CBN Bike Product Review
TOP >  レインウェアー > 

モンベル サイクルレインジャケット


 
baru  2016-5-11 19:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンベル サイクルレインジャケット
購入価格 ¥24840

mont-bellの自転車用レインジャケット。GORE-TEX採用の最上級モデルです。

 モンベル GORE-TEX サイクルレインジャケット
 https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6355&forum=55
 
上記製品の後継品です。


■購入動機
本州一周に向けて色々とレインジャケットを悩んでいました。試したのは以下。

 ①dhb Professional ASV eVent Waterproof Jacket
 ②THE NORTH FACE Strike Running Jacket
 ③mont-bell ストームクルーザージャケット
 
①は軽いけれどフードが無くてタイト&袖が絞れない。②はフードはあるけれどバタつく&袖が絞れない。③はフードもあってバタつかないけれど、重い。

色々使ううちに、私がレインジャケットに求める要件が固まってきました。

 ・重量
  →出来れば200g未満。300g未満なら妥協。着ていない時は荷物になるので、出来る限り軽くしたい。
 ・空気抵抗
  →なるべくバタつかないもの。特に腕の部分。
 ・フード
  →必須。一日中雨でも走り続けるためには、首から浸水しない必要がある。
 ・袖
  →マジックテープ等で絞れること。自転車の乗車姿勢では、袖から浸水するので。
  
これらの要件を満たすのが、本製品でした。ただ本製品は「カラーが緑1色」という点だけが不満。しかし、性能の前には贅沢は言っていられない……ということで、色を妥協して本製品を購入したのでした。


■製品概要
実測重量は252g(収納袋除く)。GORE-TEX採用のレインウェアとしては、かなり軽い部類に入ります。フードだけで45gなので、ジャケット単体だと207gです。

軽さの秘密は、「GORE-TEX パックライト」という構造。普通、GORE-TEXは「表地 + メンブレン + 裏地」という3層構造ですが、本製品は「表地 + メンブレン + コーティング」という2.5層構造になっています。

他、機能は以下。

 ・トライアクスルフード
  →着脱可能かつ、3箇所の調節が可能なフード。
 ・ネックアジャスター
  →襟のフィット具合を調節可能。
 ・アルパインカフ
  →袖口にベルクロが付いており、フィット具合を調節可能。


色はプライムグリーンのみ(蛍光の入った緑)。なんと言うか……カエル色です。


■使用感
本州一周TT(530kmリタイヤ)にて使用。1日目は100kmほど雨の中を走行、2日目も朝から防寒着として着ていました。

(1) 重量
250gという重量は、超軽量のレインウェアと比べると重めに映りますが、超軽量レインウェアは概して防水性はそこまで高くないもの。かなり割り切った作りになっていることが多く、多少濡れても構わない時に使うものという認識です。それに比べると、本製品は徹底的に防水に拘った上でこの重量。かなり評価できると思います。


収納袋に入れても、そこまで小さくはなりません。

(2) フィット感
mont-bellの自転車用レインジャケットには、本製品のほかに、「スーパーストレッチ」「ウルトラライト」という全3種類のラインナップがあります。

走行時に重要となるのが、腕のフィット感。ここが一番バタつきます。店で試着してみたところ、一番フィット感が高かったのはスーパーストレッチ、一番緩かったのはウルトラライトでした。本製品はその中間くらい。

嬉しいのは、少し袖の部分が長めに作られていること。ロードバイクの乗車姿勢だと、ラン用や山岳用のレインウェアは袖の部分が足りなくなることが多いのです。その点、本製品は自転車専用に作成されており、前傾姿勢にフィットするように作られています。

(3) 防水性
買って間もないということもあると思いますが、表面の撥水性、生地の防水性ともに高いレベルにあります。2時間ほど強い雨に降られましたが、浸水はありませんでした。


袖口の部分もベルクロでちゃんと絞ることが出来、首の部分もフードで覆われているので問題なし。若干、後ろ側の裾が短い気はします(気をつけないとバックポケットが一部出てしまう)。



裏地のシーリングもしっかりされています。そのシーリングがかなり細く、軽量化に一役買っています。

(4) 防寒性
4月末といえど、夜かつ雨の東北は寒かったです。6度まで低下しましたが、動いている限りにおいては本製品+ジャージ+インナーでそこまで寒さは感じませんでした。GORE-TEXには防風性もあるので、そのあたりも効いていたのかなと。袖口から冷気が入ってこないのも大きいと思います。

(5) 透湿性

気温が低かったので(東北は日中でも10度前後でした)、発汗量も少なかったこともあって、透湿性についてはまだ評価が難しい状態です。ただ、袖の下にベンチレーションが設けられており、暑くなったらここを開ければ一気に湿気が出て行ってくれます。

心配なのは、2.5層であること。肌に振れる側はコーティングされているだけなので、こまめに洗濯しないと皮脂等が詰まって性能を保てないはず。そのため、一回使ったら洗濯するようにしています。

(6) 空気抵抗
割と腕の部分はバタつきます。同じメーカーで同じようなフィット感を持つ「ストームクルーザー」がバタつかなかったのですが、本製品は2.5層で生地が柔らかめなのがバタつく理由かもしれません。とはいえ、超軽量なレインウェアと比べるとバタつきは少ない方です。


興味深かったのは、フードの部分。フードが一体化しているレインウェアの場合、フードがパラシュートのようになって空気抵抗が大きいのですが、本製品はフードが分割可能です。フードに入った空気が隙間から抜けていくので、この部分の抵抗は大きくありませんでした。

(7) 被視認性
かなり特徴のある色なので目立ちます。撮ってもらった自分の写真を見ましたが、明らかに目を引きますね。また、反射剤も豊富に使われており、視認性の向上に一役買っています。

(8) その他
フードについて。

このフード、3点のボタンで固定されて着脱可能になっています。取る時は着たままでも可能ですが、付ける時は一度脱がないと取り付けることは出来ません。防寒着として使うときはフードは不要なのですが、雨が降ってくるとフードは必要……雨が降ったり止んだりする状況では、中々悩ましいことになります。

そこで、途中からは、フードを外さず、襟の内側に巻き込んでしまうことで問題を解決しました。必要なときは引っ張り出せばOK。

また、フードは、ヘルメットの「外」から被れるように設計されていますが、私はあえてヘルメットの「中」に被っています。私が普段使っているヘルメットは結構尖っており、素材にダメージを与える可能性があったからです。調整が細かく可能なので、ヘルメットの中に被ってもフィット感は問題ありませんでした。


■まとめ
非常に良く考えられたレインジャケットです。ここまで自転車のレインウェアとして求められる性能を盛り込んで、僅か250gに纏めて来たmont-bellは流石と言わざるを得ません。結局、雨の中でも構わず走る人たちなら、全身をmont-bellで固めるのが一番幸せになりそうです。

ただ、やはり色は何とかならなかったのかと。蛍光カラーでないとダメなら、オレンジと黄色とかの選択肢が欲しいですね。mont-bellは多色展開が魅力でもあるのに、サイクルレインジャケットは一貫して1色展開なのが残念です。


価格評価→★★★★☆(高いけれど納得感はある)
評   価→★★★★★(最高の自転車用レインジャケット)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 252g(実測重量 252g)
 
baru  2017-4-17 19:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンベル サイクルレインジャケット
購入価格 ¥24840

追加レビューです。ベンチレーション、防水性について。

-----

2017年フレッシュにて300㎞ほどの雨天走行をしてみて、追加で感じたことを書きます。

(1) ベンチレーション
今回のライドは、夜間でも気温が18度前後ありました。そのままジャケットを着ていると汗ばんでくる気温です。

そこで、今回は脇の下のベンチレーションを活用。常に半開き状態にして走っていました。基本的にはこの位置から雨が入り込むことは少ないので、浸水は無し。それに対し、湿気は抜けてくれるので終始快適でした。気温が高い日の雨天ライドでレインジャケットを使うなら、ベンチレーションは必要ですね。

(2) 防水性
前回のレビューでは2時間で浸水なしと書きましたが、今回は10時間以上走っても浸水なしでした。ちゃんと手首と胸元・首元をガード出来ていれば、生地から浸水することは無さそうです。

背中側の裾が長いのも特徴で、前傾姿勢でも背中からジャージが出ることがありません。


同じくモンベルのストームクルーザー(山用)と比較。ストームクルーザーは前側と後側の裾の長さが同じですが、本製品は後ろ側の裾のほうが長くなっています。前傾姿勢で引っ張られる部分なので、少し長いだけでかなり効果に違いが出てきます。ストームクルーザーでは背中側がめくれ上がって濡れることも多かったのです。

また、コインランドリーで乾かす場合でも、100円で使える8分間で完全に乾きました。浸水しない=乾燥も早い、ということですね。

-----

やはり、現状の自転車用レインジャケットでは、頭一つ抜け出た製品ではないかと思います。防水性、軽量性、そして蒸れにくさを高次元でバランスした製品であると言えるでしょう。

問題は色ですが、最近オレンジレッド版も発売されました。私はそっちの色の方が良いので、お金に余裕があれば買い換えたいなぁと思っています。


価格評価→★★★★☆(高いけれど納得感はある)
評   価→★★★★★(最高の自転車用レインジャケット)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 252g(実測重量 252g)
 
baru  2018-9-3 19:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モンベル サイクルレインジャケット
購入価格 ¥24840

追加レビューです。一桁気温の夏の雨の日に使った時の話。

-----

2018年8月に北海道で開催された1200㎞ブルベ「クローバー1200」で使用しました。

Shakedry採用の「サイクルドライシェル」を持って行こうかと思ったのですが、今回はあえて「サイクルレインジャケット」を選びました。理由は、防寒性とバタつき。軽量・薄手のサイクルドライシェルは防寒性に乏しく、バタつきやすいことが分かっていたためです。

北海道は遮蔽物が無いので風が吹くとかなり厳しいものになりますし、気温も10度程度まで下がることは覚悟していました。それならばShakeDryよりも通常のGORE-TEXの方が適しているだろう、という判断です。3層構造のものよりは風でバタつくものの、Shakedryよりはマシなので。

そして、結果から言えばその選択は正解でした。気温は10度どころか一桁気温に。最低で5度まで落ち込みました。その状況で雨の下りをこなしましたが、一応以下のレイヤリングで乗り切ることは出来ました。

 ・mont-bell ジオライン LW(長袖)
 ・PearlIzumi 長袖ジャージ
 ・mont-bell サイクルレインジャケット

ただ、かなり体温は奪われたので、北海道を走るならばもう一着くらい断熱のための薄手のジャケットを持てばよかったかな、とは思っています。夏とはいえ、北海道の寒さは予想以上でした。


これは唯一晴れた4日目の写真。晴れたら晴れたで放射冷却により一桁気温。防寒用としても役に立ちました。

防水性・透湿性については期待通りの仕事をしてくれました。撥水性については、毎日ホテルの乾燥機で熱を加えていたので常に絶好調。撥水性が失われると透湿性が低下するので、使ったら乾燥機に掛けるのは定例化しようと思っています。


価格評価→★★★★☆(高いけれど納得感はある)
評   価→★★★★★(最高の自転車用レインジャケット)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 252g(実測重量 252g)
この商品を探す ⇒ Amazon, Rakuten, Wiggle, CRC, Bellati, PBK



主要ショップ セール&クーポン情報・人気商品一覧

ショップセール&クーポン
Bellati SportsCBNイチ推し! ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Chain Reaction Cyclesブラックフライデーセール開催中
Wiggleブラックフライデーセール開催中
WiggleCYCLIST15 サイクリングウェア1.5万で¥3,000 OFF
WiggleCYCLIST16 サイクリングウェア3万で¥6,000 OFF
amazon.co.jp携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ ¥1,799
ProbikekitPOLAR POLAR VANTAGE 10%OFF
ProbikekitAW20 対象Castelliバンドル20%OFF
ProbikekitCBN10 対象商品がさらに10%OFF
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
MyProteinKURO40 過去最大級40%割引
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsGuerciottiフレーム・完成車大幅値引き中
Bellati SportsDe Rosa 2019取扱い開始
Chain Reaction CyclesCLEAR2018 セール品¥15,000で¥2,000 OFF
Chain Reaction CyclesNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Ribble CyclesLASTONE10 残り1個製品が10%OFF
Tweeks CyclesROCKSHOX15 ROCKSHOXフォークが15%OFF
Tweeks CyclesCLEAR10 クリアランス品10%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


HIRZL GRIPPP TOUR FF  (グローブ)  2018-11-18 23:57  baru
自転車あるある  (JOKE)  2018-11-18 22:50  kazane
Kask Vertigo 2.0  (ヘルメット)  2018-11-11 16:39  nadokazu
SHIMANO WH-RX31  (ロードホイール)  2018-11-9 10:58  EIN
ホイール変遷  (JOKE)  2018-11-8 14:35  saejii
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2018-11-7 17:33  GlennGould
SHIMANO CN-G93  (チェーン)  2018-11-2 11:08  saejii








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review