CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


rh+ Logo EVO Jacket

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット
サイスポ2018年1月号

弱虫ペダル 52

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  ヘッドパーツ > 

Grateful Dead Bearトップキャップ


 
mosuke  2012-10-2 22:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Grateful Dead Bearトップキャップ
購入価格 ¥980 (定価は¥1980)

我家では取り敢えずロードを室内に入れさせてもらえているし、通勤に関しては「気を付けてね」程度は言ってくれる。
少なくとも自転車通勤を反対されてはいない。むしろ理解してもらえている方だろう。
が、趣味としての自転車については、理解してくれているのか、呆れているのか、放置なのか…。
よくあるパターンだろうが、自転車の話をしても、新調した部品を見せても「へー(某)」とか
「ふ~ん(生返事)」程度の反応で、喰いついてくるのは、自分もチョット自転車が好きな次男だけだ。
現状に不満があるわけではないのだが、よりよい自転車生活を送るために、更なる家族の理解は不可欠だろう。
そのための安易な第一歩、妻と子どもにうけそうな部品を付けてみる!
で、こんなのを選んでみた。


【デザイン】
見ての通りグレートフルデッドの熊。
女子にうけると思って作ったのか、ロックンロールなのかはよく解らない。
っていうか自分自身、デッドについてはスカルと熊しか知らん。
熊が簡易なペイントというかプリントというか、何とも頼りなく、はがれそうに見える。

【機能】
まぁ機能どうこうってモノじゃないとは思うが…
裏の段差がやや大きいのか、純正品よりコラムとスペーサーの段差が1mmほど大きくないと機能しない。
また、段差は1段のみのOS専用。1in兼用程度の汎用性があってもイイんじゃない?
って事で、選んで機能面で得をすることは一切なし。

因みに、家族の反応は芳しくなかった。
妻「…DeadBear嫌いじゃなかったっけ?」 (えっ?それだけっすか?別に嫌いって事はないです。)
長男「…熊ね…」 (はい、熊です。)
次男「あぁ~熊だ、イイネェ!」 (唯一の理解者よ、ありがとう。)
まぁ、そんなもんだろう。

さらに私の場合、トップには常に蛙ちゃんが鎮座しているので、熊の絵なんて大した意味がなかった。


価格評価→★☆☆☆☆(絵が付いてるとはいえ、この定価は高杉。)
評   価→★★☆☆☆(妻にうけなかった。) 




この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

GIRO EMPIRE ACC  (シューズ)  2017-12-6 22:36  kurotomato
SIDI Hydro gore-tex  (シューズ)  2017-12-5 22:48  ReClimber
SIDI Diablo  (シューズ)  2017-12-5 21:55  ReClimber
Mavic CROSSRIDE SL  (ペダル)  2017-12-5 17:32  ReClimber
SHIMANO CN-HG901-11  (チェーン)  2017-11-28 21:10  baru
MINOURA MOZ-RolleR  (ローラー台)  2017-11-28 20:21  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review