CBN Bike Product Review
TOP >  フレーム・完成車 > 

[HYBRID] GIANT 2011 SEEK R3


 
devride  2011-7-31 1:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[HYBRID] GIANT 2011 SEEK R3
・購入価格 街の自転車チェーン店にて、およそ¥50,000-

素人の私なりの、SEEK R3のレビューです。

●使用感
はじめてのスポーツ車として、このクロスバイクを選びました。
選んだ際に自分がポイントとしたことは、
0.まず予算ありき
1.タイヤが太め(32c)で安心できること
2.リヤのディレイラーがシマノのAceraだったこと
3.フレームが太くて丈夫そうなこと
4.ママチャリに比べて車重が軽かったこと
5.エスケープに比べて走っている台数が少ないこと
といったことでした。

一番はじめに乗った時は、これまでに乗ったことがない軽さのバイクで、タイヤの太さもママチャリと比べて細く、高めの空気圧による設置面積の細さもあり、とても新鮮でした。
約12kgの車重も、屋内に運ぶ際には比較的楽だと感じました。

●サイクリングの際の具体的な印象としては、
・漕ぎだしが軽い
>ママチャリに比べて漕ぐたびにスイッスイッと感じました。
・ブレーキが良く効く
>これは比較も関係無しにグッと効きます。
・路面の状況にダイレクト
>タイヤが回り地面と接する音はクォーッという感じで、わずかな段差や小石を踏んだだけでも手のひらに反応が伝わりました。

●買って良かったな、
と思ったのは、まずスポーツバイクらしさを知ることができたことです。ロードなどの本格派に比べるとまるで比較にはならないと思いますが、この乗り味はママチャリでは味わえないものでした。ブレーキもよく効いたので、超低速時のコントロールがしやすく、意思通りに動かすことができました。
また、それなりにスピードをだすこともできましたので車道をメインに走っておりましたが、駐車車両や交通の流れ次第で歩道に逃げ込みたい時など、32cのタイヤのおかげで躊躇なく歩道へ乗り上げることができました。
コンポは比較的安価なもので構成されていますが、調整さえ決まっていればそれほどストレスなくシフトできるし、速度さえ気にしなければ激坂も登れます。
ブレーキの効きの良さ、バーハンドル、ダイレクト感の強いフレームを活かして、キビキビと切り返しながら走ることができます。

●自分は残念だな、
と感じたのは、アルミフレーム&アルミフォークの組み合わせで、なお且つ太めなパイプという構成が原因なのか、かなりの剛性感があり、それ故の突き上げ感がきついことでした。
乗り始めて20~30分はいいのですが、それを過ぎると素手&普通のカーゴパンツなどの装備の私には厳しかったです。32cタイヤはもっと乗り心地をマイルドにしてくれるのかな?と期待しておりましたが、いつも空気圧を指定ギリギリまで入れていたためか、落ち着きがあるとは言い辛い乗り心地でした。
あと、初めからついているホイールのリムに溶接の切れ目?のような筋が左右に一か所ずつあり、ブレーキングの際にその部分でわずかな突っかかりを感じてしまいます。他もそうなのかはわかりません。

●シチュエーション
私は都心部に住んでおり走行時は車道がメインですが、自分の走りを第三者目線で見ようとするとこのバイクの運転は中途半端だったかもしれません。
つまりロードほどハイスピードでは走り続けられない(これは私の脚力が弱いせい)し、かといって歩道をママチャリのようにのんびり漕いでいくには持て余す感があるのです。
個人的にこの自転車が似合いそうだと思ったのは、早朝の都心部、周りに建物や自動車が少ない郊外、舗装されたのどかな平坦路かな?

●このバイクに乗る際に必要なこと(初心者さん向けに)
絶対に必要なのは空気入れ(仏バブル対応)だと思います。
私は乗る度に必ず空気圧をチェックし、足していました。
チェーンに吹き付ける潤滑油もお勧めします。
可能ならば屋内で保管、無理ならば、せめて自転車カバーを。

絶対に必要だと感じたことは、フィッティングについてです。
私は量販店で、トップチューブにまたがった際の股下の余裕と、店員に横から見てもらった印象のみでフレームサイズを決められてしまい、サドル周りやハンドル周りのフィッティングは皆無でした。
たとえ5万円程度のバイクであっても、フィッティングをある程度みてくれるショップで購入することをお勧めします。
あと、一応スポーツバイクに乗るわけですから、ルールとマナーは意識したほうがいいと思います。

●総評
あまり自動車が多くない街中を安心感をもってポタリングするには最適だと思います。
脚力の弱い初心者がノーマルのまま乗るならば、スポーツバイクとしては物足りない、扱いきれないかもしれません。けれど練習にはなりそうです。
脚力も体力もあるならば、ガンガン攻めた?スポーツ走行もできると思います。
15km以下の通勤などにも向いている気がしました。



価格評価→★★★★☆:割安感が高い
評   価→★★★☆☆:丈夫でダイレクトだけど、スポーツらしさは濃くない印象
<オプション>
年   式→2011年
カタログ重量→ 11,9kg

※上記は個人的な印象ですので、乗られる方すべてに当てはまることはありません。
 
LZPT2IB  2013-1-31 21:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[HYBRID] GIANT 2011 SEEK R3
購入価格: ¥54,600 (税込)

『ファッション性が高く、走りも楽しいクロスバイク』

●ショップで一目惚れ
ママチャリで遠くに何度か行くようになり、いい自転車なら楽に漕げるだろうなと思った。
とはいえ、ドロップハンドルやピタピタのウェアは抵抗があるので、手軽なクロスバイクに決めた。
 
ショップに入って一目惚れしたのが、GIANT SEEK R3マルチカラーだ。
あまりのかっこ良さに、SEEKの特徴などを把握しないまま即購入してしまった。
だが、乗れば乗るほど楽しく、本当にSEEKを選んでよかったと思っている。


●高剛性なMTB由来のフレームとフォークは、キビキビとした走り。
MTB系クロスバイクというだけあって、SEEKには高剛性なアルミフレームが採用されている。
フォークはアルミ製でストレートフォークだ。他のクロスバイクと比較するとかなり太い。

高剛性なフレームとフォークの組み合わせのせいで、地面からの突き上げが大きい。 
32cのタイヤ、ライザーバーが採用されてはいるものの、突き上げを吸収できているわけではない。
 
慣れれば気にならなくなるが、体重をサドルとグリップにかけるとかなり辛いのではないだろうか。
サドルとグリップを交換すれば、突き上げはかなり解消されて快適になる。

きついスローピングは剛性を高くしているが、足つきが良くて初心者には乗り降りしやすい。
 
ホイールベースが長いおかげで安定感があり、住宅街で低いスピード走るような時でもふらつかない。
一方、ストレートフォーク採用のおかげで、ハンドリングは意外にクイックだ。
 
太いチェーンステーとシートステーのおかげで力が逃げにくく、ペダルを踏んだ時の反応は悪くない。
キビキビとした走りが味わえて楽しいバイクだ。


●ドライブトレインはSHIMANO ACERAがメイン
MTB系クロスバイクらしく、MTB系のタフなパーツが採用されている。
シフター、フロントディレイラー、リアディレイラー、スプロケットはSHIMANO ACERAだ。
3×8の24スピード。チェーンはKMC、クランクはSR SUNTOURだ。
 
リアの変速はパチパチと素早く決まって気持ちがよく、スポーツバイクらしさを感じさせる。
シフトダウンは三段一気に操作可能。

ワイドレシオのスプロケットは、平地から激坂までカバーし走る場所を選ばない。
加速、停止を繰り返す信号機の多い都会では、ローギアでスタートダッシュを決めることができる。

フロントの変速では、アウターギアへのシフトアップが少し重く、ガチャンという音が大きい。
SEEKに採用されているSR SUNTOURのクランクは、チェーンリングの変速性能が良くないが、
フロントの変速は頻繁には行わないので許容出来るレベルだと思う。

坂道でのダンシングや加速では、クランクとBBの剛性がやや低く感じた。
ポタリングでは全く気にならないレベルだが、スピードを上げて走るには物足りないかもしれない。

尚、後述のブレーキも含めて、コンポーネントは1年間交換しなかった。
きちんとメンテナンスすれば、快適に動作してくれる信頼性があるパーツが使われていると思う。


●TEKTROの割にブレーキの制動力は高め
TEKTROのブレーキは評判が良くないが、Vブレーキということもあり制動力は悪くはない。
だが、このブレーキはパッドが硬くてリムを削りやすい。カサカサと擦る音も気になる。
気になる場合は、シューだけでもSHIMANO製に変えた方がいいかもしれない。


●街乗りタイヤと頑丈なホイール
ホイールは前後共に32Hで、重量はフロント約990g、リア約1190gだった。
クロスバイクのホイールとしては標準的な重量だ。軽くはないが、特に重さも感じない。

タイヤは街乗りの定番MAXXIS DETONATORが採用されている。
このタイヤの32Cは振動吸収性がよく、多少の段差や未舗装の道路なら気にせず走れる。


●その他のパーツも個性的
MTBルックなライザーバーは、振動吸収性がよく、アップライトなポジションが取れて快適だ。
だが、ハンドルが600mmもあるので、ハンドルの端が何かにぶつからないか心配になる。
私はパイプカッターで左右20mmずつ切った。
 
サドルはクッションが少ないスポーティーなものだ。
後部の凹んでいる部分に尻を合わせれば快適だが、ポジションが決まるまでは痛かった。

グリップはゴム製で、塵が付着しやすく洗っても取れにくい。
その後のモデルではこのグリップは採用されていない。

トップチューブのステンレスプレートは、柱に立てかけて駐輪するためにあるが、
この部分が傷つくとバイクが傷ついたように感じるので、私は使っていない。


●SEEKは私服で乗るのが似合うバイク
このバイクのおしゃれな外観は、街中を私服で乗るのが似合うのではないだろうか。
都会の中心部まで素早く辿り着き、その後はのんびりと買い物や外食を楽しむような使い方だ。
 
このバイクでもロングライドできないことはないが、フレーム剛性が高く不向きかもしれない。
私は15〜40km位を中心に乗るので、このバイクは合っていると思う。

ポタリング、買い物、多少の未舗装路、時には攻めた走りやロングライドまでなんでもこなせる。
マルチパーパス、ストリート系、カジュアル系クロスバイクがSEEKなんだと思う。

これを中途半端に感じる人は、他のバイクを選んだほうが良い。

 
●私には最高の1台
SEEKは私の使い方に合っていて、しかもかっこ良く、最高の1台になってくれた。
これからもSEEKを大事に乗って、たくさん楽しみたい。

 
価格評価→★★★★★ (購入時は高いと思ったが、使えばコストパフォーマンスの高さがわかる)
評  価→★★★★★ (私にとっては最高のバイク)
<オプション>
年    式→2011年
カタログ重量→11.9kg







[HYBRID] GIANT 2011 SEEK R3 を















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Syncros XR1.5  (サドル)  2017-3-15 19:03  canzana7
FFC METAL GRIP  (グリップ)  2017-3-15 9:22  saejii
ESI grips RACER'S EDGE  (グリップ)  2017-3-14 21:51  KDR












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review