CBN Bike Product Review
TOP >  スポーク > 

SAPIM Polyax SILS Hexagonal アルミニップル (2.0mm)


 
numero_nero  2012-5-27 22:57
このエントリーをはてなブックマークに追加
SAPIM Polyax SILS Hexagonal アルミニップル (2.0mm)
購入価格 @$0.50 (fairwheelbikes、送料別)


個人的にはDT Swissよりも丈夫で扱いやすいと思っているSAPIMのPolyaxニップル。お尻のドーム状部分のアールがDT Swissよりも深くニップルに角度をつけやすいので、特に少スポークでテンションを高くする時にはDT SwissよりもSAPIMの方が向いているように思います。ここでレビューするのはお尻が六角になっているPolyax Hexagonalに、SILS(=Self Inter Locking System)という加工がされたもの。サイズは14番ゲージ(2.0mm径)、長さ14mmのタイプです。

露出する部分は通常どおりスクエアになっていますが、お尻も5.5mmヘックスに成型されているのでDT Swiss・ParkTool・カンパなどから出ているヘキサゴナルニップル用のレンチで回すことが出来ます。スポークにテンションがかかってくると徐々に摩擦が増えていくニップルなので、フラット部を使うよりも内蔵ニップル用レンチを使った方が楽に安心して締められます。このヘックス部分の出来も非常に良かったです。DT SwissのProLockはすこしヘックス部分が大きいため、安心感はあるもののニップルに角度が付いているとレンチの抜き差しが多少しにくくなるという欠点がありますが、SAPIMはヘックス部分が浅く面取もきちんとしてあったので非常に楽でした。繊細な扱いが求められるようなこともなく、120kgf付近まで回しても舐めるような気配は全くありませんでした(使用したレンチはDT Swiss製)。重量面でも32個で通常の14mmアルミニップルから1g程の重量増に収まっています。

さて、このニップルの最大の特徴であるSILSという加工についてですが、中のスレッドがお尻に向けて僅かにテーパー状に絞られているためコンパウンドを塗らずとも緩み止めの効果を発揮するようになっているんだそう。とはいえその角度は緩いので、締め込んでもアルミが削れて粉が出てくるようなことはありません。今回はいつも通りWheelsmithのプレップを併用しましたが、極端に回しにくくなるようなことこそ無かったものの、実用スポークテンション域が近くなると徐々に回しにくくなり、中には少し動きが渋くなるものもあったので、プレップよりもエンジンオイルの方が相性がいいのかもしれません。実走行を重ねてみないことにはどの程度の緩み止め効果があるのか分かりませんので、スポークテンションの落ち方を観察し追って情報を追記しようと思いますが、少なくともホイールを組む上での扱いにくさはありませんでした。

この先アルミニップルを使う際は全てこれにしてしまおうかと思わせるくらい、組みやすかったです。あとは、もうちょっと安くなってDT Swiss並にアノダイズの質が安定してくれれば言うこと無しなのですが。

価格評価→★★★☆☆(性能を考えると納得)
評  価→★★★★☆(アノダイズのムラはなんとかならないのか)
カタログ重量 N/A 実測約12g @ 32個
 
mk-2  2013-9-10 18:24
このエントリーをはてなブックマークに追加
SAPIM Polyax SILS Hexagonal アルミニップル (2.0mm)
購入価格 0.25ユーロ/1個

MTBのホイール用に購入。軽量化のためにアルミニップルを使いたかったため、頑丈そうなこちらを選んだ。


リム組み換えの際に取り外した物を確認したが、目立って傷んでいる個体は無かった。アイレットなしのリムで1年半程度の使用でこれなら、私の場合は2年以上持つのではないだろうか。ダウンヒルで使うとなると、203mmのローターに強烈な効きのブレーキを組み合わせるので、スポークやニップルへの負担が非常に大きい。もちろん路面からの衝撃も半端ではないので、基本的にはアルミニップルは使わない方が良いと言われているが、外したものを見た限りではPolyaxなら大丈夫そうである。


左がPolyax、右がDTのアルミだが、品質自体はDTの方が良いように感じた。時々処理の甘い個体があったり、ヘッドの角が丸まっている個体がある。実用に支障が無いので問題は無いのだが、場合によっては使用できないものもあるかもしれないので、数個余分に購入しておいた方が良いだろう。

ほとんど振れが出なかったのはこのニップルのお蔭かもしれない。ブラスの耐久性とアルミの軽さを両立させた、両者の中間のような存在のニップル。少々値が張るが、ちょっと良いホイールを組むならお勧め。

価格評価→★★★☆☆(まずまず)
評   価→★★★★☆(全体的に良い仕上がりだが、処理は甘め)


 
mk-2  2014-6-26 2:17
このエントリーをはてなブックマークに追加
SAPIM Polyax SILS Hexagonal アルミニップル (2.0mm)
購入価格 ¥2000(64個)



別のホイール用に買い足した所、ヘッドにスロットが入っている個体と入っていない個体が混在していた。しかも、不良品が混じっているというレベルの比率ではなく、入っていない個体が3割ぐらいを占めている。確かに、マイナスドライバーを使って締めるより専用のソケットドライバーを使った方が良いのは間違いないが、私の場合は買うのが面倒なのと、仮締めは電動ドライバーで行うためスロットが無い個体が混じっているのはちょっと不便だった。もしかしたらスロットは必要ないと踏んで順次無いものに切り替えているのか、驚異的な不良品率で検品もろくにしていないのか。真相は分からないのだが、金色を買った時は全部きちんと入っていたので、前者の方が可能性は高そうだ。

また、写真左側のようにまるで使い込んだかのようなボロボロの物も混じっていた。

ニップルとしての性能は非常に高く、組みやすく緩みにくいように感じたのだが、如何せん品質は不安定なので、購入の際には必要量ぴったりではなく、数個余分を買っておく事をお勧めする。

価格評価→★★★☆☆(ちょっと安くなってた)
評   価→★★★★☆(仕様変更なのか、恐ろしいほどの不良品率なのか。それでも買うのだが)



SAPIM Polyax SILS Hexagonal アルミニップル (2.0mm) を購入する

| 楽天市場 | Wiggle | CRC













新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Lake mx237  (シューズ)  2017-1-23 12:02  yontour
SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2017-1-22 22:04  LZPT2IB
SHIMANO CN-6600  (チェーン)  2017-1-22 19:48  MERIDAkko
Giro ATMOS ll  (ヘルメット)  2017-1-21 8:40  yoshirin
SERFAS FP200  (フロアポンプ)  2017-1-20 20:19  yoshirin
OGK KOOFU BC-GLOSBE  (ヘルメット)  2017-1-19 18:42  saejii
SIDI Hydro gore-tex  (シューズ)  2017-1-17 22:41  ReClimber
ベランダで洗車  (DIY・小技)  2017-1-14 21:43  LZPT2IB
風呂場で洗車  (DIY・小技)  2017-1-14 21:32  LZPT2IB












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review