CBN Bike Product Review
TOP >  フェンダー > 

BBB スリムガード


 
Xenon  2016-9-26 0:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BBB スリムガード
購入価格 ¥8,200
 ロードバイクのフォルムを大きく崩さずに装着できること売りの、フルカバー型のフェンダー。

 今年、新たに組んだ、700Cのツーリング車に装着するために購入。
 ブルベやロングツーリングでは、雨でも走ることがあるため、主に跳ね上げから背中や荷物、そして、後続の人の視界を守る目的で導入しました。



ウチの車体に装着してみた状態。
注意して頂きたいのだが、後述の理由により、
ステーは純正部品ではない物を使っている。

 メーカー側のリリース情報によると、フォークとタイヤのクリアランスが5mm以上必要です(装着用の金属金具を潜らせる必要があるため)。
 車体に装着できれば、700×23〜30Cに対応するということで、汎用性はかなり高い製品のようです。

 ただし、先述のとおり、タイヤとフレームのクリアランスがある程度、必要であり、エアロフレームのように、ダウンチューブやシートチューブと車輪のクリアランスがほとんど無い車体の場合、装着できない車体も多いと思われます。
 ウチの車体はツーリング車ゆえ、車輪まわりのクリアランスは相当に余裕のある構造なので、楽勝だろう、と思って購入しました……が……。

●外観など
 フルカバー型のフェンダーで、黒一色の樹脂パーツに見えます。
 パーツ構成は、樹脂製のフェンダー本体と、車体に装着するためのL字型の取付金具、フェンダーの位置を整えるためのステーがセットになっています。


フェンダー本体の断面形状。


こちらは純正のステー。

 フェンダーは、前輪側、後輪側ともに、ブレーキの位置で前後に分割されており、それぞれをキャリパーブレーキの台座に差し込むようにセットする形となります。


うちの車体では、
フロント/リアのキャリア取付軸に、
取付金具(穴の空いた金属板)を噛ませ、
フェンダー本体を差し込んでいる。

 クイックへの取付ステーには、ブリッジの部分にフェンダーを差し込む溝が切ってあり、適切な位置で装着できるようになっています。
 また、ステー先端の爪は、クイックに挟むことを考慮して、薄型の金属になっています。



ステーの差込溝と、
フェンダーを差し込んだところ。


ステー先端の爪は、
薄い金属板になっている。

 各部材は、おそらくは、ロードバイクの「最大公約数」的な形状にフィットさせることを想定したサイズになっていると考えられます。

●装着状況
 フェンダー本体は、ロードならば、キャリパーブレーキの取付シャフトに共締めする形になります。
 カンチブレーキやVブレーキ、ディスクブレーキの車体の場合、フォークやシートステーのブリッジにキャリパー取付穴がないと、装着できません。
 当然ながら、ブレーキがBBの下に付いているタイプのフレームにも装着不能です。

 あと、DURA-ACE 9100からは、ダイレクトマウントのキャリパブレーキも提供されるようですが、ダイレクトマウント台座にも対応していません。
 今となっては、フレーム側のバリエーションが増えてしまったので、装着可能な車体を選ぶようになってしまったかもしれません。

 とりあえず、ウチの車体はVブレーキ採用のツーリング車ですが、フロント/リアキャリアの装着のための取付穴があったので、キャリア装着ボルトに共締めしました。 

 しかし、実際に装着してみると、色々な問題が出ました。
 主に問題となったのは、以下の内容です。

1.クイックに取り付けるステーの長さが合わない
 クイック取付ステーの長さは、ストレートフォークのロードを想定してあるらしく、ウチのツーリング車(ベントフォーク)では、ステー先端の爪が、クイックまで届きませんでした。
 結果的に、別の製品のステーを流用して装着しました。

2.フェンダー本体のRがウチの車体には合わない
 フェンダーにはタイヤに沿うようにRがついていますが、このRは、ストレートフォークの場合(フェンダーの装着位置が、車輪中心からの放射線上となる場合)に、最もフィットする形になっているようです。

 ウチの車体はベントフォークなので、このフェンダーのRと車輪の位置が合わず、かなり強引に装着する形になりました。
 結果、真ん中あたりが膨らんで、少々見栄えが悪い事に……。

3.シートチューブ装着部がフロントディレイラーと干渉した
 後輪のシートチューブ側をガードするパーツは、シートチューブにゴムバンドで装着する形になります。
 この、ゴムバンドを装着するフックが、フロントディレイラーのアームと干渉して、微妙に変速しづらくなっていました。


これは適切な厚さのスポンジを挟むことで解決。

 ただし、うちの車体はフロントがトリプルなので、ダブルよりもアームの可動域が広いことが影響しているかもしれません。

 というわけで、上記、1.〜3.を色々工夫する必要がありました。
 Web上で情報を漁っても、ポン付けできなかった、という報告が結構引っ掛かるので、意外に調整幅が少ないのかもしれません。

 ウチの車体の場合、クイックへの取付ステーの長さを調節する機構があるだけで、簡単に装着できたと思われますが……。

●使用感
 実際に雨天ライドを経験しました。
 装着状態が無理矢理だったので、あまり効果は期待していませんでしたが、予想以上に良好な結果でした。

 8時間ほど雨の中を走りましたが、自分の背中はもちろん、完全に防御できていましたし、ボトルやその他の装備にも、泥水のスポットが全くできていませんでした。
 また、シートチューブ側も善戦してくれたようで、フロントディレイラーやBB周辺の汚れは、覚悟していたよりもずっと軽い状態でした。

 ちなみに、キャリアの上にフロントバッグとトランクバッグを装着していた時も、底面に一切、泥汚れがなかったのには驚きました。
 こんなに隙間が開きまくっても、ここまで効果があるのですから、きちんと装着できれば、効果は非常に高いと見て良いでしょう。

 そして、このフェンダーを使用した雨天走行のあとは、フレームの汚れが驚くほど少なくなっていました(ゼロにはできません。それなりに悲惨ではありました ^^;)。

 今までは、後輪の上をカバーするタイプのフェンダーを使用していましたが、比較にならないくらい、見事な効果がありました。
 また、雨天走行後の車体の汚れの多くは、車輪の跳ね上げがダウンチューブやシートチューブに当たって飛び散っているのが原因だと理解できました。
 車体や装備へのダメージを低減させるためにも、もっと早くに、フルガード型フェンダーを導入しておけばよかったと実感されました。

●まとめ
 このフェンダー、フルセットで装着できる車体であれば、非常に高い効果を実感できると思います。

 ロードバイク、あるいはそれに近いフォルムの車体であれば、装着できる可能性は高いと思われますが、私の周囲での評判を聞く限りでは、装着できなかったという声も多く聞かれます。

 そもそも論として、ロードバイクという車体は「レースで勝つための機材」であり、「速く走ること」以外の機能やパーツの装着は想定されていないと考えられます。
 そんな車体に対し、余計な装備である「フェンダー」を、それなりに広い汎用性を持たせた形状にまとめるのは、相当に困難であったことは、素人にも想像できます。

 特に近年、カーボンの形成技術が進歩したため、ロードのフレーム形状は多様化していますから、ポン付けが難しい車体が出てきてしまうのは、仕方がない部分もあるでしょう。

 しかし、あと一歩、練り込まれていたら良かったのに、と思われる部分が多いのも、また事実です。
 改良版の予定があるなら、もうあと少しだけ、頑張っていただければと思います。

価格評価→★★★☆☆(←ロード用としての評価。ツーリング車用としては高価すぎるため、★-2)
評   価→★★★★★(←効果は絶大。雨天ライド後の車体や装備の汚れが、格段に少なくなった)

カタログ重量→460g
 
baru  2017-9-28 21:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BBB スリムガード
購入価格 ¥6480

BBBのロードバイク用フルフェンダー。


■購入動機
埼玉県にある老舗ショップにいった所、定価9000円を超える本製品が6000円で売っていたことから衝動買い。家に泥除けがいくつあるか分からないので、購入を迷ったのですが……使って見たい気持ちに勝てませんでした。


■製品概要
実測重量はフルセットで360g(金具等含む)。公称では23C-30Cまでの太さのタイヤに対応しています。

内容物は、以下の通り。

 ・前輪用フェンダー(ブレーキ前側)
 ・前輪用フェンダー(ブレーキ後側)
 ・後輪用フェンダー(ブレーキ前側)
 ・後輪用フェンダー(ブレーキ後側)
 ・ブレーキ取付金具
 ・アルミポール(2本・前後輪共通)

ブレーキ前後でフェンダーが分割されており、どちらか片方だけを取り付けることも可能です。


■使用感
600㎞ブルベで使用しました。雨が降ったのは道中50㎞程度です。その後も暫くは道がウェットでした。今回はソロなので、後ろへの水しぶきの飛散は目を瞑っています。

比較対象は、同じくフルフェンダーの以下の製品です。

 SKS RACEBLADE LONG
 https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=14874&forum=97&post_id=25792#forumpost25792

(1) 重量
前後輪ともに、ブレーキキャリパーの後部分に付けるメイン部分と、ブレーキキャリパーの前部分に付けるサブ部分が用意されています。軽量化のため、サブ部分は今回は付けていません。

重量はメイン部分+金具の重量で260gです。ペラペラのプラスチック泥除けよりは重いですが、フルフェンダーとしては屈指の軽さだと思います。これより軽いフルフェンダーは、Crudの製品くらいでしょうか。



フルセットでも実測360gと、なぜか公称の460gよりも100g軽いです。

(2) 取付
SKSの製品と同じく、手数が多いです。

 ①ブレーキキャリパーを外し、金具を取り付け
 ②クイックのタケノコバネを外し、ポール先端の金具を左右に通す。
 ③泥除け本体を取り付ける。
 ④ポールを泥除け本体に通す。
 ⑤ポールの角度を調整する。
 ⑥クイックを締める。


ポイントは②です。ポール先端の爪は開口部のあるコの字型になっているので、クイックを一度抜かなくても取り付けが可能です。しかし、開口部があるために、クイックを締めるときにズレてしまうことがしばしば。泥除けとタイヤのクリアランスはかなりギリギリになるので、少しでもポール先端の爪位置がズレると、泥除け自体の左右位置がズレて、タイヤに擦る原因となります。しっかり金具を押し込んで取り付けてやる必要があるでしょう。


SKSのフェンダーが、一度クイックを抜かないといけない爪の形状になっていた理由が良く分かりました。ズレないためなんですね。


もう一つのポイントは⑤。ポールの角度によっても、タイヤに擦る/擦らないがあります。本番で使用する前に擦らない角度を探っておき、テープで目印を付けました。目印のテープは反射テープにすることで、視認性にも配慮。

また、クイックに挟み込む方式であるため、以下の条件を満たすフレームのみが取り付け可能になります。

 ・キャリパーブレーキであること(非ダイレクトマウント)
 ・クイックリリースであること(スルーアクスル非対応

ディスクロードがこれから増え始めることを考えると、あまり息は長く無さそうな製品です。


タイヤの太さについて。公称では30Cまで対応とありますが、25Cのルビノプロでギリギリ、26Cのグラベルキングではタイヤに擦ってしまいました。25Cでも太目とされるContinentalやMICHELINでは厳しいかもしれません。

(3) 性能 - 水しぶき
前輪側はシューズへの泥はね、後輪側は背中と尻への泥はねが気になるところですが、どちらも高いレベルで防いでくれます。ソロ用の泥除けとしては十分な仕事をしてくれます。

ただ、後輪側のテール部分は短めでマッドフラップも無いため、集団走行の場合には後ろの人に水しぶきが飛ぶことは避けられないはず。オプションでマッドフラップがあるとなお良いですね。

(4) 性能 - 安定性
素晴らしいです。やはり、ポール2本とブレーキキャリパーの3点固定は安定感が違います。600㎞走行しても全く問題は起きず。箱根旧道でダンシングしても平気でした。

(5) 輪行
ポール部分と泥除け本体に分離できるので、割と小さく纏まります。結束するためのベルクロを持っていればよい感じに持ち歩けます。

ただ、気になるのがキャリパーに残る金具の存在。後輪は良いんですが、縦型輪行袋だと前輪に付けた金具が外を向いてしまうんですよね。袋の1箇所から突起物が出た状態になってしまうので、私はベルクロを巻きつけて養生しています。

(6) 見た目

全く目立たないのが気に入っています。「スリム」かつタイヤと同化する黒カラーがそう見えるのでしょう。


■まとめ
比較的軽量でズレにくく、性能も良いフルフェンダー。今後の雨天ライドのレギュラーになりそうです。

気になるのは、いわゆる「伝統的なロードフレーム」にしか対応していないこと。ダイレクトマウントのキャリパーブレーキや、ディスクブレーキのロードフレームは今後増えるはずで、それらに対応した取付機構が望まれる所だと思います。


価格評価→★★★☆☆(安く買えたが泥除けとしては中々高級)
評   価→★★★★★(今後の定番になりそう)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 460g(実測重量 360g)
 
PHILLY  2019-1-2 23:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BBB スリムガード
購入価格 ¥4,500

今乗っているロードバイクを、競技用自転車ではなく
街乗り/ツーリング快速仕様にするため買ってみました。

元々この手のフルラップフェンダーには興味があったのですが、
行きつけのショップを何気なく見ていたところ 驚異的な特価で売られていたので衝動買いした次第です。


取り付けの詳細に関しては、既に御二方が書かれているので 書き足すほどの事はありません。
スルーアクスル非対応、シートステーブリッジ必須、ワイドリム/ワイドタイヤ非対応、
肉厚なフォーククラウン非対応、ダイレクトマウントブレーキ非対応、など
2016年デビューにしては「イマドキのロードバイク」に合わせる気ゼロの仕様です。
今回ベースにしたバイクは、上記条件を全て満たす 古典的なフレーム設計なので
99%取り付け可能だろうと判断し、現物合わせもせずに ぶっつけ購入をしました。

ゼファールのHPXが付いているのと合わさって、ロードバイクというより
「カーボン製スポルティーフ」のような見た目になりましたが 気にしません。

取り付けには シマノのクイックを使いました。
カンパニョーロでも良かったのですが、シマノのクイックは レバーが横から出ているので ステーとの干渉を避けるのが容易です。
これ以外だと、DT SWISSやMAVICなどのクイックが適しています。
軽量クイックを使うと 当然フェンダーの固定力も落ちますし、それ以外のところで痛い目に遭うと分かりきっているのでオススメしません
(フルラップフェンダーを使うような人が クイックの重量をケチるような事はしないと思いますが)。

やはり、ステーとブレーキ台座の両端で固定するフェンダーは安定感が違いますね。
大きな段差を踏んだり 石畳を走ったりすると、タイヤと接触して音が鳴りますが、
振動でずれるとか 固定が緩む事は一切ありません。


フロントフォークとのマッチングに関して、Xenonさんのフロントフォークには付けられなかったとの事ですが、
これの原因はフォーク形状ではなく オフセット量です。
このバイクのフォークオフセット量は43mm!と非常に小さく(しかも全サイズ共通という手抜き仕様)、
これが幸いして 取り付けが出来ました。
フォークオフセットが小さいと 低速走行時に つま先でタイヤを蹴ってしまうので
別に有り難くもないんですけどね。

リヤブレーキとシートチューブの間の部分は、

隙間が狭すぎて取り付けられません。
この写真は23CのWOタイヤを履いていた時のものなので、
22Cのチューブラータイヤを履いている現在なら 多少は隙間が広がります・・・が、
どちらにせよ取り付けは不可です。クレジットカードがギリギリ通れる程度の余裕しかありません。
というより、最近のロードバイクは シートチューブが横扁平になっていたり
後輪に沿った形状になっているものが多すぎて、
ここが取り付け可能なバイクの方が小数派だと思うのです。
BMCのSLR02やTMR02のように、シートステーがオフセットしているバイクも無理でしょう。


買ってから しばらくは出番が無かったのですが、先日 大雨の国道1号線を2時間ほど走る用事ができたので そこでテストをしてみました。


雨中走行で鬱陶しいのは まずフロントタイヤから上半身に水しぶきが飛び散る事、次いでヘッドパーツの下ベアリングが浸水しがちな事、ですが
これらを見事に防いでみせました。
走行中にフロントフェンダーの末端を見ると、フロントタイヤが巻き上げ フェンダーに叩きつけられた雨水が
滝のように滴り落ちていく様が観察できます。
このバイクはダウンチューブが細いので、フェンダーが無かった場合 その水を全て撥ね上げていた事でしょう。


ダウンチューブの汚れ方を見る限り、完璧なガードは望めないようですが

ノーガードのBBまわりはご覧の有り様なので、ちゃんと仕事をしています。


後ろのフェンダーの役割は、
・バックパックないしジャージの背中を守る事
・サドル/サドル下の荷物、シートポスト、リヤライトを守る事
の2つです。バックパックはドイターのレインカバーを被せるとして、


スペアタイヤとライトが「全く」汚れていないのには うなました。
撮影前に泥汚れを拭ったのではありません。リヤタイヤが巻き上げた泥水を完璧にガードしてくれています。

このスペアタイヤ、裏面にはあらかじめセメントを塗ってあるので、泥水を被ると出先でのタイヤ交換時に接着力が落ちてしまうのです。
これは メチャクチャ助かります。
knogのシリコンバンドも、汚れを呼びやすく 落としにくい材質なので有り難いです。



ここまで褒めちぎりましたが、

家に帰ると リヤフェンダーが 何かおかしい事になっていました。
これはまずい。


そして、100m先の自販機へジュースを買いに行った道中で ステーが外れました。ぎゃあああああああ!!!!!!
「100km先の道の駅」じゃなくて本当によかった。


クイックに挟むところは取り残されていて、棒の部分が すっぽ抜けていました。
棒の先端には接着剤が残っていることから、折れたのではなくて 抜けただけだと分かりますが、
原因は経年劣化というよりは 急激な雨中走行による加水分解だと思われます。

これと同じ現象が、長年使い込んだ登山靴のソールで起こります。
「重登山靴」と呼ばれる、定価3万円以上するような登山靴は すり減ったソールを新品に貼り替える修理が可能ですが、加水分解による剥がれは修理不可能です。
ただ、ヴィブラムソールと違い 強度が必要な箇所ではないので たぶん市販の接着剤で補修可能です。

アマゾンのレビューを見ると「ステーの強度不足で折れた」という書き込みがありましたが、
そちらの原因も これなのかもしれません。


○まとめ
継続使用ができなくなったので 耐久性に関するレビューは先延ばしにします。
が、ものは決して悪いとは思いません。
もう1台のロードにも導入したいですし、ディスクブレーキ/スルーアクスルのバイクを買うまでは修理して使い続けるつもりです。
破損する条件や補修方法も分かっているので、もう焦る事はありません。

最近のロードバイク事情からすれば やや時代遅れな感じは否定できませんが、
こういう バイクを極端に選ぶアクセサリー、嫌いではないですよ。


価格評価→★★★★★(←定価なら★-1)
評  価→★★★★★
 
baru  2019-4-2 22:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
BBB スリムガード
購入価格 ¥6480

追加レビューです。先日開催されたブルベ「ハマイチ600」で、この泥除けを使った際のトラブルについて。

-----

約一年ぶりの600kmブルベは雨予報。今年の夏に迫ったPBPも雨の可能性はあるので、そのテストも兼ねて今回は本製品を前輪に付けていきました。昨年の1200kmブルベ、1000kmブルベも乗り切った頼れる泥除け……のはずだったのですが。

何故か走り出して間もない地点で泥除けがズレて、しばらく走ると前輪のサイドと微妙に擦れる音。クイックの締めが不十分だったかな?と思って締め付けても解消せず。


泥除けを触ってみたら、ここの部分(アルミの棒をプラスチックの受けに差し込む所)に若干ガタが出ていました。思い出したのは、CBNのPHILLYさんの本製品のレビュー。この部分が完全に抜けたという話が頭に過りました。幸い私の場合は完全に抜けていなかったので、とりあえず奥に押し込んでみました。

……が、やっぱり段差の振動で泥除けはズレて、タイヤサイドに擦ってしまいました。

そのまま走り続けたものの、数キロごとに信号停止でタイヤに擦る泥除け。これはさすがに気になるので根本対策をすることにしました。


買ったのは、アロンアルファ。瞬間接着剤と言えど、完全に接着完了するまでには5分程度は動かせません。浜名湖手前のチェックポイントで接着。乾くまで食事をして待ちました。

そして走行。しばらく走りましたが、タイヤとの接触は無し。そのまま残り300km以上を走ったものの、最後までタイヤとの接触なく完走することが出来ました。さすが信頼のアロンアルファ。

-----

PHILLYさんのレビューにあるように、この泥除けはもともと接着剤で接合しており、加水分解でガタが出たり抜けたりするようですね。約1000kmの雨ライドを経て加水分解が進んでいたようです。

ただ、何かあればアロンアルファで対策可能だということも分かりました。PBPにもこの泥除けを持っていくつもりです。


価格評価→★★★☆☆(安く買えたが泥除けとしては中々高級)
評   価→★★★★★(今後の定番になりそう)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 460g(実測重量 360g)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!



セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥De Rosa Pininfarina SKフレーム(ディスク・リム)22.7万 / 23.4万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Tweeks🔥CATEYE5 CATEYE全製品5%OFF(在庫限り)
Tweeks🔥SRAMAXS5 SRAM AXS 5%OFF(期間限定)
PBK🔥CLOTH15 厳選ウェア・シューズ15%OFF
amazon🔥高評価! air bone ZT-A15クイックポンプヘッド ¥ 2,160
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
MyProtein🔥HEISEI31 サイト内31%OFF
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上購入で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円以上購入で7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Tweeks🉐CATEYE VOLT800 送料込み¥7,064
Bellati🉐ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
RibbleLASTONE10 残り1個商品が10%OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー



DT SWISS RR585  (リム)  2019-4-23 12:13  osobakosan
OGK AERO-R1  (ヘルメット)  2019-4-11 22:19  qazwsxedcrfv
[FRONT] GENTOS XB-555LR  (ライト)  2019-4-6 11:10  ishill
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-4-4 23:35  baru
自転車の異音  (JOKE)  2019-3-28 22:58  baru
BBB MountHigh BPD-12  (ペダル)  2019-3-28 19:02  saejii
Can Do すね毛トリマー  (100均)  2019-3-25 23:18  hitaka
SHIMANO DURA-ACE PD-R9100-L  (ペダル)  2019-3-25 21:47  baru










CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review