CBN Bike Product Review
TOP >  ドロップハンドル > 

ENVE Compact Road Bar


 
momiage  2013-6-13 22:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ENVE Compact Road Bar

購入価格 ¥友人から譲ってもらった


ENVE カーボンコンパクトドロップハンドルバー 40cm

タフなカーボンパーツを生み出すことで定評のある
ENVE compitesのロード用ハンドルバー。

実測206g(40cm)
アルテグラ ST-6700初期型で使用。
相性はそこそこ。

・剛性感
最高。アルミハンドルとそこまで大差ない硬さ。
ちなみに非力な65kgのライダーです。あしからず。

・外観
マットフィニッシュ、フロントから見えるENVEロゴがそそる
バーテを巻いてしまうとサイドにあるENVEロゴが見えなくなるのがイヤで
水道用のホースをハンドルに突っ込んでたこともありました。

・固定
フィニッシュラインのカーボンコンパウンドを使用して取り付け。
この前、六甲山の下山時にズレた。が、破断など無し。
事故など起こさぬように気をつけましょう(怖かった)

下ハンドルはやや短め、手の大きい人はあまり向いてないかな?
フラット部はアウターワイヤーミゾが前後2箇所あり
巻いてしまうと違和感なし。


カーボンであることを意識させない硬さと軽さと外観が魅力です。
また、エンドプラグが独特で落車などで飛んでいきにくくなっています。
ハンドルとしては高額な部類ですが品質含め最高だと思います








定価37800円





価格評価→★★★☆☆
評   価→★★★★☆
<オプション>
年   式→
カタログ重量→ 205g(実測重量 206g) @40cm幅



 
numero_nero  2015-6-3 17:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ENVE Compact Road Bar

購入価格: $300 (@ ebay、送料別)

ENVEのロード用カーボンドロップハンドルのコンパクトシャローバージョン。



サイズ表記はブラケット部芯-芯で、40・42・44cmの3サイズが用意されています。コンパクトバーのご多分にもれず、これもドロップセクションがブラケットからエンドにかけハの字型に1cm近くフレアしているので、エンド部での幅が表記より一回り広くなります。このようにフレアしているバーのサイズ表記はメーカーによってマチマチで、たとえば同じコンパクトシャローの3T Ergonovaではサイズ表記がエンド部分での芯-芯の幅になっています。ENVEのバーと比較すれば同じ40cm表記であってもたっぷり2cmは差が生じますので、注意が必要。リーチ・ドロップの表記は幅と同じく芯-芯で、全サイズ共通でそれぞれ79mm、127mmとなっています。

・コンパクトシャローとしてもアールがやや緩やか?

まずはドロップセクションの使用感から。下ハンはコンパクトシャローの定石通り緩やかな弧を描いています。ブラケット付近ではアールがキツく、下に近づくほど緩やかに水平に近くなる形状なのも同様で、基本的にはエンド~手前5cmあたりまでの中心線と路面が水平に近くなるようセッティングして使うバーでしょう。極端に送ったりしゃくったりするとブレーキレバーとバーの距離が不自然に広がったり狭まったするので、実際の使用に当たって私はドロップの底部ラインが概ね0~3°位になる位置で使っています。この位置で固定して下ハンを握ると、Ergonovaよりもリーチが僅かに近くなる箇所があります(3~5mm以内)。メーカー公表の数値同士を比較すると両者の差はリーチ・ドロップとも2mm程度なのですが、ドロップ部分のアールがENVEのほうが緩やかなようで、中間部分(大体下ハンに掌をかけてブレーキレバーの先端近くに指2本掛けるあたり)は少し浅くなっているのが原因ではないかと思います。このおかげで掌がかなり小さい私でも、手の小さい人には構造的に向かないカンパエルゴパワーのリア側リリーススイッチに、ドロップ部分を掴んだままでなんとか親指をかけてシフトアップ可能な位置が存在します。反面ブレーキレバー先端は少し遠くなってしまったようで、Ergonova+SRAMダブルタップならば冬用のゴツいグラブ着用でも余裕で届いていた人指し指が、同じグラブをしているとなんとかギリギリでかけられるけれど余裕がほとんどない距離感となってしまいました。レバーのリーチアジャストがあるSRAMやShimanoのデュアルコントロールレバーならさほど問題にはならないでしょうが、指が短い自覚のある方がエルゴパワーと組み合わせて使おうとする場合、ブレーキレバーとの距離感がやや遠めになるのは考慮しておいたほうがいいでしょう。

ドロップのアールが若干緩やかだというのは下ハンを掴んだときの手首の角度にも影響しますが、垂直により近いErgonovaと比べるとENVEはやや寝かせ気味になります。併せて肘もやや開き気味となるので、上体を支えるのはENVEのほうが少しだけ楽なようですが、手前に引きつけて足を踏み込む動作はErgonovaの方がちょっとだけやりやすいと感じます。ショルダー部分のカーブとフレアで下ハン握ってダンシングした際、前腕部にショルダーが引っかかりにくいようになっているのは同様で、ドロップセクションに関して形状由来の優劣差は特に感じませんでした。

・やっぱりモノをクランプできるスペースは少ない、ケーブル処理は優秀

中央のステムクランプ部分は通常の丸断面ですが、ブラケットに近づくにつれて扁平に潰れた形状になります(下側にはケーブルハウジングを納めるための溝が前後に1本ずつ切られているので、正確にはT字型断面)。

 

○断面部分の長さは約150mm、標準的なステムフェースプレートなら35~40mm位は幅があるので、ライトやGPS類などを装着できるのは左右5cm程度となります(全サイズこの部分の幅は共通)。、クリップオンバーが使用可能な肉厚も確保されているのですが、いかんせん○断面セクションが短いのであまりアレコレ装着できるバーではありません。小さめのベル、Garmin Edgeなどの少しかさばるGPSデバイス、ちょっとマトモなのフロントライトを1個つけたらもう一杯一杯で、最小の40cmではそこまで詰め込むとハンドルトップ左右には掌をようやく乗せられる10cm程度のスペースしか残りません。頻繁にトップを掴む人はKCNCなどのアウトフロントタイプのマウントでスペースを稼ぎ出すのがいいでしょう。



フラット部分の潰し加工の度合いはErgonovaとほぼ同じ程度ですが、ケーブルハウジングを収める溝は2本、前後の縁に近い部分に独立して刻まれているので、実際に使える状態にするとErgonovaよりも僅かに太く感じられます。反面ブレーキとシフトハウジングで溝が独立してあるので収まりはよく、シフト用ハウジング1.5本分の溝が1本だけのErgonovaよりもだいぶケーブル類の取り回しは良好です。例のホッケースティック用テープで保定して上からバーテープを巻いてしまえば、握り心地も外観もケーブルを中通しするタイプとほとんど変わらない位スッキリ仕上げられますし、ハウジングに無理なカーブをさせずに済むので操作系統へのタッチの悪影響も少なくて済みます。

・カーボンハンドルとしては標準的な硬さ。振動吸収性能とのバランスが秀逸

硬さに関してですが、Ergonova LTDやTeamからの乗り換えで不満を感じることは全くありませんでした。体感上の硬さはErgonova Teamと大体同じかやや硬い位ではないかと思っています。40cmで208g(実測、エンドプラグ込)とErgonova Teamの42cmもほぼ同じ実測重量なので、ENVE付属のエンドプラグ分と3Tの厚めのクリアーコート分を勘案したら大体同じような重量と肉厚なのではないでしょうか(ENVEのほうには切り口がないので確証はないですが)。どちらも扁平断面トップを持つバー特有の、ドロップ部に体重を預けるとリーフスプリングのように撓る現象が生じます。この撓り具合はサイズによって差がかなり大きく、40はやや硬め・42cmで若干マイルドになり、ここまでは私程度の腕力ではで不満になることもなかったのですが、44cmは私にもはっきりと体感出来る程の大きな撓りを感じました。44cmは体格の大きな人や剛性が気になる方も多いと思うので、できれば購入前に乗車して確認しておいたほうがいいでしょう。40と42cmもスプリンター向けにカーボンモリモリで編まれたバーのような硬さでなく、Ergonova ProやDeda Newtonのような典型的なアルミバーより柔らかめという程度のバランスで、剛性一辺倒ではなく程ほどの硬さと振動吸収性の両立を狙ったようなバランスです。相当硬いフロントエンドを持つ私のFireflyと組み合わせでも、ステムが余程硬いものでなければ掌が辛くなる程ではなく、かといって下り坂でのハイスピードコーナリングで応答性の鈍さを意識する程ダルくもない中庸な特性を示し、乗り手やバイクとの相性をそれほど選ばないバーになっているのではないかと思います。

独自に市販品の強度比較テストを実施していることで有名なFairWheelBikesのテスト結果でも、ENVEのバーはErgonova Team同様ちょうど中道を狙ったような数値を出しています。前述の理由で表記に従ってサイズを揃えるとENVEの方が一回り広いバーになるという事はFWBも把握していたようで、実測で可能な限り近いディメンションのものを選んで計測した模様。

https://fairwheelbikes.com/c/reviews-and-testing/road-handlebar-review/

折れた割れたという話はとんと聞かないので、強度や製造品質の面での心配はまず必要ないと思われます。最近では写真では判別が難しいほど精巧なパチモンが多く出回っている3TやRitcheyと違ってコピーしにくい造形なのもあって、オークションなどであってもやや手を出しやすいかも。ただ、正規品のQC合格ステッカーにも漢字が書かれているのを見るあたり、生産は台湾か中国で行っているようなので、この先もリスクゼロというわけではないでしょう。実際ENVEのボトルケージやアパレル類のニセモノ(即パチモンとわかる露骨なレベル)はよく見かけるようになっていますし…

・特徴的なバーエンド、そしてとうとうブラックオンブラックが標準に

見た目に関して特徴的なのが、エンド部分の形状。普通は空洞になった筒が口をあけていて、そこに任意のキャップを埋める形になっていますが、ENVEは先端が銃のホローポイント弾よろしく小さな窪みが設けられた砲弾型になっていて、どこにも穴は開けられていません。窪みにはプラグがついたラバー製のアンブレラ様の専用エンドキャップが嵌るようになっており、バーテープの端はテーパー状になったエンドに巻きつけて上からこのラバーキャップを被せるというちょっと特殊な処理方法になっています。プラグとキャップは交換可能ですが、通常のエンドキャップと比べると空洞の中に折り込んだテープの端を押し込む必要がなく、かつ外れたり緩んだりする心配も皆無なのでより安全性は高いと思います。モールディングに関し高い技術とノウハウがなければ真似出来ない造作ですから、これはコピー商品排除にも一役買っていると思われます。

カラーについて。これまではホワイトのデカールが標準で、ブラックオンブラックのペイントロゴにブルーやゴールドのアクセントが入った特別仕様のものはCannondale SuperSix Black inc用にOEM装着されるのみでしたが、これの市販化に対する要望がかなり高かったのかステムやシートポストも含め通常販売分は全てブラックオンブラックのペイントに変更されるようです。もう、私のようにブラックロゴの特別品を求めてebayに張り付く必要はなくなったというわけですね…ホワイトでやたら主張の強いロゴが気になっていた人には朗報でしょうが、逆にホワイトロゴが欲しい方は早めに店頭在庫分を確保しておいたほうがいいかもしれません。

・総評、3T Ergonovaとどっちを選ぶ?

総じて高いレベルでまとめられたバランスのいいバーです。コンパクトシャローとしては最後出組なのもあって、他社バーでは不満になることが多い部分を綺麗に潰してもあります。ただ、モノは良いのですがこのジャンルでは一番成功していると思われる3T Ergonova Teamと比べてしまうと…価格差小さくないだけに最終評価の足を引っ張ってしまいます。値引きのほとんどないENVEの新品実売価格は$300~350、これはErgonovaならTeamよりもLTDに近い価格帯です。重量だけ見ればLTDほど軽くもなく、Teamとは$50~100相当の価格差があるのが現状。(自分含めそういう方は割と多そうですが)TeamからENVEのコンパクトに買い換えるのは実はほとんど意味がなく、見た目の変化以上のものにはならないでしょう。使い勝手でもケーブル処理と下ハン握ったときの微妙なレバーとの位置関係の差と手首の角度位しか違いが見出せないので…特にコンタクトポイントをENVEで揃えたいなどのこだわりがないならErgonova Teamを買うのが賢いのではないでしょうか。

価格評価→★★★☆☆ (やっぱり高いですね)
評   価→★★★★☆ (全般的にとても良く出来たバーですが、価格が足を引張ります。あと38cmもあったらなぁ)

年   式→ 2014
カタログ重量→ 206g(実測重量 208g)
 
500miles  2015-10-12 21:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ENVE Compact Road Bar

購入価格 ¥38,000




1、ハンドルの肩からブラケットにかけて「谷」を形成せず、フラットに
2、下ハンドルがエンドにかけてなだらかなアールをえがき、
3、ブラケットからエンドにかけて末広がり(フレア)の形状である。
以上3つの条件を満たすショートリーチ、ショートドロップのハンドルを求めて、当サイトの詳細なレビューと、リンク先の情報を参考に購入。

当商品のリーチは79mmドロップ127mm。
購入したサイズは、ブラケット取り付け部間(width to width in hoods)400mm。
エンド部の芯~芯(width to width in drops)だと420mm、但し実測では416mm。
(ENVEのサイトより)

元々、3Tのergonova team(リーチ77mm、ドロップ123mm)の
ハンドル幅400mm(エンド部の芯~芯)を利用していたのでサイズアップと相成りました。
先にレビューされたnumero_neroさんと同じです。
2番煎じになりますが、ergonovaとの比較で私なりに気付いたこと、印象等を思いつくまま、箇条書き。



「ENVE」のロゴがマットブラックでハンドル中央やサイドにマークされているが
ステムやレバーを取り付ける際の目安となる目盛が一切無く、一苦労。
レーザーエッジングで(正確な)目盛をマーキングする配慮はあってほしい。

肩からブラケットにかけて谷が出来ないよう、フラットになるようレバー(ST-9000)を取り付けると
ブラケット取り付け部間(クランプボルト中心間で計測)は405mm程。
3T erogonovaでは385mmだったので
ENVEのエンド・芯~芯416mm(実測)、ergonovaのエンド・芯~芯400mm(公称及び実測)を勘案すると
enveの方が若干フレアの度合いは小さいか(あっても1°未満の差)。

バーエンドを握り易い様2~3°下に向けた状態で、上ハンドルから肩、ブラケットに向けてほぼ水平にセッティング出来、とても気に入っている。
Ergonovaと比べて2mmリーチは増えはしたが、ブラケットがとても近く感じるようになった。

それ故コラムスペーサーを抜き、ハンドル取り付け位置を低く出来そうと思うのだけれど
ドロップが4mm増加した分、下ハンドルが微妙に遠いので、低くすることは無さそう。
ちなみにergonovaでは下ハンドルを余裕を持って握ることが出来た(=まだハンドル下げれそう…)が
ブラケットは逆に少し遠いなァ状態だったので、それ以上スペーサーを抜き、ハンドル取り付け位置を低くすることは無かった。

手が小さく、指も短い私だがST-9000のアジャストボルトにより
レバーは一番近い状態にしているので、どのポジションからでもレバーに指を回し、引き易い。


ergonovaと比較して、やや硬い?ような。
トレンドに乗って25C化したり、気分転換がてら、クッション性の高いバーテープに変えてみようか、と考えてます。

価格評価→★☆☆☆☆(3万位で妥当、と思いつつ買ってしまった)
評   価→★★★★☆

💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!








価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー投稿一覧

スポンサーリンク



(このリストは30分毎に更新されます)

RESTRAP CarryEverything フレームバッグ S  (その他のバッグ)  2021-4-15 22:32  nemuii
[その他] Paul Gino ライトマウント  (ライト)  2021-4-13 11:21  cabbage_man
[CX] Cannondale SuperX 2  (フレーム・完成車)  2021-4-8 11:23  cabbage_man
中華スプロケット  (カセットスプロケット)  2021-4-5 15:12  junkful
ONE AER DX5  (ロードホイール)  2021-4-5 14:01  iwatyann
MINOURA RC-1200  (キャリア)  2021-4-3 4:34  omegamega
おすすめサイクリング動画  (YouTube - 動画のレビュー & 動画でレビュー -)  2021-3-30 22:57  seina2021
ILMIK Laukku-SB8  (サドルバッグ)  2021-3-29 22:50  TON
microSHIFT RD-R42S  (リアディレイラー)  2021-3-28 18:49  ensoniq_mr76
Mac-off drylube  (ケミカル関連)  2021-3-21 19:50  KDR
自作 仏式-仏式延長(お助け)チューブ  (DIY・小技)  2021-3-21 19:49  teddybear
[FRONT] CATEYE HL-EL570G-RC GVOLT100  (ライト)  2021-3-16 1:59  ayng1931
SIGEYI ダイレクトマウントリアディレイラーハンガー  (その他のパーツ)  2021-3-10 18:17  Shotaro
パールイズミ 480 インナーウォーマ  (ウェアー小物)  2021-3-3 23:52  TON
R250 防水トップチューブバッグ (ブラック)  (その他のバッグ)  2021-3-3 21:32  KPA
SCHWALBE TIRE BOOSTER  (フロアポンプ)  2021-2-28 23:25  TON
15mmスルーアクスルアダプター 「15mm→9mm変換」 改造  (フロントハブ)  2021-2-28 16:36  civil3129
Cannondale Topstone Neo 4  (フレーム・完成車)  2021-2-24 20:19  ing-q
OGK KABUTO OVG-1W オーバーグローブ  (グローブ)  2021-2-23 23:23  TON
ダイソー ロングコート収納袋  (100均)  2021-2-23 14:04  ghk
specialized BURRA BURRA TOPTUBE BAG  (その他のバッグ)  2021-2-23 12:31  ryodon
[FRONT] CATEYE HL-EL070RC VOLT400XC  (ライト)  2021-2-22 23:48  TON
TANGE FL270C (1-1/8インチ)  (ヘッドパーツ)  2021-2-21 21:51  ensoniq_mr76
Primo Comet 20x1-1/8(26-451)  (小径車用タイヤ)  2021-2-21 21:28  ensoniq_mr76
SHIMANO K04S メタルパッド(フィン無し)  (ブレーキシュー・パッド)  2021-2-20 21:15  KARIGON
[MINI] SCHWALBE MARATHON RACER 16×1 1/3 (35-349)   (小径車用タイヤ)  2021-2-16 15:45  rinrey
[電子マネー] TOICA(JR東海)  (その他(パーツ以外))  2021-2-15 23:01  TON
三ヶ島(MKS)PROMENADE  (ペダル)  2021-2-15 17:04  moosmann
三ヶ島(MKS)IC-LITE  (ペダル)  2021-2-15 16:44  moosmann
SHIMANO SORA BR-R3000  (キャリパーブレーキ)  2021-2-14 18:00  KDR
SHIMANO SORA FC-R3000  (クランク・チェーンリング)  2021-2-14 17:44  KDR
SHIMANO SORA FD-R3000-F  (フロントディレイラー)  2021-2-14 16:06  KDR
SHIMANO SORA RD-R3000-SS  (リアディレイラー)  2021-2-14 15:47  KDR
[Gravel] Pep cycles NS-FS  (フレーム・完成車)  2021-2-13 22:20  ensoniq_mr76
[MINI] Tartaruga Entertainment Works Tartaruga Type SPORT DX ver.1.25  (フレーム・完成車)  2021-2-13 21:50  ensoniq_mr76
Brompton 純正リアキャリア  (キャリア)  2021-2-10 15:24  rinrey
CRAFT IDEAL THERMAL BIB TIGHTS  (レーサーパンツ・ビブ・トラウザー)  2021-2-9 9:22  Sui
fi'zi:k WINTER OVERSHOES  (シューズカバー)  2021-2-9 0:28  Warabi-Mochi
[ROAD] ANCHOR RNC3  (フレーム・完成車)  2021-2-8 19:02  moosmann
SHIMANO BL-4700  (ブレーキレバー)  2021-2-8 16:58  moosmann
SHIMANO WH-RS100  (ロードホイール)  2021-2-8 16:32  Sui
SHIMANO WH-R500  (ロードホイール)  2021-2-8 14:45  moosmann
SHIMANO CLARIS RD-R2000-SS  (リアディレイラー)  2021-2-8 14:34  moosmann
R250 保冷保温ネオプレーンボトルカバー ブラック  (ボトルケージ)  2021-2-5 16:29  ghk
[MINI] Brompton 純正ケブラータイヤ 16×1 3/8 (37-349)  (小径車用タイヤ)  2021-2-5 13:45  rinrey
ニードル付きスポイトボトル  (その他(パーツ以外))  2021-2-4 7:26  KARIGON
東京ベル フラワーベル フリーバンド  (ベル・方位磁石)  2021-2-3 16:37  OYAJI-METAL
Shimano XTR BR-M985  (ディスクブレーキ)  2021-2-1 17:49  MountainHigh
AZ リフィーラー  (ケミカル関連)  2021-1-31 12:29  TON
KOMINE AK-085 ネオプレーンウォームハンドルカバー  (グローブ)  2021-1-26 20:51  ghk
Castelli perfetto light grove  (グローブ)  2021-1-23 22:01  500miles
TANGE LN7922  (ボトムブラケット)  2021-1-21 22:06  moosmann
[TL] Schwalbe pro one tubeless easy Microskin  (ロードタイヤ)  2021-1-21 21:53  moosmann
[FRONT] LEZYNE POWER HB DRIVE STVZO 500  (ライト)  2021-1-21 21:07  kotarou
AfterShokz OpenMove  (その他(パーツ以外))  2021-1-14 16:01  ayng1931
ORTLIEB バッグ用ボトルケージ  (ボトルケージ)  2021-1-13 0:06  rinrey
サイクリングで出会った不思議な光景  (その他のパーツ)  2021-1-10 16:48  GlennGould
Brompton 純正携帯用ポンプ  (携帯ポンプ)  2021-1-8 14:37  rinrey
Isadore Signature Cycling Jersey  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2021-1-7 13:28  urotas
Café du Cycliste Claudette  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2021-1-7 13:13  urotas
KINETIC T-002i Road Machine  (ローラー台)  2021-1-6 16:10  urotas
[ROAD] COLNAGO Master X-Lite  (フレーム・完成車)  2021-1-6 15:59  urotas
Café du Cycliste Albertine(ジレ)  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2021-1-6 15:39  urotas
Café du Cycliste Alphonsine  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2021-1-6 15:28  urotas
SPEEDPLAY ZERO PAVE SUS  (ペダル)  2020-12-31 19:30  AURU
[WO] Vittoria RUBINO PRO SPEED G2.0  (ロードタイヤ)  2020-12-30 13:41  ryodon
Brompton O Bag  (フロント・ハンドルバーバッグ)  2020-12-24 16:21  rinrey
Pearl Izumi パールイズミ ヒーター グローブ HG-03  (グローブ)  2020-12-21 15:45  Armeric
Ritchey Carbon streem 2  (ドロップハンドル)  2020-12-21 10:22  500miles
BARMITTS ハンドルカバー  (グローブ)  2020-12-20 18:08  kotarou
ABUS 1200/60  (カギ)  2020-12-18 15:47  rinrey
自転車道 総集編 Vol.2 八重洲出版  (書籍・DVD)  2020-12-17 17:57  nuckky
[TL] Schwalbe Pro One TLE Addix (2020-)  (ロードタイヤ)  2020-12-13 18:02  Massai
De Marchi CLASSIC LEATHER MITTS  (グローブ)  2020-12-8 0:26  Magritte
Sturmey Archer S2C  (リアハブ)  2020-11-29 21:03  sukosuko
Brompton Roll Top Waterproof Bag 25L  (フロント・ハンドルバーバッグ)  2020-11-18 13:57  rinrey
Brompton Roll Top Bag 28L  (フロント・ハンドルバーバッグ)  2020-11-17 14:05  rinrey
Salzmann 3M 高視認性反射ベスト  (ジャージ・ジャケット・シャツ)  2020-11-11 22:06  KPA
bltday 電動エアコンプレッサー  (携帯ポンプ)  2020-11-11 21:54  Marriott
Dixna フラットクリート  (ペダル)  2020-11-9 20:02  ghk
SHIMANO BL-RX812  (ブレーキレバー)  2020-11-7 0:16  tsuta
TRP Hylex  (ディスクブレーキ)  2020-11-6 23:28  tsuta
Satori X-Race Aero Carbon  (ドロップハンドル)  2020-11-6 22:50  tsuta
ORTLIEB サドルバッグ2(4.1L)  (サドルバッグ)  2020-11-4 21:49  KPA
[Cycling Courses] やまなみハイウェイ  (サイクリングコース・峠・名所名物・レース)  2020-10-30 21:49  kazane
[Cycling Courses] 日ノ尾峠  (サイクリングコース・峠・名所名物・レース)  2020-10-29 23:18  kazane
[WO] SOMA cazadero 650B×42C  (ロードタイヤ)  2020-10-29 20:41  kazane
[MINI] Continental Contact Urban Reflex 16×1.35 (35-349)  (小径車用タイヤ)  2020-10-29 15:20  rinrey
[Cycling Courses] 阿蘇ミルクロード終点から箱石峠へ抜ける小道  (サイクリングコース・峠・名所名物・レース)  2020-10-27 20:07  kazane
Prime - Primavera カーボンステム  (ステム)  2020-10-26 22:26  KPA
Besthomelife 自転車セーフティーライト  (ライト)  2020-10-26 21:54  KPA
BatEye  (カメラ関連)  2020-10-20 12:42  ghk
ELITE Custom Race  (ボトルケージ)  2020-10-20 10:43  kazosa
Ztto DR190 32h  (リアハブ)  2020-10-19 18:27  STG
TNI TOUR FLYサドル  (サドル)  2020-10-18 20:48  furanko39
[MINI] STRIDA LT  (フレーム・完成車)  2020-10-18 15:15  FRONTSINGLER
[MINI] Brompton M3L  (フレーム・完成車)  2020-10-18 15:04  FRONTSINGLER
[TL] IRC FORMULA PRO TUBELESS RBCC  (ロードタイヤ)  2020-10-14 15:14  nuckky
SHIMANO SH-MT300  (シューズ)  2020-10-12 22:14  kazane
shimano RP5  (シューズ)  2020-10-12 21:45  kazane

Bellati Sport



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2019 CBN Bike Product Review
0.052Sec(47 Queries)