CBN Bike Product Review
TOP >  伝説のレビューワーたち > 

CB名無し2016年上半期ベスト・レビューワー発表!


 
admin  2016-6-17 19:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CB名無し2016年上半期ベスト・レビューワー発表!
第17回サイクルベース名無し・2016年上半期ベストレビュワー賞発表!

皆さんこんにちは! いつも自転車レビューサイトCBNへの投稿をありがとうございます。CBNには自転車関連製品だけでなく、お気に入りのサイクリングコースやライド中に食べたおいしいものまで、自転車に関係のあるものについてどんなレビューも投稿が可能です。2016年上半期も多数の皆様にレビューをお寄せいただきました。

今回のベストレビュワー賞では、期間中特に目立った投稿・多くの方に役立ったであろう投稿をして下さった方、多く投稿して下さった方々を中心に感謝の意を込めて表彰させていただきます。

「主要5賞」のうち「総合優勝・スプリント賞・山岳賞」についてはCBN運営人が選出、「GlennGould賞」と「numero_nero賞」についてはそれぞれCBNの伝説的スーパーレビュワーのお2人に選考していただだきました。それでは発表いたします!


★★★★★ 主要5賞 ★★★★★


マイヨ・ジョーヌ(総合優勝) : baru さん

私はもう自信を持って言えるのですが、いま日本で、いや世界で最も自転車を愛している男。そして自転車に愛されている男。それは間違いなくbaruさんでしょう。CBNのベストレビュワー賞での総合優勝は今期で通算5回目。むかしむかし、CBNにはmascagniさんという変態自転車乗りがいまして、その方は4回BRAで総合優勝されました。baruさんはそれを越えられました。もう前人未到の領域です。

あのですね。こんなすごい人は滅多に現れないですよ。自転車をはじめた頃は体重100kgオーバーの巨漢であった方が、昨年にはフランスで1200kmのブルベを完走され、いまでは誰もが認める日本におけるロングライドの第一人者です。

ロードバイクのフレームでも、タイヤでも、サドルバッグでもレインウェアでもいいのですが、どんなメーカーもこの人の前では嘘を付けないのです。タイヤメーカーが「200人のテスターによる合計20万kmの走行でもパンクゼロです」と言っても、「えっと、それって1人あたり1000kmに過ぎないですよね」とbaruさんに言われてしまいます。もうこの方の前ではいろんな誤魔化しが通用しないのです。





もう普通の人の何倍も何十倍も走っておられる。その過程で、使える製品とそうでない製品が見えてくる。普通の人間にはアクセスできないはずのそうした貴重な情報を、私達のもとにレビューとして届けて下さる。

こういう感じで貴重な情報を届けてくれる人は、いま本当に少なくなってきています。そういうことを長年やってきた「サイクルスポーツ」のような良質な自転車雑誌でさえ、こういう情報をあまり発信しなくなっている。

インターネッツは便利になりすぎて、私達はどんな情報にも気軽にアクセスできるようになった。反面、「知り尽くした人によるすごい情報」は、どんどん見えにくくなってきています。そういう意味でも、CBNにおけるbaruさんの投稿群は貴重であります。それを読むことができる私達(しかも雑誌とは違い、無料で!)は本当にラッキーと言えるでしょう。

とにかくこれほどまでに自転車を愛し、自転車に愛されている人もそうそういないでしょう。いま、当たり前のようにbaruさんのレビュー投稿を読むことができている私達は、本当はかーなーりーラッキーな状況にあるのです。そのことに感謝したいと心から思います。


おめでとうございます! baruさんには副賞として amazonギフト券5000円分 とマイヨ・ジョーヌ・アイコンを贈呈させていただきます!!



マイヨ・ヴェール(スプリント賞) : LZPT2IB さん

CBN読者にはすっかりお馴染みのLZPT2IBさんですが、あらためてLZPT2IBさんさんの投稿の魅力について書いてみたいと思います。私は「LZPT2IBさんと自転車の関係」がとても好きです! LZPT2IBさんの自転車観・自転車の楽しみかた・美意識は独特で、他の誰にも似ていないと感じます。 LZPT2IBさんの世界には、「みんながこういうのに乗っているから、私もなんとなくそれを選んだ」という「従属性」が快いまでに欠落しています。代わりに、俺はこの色じゃなければ絶対にダメだ。こういう自転車に乗りたいんだ。という強力な意志を感じます。

「自分が何を欲しているかを知っている」のは、現代では本当に貴重なことだと私は思います。ほとんどの人は、自分が何を好きなのか知りません。ロードが好きなのか。MTBが好きなのか。赤色が好きなのか、黄色が好きなのか。自転車に乗って何をしたいのか。多くの人は、時にそれをわからないまま、いわば周囲に合わせて選択することが多くなっているのではないでしょうか。

しかしLZPT2IBさんにはそういう疑問は無縁。自分が何を欲しているかを常に知っている。そのLZPT2IBさんはここ最近、長年愛用してきたクロスバイクとシングルスピードバイクに加えて、ディスクブレーキ搭載ロードバイクに乗られるようになりました。





そうした時流に流されない人物が、たとえばGARMIN Edge remoteやVaria J リアビューレーダーのような、時代の先端にある製品について投稿して下さっています。これは面白くないわけがないのです!!


おめでとうございます! LZPT2IBさんには副賞として amazonギフト券3000円分 とマイヨ・ヴェール・アイコンを贈呈させていただきます!!



マイヨ・ア・ポワ(山岳賞) : sosu さん・saejii さん

やや大袈裟な物言いになりますが、「自転車は人を哲学者にする」と私は考えています。「哲学者」というのは、無意味に難しいことを考える人のことではなく、元来「知を愛する人」という意味です。sosuさんとsaejiさんは長年CBNに多数のレビューを投稿して下さっているのですが、その文章を拝読していると「自転車を通じて世の中を理解する」という境地に達しておられるようにさえ感じられます。

自転車に乗るということは、ハンドルを左右に動かしたりということはありますが、基本的にはペダルを踏み、クランクを回転させるというシンプルな営為です。そして面白いことに、進めるのは前だけで、後ろには進めない(基本的には)。同じ単純な行為を長年続けているうちに、人は様々なことに気付かされ、考えさせられます。製品のこと。自転車に乗るということ。さらには世の中のこと。

sosuさんもsaejiさんもそのような大袈裟なことを考えておられるわけではないと思うのですが、お二人の淡々とした日々の発見を拝読していると、「私もこのような自転車人になりたい。」と思うのであります。


おめでとうございます! sosuさん・saejiiさんには副賞として amazonギフト券3000円分 とマイヨ・ア・ポワ・アイコンを贈呈させていただきます!!



GlennGould賞 : sosu さん

sosuさんを選出させていただきます。

安くて良い物を求めて彷徨する自転車人、sosuさん。
高級とか貴重とか、ビンテージといった類の言葉は、実質本位で安くて良い物を探し求めるsosuさんの前では色を失ってしまうでしょう。安くて良いものを探し出すには、相応の経験と嗅覚が必要です。真贋を見極める冷静な眼、巷の評判の行間を読み解く読解力、パーツを使いこなし五感で感じ取り的確に評価する力。これらの三位一体、それかsosuさんである、と私は感じました。

というわけでsosuさんの授賞レビューは
FSA Gossamer MegaExo (46/36)
です。

えっ、なんでアルミ缶の切れ端がスプライン溝に??

FSAのBB軸とクランクのスプライン勘合部にダメージを与えてしまった挙句、秘策を繰り出して復旧させる、という内容です。状況掌握を精緻に行い、最安で最善の策を繰り出して、しぶとく復旧させて使い続ける。
転んでもただでは起きないところが、安くて良い物を求めて彷徨する自転車人、sosuさんの、sosuさんたる所以、でありましょう。姉妹編ともいえる次のレビューがまた出色。

FSA BB-6000 Gossamer MegaExo Bottom Bracket

中古購入したFSAのBB-6000が不調で、分解を試みた、という内容です。この製品の調子の悪さが淡々と分析され、語られます。中古品であるがゆえに、判断が難しいとは思いますが、各部品要素に対する分析、状況掌握が鮮やかです。はー、やれやれ、自分もこんな風にパーツと向き合えば、もう少し賢くなれるのになあ、と思ってしまいます。

sosuさん、ありがとうございました。

*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*

そ・し・て・・・

GlennGould賞 : sole さん

soleさんを選出させていただきます

soleさんの授賞レビューは
MINOURA AB100 DURA-CAGE
です。

箕浦のデュラ製ボトルケージのレビュー、です。 お気に入りのパーツは使い続ける。それがベテラン・サイクリストsoleさんの流儀のようで、このレビューではさりげなく、長期使用の途中経過を伝えてくださっています。 2010年の冬から、ずっと使っておられるとのこと。

長期使用レビュー、というのはある種、耐久試験結果報告であり、本当に貴重です。
その情報量は字数や画像ファイルのサイズで測ることなど到底できません。
読む側も、居住まいを正してしまいます。

> まる6年2万km弱使用しつづけた結果ワイヤーが摩耗した様子

それがこの写真。

使い続けると・・・こうなる!

> ボトルと接する部分が平たくなり、地のジュラルミンが露出してしまっている。

これは長期使用するからこそ遭遇する事態ですよね。心当たりがあります。

> けっこう長く使ったし、カーボンケージもいいな、と思っていたりもする。
> しかし、飽きのこなさすぎるデザインが災いして、次に何が欲しいのかぜんぜん思い浮かばない。
> あと2万km6年は言い過ぎかもしれないけど、まだまだ使いつづけると思う。

ここまで擦り減って、さてどうするか。 それは人それぞれですが、同じパーツを延々と30年以上使い続けていたりする私としては、大いに共感してしまう一文です。

リアルワールドでの耐久結果を雄弁に語る写真と、さりげない文章の見事なコラボ。 soleさん、ありがとうございました。

*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*

そ・し・て・そ・し・て・・・

GlennGould賞 : TON さん

TONさんを選出させていただきます。

ずばり授賞レビューは
自作 ドロップハンドル用ハンドガード(防寒風防)

実は、TONさんのこのネタの初出は2014年暮れの「あなパー」です。そして本館の親レビューはこちらですが、今回の小改造レビューを機に、受賞していただくことにしました。



個性爆発!

こういったものを装着することに対しては、好みが分かれそうですが、ワタシはこの工夫ネタはとても素晴らしいと思いました。
どうしても作りたい!という作り手の強い意志が感じられます。
よく考えられており、手間もかかっています。
形になった個性が見事です。
使っているご本人が気に入っているが故の改良、を施しています。
親レビューに記される製作レシピも過不足なくとてもわかりやすい。
で、今回の小改造レビュー。加齢で末端毛細血管が減少したのか、昨年、今年と、厳冬期の寒風冷却による指先の冷えが一気にひどくなってきた我が身には、迫るものがありました。

あ、それからTONさんが乗られているTNIのマドガード付き自転車。とても品がありますよね。きれいな佇まいです。これで通勤とは、通人!

TONさん、ありがとうございました。

*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*

投稿数が少ない方でも、思わず唸ってしまうようなレビューを書いてくださるかたもいらっしゃいます。
一見、面白くなさそうな投稿が実は、キラリと光っていることもあります。
自転車初心者で勝手がわからないながらも、輝かしい未来を予感させる投稿もあります。
いろいろな意見があり、解釈があり、好みがあり、多事争論も時にはあります。

cbnにそんな楽しい投稿をしてくださるすべての方に感謝したいと思います。

*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*─・‥…─*

投稿規定に沿ってcbnにレビューを書けば、それは自分の自転車備忘録、そして青春の1ページ。ふとした気付きを大事に育て、焦らず急がずアイデアを熟成し、マイペースでじっくり使いこんで自分の言葉で投稿すれば、自転車生活がさらに充実したものになるかも知れません。そして、自分のレビューが誰かの役に立つこともあるかも知れない ・・・。それはスバラシイことですね!

おめでとうございます! sosuさん・soleさん・TONさんには副賞として amazonギフト券3000円分 とGlennGouldジャージアイコンを贈呈させていただきます!!





numero_nero賞

みなさんこんにちは、numero_neroです。


僭越ながらBRAの賞選考をお任せいただくようになってもう一年が経ちます…この一年、いや半年間だけを振り返っても激動だったのですが、なんだかんだ好きなように自転車に乗れて平和に過ごせているだけでもとても幸せな境遇だということに改めて気付かされた、そんな半年間でした。そんな半年の間に読ませていただいた数々のレビューの中から、私の心に特に強く響くものを残して下さった方たちを思い出しつつ、感謝のしるしとしてnumero_nero賞を贈りたいと思います。しばしお付き合い下さい。

今期のnumero_nero賞、奇しくも昨シーズンと同じく4名様に贈らせて頂きます。
(ご紹介はアルファベット順で賞の大小順ではありません)

まず最初の方、baruさんです!!
もうこの方にイントロダクションは不要でしょう、まさにThe undisputed champion、昨シーズンに続き私から賞を捧げたいと思います。



毎度拝読するのが楽しみなbaruさんのコースガイド。
[Cycling Courses]サイクルショップ巡り。すでに定番シリーズ化した感がありますが、今季は特にサイクルパーツ販売日本最大集積地といえるであろう東京都23区東部、さらに自転車パーツの故郷といえる台北をカバーされていました。個人的な事ですが、高3の春バイトで貯めたお金握り締めスペシャStumpjumperを買いに行ったお店が今は一般車専門になっていたことをこのレビューで知ることに・・・こういう懐かしい体験がフラッシュバックしたり意外な発見があったのは、きっと私だけじゃないはず。

他にも信州地方の風光明媚(&ヒルクライム的にハードコア)なコースを網羅した[Cycling Courses] 車坂峠[Cycling Courses] 高峰高原~姥捨山[Cycling Courses] 戸隠高原にも触れないわけにはいきません。信州の山々、いいですよね・・・キツイけど国内屈指の景観が楽しめるビーナスラインとか、諏訪から1,600m位登るというのに全然展望がない麦草峠とか、ガレたダートの下りでパンクしまくってスペアチューブとパッチを全部使い切り、泣きそうになりながら押し歩いて下山した三国峠とか・・・多くのサイクリストにとっての冒険と絶望の思い出がギッシリ詰まった特別な場所だと思います。

baruさんのレビューはどれも情報満載ながら、手練の編集者がまとめたような構成とレイアウトの妙で読みやすくなっている点が素晴らしいですね。見やすくレイアウトされたマップ、簡潔ながら有用な情報を含むガイド、そして息を飲むような美しい写真など、高度なスキルと感性を駆使して綴られたコースガイドを無料で読ませてもらっていいのか!?と身を乗り出してしまうレベルに達しています。


続きましてお二人目、GlennGouldさんです!!
我らの大先輩にして自転車のお師匠様にも当たるGlennGouldさん、今期もありがとうございました!!



いつも的確なアドバイスで私たちの悩みや疑問を解消して下さる”守衛のおじさん”ことGlennGouldさん。氏は常に冷静に物事を分析しておられるわけですが、今期の[MINI] CHERUBIM CRはまさにその真骨頂でした。フルオーダーで何かを作る、ということで得られる価値の大部分は、私は”他で代用できないものが作れる”ということにあるんじゃないでしょうか。単なる『道具』なら目的さえ達成できれば良い、でもそれだけでは得られないものを求める時にこそ意味を持つ選択肢。良いものを作り出すためには、『道具』に自分の考え方や価値観をしっかり投影させなければなりません。別の既存の道具に”買い替える”ことで部分的な不満を消すことはできますが、一から自分で練りこんで作るオーダーメイド難易度は高いけれども成功すればとてつもなく大きな満足が得られます。そのためには、自分と根気良く向き合って徹底的に議論を重ねる必要があり・・・言い換えれば一から『作品』を作り上げる作業になるわけです。いつかはオーダーで作ってみたい、という方は是非本レビューをディスプレイに穴が開くほど熟読して、大いに悩んでみてください。氏は問答の末ビルダーの興味すらも惹き込んで全く新しいものを生み出すという離れ業をなし遂げていますが、ここでもたらされている知見や戦略は、車種や目的が自分とは違うものであっても大いに役立つはずです。


続きますのはもはやBRAの常連、kazaneさんです!!
皆さん、kazaneさんの創意工夫にはもうずっと意表を突かれっぱなしなことでしょう。



私の中では、kazaneさんにははるか昔にNHKでやっていたアニメ名探偵ホームズのエンディング、”24時間~頭の中で何かが~ダンスしている人なんだか~ら~”というフレーズがつながります。ユニークな視点をお持ちで、いつも新しいこと・面白いことを探していらっしゃるkazaneさん。よーく見ると自転車乗りなら見覚えのあるパーツをさりげなくちりばめ、ご自身のウェディングパーティー用オーナメントを作り上げてしまうなど創意とサービス精神に溢れた方であることはすでにご存知のとおりですが、kazazeさんが今期CBNに持ち込むのは自転車以外の趣味で培われたテクニック、釣具用飾り糸による自転車パーツの装飾。釣竿の飾り糸という自転車にはまず使われない素材で重ねられたストライプは塗装やデカールでは決して得られない立体感と温かさを湛えていて、これこそ発想の大勝利!!といった感じのDIYレビューでした。こうやって自転車に少しずつ、自分のアイデアと工夫でオリジナリティを与えていけばますます愛着が湧いていきますよね。もう一点kazaneさんのレビューで特徴的なのは、あるレビューがまた別のレビューの布石となって次々と繋がっていく点。2011年上期に読者の選ぶ最優秀レビュー賞をかっさらっていった【道路標識】 挫折禁止実物を自ら見つけ出してくるなどはまだ序の口。[名所名物] ギサッロ教会(Santuario Del Ghisallo) のレビューはいわば前期のウェルカムホイールレビューの壮大なエピローグでしたね。コモ湖地方の清冽な空気感まで伝わってくる素晴らしい風景の数々とおもちゃ箱をひっくり返したかのような宝物たちの写真が散りばめられ非常にスケールの大きいレビューでしたが、これもまた次のGiroステージ観戦レビュー(こちらは今期対象期間外)へと繋がっていきます。小説の伏線のように人やモノがどんどん繋がっていくkazaneワールド、今後も目が離せません。


締めはwartoriさんです!!
私の勝手なイメージですが男前ですよね。どの写真にもスケールの大きな風景が広がっていて、私の中では旅が似合うシブい男というイメージが出来上がっております。



そんな彼が書いた愛車をめぐる素朴な疑問から始まったメーカーとのやりとりの記録。ネガティブな意見がメインのレビューを書く、というのは思いのほかエネルギーを消耗するものです。降って湧いた理不尽に、怒りのまま暴言を撒き散らせば自分だけは溜飲が下がりますが、傍から見ればそれは一方的な罵倒でしかなく、読み手の心にはやり場のない不快な思いが澱のように溜まるだけで終わってしまいます。具体的に何がどうダメだったのか原因と結果を分析し、可能な範囲で改善策を冷静に提言するところまで突っ込まれていれば読み手も冷静に受け取ることができるのですが、ただでさえ不快な思いを押し付けられた当人が、言葉を選び気を遣いながら諫言するには単なる忍耐を超えて奉仕の精神でもなければなかなかできないものです。

ここCBNには時折己をすり減らしながらも重要な情報や注意喚起を届けて下さる方が現れます。今期、wartoriさんが書いてくださった[メーカー] GIANTの対応を拝読して、その大変さについて改めて考えさせられました。最後の一言がやっぱりシブかったですね。

”大丈夫、お前に罪はない。”

この言葉に込められたDEFYへの深い愛を感じたのは私だけではないでしょう。


以上、受賞されたのは4名様、おめでとうございます!!
夏に着るには暑苦しい、そして由来を考えれば考えるほど”それってどうなのよ?“と思わずにいられない黒ジャージが皆様のお名前の脇に表示されます。あっ、呪いとかじゃないですよ!?

この他にもここでご紹介しきれない数多くの名・迷(?)レビューがたくさんありましたが、投稿して下さったすべての皆様、本当にありがとうございました!! 来期も皆さんの自転車ライフが平和で、実り多いものになることを願いつつ。

おめでとうございます! baruさん・GlennGouldさん・kazaneさん・wartoriさんには副賞として amazonギフト券3000円分 とnumero_neroジャージアイコンを贈呈させていただきます!!





★★★★★ 先頭集団賞 ★★★★★


今回は12/1〜5/31までの期間中、レビュー投稿数が多かった上位10名の皆様(順不同・主要5賞受賞者を除く)を「先頭集団賞」として表彰させていただきます。積極的にレビューを投稿していただきどうもありがとうございました!

Lennoxさん・KDRさん・hitakaさん・taka888さん・flareさん・PHILLYさん・kinusameさん・neriさん・OYAJI-METALさん・tukemonosanさん

以上の皆様方には副賞として amazonギフト券1000円分 を贈呈させていただきます!





★★★★★ 投票で選ぶ最優秀レビュワー賞 ★★★★★


今期を代表する以下のスーパーレビュワー9名の方の中から、「最優秀レビュワー賞」を選出したいと思います。

baru さん
LZPT2IB さん
sosu さん
saejii さん
sole さん
TON さん
GlennGould さん
kazane さん
wartori さん

まもなくCBN Blogにて投票を行いますので、皆さんが「ありがとう!」と言いたいレビュワーさんに投票してみてください!!

CBN 2016年上半期ベストレビュワー賞「投票で選ぶ最優秀レビュワー賞」投票会場

ぜひ皆様のご協力をお願いいたします。では近日中にまたお目にかかりましょう!!

※副賞は数日内に電子メールでお届けする予定です(ユーザ認証の際にご利用いただいたアドレスにお送りします。また、発送後、CBN Bike Forumsの BRAパーティー会場 にてお知らせいたします)。ユーザー認証の際にご登録いただいたメールアドレスでご連絡が取れないという方は、現在ご連絡が可能なメールアドレスを こちら からお知らせください。





★★★★★ 投票で選ぶ最優秀レビュワー賞 ★★★★★


2016/6/25

baru さん

ついに決まりました! 「投票で選ぶ最優秀レビュワー賞」は、baruさんに決定しました! 今回もbaruさんがぶっちぎりの強さで最優秀レビュワー賞に選出されました。おめでとうございます! 投票結果は このページ でご覧いただけます。

投票にご協力して下さった皆様、じっくり読んで投票していただき本当にありがとうございました。惜しくも最優秀に選ばれなかった皆さんも、きっと気持ちよくbaruさんの受賞を祝福してくださることでしょう!!

baruさんには副賞として、さらに amazonギフト券5000円分 を贈呈させていただきます。

これでサイクルベース名無し2016上半期ベスト・レビュワー賞の全ての賞が決定しました。皆さんあらためておめでとうございます、そしてありがとうございます! これからもぜひ役立つ・おもしろい・楽しい投稿をお待ちしています! ではまた半年後にお会いしましょう!

お知らせ:副賞は一両日中に電子メールでお届けする予定です(ユーザ認証の際にご利用いただいたアドレスにお送りします)。もうしばらくお待ちください。





セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Wiggle🔥WHEEL24 ホイール最大22,500円OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCSALE2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-7-31 9:52  saejii
GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.158Sec(41 Queries)