CBN Bike Product Review
TOP >  サイクリングコース・峠・名所名物・レース > 

[Cycling Courses] 日本縦断 (佐多岬→宗谷岬)


 
TORIAL  2011-11-2 21:24
このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 日本縦断 (佐多岬→宗谷岬)
旅費 ¥約13万円程度(交通費、食費、入浴費など・・・)

これサイクリングコースじゃなくてツーリングコースだけど良いのかな?しかも走ったのは2008年と3年前だし・・・まぁいいか。レビューします!
走ったのは
出発日2008年8月9日(鳥取発)、佐多岬出発8月15日
終了日2008年9月17日9時45分(宗谷岬到着)、9月20日(帰宅)
実質走行日数29日間
総走行距離3652キロ
で、大雑把なルートは大雑把なルートは
佐多岬→九州瀬戸内側→下関→山口と島根日本海側→尾道→しまなみ海道→愛媛→香川→徳島→和歌山→大阪→京都→滋賀→福井→日本海側をひたすら北上→青森から津軽海峡輪行→知内→小樽→札幌→また日本海側を北上→増毛、サロベツを抜け宗谷岬へ。
です。簡単な経路図は以下です。

一部、海峡などを越える際にフェリーや鉄道を利用しています。

さて、この旅、実はかなりのトラブルだらけだったが、思い出も多く出来た。幸い旅日記をつけていたのでそれに沿ってレビューしようと思います(というかほとんど旅日記です)。
・8月9日 プロローグ
早速、全身筋肉痛だ(笑)輪行が予想よりかなりしんどい。全荷物の重さは35キロくらいあるから乗り換えするたびに汗だくだ。今日1日輪行して鳥取から大牟田まできた。駅の隅っこでテンマツを敷いて寝る。明日の始発で山川に向かう、明後日フェリーに乗って根占に行き、そこから佐多へ。まだ始まっていないがかなりわくわくしてきた。明日が楽しみだ。

・8月10日 プロローグⅡ、最悪の日
今日は今までの人生で最も絶望した日だ。いやもう、ほんと鳥取にディレイラーハンガーの予備があって良かった。そうじゃなかったら駅のホームに身投げしてたかもしてない。山川の温泉に入ってそれから出たところだったフェリー乗り場へ向かおうとした瞬間ガチャン!と変な音がしてリアタイヤがロックした。全身から汗が吹き出る。確かこの経験は前にもあった。そう、あれは大学1年のとき、リアディレイラーがホイールにまき込まれたときの感じだ。恐る恐る振り返ると見事にリアディレイラーがホイールにまき込まれ、エンド金具が無惨にも折れていた。ついでに俺の心も折れかけた。
それから、何とか駅に戻るとすぐに鳥取に帰る準備をした。確かなことは鳥取に帰ればチャリは必ず直るということだった。幸いにもディレイラーハンガーの予備が家にあるのだ。だから諦めない、まだ生きてる。前向きに考えよう。まぁドラマティック(笑)なスタートじゃないか。今、一番心配しないといけないのは所持金38円ということだろう。そのせいで夕飯は抜きだ。明日になれば銀行にいけるか。

・8月11日 出発予定日
今日は本来の出発予定日だったんだけど・・・・・。まぁこんなこともあるか。とりあえず東萩まで戻ってきた。明日の2時ごろには鳥取に戻れるはず。精神的にだいぶまいっていたが落ち着いてきた。
やはり中国地方の風は落ち着く。なんとなく雰囲気が良い。しかしまぁ今日は何人もの人に「大丈夫?」と声を掛けられた。そうとうひどい顔をしていたんだろう。まぁ食べ物がのどを通らないくらいだったけど。でもここ、萩に行く途中の汽車で会ったおばさんに飴とか菓子パンを頂いた。正直、涙でそうになった。それでようやくものを食べることができた。なんとか元気出てきた。明日、鳥取で必ずチャリを直そう。そしてもう一度スタートだ。

・8月12日 再出発
疲れた・・・・・が、チャリは直った。結局、ディレイラーハンガー、リアディレイラー、ホイールを交換した。
最初から想定外の出費だが仕方がない。今日は米子駅で寝る。去年の夏にも
同じことをやってたな。まぁ米子なら安全か。とりあえず明日には九州にいけるだろう。なんとしても。まずは佐多岬につかなければ。

・8月14日 スタート前日
とりあえず、山川からフェリーに乗り根占に着いた。そこから佐多まで自走したのだが予想以上にしんどかった。かなりの登りがあった。まるで縦断をスタートする俺への洗礼のような坂だった。
しかし明日、朝には最南端佐多岬に行ける。いよいよスタートだ。それからまたものをもらった。
今日のテン場に着いたら宮崎からキャンプに来てる親子連れにあって、水やらお菓子を頂いた。もらったミネラルウォーターのボトルには何故か東国原知事が載っていた。なぜ?そんなに賑わってるのかな?

・8月16日 いろいろもらって最後はリバース
昨日(15日)は日記が書けなかった。その理由は以下の通りだ。
佐多岬をスタートして佐多の山を抜け、コンビに立ち寄ると早速ミニベロに乗ったチャリダーに出会った。社会人で宮崎の方から来たらしい。いろいろと話すと同じ佐多の坂を登った人でいろいろと語り合った。その人は学生時代からチャリに乗っているようで、学生時代いろいろ助けてもらったからと言って、別れ際に3千円くれた。いやもう・・・・・話しかけてくれただけでもかなりうれしいのに。
悪いことの後には良い事があるってことかな?でも涙出るわ。
その後、220号線を北上し、今日はくにの松原大崎という道の駅に泊まることにした。ここは温泉併設の道の駅で屋根のある場所もありテン場には最適だ。風呂から上がると地元のおじさんが話しかけてきて、これから宴会やるから一緒に飲もうと言って来た。どうやら他にも2人チャリダーがいるらしい。そして一緒にご飯とお酒をご馳走になったのだが、そこで言われた言葉は
「ここは九州だから一杯目以降は焼酎しかないよ!」
そしてそのおじさんたちのお酒に強いこと強いこと・・・・・・・リバースしました。そのままフラフラになりテントへ。爆睡。結局日記は書けず。これが昨日日記の書けなかった理由。まぁ楽しかったな。
そして今日、16日は宮崎のサン・ルピナスという温泉に泊まることに。ここは泊まる予定ではなかったのだが温泉から上がるとそとは大雨で雨宿りしてたら、今日ここに泊まってもいいよと。言われた、さらに夕飯は食べたか?と聞かれてまだと答えると売れ残りのお弁当をくれた。いやもう・・・・九州最高!


佐多岬の看板と日本で一番長いと思われる案内看板
8月18日 旅人
今日はやよいという道の駅に泊まることにした。ここも温泉併設でテン場には良い。
今日は行商のおじさんと大学5年生になってしまったチャリダーに出会った。チャリダーのほうはmixiやってるそう後でマイミク申請しよう。今日、会って話をしていろいろな旅をする人がいることを
知った。チャリで旅する人、ママチャリで旅する人、徒歩で旅する人、トラクターで旅する人などさまざまだ。でも中には浮浪者もいるらしい。なんかいろいろだね旅ってのは。

8月19日 チャリダー集合
今日のテン場は新吉富の道の駅。ここは温泉併設ではなかったが2キロ手前に入浴施設があって助かった。今日はチャリダーが自分以外に4人、しかも小5の男の子まで。お父さんとロードで旅をしているらしい。しかしすごいのがこの親子、佐多岬から来たらしい。実は佐多岬によったとき1日前に親子連れのチャリダーが来て旅立って行ったよと灯台のおばちゃんに教えられていた。まさかこんなところで出会おうとは思いもしなかった。お父さんはデュラ組みGTのフルカーボンロードにキシリウムSL、子供はアンカーのジュニアロードをデュラ組みなんてこったい・・・・・。子供までSPD-SLつけてるし。後の二人はママチャリだけどこっちもすごい。かごとキャリアの横にトートバックがくくりつけたあってサイドバッグみたいになってる。ものすごい荷物だ。こんなので旅するとは感服する。ママチャリの二人はどうもお祭り会場でバイトをしているらしく、その会場間をチャリで移動してるそうな。すごいなぁ。あ、ちなみに今日も夕飯ご馳走になりました。ほんと九州の人はやさしい。なんか助けられてばかりだ。


今日会ったチャリダーの皆さん(プライバシー保護のため顔はモザイクかけてます。ちなみに左端が私です)

・8月20日 野犬
今日は朝からひどい雨だ。どうも大雨洪水警報がでてるらしい。途中あまりの雨の激しさに視界が奪われてきたのでいったん雨宿り、しかし午後からは何とか天候は持ち直してくれた。ようやく九州を抜け山口にやってきた。昨日会ったロードの親子連れは途中まで一緒だったけど、これから秋吉台に向かうようなので、下関で別れた。今日はよくわからない浜辺の公園に泊まる事になった。
しかもここは長門市。なぜこんな遠くに来てしまったかというと・・・途中野犬に追っかけられたからである。あれは確か長門市の手前40キロくらいのところで、今日のテン場を探していると、いきなり道脇から野犬がとび出してきて追っかけられた。しかも3匹もでてきた。途中足元まで近づいてきて噛まれそうになったので「コラーッ!」と叫んでボトルゲージいあったペットボトルを投げつけた。それで後は全力のスプリント。何とか逃げ切ったがまた野犬が出てくるかも・・・・との恐怖感に駆られ、ある程度人のいるところに行こうと思い。長門市まで来てしまった。今日の走行距離は150キロくらい。雨の中走ったんでかなり疲れた。しかも野犬に襲われたせいで夕飯を買い忘れた。腹減った、疲れた。周りにコンビニは無いようだ。とりあえず、カロリーメイトが2箱あるから今日はそれを食べて寝よう。もう疲れた・・・。

下関にて

・8月21日 先輩の知り合い
えーと・・・・昨日泊まっていた公園は確かに公園だったんだけど、そこの場所を選んだ理由が隣に明るい建物があったから何だけど、朝起きて気がついたけど隣りラ○ホやった(笑)通りで明るいわけだ。まぁいっか。それはさておき今日はまたすごい出会いがあった。山口と島根の県境のローソンによっているとチャリダーが一人やってきた。聞いてみると何と同じ日本縦断中らしい。同じく佐多岬スタートだそうな。まさか同じような人に会おうとは。そして話をしていると今度は島根方面からまたチャリダーがやってきた。しかも今度は女性!?ちなみに乗ってるチャリはグレートジャーニー。話をしてみるとなんと北海道から来たそうな。すげぇ・・・・。何でこんなに長距離旅行者が集まったんだろう。偶然って恐ろしい。しかも話をしているとその女性が俺を見て。
「ねぇ・・・大学の先輩で○○って子いない?」
「え、いますけど?」
「あー!やっぱり!その子私の高校生のときの同級生なの!」
・・・・なんですとー!日本は狭いものですな。今日、俺が着ていた服は大学のサークルのTシャツでこのTシャツを見て思い出したそうな。やっぱり相当目立つしインパクトあるんだな、これ。Tシャツがつないだ不思議な縁でした。そしてそこで分かれてから俺は益田に向かった。益田にはいとこがいるので今日はそこの家に泊めてもらうことになった。ついたのは6時くらいかな。家に行くと暖かく出迎えてくれた。夕飯も外食までさせてもらって久々にいいもの食った。そして久々に屋内で寝れる!昨日がひどかったのうれしい。なにかと濃い一日だった。


  今日出会ったチャリダー人たち、真ん中の人がこれから縦断する人、右が先輩の同級生

・8月22日 耐久ラン
朝起きてから、せっかく来たから言うことで親戚の家に挨拶に行ったりした。そのため今日の出発は午後2時になってしまった。しかし・・・・俺にはやらなければならないことがある。ここから200キロ先にある実家まで今日1日で帰るという事だ。これは去年もやった。できないわけが無い。そう言い聞かせひたすら進んだ。だが、去年走ったときはテントとかいろいろを持たずに走ってたので荷物は軽かったのだが、今年はそうじゃない。2倍以上の重さがある。アップダウンの激しい九号線にどんどん体力が奪われていく。出雲に着いたのは午前3時くらいだった。しかし、まだ実家まで50キロくらいある。さらにここからは上り坂しかないようなコース。やるしかない・・・・。腹を括って進むのだが途中異変に気付く。寒いのだ、なんかすごく寒い。温度計を見ると何と15度!なんでだ?まだ8月だぞ!とりあえず一旦止まって北海道用の上着を取り出して着た。まさか島根で北海道の装備を使うことになるとは。とりあえず上着も着たことなので再度出発。しかし、寒い。寒さと疲労のせいでひざも痛くなってきた。だがここまで来たらもう引き返せない。ひたすらこぎ続けた。そしてついに奥出雲に到着!あと家まで5キロってところだった。再び温度計を見た。13度だった。去年の北海道合宿で確か13度でみんなカッパ着込んで震えながら夕飯食った覚えが。どんだけ寒いんだよ・・・。家に着くと朝の5時。とりあえずシャワーを浴びてソファーに倒れこんだ。・・・疲れた。寝る。

・8月25日 再スタート
実家で体力を回復させ再スタート!今日は三井野原高原を抜け広島入り!日本一のループ橋、おろちループ橋を抜けてきた。今日は高原さえ抜ければ後はほとんど下りかな、と鷹を括っていたが、よく考えれば山を抜けたらその先に山が無いなんて誰も保障してないよね。結局、山3つ越えになった。それでも今日は尾道まで来た。明日はしまなみ海道を抜けて四国入り。さて、どうなるやら。





日本一でかいおろちループ橋、でかすぎて写真におさまらない

・8月26日 しまなみ海道
結論。しまなみ海道は鬼。以上。あれはなかなかにしんどい。しかも雨だったのであんまり景色良くないし。疲れた。それでも今日はなかなかに進めた。しまなみ海道抜けるのに半日かかってしまったがその後は順調に進んだ。あまりアップダウンが無いのが助かる。ただ、四国はやっぱりお遍路さんがいるのでテン場の確保に一苦労。道の駅の雨宿りできるとこの多くは先客がいる。何とか今日は場所がとれたからいいけど、これからは大変かな。

しまなみ海道で見た衝撃的な看板、これは死ねる・・・

・8月27日 もう着いた!?
なんか、もう香川に着きました。実は、香川でサイクリング連盟の総会があるので来たのですが、早く着きすぎて暇です。とりあえず明日はチャリ屋にでも行ってチューブ買おうと思うけど暇だな・・・・。一回、徳島でも行こうかな。

・8月28&29&30&31日 暇なんで徳島行って帰ってきた。そして大学の同級生や後輩と再会。結局暇なんで徳島に行って帰ってきた。ただ往復しただけ。途中、大坂峠って凶悪な名前の峠があったから挑戦したけどたいしたこと無かったし。まぁでも久々に同級生や後輩と再会できたのはうれしい。人がいるっていいね。27日に泊まった香南楽湯という温泉付きの道の駅に泊まる。明日から総会だ旅は一旦中断か。

・9月2日 徳島までのツアー
総会終了後、同じ大学の仲間と徳島まで行くことに。久々に合図出したりするのがなんか楽しい。っていうか人と走るのはいいね。今日は徳島でネカフェ泊。とりあえずDMC面白いです。明日はフェリーに乗って和歌山へ。その後日本海側に抜けていくのだけど時間がかなり厳しいな・・・。(注釈:大学の履修登録があるため、9月22日までに帰らなければいけなかった)

・9月3日 大阪、誰も居ないのに後ろに合図した虚しさ
中たちと別れた後、後ろに誰もいないのに『ストップ~!』といって合図をしてしまい、振り返ると誰もいないことに気が付いたときの切なさと虚しさは言い表し難いものだった。
大阪はもう行きたくないです。立体交差点とか自動車専用道のせいで迂回ばかり。全然進まん。
しかも雨振るし。さらにケイタイ壊れるし・・・・。良い思い出無いな大阪には。とりあえず明日、公衆電話で親に連絡してみよう。とりあえず生存報告だけはしなければ。
(ここら辺から東北まで旅が楽しすぎて写真を撮るのを忘れてました・・・)

・9月4&5日 琵琶湖
琵琶湖はでかいね、やっぱり。でもあんまりアップダウンが無いのはうれしい。昨日に比べスイスイ進む。しかし最近チャリダーに会わない。ここら辺ツアーする人はいないのかな。まぁいいや。

・9月6日 フロントディレイラーが・・・・・
福井は思ったより楽に行けた。現在石川県の金沢市にある公園で泊まっている。順調には進んでいるが相変わらず時間は厳しい。大阪でのロスは痛いし、さらにフロントディレイラーが壊れてしまった。どうやら潮風でバネが錆びて弾け飛んだようだ。針金を加工して今はセンターギアで固定している。そろそろ荷物を減らすため、実家に送り返すのを本気で考えないといけないかもしれない。フロントディレイラーが壊れたことで多少、進行速度が落ちてる。明日、一気に富山を抜けようと思う。その進み具合で荷物をどうするか考えよう。 新潟は長いから2日くらいはかかると思う。とにかく今は進むしかない。

・9月7&8日 富山をスルー、新潟は長い
越後市振の関と国上という道の駅に泊まった。かなり進んだ。荷物は結局、送り返すことにした。自炊用具と食料、雑貨をいくらか送り返した。その結果フロントサイドバックを二つ外した。一気に10キロくらい軽くなったので進行スピードがかなり上がった。AVGが3キロくらい上がったしかも疲労度合いもかなり少ない。これなら1日150キロコースでもいけそうだ。ここから追い込みかけようと思う。多少妥協した分、絶対ゴールせねば。
(本当は基本自炊のキャンピングアドベンチャーツーリングを目指していた。)

・9月9日 ケイタイ復活
現在、庄内みかわという道の駅。今日ようやくケイタイを買い換えた。なんだかんだで壊れるのが怖いから防水ケイタイにした。しかしアドレス帳が全部消えてるので連絡先がわからない。まぁ実家と救急車は呼べるからいざというときは何とかなるだろう。とりあえずよしとしよう。

・9月10日  時間はあまりない・・・
現在、みねはまという道の駅。明日、今別の駅までいければ可能性は生まれる。しかしここから150キロ以上あるし確実に山越えが待ってる。厳しいが抜けれるか。ここらの日本海沿いの道は思った以上に起伏がある。さらに道も狭い。走りにくいが景色はいいな。田園風景も良い。とりあえず明日に備えて寝よう。明日は少し早く出よう。

海岸沿いの美しいワインディング


秋田の田園風景

・9月11日 なんとか間に合うか?
なんとか今別まできた。明日いよいよ北海道入り。少し可能性が出てきた。
今日は白神山地とか千畳敷とかを少し観光した。時間は厳しいがあの美しさに惹かれてしまって立ち止まってしまった。やっぱり人造物より自然を見るほうが良い。自然のものの美しさは人造物では勝てないと思う。とにかく東北は自然がきれいだ。緑も深い色をしている。また来たいもんだ。


             奇岩地帯、千畳敷。干潟みたいにいきなり岩が現れる

・9月12日 北の大地
北海道入り!今日はオートリゾート八雲という公園に泊まる。北海道は良い!ッて言うかセイコーマート最高!
物が安い!北海道の食い物はおいしいし!カツゲンうめぇ!腹も満たされ進む進む。ただひとつ問題があるとすれば、まだツーリングマップルが手に入っていないことだ。どこにも売っていない。あるのは観光地図ばかり。何で売ってないんだ?とりあえずここまで日本地図眺めながら来たけど、さすがに限界がある。風呂の位置とか道の駅の位置とかわからないし。早く手に入れなければ。



北海道といえばセイコーマート!そして筋子おにぎり!




後、カツゲンと北海道版超大盛り焼きそば。
ちなみに焼きそばには捨てるお湯で作るスープが付いてくる。

・9月13日 まだ無い
今日はスペースアップルよいちという道の駅に泊まる。小樽の手前20キロくらいのところだ。まだマップルが手に入らない。明日札幌によってから行こうか?マップルをここまで集めて来たんだから全部集めたい。流石に札幌にはあるだろう。とりあえず探そう。いいかげん風呂に入りたい。2日間入っていない。マップルがないと風呂も探せないなんて・・・・。




二つのガラナエール。上はセイコーマートで下は自販機で


・9月14日 さむい
現在、浜益海浜公園。マップルは何とか手に入った。12件目の書店でようやく見つけた。北海道ではマイナーなのかな?まぁいいや。しかし寒い。やっぱり北海道だ。テン場に来る前に山を越えたのだがその下りでおなかを冷やしてしまった。現在12度。一応カッパとか着込んでるんだけど寒い。でもテントの中はあったかい。とりあえずそれは助かる。あと久々に風呂に入れた。ようやくだ。風呂に入ると疲労の回復が早まるから明日は元気だろう。明日も頑張ろう。



北海道限定ジョージアと北海道なのにマンゴーなマンゴーカツゲン(ここまで宮崎の影響があるとは・・・)

・9月15日
今日はみさき台公園に泊まる。しばらく出会いが無かったが、今日久々に出会いがあった。いつものように走っていると前にチャリダーが。追いついて話しかけると何と中国人だった!いや、もうびっくりしたね。久々に出会いがあったらまさか外国の方と会うとは。幸い日本語がある程度話せるのと、英語が話せるので。英語と日本語交えながら会話できた。その人はチャンさんといってどうも北海道一周中らしい。これから宗谷岬に行くようなので一緒に行くことにした。いよいよ明日は稚内に着く。とあるライダーズハウスに泊まる予定。そしてゴールか・・・・。もう残り少ないな。




今日は格別に夕日が綺麗だった。

・9月16日 みどり湯での出会い
サロベツは何もありませんでした。ほんとに何も無かったです。あったのは開けた原野と風力発電の風車だけ。眠かったです。
今日はみどり湯というライダーズハウスに泊まることに。このライダーズハウス実は数ヶ月前サイスポの取材を受けていて記事が載っていた。するとここにはさまざまな縁があってここでの出会いで結婚した人がたくさんいるそうな。では、俺も縁を求めて!と訪れたわけですが。すごい縁です。女性はいませんが、今日ここに泊まっているのは15人でそのうち8人がチャリダー。さらにチャリダー8人のうち日本人は2人だけ。あと全部外国の方だった。なんて国際的なんだ。チャンさんは中国だし、後の人はカナダとアメリカ。英語で会話するもなかなか難しくチャンさんに助けてもらいながら話をした。どうもアメリカから来た人たちはグループでこれから日本を2ヶ月旅するらしい。うらやましいな。俺ももっと旅がしたい。でも明日で終わりか。夜にはみどり湯主催の宴会がありお酒を飲んだ。たのしい夜だ。




一直線に並ぶ風車とどこまでもまっすぐなサロベツの道

そしてチャンさんに撮ってもらった写真。後姿がカッコいいから撮らせてといわれて撮ったが、もう少しパッキング綺麗にしとくべきだったかな。ちなみに着ているTシャツが前に出てきた大学のサークルのTシャツです。もはやこれで私がだれか知人にはばれてしまいますね。


説明不要な写真。わかる人にはわかる。なぜこんなところに。


みどり湯での宴会

・9月17日 旅の終わり
朝起きて出発すると風は幸いにも穏やか。宗谷丘陵はXPのデスクトップみたいでした。きれいだし風は気持ちよかった。ただ、もうすぐ終わりだと思うと切なかった。
いろいろ、そりゃいろいろあった旅だったけど、今日で終わり。2008年9月17日9時45分。宗谷岬到着。写真を撮り、記念証を買った。そこに行くとこれから日本一周する人がいた。いろいろと情報交換できたがすごくうらやましく見えた。いつか日本一周したい、海外にも行きたい。でもとりあえずここで一旦終わり。チャンさんと別れ、旅は終わった。濃い夏だった。犠牲はいっぱい払ったけど。でも、一生の思い出になったことは確か。定年後とか生きていたらまた来よう。そう思った。

WindowsXPのデスクトップみたいな宗谷丘陵


ゴール地点宗谷岬にて、一緒に旅してきたチャンさんと


そしてゴールでの達成記念写真

日本縦断記 完

なんだかんだグダグダ書いてしまいました。レビューになってるかどうかすら怪しいです・・・(汗)でも時間が取れるなら是非挑戦してみてください。大変なこともたくさんあるけどすごく楽しいです。特にこれから大学生になるライダーの人は夏休みを利用して是非挑戦してみて欲しい。一生の思い出ができます。
価格評価→★★★★★(節約したのでリーズナブルになったが、お金に余裕がある人は途中で寄る場所のご当地名物を食べながら走るのも良いだろう。)
評   価→★★★★★(満点とするが、実際はプライスレス。本当に楽しかった。)
<オプション>
年   式→ 2008
重量→ 約47kg(スタート時)→約37kg(途中で荷物を送り返し減量した後)
ちなみに私の体重は
体重48kg(スタート時)→42kg(ゴール時、体脂肪5%)
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2017-2-22 21:10  baru
redshift SHOCKSTOP  (ステム)  2017-2-21 21:32  baru
SHIMANO SH-XC31  (シューズ)  2017-2-20 21:34  baru
SHIMANO SH-RC700(RC7)  (シューズ)  2017-2-15 21:41  baru
自転車あるある  (JOKE)  2017-2-14 0:45  hitaka
SHIMANO DURA-ACE PD-7900  (ペダル)  2017-2-9 22:02  baru
パワーストーン  (JOKE)  2017-2-9 21:30  Qtac












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review