CBN Bike Product Review
TOP >  チューブ・バルブ関連 > 

Tubolito Tubo Road 700C Tube


 
cosmiciine  2018-6-26 11:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tubolito tubo road 700c tube
購入価格 ¥2500+送料2000

知人の間で話題になっていた軽量、耐パンク性に優れた次世代チューブらしいです
材質はゴムというよりビニールと行った感じです
実際に持ってみると非常に軽い!びっくりしました
ラテックスより軽い38gです、実測は39gでした
カーボンリムに使用してますが特に問題はありません。
実走すると軽さを実感できます

不満な点はやはり値段と手に入れにくさですかね
ドイツのショップから輸入しましたがドイツ語で苦労し1ヶ月くらいかかりました(´・ω・`)
多少高くても日本でも置いてくれればなぁ
高いですがその分効果は実感できてるのでこれからも使用していきたいです

価格評価→★★★
評   価→★★★★★ 軽い、素晴らしい!
<オプション>
年   式→
カタログ重量→38g(実測重量39g)
 
tudou  2018-7-23 1:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tubolito tubo road 700c tube
購入価格 ¥2本で9500近く

海外通販で入手
レビューサイトで高評価だった為興味があった為使用してみた

結果購入して良かった
軽いの一言
BORA35に装着しヒルクライムした時は感動すら覚えた
ブチルを使用していた為50グラム以上は軽量出来た

パンク耐性も高いとのことなので普段使いも出来る代物だと思う
勿論レースもこれで参戦する予定

唯一のネックは値段の高さと入手のしづらさか
ヨーロッパの海外通販で入手したがどうも英語が通用しなかった
値段は性能相応だと思われる

ラテックスの使用できないカーボンリムにこそ本領発揮のチューブだと思った

価格評価→★★★☆☆ 値段相応
評価→★★★★★ 文句なし
<オプション>
カタログ重量38g(実測重量40g)
 
NAKA  2019-1-12 11:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Tubolito Tubo Road 700C Tube
購入価格 ¥3200円前後(BIKE24にて購入)

超ベラベラな超軽量チューブ。
カタログ重量で38g、実測で36gでした(バルブ長42mm)。
バルブは樹脂製。コアは外せます。
大本営発表では、貫通耐性はブチルの2倍あるそうです(本当かいな)。



チューブレスへの移行を考えてたとき、(自分の場合)ホイールの買い直しになってしまう。
しかもロードバイクのDISCブレーキ化がまったなしなこの時期に、新規でホイールを買う場合でもない…という理由から手を出しました。

また、値段はR'AIRの3倍弱ですが、4000S2を使っていて、パンクは2年に1回するかどうか…(年間1万キロ走行程度)。
というわけでコスト面は許容。

3200円前後の投資で、回転体外周部の重量を30gも削れるのであれば、これはアリ!ではないか…というのも理由の一つです。

クリンチャーリムで強度を変えずに重量400gを370gにダイエットするのは至難の業ですから。


インプレッション。
●非AC3レーゼロカーボン+4000S2・25C+Tubolito。
●チューブのみR'AIRからTubolitoへ。


リム重量を気にされているサイクリストでしたら30gの減量は確実に体感できます。
まあ、走り出しが軽い。加速が軽い。
乗り心地も気持ち良くなった気もします。
耳をこらすとホイール内から乾いた反響音が聞こえて、テンションあがります。
(セミディープやディープ履いたときの音に近いです)

空気抜けはブチルと同じような印象。
しっかりと調べていませんが1週間で1bar抜ける程度かな。
あと体積が小さいので、ツール缶に余裕ができます。


以下、気になる点。
耐熱性能が不明なので、ヒルクライムイベントの下りで使えるかどうか…。
公式HPには
Our road products do comply with the test DIN4210
(15 minutes of braking with maximum 10x10 seconds interruption)
with aluminium and carbon rims.
(転載)
…って書いてありますが。
また経年劣化に関しても不明です。
たとえば2018年のような猛暑においてどの程度、初期性能を維持してくれるのか…。


結論。
費用対効果として満足しています。
ホイールのグレードが上がったように感じられるので。
2度とR'AIRへは戻らないでしょう。

<<メーカーHP>>
https://www.tubolito.com/


価格評価→★★★☆☆(高い)
評   価→★★★★★
 
baru  2019-6-17 21:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Tubolito Tubo Road 700C Tube
購入価格 ¥0 (お礼として提供)

ドイツ発、ポリウレタン製の自転車用チューブ。今回レビューするのは、ロードバイク用の「TUBO ROAD」です。



■購入動機
CBNのレビューでtubolitoを知ったのは2018年のこと。興味は持ちましたが、買うには至りませんでした。

2019年、フタバが代理店となり、日本にも輸入が開始されました。国内定価は4500円ほど。やはりちょっと高い……と思っていたら、関西の某ショップの店長さんが「使ってみます? 」と、送って頂けることになりました。昨年末に伊豆ツーリングのルートを引かせてもらったのですが、そのお礼とのことでした。ありがとうございます。

かくして2本のtubolitoが届いたので、こちらも新品のPanaracer RaceDと組み合わせてテストしてみることにしました。



■製品概要
実測重量は、37gと39g。ポリウレタン製です。

バルブ長は、42mm/60mm/80mmの3タイプ。色はオレンジのみ。


バルブも樹脂製で、オレンジ色。



■使用感

Racing 3に、Panaracer RaceD Evo4とセット、前後7気圧の条件で使用しました。

(1) 重量
2本の実測重量は37gと39g。公称38gなので中々の正確さです。普段遣いしているMAXXISのUltralight(48mmバルブ)が75gなので、きっかり半分の重量です。

(2) 取付


説明書が付属しますが、日本語は無し。韓国語はあるのに……。


パッケージの裏にはグラフィカルな説明があります。こちらのほうが分かりやすいですね。


空気を0.5気圧ほど入れてから取り付けを行うように指示があります。


取り付け完了。

(3) 性能
ひと漕ぎ目に感じたのは硬質な踏み心地でした。

 「あ、やっぱり伸縮性無さそうだし、乗り心地が悪いのかな?」

と思ったんですが、段差に突っ込んだときの振動収束がやたら早いことに驚きました。硬質なのに乗り心地は良いという不思議な感覚。ブチルチューブとは確実に違います。山岳含む100kmライドでも使ってみましたが、手へのダメージが少ないと感じます。ラテックスチューブは使ったことがないので比較できません。

漕ぎ出しの軽さについてはそこまで大きくは感じられず。普段から結構軽めなチューブを使っているせいかもしれません。それよりも乗り心地の面が印象に残るチューブでした。

なお、空気の抜けは24時間で実測0.2~0.3気圧程度と大変優秀です。


(4) 大きさ
未使用状態のサイズは非常に小さいです。ツール缶などに入れてもかさばらないでしょう。


(5) 価格
税込4644円。ミドルクラスのタイヤが買えてしまう値段です。今回は幸運にもお礼として頂きましたが、中々手が出ない価格ではあります。


(6) パンク関係
走行開始から200kmほどでパンクしました。耐パンク性に定評のあるRaceDをあわせたにも関わらず……が、タイヤをよく見ると金属片が刺さっていました。これはさすがにRaceDでも耐えきれないでしょう。一応「2倍のパンク耐性」を謳う製品も金属片には勝てませんでした。もう一本のチューブは500km使っても特にパンクはしていません。

少し不思議なのは、かなり大きめの金属片が刺さったにも関わらず、スローパンクであったことです。金属片が刺さった場所に心当たりはあったのですが、それは約5km手前。そこから少しずつ空気圧が低下していったことになります。

経験がある人は多いと思うのですが、金属片が刺さると、「プシュー」という音と共に瞬間的に空気が抜けるのが普通です。しかし、このチューブはどうもゆっくり空気が抜けるようです。

ここで思い出したのは、非ゴム系チューブの先駆けであった「FOSS」。こちらはデモンストレーションとして、「釘が刺さっても、刺さっている間は空気が抜けない」というデモンストレーションを行っていました。

 【参考】FOSS ライターで修理可能な耐パンク性に優れるインナーチューブ
 https://www.cyclowired.jp/lifenews/node/207639

多分ゴムに比べて一気に裂けずに穴が広がりにくいということだと思います。もしかしたら、tubolitoにも近い特性があるのかもしれません。

なお、パンク修理には専用のパッチセットが必要です。「FOSSのように炙ったら穴が塞がらないかな?」という好奇心に負けて、台所に水を用意してライターで炙ってみました。穴は塞がりませんでした。素直にパッチセットを買いましょう。


(7) その他
あまり他では触れられていませんが、このチューブはブチルチューブと決定的に異なる点があります。それは、一度伸びると伸びっぱなしという点です。ブチルチューブも空気を入れると少しは伸びますが、それよりも大幅に伸びます。


左が空気を入れる前、右が25Cタイヤに入れてしばらく使った後のものです。パッケージに空いている穴よりも1cmほど細かったはずですが、使用後は2mm余る程度の幅まで広がっています。7~8mmほど幅広になっているでしょうか。2倍3倍になるというわけではありませんが、使用するタイヤの幅に応じて広がることは間違いありません。このことから、空気を入れないで高圧まで膨らませるのはやめたほうが良いでしょう。

そして、この「伸びっぱなし」という点。タイヤを変えようとしたときに非常に困ります。幅にして片側で8mm、両側で16mm。ということは、直径は5mmほど大きくなっているということになります。これだけ大きくなると、なかなかタイヤの中に収まってくれないのです。購入直後に入れた時はスルッと入ったチューブですが、一度取り出したが最後、私は再度入れることは出来ませんでした。

普段からtubolitoを使い、ヒルクライムレース前だけ軽量タイヤを付ける……みたいなシーンで使うことはなかなか難しいと思います。また、出先でパッチセットを持っていたとしても、修理後にタイヤの中に収めるのは難しいと思います。



■まとめ
走行性能のメリットを感じられる軽量チューブ。これまでの非ゴム系チューブ(といってもFOSSくらいですが)はあまり評判がよくありませんでしたが、この製品は走行性能に破綻がありません。

快適性はすぐに実感できるレベルですし、私はよく分かりませんでしたが重量のアドバンテージは明確にあるはずです。今回は残念ながら200kmでパンクしてしまいましたが、極端にパンクしやすいということは少なくとも無いと思います。性能的には「次世代のチューブ」と呼んで差し支えないと思います。

ただ、気になるのは「値段」と、「伸びたら伸びっぱなし」という点です。さすがに普段遣いにするには少し高すぎます。そして、基本的にはタイヤを変えての使用はかなり困難。使い勝手の部分ではまだまだブチルチューブに分がありますね。伸びっぱなしというのは素材特性的に難しいかも知れませんが、ラテックスチューブ並(1本2000円くらい)まで落ちてくれば、普及率は一気に上がりそうな気がします。

私はまだ完全移行には踏み出せません。値段がこなれるまで、MAXXIS Ultralight、Panaracer R'Airを使うと思います。


価格評価→-(今回は未評価)
評   価→★★★★☆
<オプション>
年   式→2019
カタログ重量→ 38g(実測重量 37/39g)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!





セール&クーポン情報・話題の商品

amazon🔥サイクルウェア10〜15%OFF(〜9/30)
Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥AKI30 サイト内30%OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

[REAR] Fizik LUMO L5  (ライト)  2019-9-13 19:25  ManInside
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-9-10 19:32  saejii
自転車の異音  (JOKE)  2019-9-9 6:20  ReClimber
MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.141Sec(50 Queries)