サドルバッグ、シートバッグに比べて同等でしょう。
 スマートさという部分では個人的には非常に優秀に思えます。

■総括して
 あくまでサドルバッグの「L」サイズです。
 容量としては相当に入り、丸一日のライドであれば、色々想定しつつのものが入れられるに十分な容量がありますが、持っていくものを吟味する必要があります。
 やはり着替えやらあれこれ積みたい人はこれよりもうワンサイズ大きいほうがいいかもしれません。
 自分がコレを手にした時にはなかったのですが、今のオルトリーブにはコレよりより容量の大きい「シートパック」シリーズがありますから、いろいろ入れたい方はそちらのチョイスも良さそうです。

 とは言えですね、このサドルバッグって、当たり前なんですけどサドルにつけるんですね。

 バイクで言えば、サドルって重心の高いポイントで、ダンシングで自転車を振った時に、一番振り子の外側に来る部分なわけですね。
 ここに重量物満載のバッグを取り付けるのって、乗り物の運動性においてはあまり理想的ではないと思うんですよね。
 許すのであれば、バックパックを背負ったほうが良いかもしれませんが……ただ、自分の場合、バックパックを背負ってロングライドして、肩を痛めた事あるんですね。

 だから、やはり自転車でライドするときは極力、身体は身軽で居たい……なので、5L前後のサドルバッグに、荷物をライドに合わせて吟味してパッキングするのが、自分的には一番いいかなとも思いつつ運用しております……



 ……いや、ここまで語って、全てちゃぶ台返しするようなことではあるんですが、そもそも言えば、自分は、このサイズですら。サドルバッグは付けたくないです。
 付けないで行けるなら極力付けたくない、あくまでもライドの距離や環境に合わせて「仕方なくつける装備品」の一つではあります。

 だって、やっぱり、無い方が、軽快だもの (みつを)

価格評価→★★★★★(コスパいい、間違いない)
評   価→★★★★★(万人におすすめできる、失敗したということもほとんど聞いたことない優等生)
<オプション>
年   式→2015
この商品を探す ⇒ Amazon, Rakuten, Wiggle, CRC, Bellati, PBK

« 1 2 (3)


主要ショップ セール&クーポン情報・人気商品一覧

ショップセール&クーポン
Bellati SportsCBNイチ推し! ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Chain Reaction Cyclesブラックフライデーセール開催中
Wiggleブラックフライデーセール開催中
WiggleCYCLIST15 サイクリングウェア1.5万で¥3,000 OFF
WiggleCYCLIST16 サイクリングウェア3万で¥6,000 OFF
amazon.co.jp携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ ¥1,799
ProbikekitPOLAR POLAR VANTAGE 10%OFF
ProbikekitAW20 対象Castelliバンドル20%OFF
ProbikekitCBN10 対象商品がさらに10%OFF
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
MyProteinNOV35 35%追加割引
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsGuerciottiフレーム・完成車大幅値引き中
Bellati SportsDe Rosa 2019取扱い開始
Chain Reaction CyclesCLEAR2018 セール品¥15,000で¥2,000 OFF
Chain Reaction CyclesNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Ribble CyclesLASTONE10 残り1個製品が10%OFF
Tweeks CyclesROCKSHOX15 ROCKSHOXフォークが15%OFF
Tweeks CyclesCLEAR10 クリアランス品10%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


HIRZL GRIPPP TOUR FF  (グローブ)  2018-11-18 23:57  baru
自転車あるある  (JOKE)  2018-11-18 22:50  kazane
Kask Vertigo 2.0  (ヘルメット)  2018-11-11 16:39  nadokazu
SHIMANO WH-RX31  (ロードホイール)  2018-11-9 10:58  EIN
ホイール変遷  (JOKE)  2018-11-8 14:35  saejii
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2018-11-7 17:33  GlennGould
SHIMANO CN-G93  (チェーン)  2018-11-2 11:08  saejii
CATEYE INOU  (カメラ関連)  2018-10-31 18:11  saejii








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review