CBN Bike Product Review
TOP >  DIY・小技 > 

ベルの塗装


 
LZPT2IB  2015-11-24 22:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルの塗装
購入価格: ¥494 (税込) ※クリアーブルーの缶スプレー代
標準価格: ¥2,772 (税込) ※必要な塗料全てを揃えた場合

『CATEYE OH-2400をロゴの残したまま、メタリックブルーに塗装する』



■ CATEYE OH-2400をブルーに塗装
私が手に入れたロードバイク「GIANT DEFY1 DISC」に付属するベルは、大きくてあまりスポーティーなルックスとはいえない。そこで、すっきりした見た目を求めて、CATEYE OH-2400を取り付けることにした。以下の画像のベルは、CATEYEの限定バージョンのブルー…ではなく、私が缶スプレーで塗装したものだ。以前から試してみたかった作業だが、想像以上にうまくいった。作業方法は順を追って説明したい。


ブルーに塗装したCATEYE OH-2400





■ わんがネジで固定されたベルを選ぶ
私がCATEYE OH-2400を選んだ理由のひとつは「わんがネジで固定されていること」だ。これなら、わんだけを取り外して塗装することがたやすい。わんがリベット留めされているベルは、マスキングが大変な上、打ち子が邪魔で塗装しにくいはずだ。

取り外したわんの裏側には、強力な両面テープで割り箸を固定する。こうすることで、手で持ちながら塗装することができるようになり、乾燥させる際には洗濯バサミで挟んで置くことができるようにもなる。

 
CATEYE OH-2400は、プラスドライバーでわんを取り外すことが可能 (左)、わんを外せば塗装しやすくなる (右)





■ ロゴを生かして塗装する
取り外したわんは、好みの色で塗装する。フレームの色に合わせてもいいし、差し色にしてもいい。ただ、ブランドのロゴまで塗りつぶすと、単調でのっぺりした印象になり、いかにも塗装したという感じが出てしまう。だから、シルバーのベルにクリアーブルーを吹き付けて、メタリックブルーにすることにした。この方法なら、ロゴを残しつつ好みの色にすることが可能になる。


ロゴを生かしたままメタリックブルーにするために、CATEYE OH-2400のシルバーを選択





■ 下塗りにミッチャクロンマルチをスプレーする
下塗りには「染めQテクノロジー ミッチャクロンマルチ」を用いる。これをスプレーしておくことで、上塗りした塗装の食いつきをよくすることができる。しかも、ミッチャクロンマルチは無色透明なので、ベルのシルバーやロゴをそのまま残すことができる。

ミッチャクロンマルチは、わんに薄く二度塗りした。二度目にスプレーするまでの時間は15分ほどだ。ミッチャクロンマルチは、耐水ペーパーなどでわんの表面を荒らして食いつきをよくする「足付け」する必要がないのがポイント。脱脂をする必要はあるが、今回はロゴへの影響を考慮し、攻撃性の低いパーツクリーナーではなく、中性洗剤で洗浄後、乾燥させてからスプレーした。

尚、CATEYE OH-2400は、ゴールドのわんをシルバーに塗装したものだ。このシルバーの塗料の種類はわからないが、わんの裏側にはみ出た塗料を、シンナーを含ませた脱脂綿で拭ってみても色落ちはしなかった。OH-2400のシルバーの塗料の種類が分からない以上、ミッチャクロンマルチは必須。これを使わなければ、ベルの塗料の種類によっては、上塗りした塗料が剥がれたり、下地が侵されたりするかもしれない。

 
塗装の食いつきをよくする”ミッチャクロンマルチ” (左)、CATEYE OH-2400は真鍮にシルバーの塗装を施したもの (右)





■ シルバーに薄く重ね塗りする
今回は塗装に「GSIクレオス MR.カラースプレー クリアブルー」を使うことにした。一度に大量にスプレーするのではなく、ここでも薄く塗り重ねるのがコツだ。スプレー缶を素早く横に動かしながら吹きつければ、液ダレすることなくきれいに塗れる。乾燥時間は15〜20分ほど。塗り重ねるごとに、水色から濃い青に変わっていく。ちょうどいい色味が出たらスプレーするのをやめる。

 
薄く重ね塗りして、好みの色味にしていく





■ クリアーで塗装を保護する
仕上げには「GSIクレオス Mr.スーパークリアーUVカット (溶剤系スプレー) 光沢」をスプレーし、紫外線による塗装の色あせの対策をする。同時に何度も重ね塗りすることによって、光沢感と塗膜の厚みを出した。ここでもスプレー缶を素早く動かして、薄く重ね塗りすれば、失敗せずに済む。仕上げのクリアーは「SOFT99 ボデーペン クリアー」でもいいかもしれない。これでも耐候性は十分ではないかもしれないが、スプレーしないよりはずっと安心できるはずだ。


GSIクレオス Mr.スーパークリアーUVカット (溶剤系スプレー) 光沢で、クリアーブルーを保護





■ わんをネジで取り付けて完成
完全に乾燥したら、わんをネジで取り付けて完成だ。ロゴの向きを変える際には、わんを回転させると塗装が剥がれる可能性があるので注意。ロゴの向きを変えるたびにネジを緩めるか、もしくは、最初からネジをきつく締めないようにしたほうがいいだろう。


組み立て直したCATEYE OH-2400。ネコのロゴもちゃんと残っている





■ まるで既製品のような仕上がり
早速、組み立てたベルをDEFY1 DISCに取り付けてみると、我ながら納得の仕上がり。ムラなく塗装でき、ブランドのロゴも残っているので、まるで既製品のような出来栄えだ…というのはいいすぎか。とにかく、それくらい満足することはできた。ただ、ちょっと青味が強かったのは反省点。クリアーブルーの重ね塗りの回数を減らし、仕上げのクリアーを多めに塗れば、フレームに近い色味が出せたはずだ。

  
光の加減でキラキラと輝き、ベルがワンポイントアクセントになった。今回は同時にサイコンマウントのアームも塗装





■ 実際に鳴らしても問題なし
実際にベルを鳴らしてみても、打ち子で塗装が傷ついたり剥げたりすることはない。塗装の頑丈さを確認するため、家に人がいないときに約100回くらいベルを鳴らしてみたが、傷は確認できなかった。これはMr.カラースプレーの塗装の強度が高いというよりも、打ち子のスプリング力程度の衝撃では傷つかないという見方が正しいだろう。もし、これで塗装が傷つくようなら、自転車のフレームの塗装を保護する透明なシールを貼るつもりだったが、その必要はないようだ。


打ち子が当たっても傷はつかない





■ 必要なものを全て揃えた場合はコスパが悪い
今回、私が購入したものはMR.カラースプレーのクリアーブルーだけだが、必要なものを全て揃えると、費用は以下のようになる。

染めQテクノロジー ミッチャクロンマルチ: 1,260円
GSI クレオス Mr.カラースプレー クリアーブルー: 648円
GSIクレオス Mr.スーパークリアーUVカット (溶剤系スプレー) 光沢: 864円
——————————————————————————————————
合計: 2,772円 ※実売価格ではなく定価で計算

塗料だけでこの値段である。これにベルの価格を加えると3,600円を超える。しかも、ベルの塗装に使う塗料は少量だ。これだけ費用がかかるとなると、最初から質感の高いベルが買えそうだ。だから、これらの塗料をわざわざ用意するのではなく、他のパーツの塗装にミッチャクロンマルチや仕上げのクリアースプレーを使う機会があったら、同時にベルを塗ってみる…というのがいいかもしれない。

今回のようにシルバーのベルを使えば、フレームに合わせたカラーにすることも可能。ロゴを残すこともできる。ベルの表面処理の種類にもよるが、OH-2400以外でも、わんがプラスドライバーやアーレンキーで外せるなら塗装できる可能性はある。今回の塗装は単色のシンプルなものだが、CATEYE OH-2400を塗装した人はそういないはず。自分だけのベルを手に入れた満足感はかなり高い。



価格評価→★★★☆☆ (塗料を全て揃えると費用がかかる)
評  価→★★★★★ (ちょっと青味が強かったが、仕上がりには満足。実用でも問題なし)
 
LZPT2IB  2017-4-24 0:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルの塗装 (Knog Oi)
購入価格: ¥0(税込) 以前買ったものを使用
標準価格: ¥2,772(税込) ※必要な塗料全てを揃えた場合

『Knog Oiの塗装のコツは、マスキング後にノッカーを引いたまま固定すること』



■ Knog Oiを塗装
現在、私の3台の自転車には、すべてKnog Oiを取り付けている。GIANT DEFY1 DISCのブルーに合わせて塗装するため、ひとつはシルバーを選んだが、Oiは分解することができない構造だったので塗装を断念した。その後、マスキングを工夫することで塗装することに成功。今回もベルのシルバーを生かしつつ、クリアブルーを吹き付けてメタリックブルーにした。具体的な方法は前回のとおりだが、かんたんにまとめると以下のようになる。


① Oiのプレート以外の部分をマスキングテープで覆う
② ノッカーを引いた状態で、ガムテープで固定する
③ パーツクリーナーでプレートを脱脂する
④ ミッチャクロンをスプレーする
⑤ GSIクレオス MR.カラースプレー クリアブルーをスプレーする
⑥ GSIクレオス Mr.スーパークリアーUVカット (溶剤系スプレー) 光沢をスプレーする
⑦ 完全乾燥後にマスキングテープとガムテープをはがす
⑧ プレートのノッカーが当たる部分に保護シートを貼る



OIの塗装は②のノッカーを引いた状態で固定するのがコツ。これならノッカーがプレートを塗装する際の邪魔にならない。⑦のように完全乾燥後にテープをはがすのは、テープをはがした勢いでノッカーが塗装したプレートに当たるのを防ぐためだ。


ノッカーを引いた状態でガムテープで固定



③〜⑥は前回投稿したとおり。ミッチャクロンは無色透明の下塗り剤なので、下地のシルバーを生かすことができる。クリアブルーを塗装する際には、好みの色味になるように徐々に薄くスプレーする必要がある。このままでは塗膜が薄いので、深みのあるツヤを実現し、クリアーブルーを傷と紫外線から保護するためにも、GSIクレオス Mr.スーパークリアーUVカット (溶剤系スプレー) 光沢はスプレーした方がよい。

Mr.カラーは模型用の塗料だが、自転車のフレームの傷ついた部分に塗っても色が引けないことを確認している。スプレーのキメが細かく、私のような素人でもきれいに塗装するのがたやすい。フレームなどの大きなパーツならともかく、ベルのような小物なら使いやすい。

 
色味を確認しながら、徐々に薄くスプレーする(左)
クリアーを塗り重ねることで、深みのある仕上がりになる(右)



⑧は新しい試み。プレートにクリアーを厚塗りすることで、ノッカーが当たっても塗装が傷がつきにくいが、今回はノッカーのスプリングの強さを考慮して、プレートにVELO GARAGE プロテクターシートを貼って保護することにした。薄手のシートなので、貼り付けたことがまったく目立たないのでオススメだ。


傷の保護にはVELO GARAGE プロテクターシートが便利



なお、失敗したらシンナーなどの溶剤で塗装を落とすことも可能。これはCATEYE OH-2400で確認済みだが、Oiは分解ができないので、樹脂の部分に溶剤がかからないように注意したい。


CATEYE OH-2400なら、シンナーで塗装をはがしても下地のシルバーははがれない



マスキングシートをはがすと、青みの強さのせいか、いかにもニセモノっぽい。これは失敗したかと思ったが、取り付けて見ると、DEFY1 DISCのブルーにぴったり。光の加減によってはフレームに色味がほぼ同じになり、クリアーを厚塗りしたおかげで質感も合っている。さすがオリジナルのOiといったところで、塗装をしても質感の高さは失われず安心した。

ラッカー塗料での仕上げなので、市販品のベルの表面仕上げの強度は及ばないが、市販されていない自分だけのオリジナルのベルを手に入れた満足感は非常に高い。カラーコーディネートとしては、我ながら面白いカスタムだった。


Knogのライトに色味を合わせたが、漂うパチモノ感...

 
曇りの日に撮影すると、青みと厚塗りのクリアーのおかげで深みのある質感

 
晴れの日なら、光が当たってフレームに色味が近くなる



格評価→★★★☆☆ (塗料を全て揃えると費用がかかる)
評  価→★★★★★ (質感の高さに満足)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→ ー
💓 ベルの塗装 を購入する : Amazon, Rakuten





セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Wiggle🔥WHEEL24 ホイール最大22,500円OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCSALE2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-7-31 9:52  saejii
GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.109Sec(43 Queries)