CBN Bike Product Review
TOP >  書籍・DVD > 

THE PROGRAM (邦題:疑惑のチャンピオン)


 
baru  2016-7-3 23:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THE PROGRAM (邦題:疑惑のチャンピオン)
購入価格 ¥1800 (入場料)

ランス・アームストロングによる一連のドーピング問題を描いた映画。日本国内でも2016年、ツール開幕と同日に字幕入りで公開されました。


■視聴動機
私がツール・ド・フランスを見始めたのは2009年。新城&別府が初参加した年です。この年に4年ぶりに復帰したのがランスでした。彼の7連覇という実績だけは知っていたものの、当時の映像は今に至るまでほとんど見たことはありません。それでも、2013年にランス本人がドーピングを告白した映像を見た時は衝撃を受けました。

ドーピング問題の内容については朧気に知ってはいましたが、詳しくは知らないまま。一体何がどうなって7年間も検査をかいくぐることが出来たのか。そして、どうしてこのような結果になったのか。興味はあったので、劇場に見に行くことにしたのでした。


■あらすじ
25歳のときに生死の境をさまようほどの重度のガンに冒されながらも、大手術とリハビリを耐え抜いて克服し、そのわずか3年後の1999年にサイクルロードレースの最高峰〈ツール・ド・フランス〉で奇跡の初優勝を果たしたランス・アームストロング。
(中略)
しかしこの絶対的王者には、つねに"黒い噂"がつきまとっていた。ドーピング、すなわち運動能力を向上させるために薬物を使用しているのではないかという疑いである。本作は驚くべき執念でその疑惑を追及したイギリスのサンデー・タイムズ紙記者、デイヴィッド・ウォルシュのノンフィクションを基に、アームストロングの栄光と転落の軌跡を映画化。果たしてこの一世を風靡した稀代のカリスマは英雄か、それともただのペテン師だったのか。


公式サイト(http://movie-champion.com/intro.php)より。



日本語版のトレイラー(予告編)。


■感想
※以下、ネタバレを含みます。

全体的に大きな盛り上がりも無く、淡々と時系列に沿って物語が進む内容でした。調べてみると、ランスのドーピングがバレるまでのプロセスはもっと複雑なのですが、本作ではランディスの告白で全てが明るみに出たような描かれ方をされています。他にも、何故ランスが復帰をしようと思ったのか。テレビでわざわざ告白しようと思ったのか。その辺りの話は全く描かれておらず、後半は駆け足だった印象です。ただ、復帰の際のコンタドールとの確執が描かれていたのはちょっと嬉しいところ(コンタドールファンです)。

配役はかなり気合が入っています。主役のベン・フォスターは前評判通りかなり本人の見た目や所作をコピーしていると思えました。何でも、今回の撮影のために15kg痩せ、乗ったことがなかったロードバイクにも乗って撮影シーンに耐えうる演技を身につけたとのこと。ダウンヒルシーンはかなりのスピード感でしたが、これも代役を使っていないのだとすれば、相当凄い。

主要人物である、フロイド・ランディス、ミケーレ・フェラーリあたりはランスと同様にかなり本物に似てる俳優を連れて来ています。劇中の時間経過とともに、主要キャストも年を取っていく(ように見える)あたり、メイクにも気合が入ってますね。ただ、コンタドールがびっくりするほど似ていない(コンタドールファンです)。似てないのに「バキューン!」ポーズとかしちゃうし。他の人がそっくりなだけに、やたらと違和感がありました。

機材に関しても、できうる限り当時のものを再現しているようです。ランスが駆るのはTREK 5500。コンポーネントも当時のDURA-ACE。当時はかなり数が出たものでしょうが、老舗自転車屋めぐりをしていても現物を見かけたことはないので、再現するのは結構難しかっただろうなーと思います。

それと同時に、この当時にランスに魅せられてTREK 5500やLIVESTRONGのリストバンドを買った人たちのことを思うと、何かモヤモヤしたのも事実。美しかった思い出も汚されるドーピング問題、本当に根が深いと思います。


■まとめ
最後がちょっと駆け足ですが、自転車描写の緻密さ、主要キャストの迫力ある演技で楽しめました。劇場で見る価値のあるシーンはあまりなかったと思いますが、このドーピング問題に興味が有る方は見て損の無い内容だと思います。

てか、今ランス本人は何をしているんでしょう? ここ最近、パッタリ話を聞きませんが……。

【おまけ】

劇場で無料配布されている販促用パンフレット。中には自転車界隈の有名人(サッシャさんや、安田団長、各自転車雑誌の編集長など)による一言インプレが書かれています。割りと面白いです。

価格評価→★★★☆☆(映画って結構高いですよね)
評   価→★★★★☆(最後の駆け足だけ残念)
<オプション>
年   式→2015年制作
 
ManInside  2016-7-16 19:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THE PROGRAM (邦題:疑惑のチャンピオン)
上のbaruさんのレビューを読み、これは面白そうだと映画館に足を運びました。

一言で言うと、面白かった!

何が面白かったかというと、

・これまでネットニュース等で読んでいたドーピングの手法、コントロールの回避方法等が実写されていて、具体的なイメージを持てた
・ライディング中の映像が大迫力。グランツールの中継映像に映画的なカメラワークを足したような感じで見応えがある

見終わった後は、内容自体が後味が悪いものなのでやはり後味の悪さは残りました。カタルシスはありません。最後のほうでランスが壁に飾ってあるマイヨ・ジョーヌを眺めているシーンは、かつてランスがTwitterに投稿していた写真の再現っぽかったり、ガン手術後に坂道で「素人」に抜かれるランスの姿は「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」の記述そのままだったりと、「このシーンは見たことがある・読んだことがある!」というのが多く、それも楽しめました。

この映画はこれはこれで良しとして、個人的にはもう一つ違う映画を見たいと思いました。それは同じ内容を、ランス・アームストロングの一人称の視点で語っていく、という映画です。

「ああ、俺はドーピングをしているさ。何が悪い。チャリティのほうが大事だ。お前らは自転車界に泥を塗るつもりなのか。」

という感じで、「悪人ランス」が身勝手な論理で回りを次々と巻き込んでいく、という視点での映画も見たいと思いました。このTHE PROGRAM (邦題:疑惑のチャンピオン)は、外側からランスを描いているので。

フロイド・ランディスが映画内で非常に重要な役割を果たしていたり、なぜかダスティン・ホフマンが登場していたり、役者の演技もすごく良かったですね。ブリュイネールも良かった。

そして問題のコンタドール。太いスパニッシュな眉毛以外は、ちっとも似ていない。身体が倍くらい太い。これは笑えました。

ランスは本当に似ていましたね。感情移入も出来ました。ただbaruさんが書かれているように、後半が駆け足な感じがあり、確かに何故復帰したのかとか、もっと踏み込んでほしい、と思える箇所はありました。

ドーピングがテーマなので基本的には暗い映画ですが、ロードレース、ツール・ド・フランスに興味がある方は観たほうが良いと思います。

価格評価→★★★☆☆
評   価→★★★★☆ 期待していたよりずっと良かった
 
hitaka  2016-7-31 23:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
THE PROGRAM (邦題:疑惑のチャンピオン)
購入価格 ¥1700 (入場料)


封切り初日に見ていました。

それから、リオオリンピックに関するロシア陸上競技のドーピング問題をニュース報道で見るにつけ、この「疑惑のチャンピオン」もASOやUCIなどの組織での葛藤も描いてあれば、と感じました。

ランスや、ランスのチームだけで成立するはずがないからです。


とは言え、映画鑑賞中は、そんなことは感じず、レースシーンのスピード感や絶妙な楽曲選定に高揚いていました。
特に、ドーピングによりレースを勝ち続けているランスの万能感は、何一つ不安を感じさせない印象です。

その万能感はドーピングが素晴らしいものと思うような勘違いさえ得てしまいそうです。

さらに、チャリティ。
そして、病院への見舞いのシーンでは、ドーピング行為の正当化を、まっとうなものとして受け止めてしまいそうです。


ドーピングはよくないと知っていながら、当事者の万能感、成功や、そこで得た利益の使途を知り、ドーピングを止めるわけには行かないじゃないか、とまで感じさせてしまう。

※となると、信教的に、ドーピングを許容するはずのないランディスの葛藤をもっと深く描けると、ドーピングの心理にもっと踏み込めたのかも知れません。


価格評価→★★★★☆(金沢は、関東より安いのかな)
評   価→★★★★★

※映画本編とは関係ないのですが、この日は、本編前の予告編が同じ映画について2回ずつ流され、18:30開演のはずが実際に始まったのが
18:50ってどういうことよ、なんでした。
 
neri  2018-1-6 11:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【映画】疑惑のチャンピオン
購入価格 ¥プライム



ランス・アームストロングの薬物に関しての映画です。プライム新入荷で評価が高かったので観てみました。
ちなみにランスの著書「ただマイヨ~」も読んだことがあります。

【キャスティング】
主演はベン・フォスターで、この俳優さんは昔からランスに似てると思っていましたが、やはり。
チョイ役でダスティン・ホフマンが出ますが勿体無い使い方でした。
その他の配役にも当人に似ている人でキャリアもある俳優さんが配されていますので、違和感なく
スルスルと観られます。

【大雑把な内容】
ランスが薬物に手を出して、癌になり、復帰して、引退して、また復帰して、ばれて終わる。
UCIも巻き込んだ隠蔽。そんだけ。

【感    想】
正直なんだこれ?って感想でした。
この映画は自転車競技での薬物についての是非を問うものではなく、ほぼ終始ランスを悪者にした映画です。
途中に人間性を持ち上げるシーンはあるのですが、終盤には救えないほどのク(ピー)野郎になっていきます。
ベン・フォスターがどんどん小物になっていき、ランスっぽさが全く無くなるのが残念すぎました。
後半は相当に適当な脚色をされていて、「当人がこんなこと言わないだろうww」っていう台詞が続くので
どんどんリアルなランス像から離れていってしまうんですね。ランス本人はさすがに文句言うべきでは。。

分かりやすくするためだと思いますが、、登場人物や選手は少なめで、コンタはちょっとだけ出るけどパンターニは
出ないし、USポスタルの最強面子も出ませんし、ランスの件で「俺ももうやめるわ」って薬物をゲロって辞めた
多くの選手の話も全くありません。うーん、これでいいのでしょうか。
実際にランスの件が明るみになった当時はセンセーショナルでしたが、結局のところ全員やってた中でランスが目を
付けられたのであって(映画にもそれを示す台詞が結構あります)、蓋を開けてみれば馬鹿馬鹿しい事件であったと
思うのです。
映画で頻繁に出てくる「エポ(EPO、イーピーオー)」は有名な薬物ですが、これは当時多くの選手が使用していた
薬物です。みんなやってる中で自分もやらなきゃ勝てないわけで、勝てなきゃ失職するわけで。
じゃあみんな止めろってことになると、マトモな人間が200kmのステージ中の4000mの山をドラマティックに登れ
るのかという話になります。結局は求める側、観ている側、関わる全ての人間が同罪なわけです。

ドーピングレースの中でとんでもないパフォーマンスを見せつけたランスとUSポスタルのブルートレインは、そも
そも存外な能力を持つ集団であったわけで、身体社会的ともに極めて大きなリスクを負いながら世界の期待に応え
続けたわけで。もう少し尊敬されても良いのでは無いかと思います。

あ、唯一高く評価できるのは、機材の時代考証が完璧だったことです。ITMのステムに泣いた。

価格評価→★★★☆☆
評   価→★☆☆☆☆ もう少し当人寄りにしてください…

THE PROGRAM (邦題:疑惑のチャンピオン) を購入する : Amazon, 楽天市場








主要ショップ セール&クーポン情報・人気商品一覧

ショップセール&クーポン
Bellati SportsCBNイチ推し! ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
amazon.co.jp携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ ¥1,799
ProbikekitCBNSS 購入金額に応じて¥750〜¥3,750%OFF
ProbikekitCBN10 対象商品がさらに10%OFF
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitPBKSS 金額に応じて対象商品が750〜4,250円OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
ProbikekitEXTRA18 対象ウェア18%OFF
MyProteinLAST 旧パッケージ売りつくしセール
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsGuerciottiフレーム・完成車大幅値引き中
Bellati SportsDe Rosa 2019取扱い開始
Chain Reaction CyclesTOOLS10 ツール10%OFF
Chain Reaction CyclesCHAMP 対象商品最大¥6,000 OFF
Chain Reaction CyclesCLEAR2018 セール品¥15,000で¥2,000 OFF
Chain Reaction CyclesNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
WiggleCYCLE15 サイクルウェア¥15,000で¥2,250 OFF
WiggleCYCLE16 サイクルウェア¥30,000で¥6,000 OFF
WiggleDHBSAVE15 dhbウェア¥15,000で¥3,000 OFF
WiggleDHBSAVE16 dhbウェア¥22,500で¥6,000 OFF
WiggleSUMMER18 初回限定¥7,000で¥1,500 OFF
ProbikekitSHOE15 シューズ15%OFF
ProbikekitCOMPO10 対象コンポーネント10%OFF
Ribble CyclesLASTONE10 残り1個製品が10%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


intro STINGER 4  (グローブ)  2018-10-18 20:59  canzana7
CATEYE INOU  (カメラ関連)  2018-10-17 9:46  saejii
WAHOO KICKR CLIMB  (ローラー台)  2018-10-15 0:49  nadokazu
SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2018-10-8 22:53  kuromitsu2
Rohloff SpeedHub  (リアハブ)  2018-10-7 22:07  stone_n_roll
DZR Midnigth  (シューズ)  2018-10-7 6:43  EIN








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review