CBN Bike Product Review
TOP >  サイコン・GPS > 

GARMIN eTrex 30

(1) 2 »

 
baru  2013-11-5 23:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 30
購入価格 ¥19649@wiggle

Garminの登山用GPSです。
登山では、「ルートをロストする=遭難」となるだけあって、信頼性と冗長性に比重を置いた製品です。
ロングライドにおけるEdge800との差を軸にレビューをさせて頂きます。

■発端
ブルベな人たちの会合で紹介されたのがきっかけで存在を知りました。
自転車用GPSでスタンダードは間違いなくGarminであり、その中でもEdgeシリーズが人気なのは誰もが認めるところだと思います。しかし、より長い時間GPSを使用するランドヌール(ブルベを走る人のこと)の中では、最近eTrexシリーズの人気が急上昇中なのです。

噂を聞いた限りで魅力的に思えたのは以下の点。

 ①フリーズしにくい
 ②フリーズしても、すぐに復活できる
 ③電池が交換可能(単3電池)
 ④電池の持ちが良い(単3×2本で24~30時間稼動)

という所。要は、より長い時間安定して使えるということです。Edgeシリーズはとかく不安定で、フリーズするという話はよく聞きます。私も、ロングライド中にEdgeシリーズの電源が勝手にオフになったり、全く操作を受け付けなくなる等の症状に悩まされてきました。また、Edgeシリーズは10~15時間程度のランタイムしかなく、300km以上のブルベやキャノンボールでは、外部からの給電が必要となります。給電するためにはモバイルバッテリー、さらにそれを収納する場所がハンドル周りに必要となり、装備の増加を招いていました。

①~④がすべて本当であれば、これらEdgeの弱点をカバー出来ることになります。ちょうど、eTrexの話を聞いたのは「青森~東京 耐久ラン」の準備をしている段階でした。想定所要時間は34時間。それだけの時間を安定して動かせる可能性を感じ、eTrex30の購入を決意したのでした。


■スペック
・大きさ

Edge800よりは一回り大きいです。特に厚みはEdge800の1.5倍ほどあります。単3電池を使用しているので仕方ありませんね。

・重量

こちらもEdge800よりは重いです。ただし、Edge800で15時間以上の運用をする場合にはモバイルバッテリーが別途必要となることを考えれば、許容できる範囲と言えます。

・電源

単3電池2本、またはminiUSB端子からの給電で使用することが出来ます。

・マウント
専用のマウントもありますが、Vista用のマウントを流用できます。

・液晶
解像度は176 x 220ピクセル。Edge800は160 x 240ピクセルなので、ほぼ同等でしょうか。
ただ、昼間の太陽の下での視認性などは、明らかにeTrex30のほうが上です。反射型液晶を使用しているようで、周りが明るくても見やすいようですね。

・操作法
サイドの5つのボタンおよび、画面前面のスティックによって操作します。タッチパネルはありません。

・防水性
lPX7規格(1mの水位で30分間水没させることが出来る)対応です。
miniUSB端子のカバーがしっかり閉められていれば、他に水の入りそうなところはありません。カバーもしっかりしており、そうそう壊れそうには無いですね。Edge800のカバーはすぐに動いてしまいますので……。

・対応衛星
通常の衛星に加え、GLONASSに対応しています。日本語版だと「みちびき」に対応しているようですが、私のは英語版なので対応は不明です。GLONASSをonにすると約30%の電池の減りが早くなるというデータもあるので、私は通常切っています(参考: http://www.gpsstore.jp/products/etrex30_glonass_battery.html)。

・多言語対応

私のは英語版ですが、ちょっとアレコレするだけで日本語化も出来ます。方法はググればすぐに見つかります。


■比較
200kmのブルベと、「青森東京耐久ラン」で730kmをeTrex30を使って走ってみました。そこで感じたEdge800比較しての良い点、悪い点を挙げます。

【使い方】
前提として、私の使い方を説明します。基本的に、ロングライドのために使用。事前に計画したルートを外れないように走ることがメインです。ナビなどは使用しません。また、GPSのログデータの精度もそれほど重視しません。
トレーニングではないので、そこまで詳細なデータは必要とせず、スピード・心拍・ケイデンスを見てペースを調整します。


【良い点】
・ランタイムが長いこと
⇒何といっても、電池の持ちが素晴らしいです。Edge800が実測で12時間稼動なのに対し、eTrex30は30時間稼動しました(eneloop pro使用)。なお、30時間のうち10時間程度は30%ほどの照度でバックライトを点灯しています。公称ランタイムは25時間ですが、それよりも持つようです。結局、青森~東京の36時間の道のりで、電池交換は1回で済みました。

・外部電源が不要なこと
⇒Edge800を使用していた頃は、モバイルバッテリーをトップチューブバッグに入れるという運用でした。しかし、USBケーブルが振動で抜けたり、そもそもトップチューブバッグが邪魔という短所が。その点、単三電池運用ならばケーブルが抜けることもなく、電源を格納するトップチューブバッグも不要となり、煩わしさがかなり減って、装備も軽量化されました。

・安定していること
⇒Edge800は突然のフリーズなどが頻発する機種です。正直、長時間稼動のテストをしていないのでは?と思うほど。フリーズすると、操作を受け付けなくなったり、さらにログが飛んでしまったりと、致命的なトラブルにはこれまで何度も悩まされてきました。その点、eTrex30はフリーズは一度もありません。突然電源が落ちることはありますが、ログデータは失われませんし、復帰のスピードも早いのが特徴です。この辺りはさすが登山用ですね。

・地図が見やすいこと

⇒上記の写真は、Garminの各機種の同一地点を同一の地図で表示したものです。Edge800よりもeTrex30の方が見やすいと感じました。やはり反射型液晶というのが効いています。画面の更新も早く、峠のダウンヒルでも現在位置に追従してきます。また、GPXによってルートを表示している場合、ルート上の山と谷の最高点と最低点には自動的にマークが付くのもこの機種の特徴でしょう。

・グロス速度が表示できること
⇒Edge800はネット平均速度(moving average)を表示することは出来ますが、停止時間を含めたグロス平均速度を表示することは出来ませんでした。制限時間が決まっているブルベなどでは、ネットよりもグロスのほうが重要です。eTrex30はネット速度、グロス速度の両方の表示が可能なため、ペース配分に役立ちました。

・防水性がしっかりしていること。
⇒ブルベ、青森東京の両方ともで雨に降られましたが、水没はなし。USB端子のカバーも、電池カバーもしっかり防水です。


【悪い点】
・気温、斜度等の表示できない項目があること
⇒Edge800にはあって、eTrex30には無い表示項目も当然存在します。自転車用ではないので、パワー値などは対応していません。個人的に痛いのは、気温と斜度がデフォルトでは表示できないこと。気温は別売りのセンサを買う必要があり、斜度は%値の逆数で表示されます。山で使うことを考えれば、気温センサを別にすることは納得できるんですが、斜度の値を使わないというのは意外ですね。なお、ケイデンスと心拍はEdge800のセンサを流用可能です。

・ラップの概念がないこと
⇒トレーニング用ではないので、ラップという概念はありません。このため、任意のタイミングで計測を止めることは出来ません。衛星を補足した瞬間から計測が始まり、リセットするまで計測は継続します。

・ルートを外れたときの警告が無いこと
⇒Edge800には「OFFCOURSE WARNING」という、ミスコース時にアラームで知らせてくれる機能がありますが、eTrex30には相当する機能がありません。ただし、引いたルートからの距離が表示できるので、私はその値を表示させています。

・カスタムページが1面しかないこと
⇒Edge800では、項目の表示ページは5面まで定義可能です。しかし、eTrex30では1面のみ。表示できる情報が多いだけに、残念です。


■総評
トレーニング用機能に不満が多いですが、そこは登山用ということで仕方ありません。しかし、ブルベのようなロングライドには非常に適した一台だといえます。特に、なかなかフリーズしないこと、市販の電池で長時間動作する性能は素晴らしいですね。まだまだ使っていない機能がたくさんあるんですが、現時点でもかなり満足の行くGPSです。

今、私はロングライド用マシンにeTrex30、レース用マシンにEdge800という使い分けをしています。ただ、こうなるとログの管理や積算距離の管理が面倒という点はあるのですが……。

しかし、ここまでの安定性の差はどこから来るのか。同じ会社のはずなのに、自転車用と登山用では開発部隊が全く分かれているのではないでしょうか。テストのやり方も全く別。だからこそ、ここまでの差が生じるのではないかなと。出来れば手を組んでよいものを作って欲しいものです。今度出る新製品の「Edge Touring」では自転車・登山チームが手を組んで安定性の高い製品になっていることを期待します。

価格評価→★★★★★(20000円以下でこれだけ出来れば凄い)
評   価→★★★★★(ロングライド用途にはかなり使える)
<オプション>
年   式→2013
カタログ重量→ 141.7g(実測重量 172g/電池込み)
 
baru  2014-4-22 0:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 30
購入価格 ¥19649@wiggle

追加レビューです。先日ポカをやらかしたので、情報共有いたします。

-----

先日、ブルベのスタート時間を目前にeTrex30の電源を入れると地図が表示されませんでした。

読み込みエラーかと思い、再起動しても変わらず。裏蓋を開けて、地図の入ったmicroSDカードを確認すると……無くなっていました。どうやら電池交換の時にホテルで落としてしまったようです。


microSDカードは電池の下部に格納されています。ここから抜け落ちてしまったようです。


実は今になって気づいたのですが、ちゃんとカードが脱落しないように、ストッパーをスライドすることでLOCKが可能だったのでした。

-----

使う前には、必ずmicroSDカードがLOCK状態になっているかを確かめたほうが良いと思います。

価格評価→★★★★★(20000円以下でこれだけ出来れば凄い)
評   価→★★★★★(ロングライド用途にはかなり使える)
<オプション>
年   式→2013
カタログ重量→ 141.7g(実測重量 172g/電池込み)
 
baru  2014-5-4 22:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 30
購入価格 ¥19649@wiggle

追加レビューです。本州一周ロングライド(2141km、174時間)で使用した結果の追加情報を書きます。


■電池の持ちについて
今回、以下の電池を使用しました。

 NEXcell リチウム乾電池
 https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=12000&forum=105&post_id=20801#forumpost20801
 
この電池を使ったところ、1セット目が45時間半、2セット目が43時間も動作しました。一般的なブルベの最高距離600kmの制限時間が40時間なので、理論上はブルベ前に取り替えておけば電池交換の必要はなくなります。無論、昼間はバックライトを切っておく必要はあります。


■計測時間の限界について
今回のライドは8日間で、計174時間のライドでした。

eTrex30は、基本的に電源がonの間は常にログが取られ続けます。夜寝ている間は電源を切っていたものの、それ以外の時間はずっとリセットをせず動作させていました。


しかし、100時間を超えたところでこのような表示に。TotalTimeが「__:__」となり、距離の積算が増えなくなりました。どうやらこれは公式の仕様のようで、100時間以上は動作しないようです。

出来れば最後までひとつのログで記録したかったのですが、ここで泣く泣くログをリセットすることになりました。

ただ、「100時間で制限が掛かる」ということは、「少なくとも100時間までの耐久試験はやっている」ということです。1日たらずのログでバグるEdge800などとはテストの力の入れ方が違うということが読み取れます。


■動作の重さについて
1774kmまでのログはリセットせずに記録していましたが、動作が重くなったりすることはありませんでした。

その後、GPSデータを確認したところ、内部では一定のタイミングで自動分割されているようで、ファイルが分けて保存されていました。分割の条件がポイント数なのか、時間なのかは分かりません。ただ、その辺りはシステム的に工夫されているのではないかと思います。

価格評価→★★★★★(20000円以下でこれだけ出来れば凄い)
評   価→★★★★★(ロングライド用途にはかなり使える)
<オプション>
年   式→2013
カタログ重量→ 141.7g(実測重量 172g/電池込み)
 
baru  2014-5-28 1:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 30
購入価格 ¥19649@wiggle

追加レビューです。東京~糸魚川ファストランで使用した際に不具合が出たので報告します。

-----

100kmほど走った所で突如電源OFF。再起動しても、数km走ると電源OFF。

たまに電源が落ちることはあったのですが、その際には再起動すれば何事も無かったかのように動き続けたのですが。今回は5~6回再起動を繰り返しました。

「メモリ上のデータが増えすぎたのでは?」と推測して「Reset Trip Data」「Clear Current Track」のコマンドでメモリをクリアな状態にしたら上記の症状は無くなりました。この時点でCurrent Trackは「Memory Used: 85%」という状態でした。

あくまでも推測でしかありませんが、メモリ使用量が多くなると動作に影響が出るのかもしれません。

-----

信頼を置いていたeTrex30ですが、やはり「絶対」というものは無いようです。他のサイクルコンピューターを付けるなど、冗長性を確保する必要があるかもしれないと思いました。


価格評価→★★★★★(20000円以下でこれだけ出来れば凄い)
評   価→★★★★★(ロングライド用途にはかなり使える)
<オプション>
年   式→2013
カタログ重量→ 141.7g(実測重量 172g/電池込み)
 
baru  2014-6-29 22:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 30
購入価格 ¥19649@wiggle

追加レビューです。使わないと思ってた機能に救われたのでその話を。

-----

AJたまがわの「木崎湖600」に参加した時のことです。

スタート直後に、当日のGPSデータが読み込めなくなりました。私は基本的にGPSだけで走る人なので、GPSデータが読み込めない=走れないということになります。いつもならデータの読み込み確認を擦るのですが、慌ただしく用意したために確認できていませんでした。本来ならばこういう時に予備系としてEDGEとかを持って来るべきだったのですが……。

そこで思い出したのが、「無線通信」機能でした。eTrexの中でも30だけは、お互いに通信が出来てルートデータを送受信出来るのです。これはeTrex10や20にはない機能です。

近くに居たBMC乗りの人がeTrex30を付けてるのを見て、ダメ元で頼んでみると、データを送信してくれるとのこと。

使い方は以下の様な感じ。

 ①2台のeTrex30を用意し、「Share Wirelessly」メニューを選ぶ。
 
 ②送信側は「send」を選び、送るデータを選択する。
 送信できるのは、「Waypoints」「Routes」「Tracks」「Geocaches」です。GPXデータは「Tracks」になります。
 
 ③受信側は「receive」を選び、受信を待機する。
 ④接続が確立されると転送が開始される。
 
600km分のTracksデータを受信するのにおよそ10分ほど掛かりました。

データは無事に受信でき、そのTracksデータを使って走りだすことが出来ました!!感謝感謝です。

-----

「こんな機能どこで使うんだろ」と思ってましたが、自分で使うことになるとは思いませんでした。緊急時に使える機能です。

この場を借りて、長い時間付き合ってくれたBMC乗りの方に感謝いたします。そして結局DNFとなってしまったのが申し訳ない限りです。


価格評価→★★★★★(20000円以下でこれだけ出来れば凄い)
評   価→★★★★★(ロングライド用途にはかなり使える)
<オプション>
年   式→2013
カタログ重量→ 141.7g(実測重量 172g/電池込み)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!

(1) 2 »


セール&クーポン情報・話題の商品

MyProtein🔥CAKE40 追加40%OFF
CRC🔥SSDHBM19 dhb最大25%OFF
Wiggle🔥DHBMAY24 dhb最大25%OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)
EvansWHEELS10 全ホイール10%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

ねこ検問  (JOKE)  2019-5-22 23:17  kazane
DIME 2019 6月号  (書籍・DVD)  2019-5-16 9:47  saejii
SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2019-5-8 9:47  saejii
DT SWISS RR585  (リム)  2019-4-23 12:13  osobakosan

CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.151Sec(48 Queries)