CBN Bike Product Review
TOP >  DIY・小技 > 

スコッチカル、カッティングシートによる愛車のカスタマイズ


 
LZPT2IB  2013-5-29 22:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スコッチカル、カッティングシートによる愛車のカスタマイズ
購入価格: スコッチカル、カッティングシート: 10cmで百数十円、
     道具: 105円~
     ウレタンクリアー: 1000円くらい


『愛車を個性的にカスタマイズ。自分だけの1台に仕上がる』


○はじめに
私はGIANTのSEEKというクロスバイクと、FIXERというシングルスピードを持っている。両方ともマルチカラーで派手なのだが、ロゴ等が少ないのがちょっと寂しい感じだった。カッティングシート、スコッチカルで作ったロゴを自転車に貼る方法があると知って、実際に試してみたところ、自転車が非常に個性的になった。このカスタマイズはかなり満足感が高い。パーツでのカスタムも楽しいが、この方法もかなり楽しいので、今回投稿しようと思った。全ての作業の工程の写真はなかったので、今回新たにロゴを作成して投稿することにした。



①必要な物
・3M スコッチカル、または、中川ケミカル カッティングシート
・リタックシート ※マスキングテープでも良い
・マスキングテープ ※ロゴの切り取りで台紙まで切った時の補強等に使える
・トレーシングペーパー ※自転車のロゴを写し取る場合には必要
・デザインカッター
・カッターナイフ替え刃
・カッターマット
・仮止め用スティックのり、または、スプレーのり
・定規(金属製が良い)
・はさみ
・石鹸水 (霧吹きに入れておくと使いやすい)
・スキージ
・二液性ウレタンクリア ※貼り付けたロゴを保護する場合には必要



②ロゴの作成と印刷
自転車に貼り付けたいロゴをPhotoshop等の画像加工ソフトで作る。自転車に元々あるロゴの色を変えたい場合は、トレーシングペーパーにロゴを写し取る。ロゴを作ったら、プリンターで紙に印刷する。ロゴの画像を持っている場合には、それを印刷するだけでオッケー。


(このロゴはArt text 2 Liteで作った)


(FIXERのシートチューブのロゴを写し取ったもの)


(トレーシングペーパーでロゴを写し取れば、このようにロゴのカラーを変えることができる)


(紙に印刷したロゴをフレームに貼って全体のバランスをチェックした方がうまくいく)



③印刷したロゴをスコッチカルに貼り付ける ※カッティングシートも同様
仮止め用のスティックのり、または、スプレーのりで印刷したロゴをスコッチカルに貼り付ける。デザインカッターでロゴを切り出す時にロゴがズレないように、しばらく放置して乾燥させる。


(ホワイトのスコッチカルに貼り付けた)


(スコッチカルは東急ハンズで10cm単位で切り売りしている。確か10cmで百数十円)


(今回はスティックのりを使ったが、スプレーのりの方がのりが残りにくい)



④ロゴをデザインカッターで切り出す
はさみでロゴをスコッチカルから切り離す。カッターマットの上でデザインカッターを使ってロゴを切り出す。スコッチカルの不要部分を残して剥がせるように、台紙を切り取らないようにする。この力加減が難しいので、自転車に貼り付ける前に何度か練習した方が良い。


(直線部分は金属の定規を使って切る)


(カッターは寝かせた方が切りやすい。デザインカッターを固定し、台紙を動かすとうまくいく)



⑤不要部分を剥がす
スコッチカルの不要部分を剥がす。ロゴの角が切れていないと、ロゴの部分まで一緒に剥がれるので慎重に剥がす。角が切れていなかったら、デザインカッターで切る。④で台紙まで一緒に切ってしまったら、マスキングテープなどを台紙の裏側に貼って補強する。 自転車に貼り付けた後に角からめくれないように、ロゴの角をわずかにカットしておいた方が良い。


(デザインカッターの先端やピンセットで不要部分を取り去る)




(慣れていても、台紙ごと切ってしまうことがある)


(裏側からテープを貼ってバラバラにならないようにする)


(角をカットすることで、貼り付け後にめくれてしまうのを防ぐ)


⑦ロゴから紙を剥がし、リタックシートを貼る 〜自作のロゴの完成〜
デザインカッターの先端を使って紙を剥がす。のりの粘着力でスコッチカルごと剥がれないように慎重に行う。スティックのりを使った場合、表面にのりが残っていることがあるので、手でこすったりしてきれいにしておく。リタックシートを貼って、はさみで余分な部分を切り取っておく。リタックシートがなければ、マスキングテープでも良い。これで自作のステッカーができた。




(自作のステッカーの完成。リタックシートも東急ハンズで切り売りしている)



⑧自転車にロゴを貼り付ける。
リタックシートを剥がすと、スコッチカルごと台紙から剥がれる。今回はこれをフレームに貼り付ける。 後で剥がれないように貼り付ける場所を事前に脱脂しておいたほうが良い。貼り付ける場所には石鹸水をたっぷりかける。このときに霧吹きを使うと便利だ。ロゴをリタックシートごと石鹸水のかかったフレームにくっつけ、フレームの上を石鹸水で滑らせながらロゴの位置決めをする。位置が決まったら、キッチンペーパー等でこすりながらフレームとリタックシートの間の水分を追い出す。水分が多いとリタックシートの張力で、曲面からリタックシートごとスコッチカルが浮いてしまうのでしっかり吸い取る。ある程度水分を吸い取ったら、スキージでスコッチカルとフレーム間の空気を追い出し密着させる。このまましばらく放置させて、フレームに完全に密着させる。尚、貼り付ける位置が決まっていて調整する必要がなかったら、石鹸水をかけずに直に貼り付けても良い。この場合、失敗したらロゴのカットからやり直さなければならない。


(霧吹きで石鹸水をたっぷりとかけておく)




(石鹸水を使えば、ロゴを滑らせて位置決めできる)


(リタックシートやスコッチカルから水分を追い出しつつ、水分を吸い取る)


(スキージがあれば便利。ロゴを密着させやすく、後で気泡が発生しない)


⑨リタックシートを剥がす 〜ロゴの貼り付けの完了〜
ゆっくりと慎重にリタックシートを剥がしたら完成だ。放置時間が短いと、スコッチカルごと剥がれてしまうので注意。気泡が入ってしまったら、待ち針や画鋲などで気泡に穴をあけて空気を抜くこと。貼り付け後、完全硬化までは24時間以上かかる。貼ったロゴが気に入らなかったり、失敗したら、硬化前なら簡単に手で剥がすことができる。硬化後は固着してしまうので、簡単には剥がれない。一度剥がしたことがあるが、スコッチカルはパリパリになり、爪で引っ掻いて少しずつしか剥がせなかった。私は使ったことがないが、「3Mのフィルムはがしらくらく」という物を使えば簡単に剥がせるようだ。


(リタックシートはゆっくりと剥がす)


(トップチューブの白いGIANTのロゴが今回作成したもの)


(今回の投稿のために貼り付けたものなので剥がした。もったいないけど。硬化後は簡単には剥がれない)



⑩ロゴの保護 ※必須の作業ではない
貼り付けたロゴを保護するために、私は二液性のウレタンクリアーを塗っておいた。私が使用したのは、ナガシマのネオウレタンクリヤーというものだ。筆に付けて塗った。主剤と硬化剤を混ぜた直後なら、塗料がサラサラなので筆むらが残りにくい。塗ってから完全に乾燥させて重ね塗りをするのを何度か繰り返した。ロゴからちょっとはみ出すように塗るのが剥がれないようにするコツ。本当は細目のコンパウンドで磨いた方がいいのかもしれないが、ムラはほとんど目立っていない。

腕に自信のある人は、二液性ウレタンクリアーのスプレーを拭いても良いかもしれない。ウレタンクリアを塗る時は、薄く塗った方が良い。ビシャビシャに塗料で濡らしてしまうと、ロゴがふやけたり、気泡が入ったりすることがあった。自転車に貼り付ける前に、他の何かにスコッチカルを貼って、その上からウレタンクリアーを試し塗りした方が良いと思う。

ウレタンクリアーを塗ったロゴは、オイル等の汚れも簡単に落とせるし、洗車の時にこすり洗いしても平気だ。簡単にはロゴを剥がせなくなるので、盗難の防止や盗まれた際の特徴になるのではないだろうか。

SEEKはウレタンクリアーで保護したが、FIXERは塗っていない。スコッチカルの耐久性は高く、ウレタンクリアーの保護なしでも、今のところ剥がれていない。万が一剥がれたら、ロゴを作って貼り直せばよい。念のため、剥がれないように、洗車の時は擦り洗いするのではなく、洗剤を付けたスポンジで軽く撫でて洗うようにしている。


(ナガシマのネオウレタンクリヤー。ナガシマのサイトから転載)


○最後に
スコッチカルやカッティングシートを自転車に貼り付ける作業は、ネットで調べた物を参考に行ったものだ。ウレタンクリアーでの保護は、修理工をやっていた知人に聞いた。筆で塗ることに関しては、どうかなぁ〜って言っていたが意外にうまくいった。

また、カッティングシートよりもスコッチカルの方がおすすめ。スコッチカルの方が薄く、伸びるので貼りやすい。また、ドライヤーで熱風を当てれば、曲面や複雑な形状に貼りやすい。

今回はロゴを切り出して貼り付ける方法を紹介したが、他にステム、ハンドル、コラムスペーサー、サドル、ヘルメット等にも貼り付けて個性を出すことができる。

長文になったので、スコッチカルやカッティングシートの詳細は、「その他のパーツ」で紹介しようと思う。ずっと、このDIYについてずっと書きたかったのだが、ようやくまとめることができた。投稿は長文になってしまったが、作業自体は難しくない。愛車に個性が出せるのでオススメだ。


価格評価→★★★★★ (費用対効果の高いカスタマイズ)
評  価→★★★★★ (愛車に個性が出せる。何よりこの作業自体が楽しい)




(SEEKに入れたロゴ)




(FIXERに入れたロゴ)
💓 スコッチカル、カッティングシートによる愛車のカスタマイズ を購入する : Amazon, Rakuten





セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello 2020モデル販売開始
MyProtein🔥NATSU30 サイト内30%OFF
Wiggle🔥WHEEL24 ホイール最大22,500円OFF
Bellati🔥Orbea Orca M21i TEAM-D 20 / L 20 SRAM Force AXS 44.3万
Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
Bellati🔥Bianchi Aria Disc 完成車 35%OFF
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
PBK🉐CBN10 ホイール以外全品30,000円以上で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🉐CBNW ホイール37,500円使用時7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Bellati🉐ロード完成車が大放出価格。日本語サポートあります
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCSALE2019 セール品11,250円で1,500円OFF
CRCNCV2019 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー





(このリストは30分毎に更新されます)

MSR XGK  (アウトドアギア)  2019-8-18 3:23  akimizu
TRP RRL SR  (ブレーキレバー)  2019-8-15 18:19  ManInside
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2019-8-8 22:45  roubaix2018
SIDI genius 6.6  (シューズ)  2019-8-2 18:09  GlennGould
SHIMANO XTR PD-M9100  (ペダル)  2019-7-31 9:52  saejii
GARMIN eTrex 30  (サイコン・GPS)  2019-7-14 22:22  baru
SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2019-7-12 17:43  saejii

Bellati Sport

probikekit



CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review
0.116Sec(41 Queries)