CBNANASHI.NET: 自転車レビューサイト
ID: PW:

Google Chromecast  Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング

アソス シャーミークリーム

rinproject カスク フェイクレザートリコロール エストニア

TC-1 二輪チェーン用おそうじクロス 5枚入り

SHIMANO SM-SH11クリートセット(セルフアライニングモード/ペア/M5×8mm)

MICHELIN Pro4 SC


TOP >  ロードホイール > 

Fulcrum Racing 7 CX


 
lin_gon   2011-11-28 1:16
Fulcrum Racing 7 CX
購入価格 ¥15,143(前後セット。wiggleで)



通勤に使っているシクロクロス車 Gary Fisher Laneについてきたのは
Bontrager無名32Hホイール。
クラシックな出で立ちも悪くはないが、
いいのがあれば、もっとスポークの少ないものに交換したいと思っていた。

ただ、太目のタイヤが嵌められると明示しているホイールは、あまり多くはない。
たとえばシマノでいえば、WH-R500は28mmを上限としているし、それ以外はたいてい25mmどまり。
MAVICはだいたい32mmまでOKだが、他のメーカーは不明が多い。

その中で、カンパ/フルクラムが、シクロクロス用ホイールを出しているのが目につく。
タイヤは35mmまで可。悪天候時でも泥水やダストのハブへの浸入を防ぐんだそうな。
シクロクロスのレースに出るわけではないが、
雨でも自転車通勤するので、タフであるに越したことはない。

シクロクロス用「CX」があるのは、フルクラムがRacing 7/5。
カンパはKhamsin、Vento Reaction、Scirocco。
いずれもシマノ・フリーの用意がある。
G3スポークはあんまり好みじゃないので、フルクラムかな・・・と思っていた。

で、先日wiggleを見ていたら、珍しくフルクラム Racing 7 CX・シマノフリーの在庫があるではないか。
しかも、結構お得なクーポンつき。
思わずポチ。



さて、まずは体重測定。

Bontrager無名32Hは、測ったことはなかったが、おそらくは前後で2kg以上と思われた。
だってBontragerは、市販のRaceもClassicも1.9kg以上あるんだから。

それに対してRacing 7 CXは公称1,849g(フロント828g、リア1021g)。
カンパ/フルクラムはサバ読むらしいけど、
それでも150gぐらいは軽くなるんじゃないかと踏んでいた。

まずは、外したホイール(リムテープ込み)。
フロント910g、リア1175g。合計2085g。ふむふむ。そんなもんだろう。

次に、Racing 7 CX(これもリムテープ込み)
フロント890g。40~50gぐらいサバ読んでるかな。
そして、リア。

なんと・・・1155g! リムテープ分引いても、カタログ値より110gは増えているorz
控えめに見ても、1割はサバ読んでる勘定。こんなん許されるんかいな~

---------------

それでも換える前よりは前後各20gだけは軽くなっているので気を取り直して・・・

タイヤはコンチネンタルのGP4Seasonだが、「フルクラムは嵌めにくい」という噂とは違って、難なく嵌った。
GP4Seasonだからか、下ろしたてじゃないからか、CXは嵌めやすいのか、真相は不明。

乗ってみると、よく回るので、気持ちよく走れる。
乗り心地は・・・若干クッションが効くようになった気がする。

ラチェット音ははっきり聞こえるが、
爆音という程ではなく控えめで、前の人が気づいてくれるか微妙な音量。

軽くはないが、モノはいい。コスパ高し。
クロスバイク付属のホイールからなら、換える意味は十分あるだろう。

価格評価→★★★★★ 安い。
評   価→★★★★☆ サバ読み分マイナス。

年   式→2011
カタログ重量→1849g(実測重量→リムテープ込み2045g)















latest reviews & articles - 新着レビュー & 新着記事


(最近の60件)

自転車あるある  (JOKE)  2014-11-1 2:56  sosu
GARNEAU COURSE HELMET  (ヘルメット)  2014-10-26 22:12  baru
[REAR] CROPS EZ400MU  (ライト)  2014-10-22 22:26  sosu
[REAR] IPF LED X-TAIL  (ライト)  2014-10-16 22:35  LZPT2IB