CBN Bike Product Review
TOP >  サイコン・GPS > 

GARMIN eTrex 10


 
Lifecycle  2012-12-4 15:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 10
購入価格 ¥1万円くらい(米語版)

ブルベでのミスコースを避けるために役立つと思い購入しました。

ブルベは、あらかじめ決められたコースをトレースするサイクリング
なので、これで充分だと思ったのですが予想外に低機能なので、
工夫無しでは使えないことが判明w 甘すぎましたw
正直、上記の目的にはお勧めしません。ブルベなども含めて
ナビ用途なら同じシリーズのeTrex 20か30の方が良いと思います。

とにかく購入してみなければわからないことが多すぎました。
単純にトラックデータをトレースすればミスコースしないと思っていましたが、
GPSの精度とからめると微妙なY字路ではどちらへ行けばよいかわからず、
10㎞ほどのテスト走行で2回もミスコースしてしまいました。
大まかでもよいので、ロードマップが欲しいですね。

画面がモノクロなのは納得していましたが、使ってみるとたくさんの
データは画面がごちゃごちゃになり表示できないことが判明。
ルートデータやトラックデータを使ったWhere to?によるナビは表示すると
ウェイポイントの文字が極太のルート表示に隠れて読めなくなり使え
ませんでした。グレイ表示をもう少し上手に設計してほしいですね。

ということで、結局使えるのは素のトラックデータとウェイポイントだけという
結果になりましたw 現在も試行錯誤を続けてなんとかブルベで使える
ようにといろいろ工夫しています。

そのひとつが、ウェイポイントでのコース表示。米語版ですのでアルファベット
のみですが、左右の方向転換にはRT(Right Turn)やLT(Left Turn)とし、
右から3番目の道へというのは「RT 3」などポイント名を工夫しました。
こんなことをするなら、Qシートとコマ図に戻った方がいいかもなどと思うこともw

設計者に聞いたわけではありませんが、eTrex10はトレッキングなどに限定した
使用を前提に設計されている感じで、特に道に迷った時に来たコースを後戻りする
時に有効だと思います。それ以外の用途には、あまり向いていないと思います。
まあGPSデーターロガーとしては普通に使えますけど。

操作方法についてもいろいろ困る点がありますが、あえてここでは書かない
ことにします(収拾がつかなくなりそうなのでw)。

価格評価→★★☆☆☆ (こんなもんでしょう)
評   価→★☆☆☆☆ (ブルベで使うなら)
<オプション>
年   式→2012
カタログ重量→ 148g(実測重量 152g エネループ込み)

 
Lifecycle  2014-3-23 16:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 10
購入価格 ¥1万円くらい(米語版)



ブルベ用にGARMIN eTrex 10を購入して1年と3か月が過ぎ、その間4本のブルベを走行しました。お蔭様でeTrex 10特有の癖にも慣れ、かなり使いこなせるレベルに到達したと思います。

でもeTrex 10はお勧めしません。やはりeTrex 20あるいは30が圧倒的に良いだろうと思います。そんな自分評価のeTrex 10ですが、いくつか便利な機能に助けられたことがありました。今ではeTrex 10なしで長距離走行はできないレベルまで仲良くなっています。

●実際、eTrex 10の電池は何時間もつの?
ブルベは長時間サイクリングですので、機材の電池のもちといったものが気になります。まずはその評価から。使用した電池はエネループ・プロ(Min.2450mAh)。ニッケル水素電池は低温でも起電力が落ちない(古いものは低温で起電力が落ちるようです)ということと、繰り返し使えるというお徳感(思い込み?)から選びました。

eTrex 10の設定は、バックライトをレベル3(バックライトOFFから3クリック)に、GPS受信はGLONASSを追加、トラック・ログはOFF(GPSのログを取らない)にしました。まず本体を動かさずにテーブルの上に置きっぱなしで電池の寿命をテストしてみました(エネループ・プロは3回使用後に満充電したものを使用。画面に「Low Battery」の表示がでたところで電池の寿命としました)。結果は37時間。公称25時間以上というのを大幅に超えました。これは本体を動かさなかったため、現在位置測定にパワーを使わなかったためと思われます。

そこで、今度は自転車に取り付けて走行した場合の電池寿命をテストしてみました。eTrex 10の設定は前回と同じです。このときは電池の寿命まで走り続けずに帰宅後電源をOFFにするという、少し変則的なテストを行いました。結果は、延べで30時間。この場合も公証値を上回りました。

最近、ブルベで連続27時間ほど走りましたが、走行後のバッテリー表示が減って1本(MAX4本)になっていました。このとこからも電池の寿命に関しては公証値以上が期待できそうです(あたらしいエネループ・プロならBRM400k(制限時間27時間)を電池交換なしでいけそうです)。一連のテストで使用した電池はすべてエネループ・プロでしたが、アルカリ乾電池だと少し結果が違うと思われます。

●eTrex 10のトラック表示は、視界不良で頼りになる
ブルベでeTrex 10を使用する際、MAP表示はルート・ラボなどで作成したトラックとコンビニや補給ポイントを示すウエイポイントのみです。表示グリッドは120mか200m。通常、このトラックを確認しながら走行するわけですが、季節によって濃霧が発生し視界不良になることがあります。特に夜間の山岳での下りスラロームは、時間稼ぎということもあって比較的高速で下ります。ところが濃霧のため視界不良で数十メートル先の道路が見えないことがあります。高速で下るので前方に充分注意するのは当然ですが、霧の先にあるカーブは見えません。そのカーブがeTrex 10のMAPに表示されているのです。前方に注意しつつMAPのトラックをチェックして、カーブの曲がりを確認することで、安全に走行できます。もしeTrex 10がなければ、急なカーブで車線を外れたりといった危険な目に遭うかもしれません。そのため、ゆっくり下ることになりタイムロスをしてしまうことも。雷雨や濃霧の時、このトラック表示に幾度となく助けられました。

●eTrex 10は、目的地の到着時刻を計算してくれる
ブルベでは、チェックポイントの通過時刻が決められています。その時間内に通過しないと失格になります。登坂でゆっくり坂を上るときなど時計を見つつ到着時刻を予測するわけですが、eTrex 10には「ETA at Destination」という目的地の到着時刻を予測してくれる機能があります。現在の走行スピードで〇〇時〇〇分に到着と表示されるのです。これが凄く便利です。トラック作成時にSTART-PC1(1番目のチェックポイント)と区切って作成しておくと、目的地をPC1として到着時刻が表示されます。 ETA at Destinationを見ながら、このペースならマイナス1時間で到着できるとか、このままだと10分しか余裕がないので、少しペースを上げようとかの判断材料にもなります。誤差は、経験上ですが100㎞走行で最大2分程度と充分正確と言える範囲に収まっていると思います。

●eTrex 10は、目的地のまでの距離を表示してくれる
ブルベは長距離を走るサイクリングですが、最終目標のたとえば400㎞先を見ずに、チェックポイントを区切りにすると精神的に走りやすくなります。たとえば次のPCまで95㎞だとすると、丸々400㎞を走ると思うより、とりあえず95㎞を走ると思うことで気持ちが楽になります(私の場合)。 eTrex 10には「Distance to Destination」という目的地までの距離を表示してくれる機能があります。走ることでこの表示距離が減っていきます。PCまであと50㎞になったとか、20㎞を切ったとか、目的地までの残距離が走行のモチベーションをキープしてくれます。特に1㎞を切った時のワクワク感は何とも言えないものがあります(私の場合)。この機能は、走行のモチベーションを維持するのに大変役にたっています。

●eTrex 10の標高表示でピーク越えの近いことを知る
ブルベは、平地走行だけではありません。1000m級の山超えもあります。また細かなアップダウンの連続といった、少々いじわるなルート設定もあります。特に山越えでは、アップダウンを繰り返し、峠越えはまだか?とややモチベーションが下がる状況になることもあります。そんなとき、eTrex 10の標高表示が精神的なストレスを多少なりとも緩和してくれます。「たしかピークは954mだったからあと100mは登りがあるな」とか目標がある程度明確化されるわけです。これも走行のモチベーションをキープすることに役立っています。

なんだかんだと、低機能なeTrex 10ですが、使いこなすことで充分実用になることがわかりました。もちろんeTrex 20や30の方が地図を表示できたりと、より快適ではあると思いますが・・・。

●普段はルート・トレーニング機材として
ブルベだけに特化した使い方ばかりではありません。eTrex 10は、ルート・トレーニングの機材としても優秀です。たとえば、福岡から久留米までのLSDトレーニングでトラック設定し、そのトラックに従って走行。途中で信号の少ないトレーニングに適した道を見つけたらそこをログとして残し、次回のトレーニングに役立てるといった使い方ができます。また、目的地到着後、トラック・マネージャの「Copy Reversed」でスタート―ゴールを逆転させたトラックを作成すると来たルートと同じルートで帰宅することができます。復路は作成しなくてよいので便利です。

●eTrex 10には、必ずストラップを付け、ハンドルに絡める
eTrex 10のマウントに「MAP62/Oregon/eTrex新シリーズ用」を使っています。かなり固く固定できますが、ちょっとした落車でeTrex 10がマウントから外れ、道路を数メートル滑走したことがありました。その経験から、かならずストラップでハンドルに絡めるようにしています。それ以降、落車などで外れてもハンドルにぶら下がってくれて助かっています。

以上、長々失礼いたしました。eTrex 10を買ったのは間違いではなかったのかもと思い始めています(笑)

価格評価→★★☆☆☆ (こんなもんでしょう)
評   価→★★☆☆☆ (評価が1つあがりました)
<オプション>
年   式→2012
カタログ重量→ 148g(実測重量 152g エネループ込み)
 
Lifecycle  2014-3-25 7:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 10
購入価格 ¥1万円くらい(米語版)

個人的にはブルベやトレーニングなどで、とても役に立っているeTrex 10ですが、問題がないわけではありません。特に気になっている点を箇条書きにしてみました。

1.内蔵メモリーが少なすぎる
2.アップデートするときメモリーが必要
3.パソコンを使わないとメモリー残量がわからない
4.ウエイポイントの数を知ることができない
5.トラックデータの名称検索ができない
6.ベースマップが邪魔になることがある
7.GLONASSをオンにしても3m以下の精度にならない
8.電子コンパスがないので、停止するとマップが回転
9.日本語表示ができない

以下、詳細を。

1.内蔵メモリーが少なすぎる
eTrex 10が使用できるメモリーは内臓されている10Mバイト(ユーザが使用可能なのは実質9M程度)のみです。eTrex 20や30のようなSDカードによる拡張機能はありません。そのため大きなトラックデータ(BRM200kのルートなど)ですと15本くらいで「メモリー不足」の表示が出てしまいます。不要なトラックデータを適宜削除していかないと、GPSのログも安心して取ることができないといったことになります。メモリーの少なさだけでeTrex 10を選択肢から外しても良いと思えるくらいです。せめて1Gバイトくらい内蔵してほしかったです。

2.アップデートするとき空きメモリーが必要
使用しているeTrex 10は米国版です。ファームウェアのアップデートは今のところ数か月に1回と、しっかりサポートされている感じはあるのですが、アップデート・データを本体に取り込む際、メモリーが不足しているとアップデートを中断して終了してしまいます。この点でも、内蔵メモリーの少なさが影響しています。トラックデータなどを削除してメモリーの空き容量を増やしてから、再度アップデートすることになります。

3.パソコンを使わないとメモリー残量がわからない
内蔵メモリーの少なさが、いろいろなところに影響していますが、肝心のメモリー残量を本体で確認することができません。そういった表示はないのです。どうするかというと、USBケーブルで本体に接続し、ファイルマネジャーでプロパティを表示して確認します。

4.ウエイポイントの数を知ることができない
eTrex 10のウエイポイントの上限は1000個ですが、現在、何個登録されているか本体で確認できません。そのため、パソコンで連携ソフトを起動し、登録したウエイポイントを自分で数えなければなりません。現在、登録したウエイポイントは200個程度ですが、それで数メガ消費します。ここでも内蔵メモリーの少なさが影響します。

5.トラックデータの名称検索ができない
ウエイポイントが200個くらいになると、スクロールで見つけるより名称検索の方が便利です。ウエイポイント・マネジャーにはこの機能がありとても便利です。ところがトラックマネージャにはこの機能がありません。そのため目的のトラックデータをスクロールして探すことになります。私の場合、比較的短いトラックなども登録しますので本体には常に30本くらいのデータを入れていますが、トラックを変更するときのスクロールで不便を感じることがあります。

6.ベースマップが邪魔になることがある
eTrex 10のベースマップは非常におおまかで細かい海岸線は省略され直線で表示されます。そのため陸地を走行中なのに海上を走行していることがあります。さらに海側はグレー表示のため、トラックと重なるとかなり見にくくなります。私は、ベースマップを削除して対応しています。

7.GLONASSをオンにしても3m以下の精度にならない
eTrex 10はGPSだけでなくGLONASSにも対応しているので、測位精度が向上しています。衛星の受信状態をモニターしてみると、GPSで6m、GLONASS追加で3mの精度になりますが、それ以上に精度が上がらないようです。大きな問題ではないのですが、ウエイポイントを登録して、再度その位置に訪れてみると10mほどずれていたりといったことがあります。もう少し精度を上げてほしいですね。

8.電子コンパスがないので、停止するとマップが回転
これはeTrex 10だけでなく、電子コンパスを持たないeTrex 20にも共通したことだと思うのですが、本体が移動することで方位を決めています。そのため、移動が止まると本体がどの方向にあるのかわからず、表示されたマップ(トラック)が回転してしまうことがあります。道路の分岐によっては、回転した状態でトラック見て左右どちらへ行けばいいのか迷うことがあります。対策として分岐などで停止前に一度トラックを確認するのが良いと思います。

9.日本語表示ができない
eTrex 10特有だと思われますが、Unicodeに対応していないようで、海外版のeTrex 20や30の裏ワザとしてできる日本語表示ができません。いろいろやってみましたが、できませんでした。今は諦めて一部アルファベット・カナ表記で対応しています。

他にも、操作性の問題などいくつかありますが、慣れということもあるので今回は取り上げませんでした。

オマケ:1回だけ使用中に誤動作したことがあります。デバッグ表示でしょうか?


価格評価→★★☆☆☆ (こんなもんでしょう)
評   価→★★☆☆☆ (評価が1つあがりました)
<オプション>
年   式→2012
カタログ重量→ 148g(実測重量 152g エネループ込み)

 
Lifecycle  2014-5-10 14:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GARMIN eTrex 10
購入価格 ¥1万円くらい(米語版)

●100時間超えの積算距離表示について
eTrex30を使用しているbaruさんがTotalTime100時間越えで
積算距離(Trip Odometer)の更新がストップしたというレビーを上梓されました。

https://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=11310&forum=85&post_id=20803#forumpost20803

eTrex10でのリセットはブルベ出走のときくらいですので数か月間リセットせずに使うことが
普通でした。そんなことあったかな?と思いちょっとテストしてみることにしました。

結果は、TotalTimeが100時間を超えるとbaruさんと同じように表示が「__:__」となり
時間表示がストップしました。ところが、積算距離は更新し続けました。よってeTrex10では
30で起こるような現象(仕様?)はありませんでした。100時間超えても9999kmまで
表示してくれそうです。これでeTrex10の評価が少しだけあがりましたw

表示の下段左がTotalTimeで__:__となっています。
右は積算距離です。実際には更新しています。


価格評価→★★☆☆☆ (こんなもんでしょう)
評   価→★★☆☆☆ (星の数の増減はなし)
<オプション>
年   式→2012
カタログ重量→ 148g(実測重量 152g エネループ込み)
💓この商品を Amazon または Rakuten で一発検索!



セール&クーポン情報・話題の商品

Bellati🔥Pinarello Dogma F10 / F10 Diskフレームセット 44.7万 / 49.9万
amazon🔥対象の服・シューズ・バッグ10%OFF
PBK🔥CLOTH15 厳選ウェア・シューズ15%OFF
amazon🔥高評価! air bone ZT-A15クイックポンプヘッド ¥ 2,160
amazon🔥至高の無駄毛剃り パナソニックボディトリマーER-GK60-W ¥ 4,990
amazon🔥回復系サプリ最人気 グリコ・パワープロダクション エキストラ・アミノアシッド
MyProtein🔥SAKURA 最大80%OFF
PBK🔥TOP10 対象商品10%OFF(最大3,500円OFF)
PBK🔥CBN10 ホイール以外全品30,000円以上購入で10%OFF(最大4,000円OFF)
PBK🔥CBNW ホイール37,500円以上購入で7.5%OFF(最大3,500円OFF)
Tweeks🉐CATEYE VOLT800 送料込み¥7,064
Bellati🉐ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Merlin🉐送料改定 バイクとホイール以外は¥10,377以上で送料無料
CRCCLEAR2019 セール品15,000円で2,000円OFF
WiggleSPRING19DHB9 dhbウェア1.5万円で20%OFF
WiggleSPRING19DHB22 dhbウェア22,500円で25%OFF
Wiggle 在庫一掃セール実施中
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
CRCNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
CRCSSBIKEFEB 厳選バイク10%OFF
RibbleOUTLET50 対象商品が50%OFF
RibbleLASTONE10 残り1個商品が10%OFF
TweeksCLEAR10 クリアランス品10%OFF
TweeksBIKE2019 完成車10%OFF(CubeとScott除く)





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


Ritchey WCS Alloy 4-Axis  (ステム)  2019-3-19 20:59  PHILLY
ASTVTE STARLINE VT  (サドル)  2019-3-19 20:13  PHILLY
LEZYNE MEGA XL GPS  (サイコン・GPS)  2019-3-14 19:20  ghk
サイクリング麻雀  (JOKE)  2019-3-8 10:07  kuromitsu2
NAROO MASK X5s  (ウェアー小物)  2019-3-7 18:46  saejii
GARMIN eTrex 30x  (サイコン・GPS)  2019-3-5 20:49  baru
ダイソー あむころ  (100均)  2019-3-5 12:55  duston
自転車あるある  (JOKE)  2019-2-27 22:01  PHILLY








CBN Bike Product Review は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2018 CBN Bike Product Review