CBN Bike Product Review
TOP >  ディスクブレーキ > 

Shimano SM-RT81 センターロックディスクローター

(1) 2 »

 
saejii  2015-5-12 16:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Shimano SM-RT81 センターロックディスクローター
購入価格 ¥2995

初センターロックです。
ローターがシマノ以外に選べないのが難点。アダプターを介せば良いのですが…手頃な70シリーズはなくなってしまった(?)ようだし、60シリーズ以下は重いし五月蠅いし。XTRは5000オーバーだしね。

ゴールデンウィーク後は値上げされていました。アベノミクスのお陰で色んな部品が値上げされ困ったものです。庶民レベルの景気は…ブツブツ…

アイステック仕様ということですが6穴タイプのUvexと大して変わらない。ローターのデザインも以前からあまり変えてないのも有るかもしれませんが…XTRのようにフィンが付いてればまた良いのかしら。べつにDHするわけではないので関係ありませんが。もう少しスパイダーアームを短くして穴を大きくするか増やせば良いと思うのだけど。スパイダーアームがAvidのキャリパーと干渉して難儀しました。

ホイールメーカーはセンターロック仕様も増えてきましたがローターも他のメーカーからでないかな。
最近のシマノは大企業体質なのか、仕様をコロコロ変えたりでついていけなくなってるのは自分だけ?


価格評価→★★★☆☆(あまり値上げをしないでほしい)
評   価→★★★★☆(シマノの止まらないパッド用でAvidだとききすぎる)
<オプション>
年   式→2015
カタログ重量→記載なしg(たぶん200gに近い)
 
saejii  2015-5-26 11:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Shimano SM-RT81 センターロックディスクローター
購入価格 ¥同上

夏場になりブレーキの熱ダレが気になるところですが、アイステックだからか以前使っていたShimanoの製品よりは熱くならない。
夏場は触れないくらい熱くなってしまうこともたまにあったが、こいつは涼しい顔。
当初いくら調整してもパッドに干渉するので、AvidのキャリパーとShimanoのローターの相性がよくないと思っていましたが、若干うねっていたようで(通販で買ったから?)手で矯正したらなおりました。って強度はあまりないのか?アルミをステンレスでサンドイッチにしているらしいのでステンレス1枚板より弱くなってるのかしら。
但しセンターロックの方が6穴よりは中心は間違いないと思いますが・・・
やはりサードパーティもでないかな。

価格評価→★★★☆☆(XTグレードにしては安い?が、重い)
評   価→★★★☆☆(やはりシマノ。ノイズ大き目。)
<オプション>
年   式→
カタログ重量→ g(実測重量 g)
 
LZPT2IB  2016-3-7 23:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHIMANO SM-RT81 センターロックディスクローター
購入価格: ¥3,694 (税込) ※160mm
標準価格: ¥3,694 (税込)

『センターロックで着脱が簡単。ブレーキ性能は6ボルトタイプのSM-RT86と同等』



■ センターロックタイプのアイステクノロジーローター
「SHIMANO SM-RT81」は、センターロックタイプのアイステクノロジーローターだ。アルミの芯材をステンレスで挟むことにより、放熱効果を高めている。グレードはDEORE XT、ロード用油圧式ディスクブレーキでは105に相当する。※シマノ製品ラインアップ参照

SM-RT86との取り付けタイプ以外の違いは、SM-RT81には140mmローターがラインアップされていることだ。シマノが6ボルトタイプの140mmローターをリリースしないのは、販売戦略が絡んでいるのかもしれない。なお、ロード用のキャリパーには160mmも対応する。

  
SHIMANO SM-RT81 160mm (左)、外観上の違いは取り付けタイプのみ (右)





■ ホイールとほぼ同時に交換
去年の12月、ディスクロードのホイールを「Fulcrum Racing 5 LG DB」にアップグレードした。今後の油圧化と140mmローターの使用を考慮して、センターロックタイプのホイールを選んだ。だが、所有するSM-RT86にはディスクブレーキローターアダプターの取り付けが構造的に不可能。結局、センターロックタイプのSM-RT81を購入することになった。

SM-RT86とグレードを同じにしたのは、これまでSM-RT86で安定したブレーキ性能を得られたからだ。機械式ディスクブレーキ「TRP SPYRE-C」で使うために、ローターサイズは160mmに。シマノのロード用油圧式ディスクブレーキでも、引き続きこれを使っている。


ディスクロード用のホイールとほぼ同時にディスクローターも交換





■ 着脱がとても簡単
センターロックタイプのSM-RT81は、6ボルトタイプよりもはるかに着脱が簡単だ。ハブのスプラインにローターをセットし、ロックリングで締め付ければ取り付け完了。6ボルトタイプの半分以下の作業時間だ。これでメンテの際にローターを着脱するのも面倒ではなくなった。

  
ローターの着脱はほんのわずかな時間で終わる





■ 実際の使用感もSM-RT86と同様
ホイールこそアップグレードしたが、キャリパーがTRP SPYRE-C、レジンパッドがシマノのB01Sのままでは、全体的なブレーキ性能はSM-RT86とほぼ同様だ。まさにSM-RT86のセンターロック版の使用感といったところで、高い制動力・コントロール性・静粛性が得られる。

強いて言えば、以前よりもカッチリとしたブレーキタッチが出やすくなったような気がする。ただ、これがSM-RT81のスプライン勘合の精度によるものなのかどうかは不明。ホイールの剛性やキャリパーのセンター出しの精度等も影響していると思う。

「センターロックは精度と剛性が高く、ブレーキ性能を向上させる」というシマノの説明は、理論的には正しいと思う。だが、実際に使ってみるとSM-RT86と大差は感じないというのが正直なところ。160mmローターを使うなら、取り付けタイプにこだわる必要はないと思う。


キャリパーとパッドが同じなら、使用感はSM-RT86とほぼ同じ





■ 油圧式ディスクブレーキで真価を発揮
SM-RT81は、シマノのロード用油圧式ディスクブレーキ(ST-RS505とBR-RS785)と組み合わせて使うと真価を発揮する。高い制動力・コントロール性・滑らかなタッチ等、油圧ならではのさまざまなメリットを享受できるが、特に驚かされたのが静粛性の高さだ。

以前もかなり静かで快適だったが、BR-RS785はこれを上回る静かさで、はっきりとした違いを感じた。下り坂で長めにブレーキをかけると擦る音が生じるが、これは許容範囲内。他はほぼ無音に近いことも多く、ドライ用のシューを装着したリムブレーキに迫る静粛性になった。

油圧式ディスクブレーキはコントロール性に非常に優れており、制動力の高い160mmローターでも扱いやすくなっている。ブラケットポジションからでも、軽く握ればしっかりとブレーキが効く。ただ、下ハンではレバーの入力に対して減速しやすいので、繊細なレバー操作が必要になる。コントロール性を重視するなら140mmが選択肢に入るが、160mmでもコントロールできるといったところだ。


BR-RS785の推奨ローターサイズは140mmだが160mmにも対応





■ いずれローターレンチが必要
何かにぶつけたわけではなくても、SM-RT81は使っているうちに振れが出ることがある。これはSM-RT86と同様だ。振れが小さくても、パッドクリアランスの小さな油圧式では、ローターとパッドがこすれることがある。こするほどではなくても、引っ掛かりのあるブレーキタッチになることもある。アルミ製のスパイダーアームは頑丈に見えるが、大なり小なり振れが出るので、ローターレンチはいずれ必要になるはずだ。


SM-RT81でもローターレンチを2回使った ※画像はSM-RT86




■ 弱点が見当たらない高性能ディスクローター
SM-RT86と同様に、SM-RT81は安定して高いブレーキ性能を発揮するディスクローターだ。ブレーキタッチが良く、音鳴りしにくいので、快適な走行にも貢献する。6ボルトタイプよりも着脱が簡単で、ますますストレスがなくなった。シマノのレジンパッドとは相性が良く、機械式でも油圧式でも高い満足感が得られる。140mmローターやアイステクノロジーFREEZAローターも気になるが、これでも十分すぎるくらいだ。



価格評価→★★★☆☆ (値段に見合った高性能)
評  価→★★★★★ (安定したブレーキ性能。快適な走行。着脱も簡単)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→135g ※SM-RT86と同じ
 
LZPT2IB  2017-4-19 1:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHIMANO SM-RT81 センターロックディスクローター
購入価格: ¥3,062 (税込) ※以前にいただいたギフト券を使用
標準価格: ¥4,323 (税込)

『高い制動力とコントロール性を発揮できる高性能ディスクローター。コントロール性重視なら140mmもアリ』



■ SM-RT81とは
SHINANO SM-RT81は、DEORE XT、105のグレードの相当するディスクローターだ。取り付けタイプはセンターロック。ローターサイズは、203mm、180mm、160mm、140mmがラインアッップされており、ロード用ディスクブレーキは160mmと140mmが対応する。いわゆる”アイステクノロジーローター”と呼ばれるタイプで、アルミの芯材をステンレスで挟み込むことで放熱効果を高めている。

 
SHIMANO SM-RT81 140mm





■ リアを140mmにサイズダウン
私はGIANT DEFY1 DISCというディスクロードを所有しており、ディスクブレーキを機械式から油圧式に取り替えた後も、しばらくは前後160mmを使っていた。前後160mmなら制動力が非常に高く、フロントもしくはリアのどちらかのブレーキだけでも短い距離で止まれる。

ただ、リアのでスピードをコントロールする際に、思ったよりも大きく減速することが度々あった。160mmでも繊細なスピードコントロールは可能だが、レバーをそっと握る必要があると感じていた。制動力の高さはフロントだけでも十分に確保されていると判断し、リアは140mmにサイズダウンすることにした。


リアは160mmから140mmに交換 ※右が140mm





■ 140mmと160mmの違い
デュアルコントロールレバーはST-RS505、キャリパーはBR-RS785、ローターは前後ともにSM-RT81を使用。フロントは160mm、リアは140mm。リアは160mmからのサイズダウンだ。160mmと比較しながら140mmをレビューしたい。

 
フロントは160mm(左)、リアは140mm(右)



○慣らし運転
使用開始直後であっても、SM-RT81の160mmなら、わりと短い距離でしっかり止まれる。だが、140mmではレバーをしっかり握っても止まらないので、最初はとても戸惑った。140mmの場合は、本来の性能を発揮するのにある程度の距離が必要。20kmくらいのサイクリングを3回くらい行い、なおかつ、リアのブレーキを頻繁に使うことで、ローターに”当たり”が出た。



○制動力(制動距離)
制動力はローターサイズに比例するので、160mmよりも制動力は低くなる。そのため、リアだけでブレーキをかけても、以前のように短い距離で止まるには、強くレバーを握る必要がある。それでも、前後同時にブレーキをかければ、十分に高い制動力が発揮でき、ローターサイズによる制動力の低下にもまったく不満はない。ただ、これ以上制動力を低くしたくはないので、フロントを140mmにするつもりはない。

ローターのサイズダウンでやや強くレバーを握る必要があるとはいえ、キャリパーブレーキよりもずっと小さな力で止まることは可能。油圧式ならブレーキ操作で手が疲れることはない。ただ、機械式(TRP SPYRE-C)には、140mmは使いたくない。このブレーキはレバーの引きが重く、140mmの制動力では、ブレーキ操作に大きな握力が必要だと容易に想像できる。


制動力重視ならリアも160mmにするのもよい選択



○コントロール性
140mmにサイズダウンすることで、ますますキャリパーブレーキのようなフィーリングになった。しかも、シマノの油圧式ならキャリパーブレーキ以上に繊細なスピードコントロールが可能だ。レバーをそっと握らなくても大きく減速せず、レバーをある程度握り込んでからの力加減でスピードコントロールができる。大きな減速や停止は160mmのフロントに任せ、走行スピードを少しゆるめたい場合には140mmのリアを使っている。この組み合わせなら制動力とコントロール性を両立でき、個人的にはリアが140mmの方が扱いやすい。


リアを140mmにすることでコントロール性が高くなる



○ブレーキタッチ
シマノのレジンパッドと組み合わせれば、ローターとパッドのカサつきのない滑らかなブレーキタッチが得られる。油圧式ディスクブレーキなら、ケーブルの抵抗がないのでさらにブレーキタッチがよくなる。個人的には、140mmの方がカチッとしたブレーキタッチが出やすい気がするが、外径が小さくなって剛性が高くなり、ローターがゆがみにくくなったことが影響しているかもしれない。



○静粛性
SM-RT81のメリットは静粛性の高さだ。シマノのレジンパッドと組み合わせて使えば、ブレーキをかける際のカサカサとした音鳴りが非常に小さくなる。長い坂でブレーキをかけ続けると徐々に音鳴りが大きくなるが、それ以外ではほぼ無音の状態が多く、快適なサイクリングを楽しめる。また、ブレーキの鳴きが生じたこともない。この点は140mmでもあまり変わらない。



○放熱性
160mmよりも面積が小さいぶんだけ放熱性が劣ると考えられるが、私は主に平地でサイクリングすることが多く、ブレーキをかけっぱなしにすることが極めて少ない。上位グレードには放熱フィンを備えた”アイステクノロジーフリーザローター”がラインアップされているが、私にはSM-RT81の140mmで十分だと考えている。



○パッドの摩耗への影響
シマノのカタログには、アイステクノロジーローターを使うことでレジンパッドの摩耗力が低くなるとある。これには放熱性が影響していると考えているが、140mmにサイズダウンしても、特にキャリパーやディスクブレーキ台座がブレーキダストで汚れやすくなったような印象はない。下り坂でブレーキをかけ続けることはなくても、パッドの摩耗の点では放熱性の高さの恩恵を受けているのかもしれない。



○耐久性
ローターの厚さが1.5mmを下回ると交換する必要がある。リアに使用したSM-RT81の160mmは、約1年1ヶ月で2.0mmから1.8mmと0.2mmしか減っていない。140mmの方が外径が小さいので減りが早くなると想像できるが、私の乗り方ならローターを頻繁に交換する必要はなさそうだ。



○ローターの振れ
140mmの方が振れが出にくく、走行中にパッドとローターが接触してシャリシャリと音鳴りしにくい。外径が小さくなることにより、剛性が高まったことが影響していると考えられるが、私のキャリパーのセンター出しやホイールの取り付けも上手くなっているので、ローターサイズだけの影響ではないのかもしれない。


140mmの方が剛性が高く、振れが出にくく、ブレーキタッチもよい印象



○スパイダーアーム
160mmのスパイダーアームは5本だが、140mmは4本しかない。ただし、シマノの一部のキャリパーやサードパーティー製のキャリパーでは、どちらのサイズもスパイダーアームが干渉して使えない可能性があるので、導入には注意が必要だ。



○重量
SM-RT81の160mmは120.5g。140mmは97gなので、23.5gの軽量化になる。さらにマウントアダプターを外すことで12g、取り付けボルトと回り止めを140mm用に交換することで9gの軽量化。合計で44.5gの軽量化になる。ただ、140mmにサイズダウンすると、ブレーキ性能がわりと大きく変わる。つまり、軽量化よりもブレーキ性能の変化の方がずっと大きいということだ。





■ 総評
シマノの油圧式ディスクブレーキなら、小さな握力で高い制動力を発揮でき、繊細なスピードコントロールが可能。ローターサイズの選択によってブレーキ性能を変えることもでき、160mmなら制動力重視、140mmならコントロール性重視にセッティングできる。フロントを160mm、リアを140mmにすれば、制動力とコントロール性の両立ができるので、個人的には使いやすい。ただ、前後160mmの組み合わせは制動力が非常に高く、高いスピードでも確実に減速・停止できるので一度はオススメ。140mmは後からでも遅くはないと思う。

また、140mmローターの方が外径が小さいぶんだけ剛性が高く、ローターがゆがみにくいので、ブレーキタッチやローターの振れにくさに影響している印象を受けた。ローターのサイズダウンで軽量化も可能だが、ブレーキ性能が大きく変わる点には注意したい。

静粛性、放熱性、パッドの摩耗などは、ローターサイズにかかわらず、SM-RT81のよさを感じられた。シマノのレジンパッドと組み合わせれば、高い制動力とコントロール性を実感でき、音鳴りしにくい快適なサイクリングが楽しめるはずだ。特に完成車に付属するローターを交換すれば、大きな変化を実感できるのでオススメ。ただし、キャリパーとスパイダーアームの干渉には注意が必要だ。


異なる前後のローターサイズを取り付けたGIANT DEFY1 DISC



価格評価→★★★★☆ (ちょっと高いが長く使える)
評  価→★★★★★ (文句なしのブレーキ性能)
<オプション>
年    式→ ー
重     量→97g(140mm)、120.5g(160mm) ※ロックリング8gを除いた重量
 
LZPT2IB  2017-5-24 23:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHIMANO SM-RT81 センターロックディスクローター
購入価格: ¥3,062 (税込) ※以前にいただいたギフト券を使用
標準価格: ¥4,323 (税込)

『ホイールが止まっている状態でも、ローターにうっかり触れると切れる可能性があるので注意』



■ ローターの接触による怪我 ※追記
ちょっと前の話になるが、私はSM-RT81で指を切ったことがある。ディスプレイスタンドのカップリングに、クイックリリースレバーをはめた後に、よそ見をして手を動かしたときのことだった。SM-RT81にかぎった話ではないと思うが、シマノのローターはエッジが鋭いため、ホイールが止まっている場合でも、ちょっと指が触れただけで切れる可能性があるので注意が必要だ。今後はローターのエッジに面取り加工などを施せば、こうした怪我も減ると思う。ちなみにローターは中性洗剤で洗浄。きれいに切れたおかげか、傷の治りは早かった。

 
こうして近づくとローターが刃物のようにも見える(左)
指が切れたら”キズパワーパッド”や”ケアリーヴ治す力”などがオススメ(右)



価格評価→★★★★☆ (ちょっと高いが長く使える)
評  価→★★★★★ (文句なしのブレーキ性能。うっかり触れないように注意)
<オプション>
年    式→ ー
重     量→97g(140mm)、120.5g(160mm) ※ロックリング8gを除いた重量
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!

(1) 2 »


セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥対象の服・シューズ・バッグ10%OFF
PBK🔥CLOTH15 厳選ウェア・シューズ15%OFF
amazon🔥高評価! air bone ZT-A15クイックポンプヘッド ¥ 2,160
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
MyProtein🔥SAKURA 最大80%OFF
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🔥CBN10 ホイール以外全品30,000円以上購入で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🔥CBNW ホイール37,500円以上購入で7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Tweeks🉐CATEYE VOLT800 送料込み¥7,064
Bellati🉐ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
WiggleSPRING19DHB9 dhbウェア1.5万円で20%OFF
WiggleSPRING19DHB22 dhbウェア22,500円で25%OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
CRCSSBIKEFEB 厳選バイク10%OFF
RibbleOUTLET50 対象商品が50%OFF
RibbleLASTONE10 残り1個商品が10%OFF
TweeksCLEAR10 クリアランス品10%OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


OGK AERO-R1  (ヘルメット)  2019-3-21 20:18  canzana7
Ritchey WCS Alloy 4-Axis  (ステム)  2019-3-19 20:59  PHILLY
ASTVTE STARLINE VT  (サドル)  2019-3-19 20:13  PHILLY
LEZYNE MEGA XL GPS  (サイコン・GPS)  2019-3-14 19:20  ghk
サイクリング麻雀  (JOKE)  2019-3-8 10:07  kuromitsu2
NAROO MASK X5s  (ウェアー小物)  2019-3-7 18:46  saejii
GARMIN eTrex 30x  (サイコン・GPS)  2019-3-5 20:49  baru
ダイソー あむころ  (100均)  2019-3-5 12:55  duston
自転車あるある  (JOKE)  2019-2-27 22:01  PHILLY








CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review