CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年10月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C

TOP >  DIY・小技 > 

自作 shimanoフリーボディ分解工具


 
sunny  2011-12-19 0:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自作 shimanoフリーボディ分解工具
費用 2000円

手持ちのシマノハブのフリーから異音がしたので作ってみました。取扱説明書には分解しないようにと書いてあります。

リアハブ右側の玉受けの溝になにかしらひっかけて回せば外れます(ただし逆ネジ)。過去には専用工具があったらしいが今は製造されていないとか。




素材はスプロケットのロックリング。
ディスクグラインダでフリーの内径に合わせてロックリングの外径を小さくしていき、ミニルーターを併用して玉受けを回す爪を作れば完成です。



これとロックリング回しを併せて使用します。逆ネジです。



あまり力入りません。簡単に外れます。
フリーボディのモデルによってサイズが微妙に異なるらしく、後々微調整が必要になる場合があります。

分解すると、ラチェットと2列のベアリングがあります。ボールは小さく、数はそれぞれ25個です。






洗浄後グリスアップして組み付けますが、その際、グリスの粘度が高すたり、量が多すぎたりすると、ラチェットの爪が動かずクランクが空転する場合もあるらしいので注意してください。

ちなみに、手先が器用な方はマイナスドライバーを溝に当てハンマーで叩いて分解できます。

製作費用はミニルーター用ダイヤモンドカッター代の2000円です。当初はやすりで削っていこうと思っていましたが硬くてあきらめました。ほかの工具は借り物、ロックリングはあまりものです。



価格評価→★★★★★(ただし、電動工具がある場合)
評   価→★★★☆☆(手間の割に使う機会があまりない)
 
jisakufree  2017-7-15 16:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自作 shimanoフリーボディ分解工具
価格 700円位(ソケット代)

スプロケのロックリングから製作している方の投稿を参考にしました。
外径29mmのソケットも自作のベースとして使えます。
私はTONEの21mmのソケットから作りました。
単に突起を2つ対称に削り出せば良いだけなので、こちらの方が簡単かと。
根気があれば、電動工具を使わずに万力とやすりだけで作れると思います(あて木も忘れずに)。
窪みの深さは約1.8mm、幅は約4mmでした。





フリーボディ内部の鋼球のサイズは1/8インチでした。
上の画像に写っているのはハブ本体の鋼球です。
モデルによってサイズが異なる可能性がありますが、低価格帯のホイールなら間違いない、と思います。

私の個体は、カップがかなり固めに締められていました。
カップはフリー内部のベアリングのコーンとしての役割も担っているので、調整によりトルクに差が生じるようです。
また、かなり調整が雑でした。
元からフリーのガタが大きく、調整に使われている極薄スペーサーを一枚抜いてもまだ内部にすきまがありました(二枚抜いたら予圧がかかった)。
新品の個体を確認しても予圧がかかっていることは無いので、恐らくこの部分は予圧をかける必要が無く、逆に内部に適切なすきまを設ける必要がある様に思えます。
という訳で、私は一枚だけスペーサーを抜いて、少し遊びがある状態で組み込みました。
組み込む際の参考にどうぞ(間違っている可能性もあるので自己責任でお願いします)。

フリーボディをオーバーホールする際は、折角なのでリアハブ全体で潤滑剤の「成分」を統一することをお薦めします。
例えば「シマノ フリーハブボディグリス+シマノ プレミアムグリス」「ベルハンマーグリスちょう度0号(又はベルハンマーオイル)+ベルハンマーグリスちょう度2号」等。
フリーボディとハブの潤滑剤が混ざって性能が著しく低下する心配が無くなります。


価格評価→★★★★☆(手持ちの工具による)
評   価→★★★★☆(意外と簡単に作れる)

 
sosu  2017-7-22 3:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自作 shimanoフリーボディ分解工具

購入価格 ¥0

ワンタッチピクニカのホイールの回転の悪さで最後に手を出すと効果がある可能性があると聞いて、
フリーのグリスアップをしてみる事に。

フリーボディの分解工具は、シマノが分解するなと言う方向性らしく
早々に販売を終了してしまったそうなので、
(ちがうだろ!専用工具が販売終了前の時代の自転車のフリーは分解整備前提じゃないのか?)
DIYerのほとんどはソケットを削り出すこの方法で自作している。
私がベースに使ったのは外径がほぼ30mmの粗悪な1/2の22mmソケット。
ディスクグラインダーの切削用ので、グラインダー本体に支点を置いて削ると速攻で削れます。
高価なものほど削りにくいかもしれません。
切断歯に切り替えて、突部分の角をそれなりに出して割とメチャクチャな精度で完成。
ここまで一度も油性ペンとかでマーキングすらしていません。

しかし回すに辺り長ネジで固定してやるので、適当でも良いのです。
パイプ状のものを掴んだだけで軽く50Nmとかで回せるクニペックスコブラとかがない人は、
モンキーとかがかけられるように溝を掘る必要があると思います。
その場合は電動工具がないときついので、シマノの他の工具を削って作ってる方もいました。
これの、ちょっとツメの寸法がでかいだけの似た工具があるそうです。

また、自動車用のo2センサーをはずすソケット(7/8インチ=22mmという規格)も上部にレンチがかけられるものも多いので、
それをベースにするという手もあるかと思いますが、安価なものほど外径が30mmでなく32mmぐらいのものが多いっぽいです。
(安い=強度を稼ぐために肉厚が厚い)
ここはかなり固着してはずれない場合がある、という前評判だったのですが、私の個体だと回す方向さえ間違わなければ、長ネジで固定することもなかったな、というぐらいの印象でした。
むしろ、貫通マイナスドライバで叩けば外れるぐらい。(BBもそれで外れたし・・・)
やはりこのへんは雨ざらしになってるかどうかで大きく差が付くところだと思います。

また、はずれた場合、片側3mmとかの24個の硬球が入ってるので、私はプラスチックの箱の上で作業しました、
硬球が小さく多いので、球状のものを掴むビーズ用のピンセット
(ミネシマのF-20が350円ぐらいとお手頃で流用されてる方も複数居るようです)かがあればちょっと楽かなと思いました。
個人的に微妙に欲しいかなと思ってた、マダニ処理用のピンセットも似た形状なので流用できるかもしれませんが、
膨れたマダニの大きさを考えると大きすぎな気がします。

私は、フリーハブは逆ネジである事を知らずに思いっきり左に回してしまいましたw
しかも、回らないから、パイプのエクステンションまで噛ましてw
で、ちょっと回ってしまったんですよね・・・
そのせいか、元に戻したらフリーがちょっと固定っぽくなってしまったので、
アルミ缶を切り出した0.1mmのシムを挟んで事なきを得ました。
元々は変な突起が付いた1.0mmのシムが入っていました。
シムだけで玉当たり調整としているので、何枚かシムが入ってるホイールもあるようです。

グリスもフリーハブ用のが良いらしいのですが、
これも調べずにデュラグリスを突っ込んでしまいました。ただ、量は少なく、
背面から水が入り放題な構造のため一般車等で耐久性を重視する場合はアリという話もあります。
5%の坂を含む1kmほどの坂道下りのテストで、ハブのみグリスアップ、フリーグリスアップ(フリー少し固定化状態)、
フリーグリスアップ(シム0.1mm追加)、ホイールバランス取り後
いずれも速度に変化がありませんでした。
ここで、フリーのグリスをフリーハブボディグリスに変更すれば変わるのかもしれませんが、
ここまでの整備前後で変わらないので、どうかな?といった感じです。
しかも、ワンピクの場合はシールとかが皆無で隣の部屋同士つながってるような構造で、
むしろデュラグリスで浸水抑止と浸水時の流出を防ぎたい感じです。
ちょっと流れ出ればグリス使い分けたところでお互い混ざるよね?という疑問もあります。

私が開けたのはワンピクのベルトフリーですが、
jisakufreeさんが開けたものと規格が同じだと思います。

測るのを忘れてしまいましたが深さは1.5mmは確実にあるが、
2.0mmあるかは微妙、という規格のものでした。
ハブシャフトは抜いた後の作業で内径側に制限はないので、
固着がきつく無ければ4×30の鉄のバー材みたいなものを巨大なマイナスドライバのようにしてバイスグリップで挟んで回せるかもしれませんねw


はずした部品、まともな写真が残ってなかった・・・


価格評価→★★★★★
評   価→★★★★★


自作 shimanoフリーボディ分解工具 を購入する

| 楽天市場
















新着レビュー & 新着記事

新着レビュー(最新100件)

Selle Anatomica X2  (サドル)  2017-8-23 14:39  kuro_sirius
ELITE VICO CARBON  (ボトルケージ)  2017-8-22 23:45  baru
KABUTO AERO-R1  (ヘルメット)  2017-8-17 9:52  hide
SHIMANO 105 PD-5800  (ペダル)  2017-8-15 15:50  kazane
fabric Scoop Radius Pro  (サドル)  2017-8-15 14:19  baru
WOHO Flying Fender M  (フェンダー)  2017-8-15 12:18  baru
スーパーカブ最強伝説  (JOKE)  2017-8-11 13:15  neri
自転車あるある  (JOKE)  2017-8-11 9:33  neri
intro Soldier-2  (グローブ)  2017-8-11 9:30  neri
TIME expresso4  (ペダル)  2017-8-8 9:43  neri
fabric Scoop Radius Race  (サドル)  2017-8-4 22:27  flare
fabric Scoop Flat Elite  (サドル)  2017-8-4 21:12  flare
BONT T-ONE  (シューズ)  2017-8-2 14:13  neri
ITM RACER SOS  (ステム)  2017-8-1 17:51  neri
ITM ALUTECH   (ステム)  2017-8-1 17:38  neri
FSA/SL-K 31ステム   (ステム)  2017-7-30 7:57  neri
Deda ZERO-100SC 31ステム  (ステム)  2017-7-29 13:37  neri








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review