CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年12月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  ペダル > 

crankbrothers candy 2


 
mk-2  2011-11-23 22:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
crankbrothers candy 2
購入価格 ¥6000


CRC以外ではほとんど売っていないようだが、この赤/黒カラーはリミテッドモデルという位置づけらしい。

CrankbrothersといえばMTBペダルとして確固たる地位を気付いたEgg Beaterが有名だが、それにゲージを付けたのがCandy。樹脂ゲージの1から数字が上がるごとにグレードが上がり、トップグレードは11となる。1→2→3→11という展開になっているため、このCandy2は下から2番目という事になるが、それにしては良い見た目だ。


Egg BeaterではなくCandyを選んだ理由はプラットフォームがあるため(踏み面が大きい)だが、いざ取り付けてみるとあまり意味が無いような気がする。接触しているのはペダルシャフトの部分のみで、ソールはほとんどしならないため他の部分には全く当たっていない。ぺダリング中に接触しているならプラットフォームに傷が入るはずだが、ほとんど新品の時と変わっていないためずっとこのままなのだろう。一応ペダル本体を接触から守るという効果はありそうだが、ペダルだけを壊れるほど強くぶつける事なんてあるんだろうか・・・とにかく、最初から分かっていれば軽さを取ってEgg Beaterにしただろう。


ちなみに、かっこいい色付スプリングは100kmも走るとクリートに削られてこんな状態になる。剥がれないというのは無理にしても、もう少し持ってほしいところ。また、この写真を見ても分かる通り、ソールと接触しているのは銀色の部分だけのようだ。プラットフォームの部分には全く傷が無い。

SPDは使ったことがないのだが、固定力は強くもなく弱くもなくといった感じ。形状のお蔭かキャッチは簡単で、はまると小さくパチッと音がするが、私の個体はたまに左足だけ無音ではまる事がある。走行中に不用意に外れる事はないが、フローティングの固定具合はロードのビンディングに比べると随分ルーズなので、慣れるのには少し時間が掛かった。ソールの山が高い場合はクリートの下に付属のスペーサーを入れる必要があるが、私のシューズの場合はそれでも若干高さが足りないようでフローティングは結構渋い。フローティングの具合はこのクリートの高さの調整である程度コントロールできるようだが、あまりギチギチだと砂利を噛んだ時に動かなくなるので、少し余裕があるぐらいにしておくことをお勧めする。リリースはキャッチ同様楽なので、ビンディング初心者でも安心して使えるだろう。クリートの左右を入れ替える事で15度/20度とリリース角度を変えられる(良く見るとクリートのツメが若干オフセットされている)のを知らずに適当に付けたので20度になっていたが、それでも問題なくリリースできている。適当に捻っても外れてくれるため数字ほど大きいようには感じなかった。

プラットフォームの存在意義については疑問が残るものの、良くできたペダルなのは間違いない。価格はそこまで高くないものの見た目はペダルの中でもかなり良い方なので、最初のビンディングペダルとして購入しても長く使っていけるだろう。

価格評価→★★★★☆(妥当なライン)
評   価→★★★★☆(見た目は満点だが、機能面で少々疑問が)



 
sosu  2013-7-26 16:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
crankbrothers candy 2

購入価格 ¥6614

両面キャッチのペダルでなんか良さげの無いかな~
→あ、エッグビーターとか良さそうじゃん
→でもこれロードに付けるのはおかしいだろ
→あ、candyならアリだな
→その中でお手頃なのは

ということでcandy2になった。

レビューは他のcandyシリーズのものと似たような感じで。

フラペとしては使えない事も無いがウイング形状は踏むためのものじゃなく
プロテクタ用途らしいので滑り止めの形状は無く、常用はきついのでは。

ビンディングセット時はシャフト上の面しか接地(オレンジペダルでいう銀色の部分のみ)してないので、
今まで使ってたスタンダードな四角い片面SPDペダルに比べてちょっと安定感が無く、
ラバーソールだとピンポイントで食い込むので足が痛む気もする。
サスのあるMTBなら気にならないか?それか、こういうもんだって事かもしれませんけど。
4面キャッチを実現しており、装着部がクルクル回る為か一回り踏み面積が小さいというか。

装着の際は最初なんか入りにくいな?
と思って付属のスペーサーを入れてみたが、
今度は入るけどクリック感が全然無くて、外すときにヌルッとした感覚ではずし損なう事が多かった。
でまたスペーサー無しに戻して、スプリングのへんに注油してみたらちゃんと脱着出来るようになった。
装着感は"バチン"じゃなくて"ぱちん"って感じで少し弱い、
(スプリングテンション調整できるペダルなら最弱レベル?)
装着するのはかなりやりやすいです。"場所さえ合っていれば置いたらハマる"感じ
ペダル踏面がツルツルだからグリグリやって位置を探しやすいというのもあるのかな?

ただ、このペダルは外すときにちょっと独特のものがあるので、
クランクが何時の方向にある時でもはずせるよう練習しとかないとまずいですね。
15°リリースにセットしていますがやはりはずしやすいペダルという印象は無いです。
固定力自体は強いという感じでもないので、落車時は簡単にはずれます(はずれましたwww)
※あくまで、以前使ってるペダルに続き2つ目のビンディングペダルにした人の感想です

※日本で取り扱いをしているライトウェイのインプレッションページでも、
"着ける方は着けやすい"といった意味深な表現があります。


デザインはシンプルで良いです。
オレンジはスプリングが赤で派手。
いくつか限定色?があるようで赤/黒や金/黒や黄緑/黒などが画像検索すると見つけられる。
赤/黒欲しかったなぁ( ゚д゚)…


シューズとしてのマッチングは3ホールのロードシューズに変換装着する
純正の3ホールアダプターっていうのもある

これだとウイング部分も接地するのかもしれない=ウイング部のアルマイトもハゲてくる?

総合するとこのぐらいの値段なら買いだけど、
今の値段(8000~10000円)だとちょっと微妙な気もする。


価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★☆
<オプション>
年   式→ 2011
カタログ重量→ 296g
 
sosu  2014-2-9 7:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
crankbrothers candy 2
ちょこちょこ調整をしていて、
スプリング注油、クリートに油を吹いちゃう、トルクレンチを使う、
(スペーサーシムは1枚必ず使用。
なので予備クリート(2079円)もシム(189円)と共に購入した)

どれが効いたのか良く分からないけど、
ポクッ、と簡単にはずれるようになって実用上なんの不満も無くなった。
(乗車時間及び脱着回数は多い方ではないので、摩耗でそうなったのでは無いと思う。
リリースアングルは15度と20度の2種類を左右組み換えで設定できるが15度を選択)

調整の過程でSPDペダルと比較したりもしたが、
SPDより容易。ただしwellgo WPD982(2000円ぐらいの片面SPDペダル)
付属のシマノ互換クリートなのであまり参考にならないかも。

キャッチ部分とプラットフォームがそれぞれ独立して回転するので、
角度がズレていた場合キャッチできないが、キャッチ部分自体は4面キャッチなので、
少々グリグリやって角度をズラせばキャッチできる。


踏面の狭さによるつま先の痛みは鍛え方が足りないだけのような気もして
現在は気にならない、
歩行が容易なシューズが使えるのでそこは一長一短か。


マレットという踏面が広いモデルもあるが、
あれはちょっとでかすぎる・・・重量も428g、でかくても、一度試して見るべきなのか。
キャンディとマレットの間ぐらいの大きさのものが出れば飛びつくんだけど。


今は値上がりして9000円ぐらい・・・ちょっと高いですね。
両面SPD系でいいというだけなら、シマノの両面SPDのPD-M530が尼で2435円。
デザインとか贔屓目に見ても・・・やっぱちょっと高いですね。



価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★☆
 
Minagi_Ichirino  2017-9-28 23:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CrankBrothers Candy 2
購入価格 ¥8126- (Wiggle)

 MTB、泥系に強いUSパーツメーカー、クランクブラザーズのいわゆるSPD系ペダル。



 クランクブラザーズのペダルといえば、やはり4面キャッチのシンプルなビンディングペダル「エッグビーター」が有名で、あれに両サイドに多少小さなケージが付いたものが「キャンディ」シリーズ。

 上記でも書かれてる方が居るように、キャンディシリーズは、プラスチックのケージの1から数字が増えるごとにグレードが上がっていき、違いは主に重量。
 細かなところで素材や製法も違ってるようだけど……

 自分がチョイスしたキャンディ2は、シリーズの中では一番「ヘビーデューティー」(物は言いよう?)なモデルです。

 カラーバリエーションも豊富で、USパーツらしくアルミの削り出しのゲージにアルマイトカラーが良いですね。
 形は洗練されてるけど、こういうセンスはバタ臭くていいよね。

 クリート1セットの他に、クリート高調整用のシムがついてきます。


■買った目的など
・主にシクロクロス用途で購入……なので、とにかく泥づまりなどに強くて、安定感のあるペダルを用意したかった。

 今までSPDSL系ばかり使っていた自分には、MTBのキャッチ&リリースって、どうかなって感じだったので、中でもとりわけ、悪コンディションでの定評があるクランクブラザーズをチョイスしました。 
 
 エッグビーターと迷ったところもあるけれど、キャンディを選んだ理由は、やはりケージの有無。
 SPD対応シューズは、SPDSL対応のものに比べると、ある程度歩行を考慮されたシューズが多く、ややしなやかなソールでは、踏面がないペダルだと、シューズが必要以上にしなってしまって、力が入れづらかったり、場合によっては足が痛くなったりしてしまうんですね。
(特に以前ナリーニの安物を履いてた時に、ソールが柔くて、ヒルクライム時に足の裏の痛みに悩んだことがありました……)

 踏み込んで靴がしなった時に、受け止めてくれるケージがあるというのは、やはり「踏ん張れる」側面では有効なんじゃないかなとも。


■実際使ってみた感想
・まず、クリート高をちゃんとセッティングする必要があります。
 つまり、シムをつけたり外したりして、ペダルのケージ部分とシューズのソールとの距離感を合わせてあげてから使います。

 自分の場合シムを入れずに使ってみたところ、あまりにもキャッチできずに「なんだこれは!?」って面食らってしまったわけですが、自分のシューズ(GIROのPrivater-R)はソールがやや厚く、クリートそのままだと、奥まってしまって、きちんとキャッチされなかったんですね。
 シムを入れて、再度クリート調整すると、快適にキャッチしてくれるようになりました。

 キャッチ(ステップイン)のしやすさ、はとりわけ「わぁ!やりやすい!」ッて感じではないですが、奇をてらった感じもなく極普通の感じで、ストレスは感じないですね。
 キャッチしてからは多少遊びがあり、多少動かすことが出来ます。
 自分の場合、シクロクロス用途なので15度でのリリースで設定しましたが、まずまず良く外れてくれます。
 ……疲れてヘロヘロになってると上手く外れない時もありますが……

 アルミケージというのもあり、ソールがきちんとコンタクトしてくれれば、かなりダイレクトなペダリングを見せてくれます。
 普段使ってるTimeのペダルよりも全然ダイレクト感があり、どっちかといえばグイグイペダルを回す系のライドが良さそうですね。

 一度MTBに付けてダウンヒルでも使いましたが、やっぱりダウンヒルで踏ん張ったりフットポジション選びたいなら、もうちょっとケージの大きいペダル……マレットやダブルショットとかの方が良さそうです。

 シクロクロスということで、かなりラフに使ってますが、概ねいい感じに頑丈です。 少し砂や泥が入って、ビンディングゲージなんかは動きがやや渋いですが、使ってる分は全く違和感ありません。
 もちろんペダルそのものの回転も安定してます。

 ただ、ハイエンドモデルなんかになると、故障の話も聞くので、現場重視のガンガン使いたい人なら、2か3あたりが評判良さそうです。


■総括して
 作りとしてはやや大味で、割と細かいことは気にしない人向けです。
 物によって、やや個体差があるようで、けっこうビンディング部分の遊びが大きい人もいるようです。
 実際使うと、結構ダイレクトな感じで、それ以外は割と普通の使い心地です。

 泥はけがよく、レース後に泥が詰まっても、割と簡単に落とせますし、ラスペネなんか吹いてやりますと、レース中も泥が付き難くくてよいですね。
 実際、シクロクロス会場では、こいつかエッグビーターかのチョイスが結構目立ちます。
 安定した選択肢でしょう、オススメできます。

 ソールが硬いレーシングなシューズを利用されてるなら、エッグビーターで良さそうですが、わりとソールがしなったり、踏ん張りがほしいという方なら、シム調整が必要ですがキャンディがお勧めです。


価格評価→★★★★☆(このキャンディ2はシリーズの中では非常にコスパの良いグレードだと思う)
評   価→★★★★☆(やや大味な作りは人を選びそうですが、それも含めて良さがわかれば良いものと感じるはず)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 327g
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新100件)

自転車あるある  (JOKE)  2017-10-20 23:33  kuromitsu2
ダイソー タイヤレバー  (100均)  2017-10-16 21:36  neri
fabric Knurl tape  (バーテープ)  2017-10-11 22:39  canzana7
OGK ZENARD  (ヘルメット)  2017-10-10 20:24  baru
PEDRO'S GO!  (ケミカル関連)  2017-10-9 13:36  neri
SHIMANO XTR PD-M9000  (ペダル)  2017-10-8 17:48  oreore3
Bontrager FS2000  (サドル)  2017-10-2 23:20  kazane
バニー坂  (書籍・DVD)  2017-10-2 20:23  kuromitsu2
grunge Carry  (輪行バッグ)  2017-9-29 21:07  asatamagawa
Sidi Cape MTB  (シューズ)  2017-9-25 0:52  oreore3
Vipro's Blue-no  (ケミカル関連)  2017-9-24 23:17  taka888
SHIMANO SL-3S90  (シフトレバー)  2017-9-24 15:44  KDR
SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2017-9-19 23:21  kuromitsu2
OGK XF-1 ADJUSTER  (ヘルメット)  2017-9-19 19:38  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review