CBN Bike Product Review
TOP >  Vブレーキ・カンチブレーキ > 

TRP CX9 mini-V Brakes


 
Euvicc  2012-5-15 17:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TRP CX9 mini-V Brakes
購入価格 ¥13,230- (サイクルベースあさひネットワーキング店)

購入した自転車(シクロクロスです)の標準装備だった、同じくTRP社のEuro X Carbon (シューはSWISSSTOPのFlash Yellowらしい)から換装。ブレーキが全然利かず、下りで死にそうなぐらい怖かったので業を煮やし、CX9の購入を決意。

色は赤を選択。本国では青と黄色もあるようだが国内では売ってなかった。
アルミ削り出しって感じの質感、金属光沢がとてもGOOD。
なお、付属のブレーキシューはアルミリム用なので、カーボンリムの場合は別途カーボン用シューを用意する必要がある。今回はシマノのカーボン用を使用。

で、結果。
・利く利く。ガツン!と利く。むしろ簡単にロックしちゃうので、パニックブレーキの時が怖いぐらいw
・カンチ特有の振動(ビビリ)が解消。構造が違うから当たり前なんだけど。
・音鳴りも劇的に減少。

自分の貧脚は別として、どんだけ踏み込んでスピード出してても制動力に関する不安は完全になくなりました。ブレーキにしちゃいいお値段するけど、代金に見合う効果(と見た目)はじゅうぶんにあると思います。

# シマノが2013年新製品としてミニVを発売するというウワサが。
# ちょっと早まったか?

価格評価→★★★★☆(標準的なVブレーキと客観的に比べればお高いかと)
評   価→★★★★★(利きは掛け値なしに強力)

<オプション>
年   式→たぶん2011年
カタログ重量→ 148g(実測重量 ??g)
 
Xenon  2016-8-22 21:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TRP CX9 mini-V Brakes
購入価格 ¥16,329

 今年、ブルベやツーリングに使用することを目的としたツーリング車を組んだ際に、カンチレバー台座に装着するブレーキとして選定し、使用しています。
 通常のVブレーキよりもアームが短い、ミニV、ショートVなどと言われるブレーキの一つです。



 国内代理店であるアキコーポレーションのサイトにある情報を見ると、79デュラ、67アルテのレバーの引きしろに対応している、という説明があります。
 同じショートアームのVブレーキでも、シマノ製品は直接装着を推奨していない物がほとんど(互換品はない?)なので、ここは素直にうれしいところです。
 この特性もあってか、シクロクロスでカンチブレーキが主流だった頃には、制動力を強化するパーツとして使われた事例が、いくつも出てきました。

●外観
 パーツ本体は、アルミの削り出しそのまま、という外観で、2016年時点では、黒、赤、青のカラーバリエーション(多分、アルマイト)があります。
 好みやフレームの色に合わせて製品を選べるのも、ありがたい所でしょう。

 本体のエッジ部が、個体によっては、かえしでスパッと指が切れないか心配なくらいに、鋭く仕上がっています。
 本当に指が切れたりはしないと思いますが、扱いには少々、注意した方が良いかもしれません。

 また、非常にどうでも良い話ですが、個人的には、デザイン性で言えば、姉妹品のCX8.4の方が良いと思います(笑)。

●パーツ装着時の注意点等
 ショートアームであるため、ブレーキワイヤーが通常のVブレーキよりもタイヤに近くなります。
 私は今のところ大丈夫ですが(23C使用中)、あまり太いタイヤには対応できないかもしれません。

 同様に、フェンダーも、物によってはワイヤーと干渉するかもしれません。
 これはフレームやフォークの形状にも影響されると思いますので、現物合わせで判断するしかないでしょう。

 なお、ショートVブレーキは、タイヤとのクリアランスが狭いので、車輪を外せず、輪行には使いづらいという話も散見されますが、このブレーキはワイヤーを外すと、シューが上向きになるほどレバーが開くので、クリアランスは十分に取れます。
 ワイヤーを再度装着するのも簡単ですので、ランドナー等のツーリング車でも、制動力を高める装備として使えると思います。

 また、このブレーキは、標準のブレーキシューの舟が、シマノのロード用パッドに対応しているため、消耗品をロードと共有できるのが、地味にありがたいところです。
 試してはいませんが、標準のシューからMTB用のブレーキシューに交換することも可能だと思います。

●ブレーキの性能
 以下の文章は、主にキャリパーブレーキ(67アルテ)との比較という前提で見てください。

 まず、制動力ですが、文句なしに強烈です。
 キャリパーブレーキが「スピードコントロール」だとすると、こちらはまともに「制動」ですね。
 ショートアームとはいえ、さすがVブレーキです。

 初めて使った時、車輪が簡単にロックしただけでなく、尻がサドルの上を滑ってトップチューブの上に落ちました。
 これ、下手に全力で握ると、体が前に飛ぶか、前転するかもしれませんね。

 また、「当て効き」から「制動」に至るレバーの余裕がキャリパーブレーキより少なく、「もうちょっと当てよう」と、ほんのちょっと引いたつもりが、ガクンと減速して驚かされます。
 このブレーキの特性に慣れるまでは、コーナーを攻めたり、ブルベやツーリングでロードの皆様と車列を組んだりするのが恐ろしかったです。
 まあ、私の後ろについていた人は、もっと恐ろしかったと思いますが……。

 雨天時の制動性については、パッドの品質にも左右されると思いますが、キャリパーブレーキよりも強力でした。
 ただ、リムが濡れているとパッドが滑る感覚があり、制動性能は落ちます。
 過信しないようにしましょう。

●まとめ
 カンチブレーキから、制動力を強化したいと考えている場合。
 あるいは、これから一台、ツーリング用の車体を組むと考えた場合、お勧めできる製品だと思います。
 ただし、制動力はキャリパーブレーキとは別物ですので、ブレーキの特性に慣れるまでは、無茶しない方が良いでしょう。

 2016年8月現在、MTBやシクロクロスでは、既にディスクブレーキが主流になりつつあるので、この製品に限らず、Vブレーキ自体の需要が少なくなったと思われます。
 この製品も、TRPのメーカーサイトでは、既にカタログ落ちしているようです。

 まあ、このブレーキに対応する79デュラ、67アルテが既に型落ちで、これ以上、需要が増える余地がないので、仕方がないでしょう、
 気になる皆様は、今のうちに流通在庫をおさえた方が良いかもしれません。

●最後に、ご愛敬な部分を
 このブレーキのマニュアルには日本語表記もありますが、少し以前のアジア製家電製品のマニュアルにあったような、「日本語になっていない日本語」なのが、何と言うべきか……。

 片仮名の「シ」と「ツ」や、「ソ」と「ン」を間違っているというお約束から、似た形の平仮名の混同も多くて、無駄に読解力が必要とされます。
 最初に見た時、正規品じゃなくて、コピー品を掴まされたのかと思いましたが、色々調べたら、ずいぶん昔から同じような指摘を受けていたようで、この製品の特徴の一つだと思う事にしました(苦笑)。

 それでも翻訳レベルは結構高くて、文字の間違いを正しく直せば、文章は正しい日本語になっています。
 あと一歩の頑張り、できれば日本人の監修があれば、最高だった!


価格評価→★★★☆☆(←在庫が少なくなったのか、以前より高くなった)
評   価→★★★★★(←制動性能は文句なし。人間の方が振り回されないように注意)
<オプション>
年   式→2015年
カタログ重量→148g(カタログ値。片側のみの重量)


TRP CX9 mini-V Brakes を















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Syncros XR1.5  (サドル)  2017-3-15 19:03  canzana7
FFC METAL GRIP  (グリップ)  2017-3-15 9:22  saejii
ESI grips RACER'S EDGE  (グリップ)  2017-3-14 21:51  KDR












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review