CBN Bike Product Review
TOP >  ライト > 

[流用] GENTOS SG-325

(1) 2 »

 
toppopoporo  2011-6-16 21:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[流用] GENTOS SG-325
購入価格 ¥2,980



【メーカーHP】
http://www.saint-gentleman.co.jp/list/?id=3_15&pid=435

2011年3月末に発売されたGENTOSの閃シリーズ最新作。
おそらくSG-355Bの後継機、という位置付けで良いのではないだろうか。

325と355Bの大きな違いは以下の通り。
○100→150ルーメンへとアップ
=実用点灯時間10時間
×フォーカスコントロールによるワイド配光が30°→18°へとダウン
×点滅機能の削除
×パイプホルダーの削除
50ルーメンの上昇があったものの無くした物も多い。
特に点滅機能が無くなったのは残念でならない。

また、今回も正式にeneloop対応となっている。



写真の通り、サイズは(写真では下の355が大きく見えるが)ほぼ同じ。
公式には29Φ103mm→104mmに1mmアップしているが、スイッチのゴム部分が厚くなったのみでボディ自体は同じ物を使用していると思われる。



バッテリーケースにしても全く同じで、互換性も当然ある。
更に言えばこんな事も。



ここまですればボディは同じ物と言っても過言では無いだろう。
しかしながら、実際この状態で点灯したのは上の355Bのみ。
325ボディ+355Bスイッチは点灯せず。
355Bも点灯⇔消灯のみとなった。
点滅はスイッチ部分でやっていた事になるのだろうか。

さて、実際の点灯状態。



上が325、下が355B。
写真では少々判りにくいかもしれないが、色が325は太陽光のような白で、355Bは若干青っぽい。
LEDでも色合いにバラつきがあるとの事なのでその範囲なのかもしれないが…
照射範囲については写真が無いのだが、最もワイドビームにした状態で同じ距離からライトの光を重ね合わせた限りでは照射範囲に違いは感じられなかった。
スポットの状態も同じで、光も325、355B共に同じような四角い照射円を描いていた。

50ルーメンの差を体感出来るか、と言われると実のところ微妙である。
というのも色合いに差がある為325はどうしても明るく見えてしまう。
実際上の写真のように325の光の方が355Bの明かりをかき消しているので明るいのは間違いないのだが、実用している限りではそれ程差を感じていなかったりするのが現状といったところだろうか。
青みが抜けて白さが増したように感じる分は、明るくなったと思うし、見やすくなったようにも思える。

355Bが自転車向けに特化していただけに、大きな期待をして325を買うとなると、物足りないというか痒い所に手が届かなくなってしまった感があるので、その辺りは残念な感じである。
それでもこの価格と実用点灯時間で150ルーメンの明るさが手に入るのであれば、355Bと同じく『買い』なLEDライトの1本として挙げても良いのかもしれない。

駆動時間に関しては未検証。
しかし購入して今まで使ってみた限りでは大差無さそうではあるが…
きっとこの辺りは検証してくださるレビューワーの方がきっと登場してくれると思うので期待して待ちたいところである。

価格評価→★★★★☆(GENTOSは明るくて安価)
評   価→★★★☆☆(悪くないのだがSG-355Bという偉大な兄は大きな壁となってしまったかも…)
<オプション>
年   式→2011
カタログ重量→ 102g(実測重量103g(電池3本入り))
 
mascagni  2011-6-20 7:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[流用] GENTOS SG-325
購入価格 ¥2,899(尼)

>駆動時間に関しては未検証。
>しかし購入して今まで使ってみた限りでは大差無さそうではあるが…
>きっとこの辺りは検証してくださるレビューワーの方がきっと登場してくれると思うので期待して待ちたいところである。

などと言うスルーパスが飛んできてしまったw

SG-325が出たことは知っていたのだが、ライトレビューは色々とめんどくさいので(おまえだけだw)、
シラネー顔をしておこうかと思ったが、たまたまテレビで見た芦田愛菜が余りに可愛かったので、
テンション上がってやる気が出て、尼ポチして届いてすぐブリスターパッケージ空けて計測開始。
(病院に行ったほうがいいっスよ、院長)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

で、計測結果。
使用電池は言うまでも無くeneloopフル充電。

ビビった。いや、呆れたw

このライト、今までとは違う考え方をしていると思う。
言ってしまえば一種のダラ下がりなのだが、そのマネージが実に上手い。
昇圧させつつダラ下がりと言うか(意味不明w)

まず点灯後5分くらいで100%→97%くらいになる。落ち着くって感じw
で、この97%から88%くらいまで落ちていくのだが(微妙w)、ここまでなんと5時間半(!!!)
自転車用ライトとして十分に役に立つ明るさを5時間半キープできている。
ちなみに見た目だと殆ど分からない。外側がすこーし落ちたかな程度。
写真に撮ってみて初めて分かる程度。

そこからじわじわ落ちていく。で、ここから又長いw
1時間経過しても50%は残っている。
2時間経過しても災害時の懐中電灯に使えるくらいは残っている。
3時間経過してもマップを読めるくらいには残っている。
4時間経過しても鍵穴を探せるくらいには残っている。
グラフに表すとこんな感じだ。



実用点灯10時間も嘘では無い。むしろ、実用「連続」点灯10時間と威張って書いてもいい。

なお、この計測、実は2回行ったwww
いや、1回目で5時間経過しても落ちないので、何かの間違いかと思って、もう1度eneloopフル充電して、
再度晩酌しつつ計測した結果。
今までのGENTOSを思うと信じられないかもしれないが、事実である。

ついでに言うなら、明るさは申し分無い。
自分も50ルーメンの差がよく分からんがw、簡易的に写真を撮ってSG-305と比較してみると、
確かに真ん中が明るい。

一晩中、この明るさで走っていられると言うのは、まさしく驚異的。
脱帽以外の何物でも無い。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今回、まだ自転車で使ってないので、ライトを弄った上での考察を書き散らしておく。
通称「酒の勢い」とも言うw

ご存知の通り、このSG-3XXシリーズには、SG-305、SG-355B、そしてSG-325が存在する。



自分は、SG-355Bのレビューにおいて、「SG-305の正式な後継と言って良い。」と書いた。
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6531&forum=89#forumpost11018

又、toppopoporoさんは本ライトを「おそらくSG-355Bの後継機、という位置付け」と書かれている。

つまり、2人の思いを統合すると、SG-305→SG-355B→SG-325、と言う流れになる。

今回、考察の結果、どうもこれは違う気がすると思うに至った。


SG-305→【後継】SG-325
  ↓
【自転車用派生】SG-355B


これが正しい関係なのでは無いかと思う(んなの当たり前じゃんとか言わないようにw)
toppopoporoさんが書かれた×の部分だが、配光とルーメンUPを除けばSG-305そのものである。
ついでに言うと色もそうw
そう、SG-305の後継はSG-325なのだ。

SG-355Bは、SG-305が自転車乗りに人気なのを見て、GENTOSが自転車乗り用に仕掛けてきた、
戦略的商品(プ)なのだと思う。
実際、SG-355Bは自転車用として使いやすい。

逆に言うと、SG-325とSG-355Bの違いは、あのくそ固いパイプホルダーを除けば、フラッシングの有無と色のみ。
(配光も変わってきてるけど、みんなスポットでしか使わないでしょ?)
そう考えると、おっそろしく伸びたランタイムは強力な武器である。

上の相関関係を考えると、SG-325をベースにした自転車用(SG-375B?+20してみたw)も出るのでは?
もしかすると、待ってるといいことがあるかもしれない。
まぁ、大して高いもんじゃないし、違いったってパイプホルダーとフラッシングと色くらいだから、
今、SG-325を遠慮なくIYHするも良しと思う。
SG-375B(仮称)が出たら又買えばいいじゃん。LEDライトなんて何本あっても困らんて(経験者語る系)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

なお、SG-305、SG-355B、SG-325のボディとテールスイッチの件だが、確認してみた。

比べてみると分かるが、SG-305とSG-325のテールスイッチは同じものだが、SG-355Bは別物。
左からSG-305、SG-355B、SG-325。



その相関関係は以下となる。

ボディ:テールスイッチ
SG-305:SG-355B ×
SG-305:SG-325 ○

SG-355B:SG-305 ○
SG-355B:SG-325 ○

SG-325:SG-305 ○
SG-325:SG-355B ×


「やっべー、355使おうと思ったのにテール無くしたー。325はあるんだけどなー」
なんて時にこちらを参照して頂ければ、355に325のテールを使うことで使用できることを知るであろう。
お役に立てば幸いである。
(だったら素直に325使えよw)

価格評価→★★★★★ くそ安いと言わざるを得まい。
評   価→★★★★★ 凄まじいランタイム。必要十二分以上の明るさ。SG-375Bwなんて出たら7つ星だな、こりゃ。
(普段なら配光がうんちゃらとか言うところだが、ライトの基本である「明るく長持ち」に全て持っていかれた)

ブラケット関連はいつものようにここ参照。
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=4564&forum=89#forumpost7176
 
UmeTKY  2012-5-10 17:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[流用] GENTOS SG-325
購入価格 ¥1,790 (Amazon)

こちらでの評判の良さをみて購入。ロード用です。
いやー、明るいっすねえー。山道によくある照明のないトンネルに突っ込んでいっても、しっかり路面が見えるので安心して走れます。点滅はしませんが、それはknog BEETLEを併用してそちらに任せてます。
ユニコのバイクライト・ホルダーでハンドルバーにぶら下げるように装着すると、なかなかに格好良いです。戦闘力が高まった気分になります(笑)

配光の面で対向車に迷惑をかけてるんじゃないかという心配もありますが、いままでパッシングライトを浴びせられたことはないので、まあ大丈夫なんでしょう。

価格評価→★★★★★(あと5つあげてもいい)
評   価→★★★★★(この明るさになんの文句を言えと?)
 
TORIAL  2013-5-31 22:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[流用] GENTOS SG-325
購入価格 ¥1790

安価で、ハンディライトを流用してヘッドライトにする入門機のような存在ではないでしょうか?
バイクガイのホルダーと共に使用してます。
他より少しだけ明るい150lm(メーカー曰く、一応ランタイムは変わらないとの)
自転車に特化したモデルではないので点滅機能はありません。
また非常に安価なモデルなので光量調節もありません。

使ってみると確かに明るい。
今までキャットアイのHL-EL510や520を使っていたので、このコンパクトさと価格でこの明るさは中々のもの!
もうこれからはこいつでいいや!
なんて思ってましたが最近は少し変わってきてます。
まず、配光がハンディライトそのものなのでムラ無く円形に広がります。
が、ゆえに遠くを照らそうとすると上部の光が地面を照らさずハイビームのようになってしまいます。これではすれ違うドライバーの迷惑になってしまいます。
また、そのせいで手前は明るくても遠くなると一気に暗くなったりします。
そのため、結構実際には地面を照らすとムラが出ます。
ここら辺が不満です。

なので、最初はハンドルにつけてましたが最近はハブ横につけています。
こうするとムラが少なく、手前をしっかり照らせて、ハイビームも抑えることができます。
遠くはHL-EL520をもう一度引き出してきて照らしています。
最近では、このハンディライトの流用ブームが少し落ち着き、自転車専用のライトに回帰してる方が多いようです。
GENTOSも最近では自転車専用のライトを出してきました。
恐らくですが、私の感じてるような不満は結構あり、やはり配光を自転車用にしないとだめだとメーカーとユーザー共に気がついたからではないでしょうか?
もちろん、この価格とコンパクトさでこの明るさが手に入るのは魅力的です。
変な980円とかの自転車用ライトよりは遥かに良いです。
しかし、本格的な夜間走行をする場合はもう少し考えた方が良さそうです。


価格評価→★★★★★(安いけど、やはり流用なので完成度は最近の専用品には敵わないような)
評   価→★★★★☆(変なライトよりは良いが配光が・・・樽を改造するか・・・)
<オプション>
年   式→2012
 
frecce  2013-12-16 2:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[流用] GENTOS SG-325
購入価格
 約2,000円
メーカーHP
 http://www.gentos.jp/products/flashlight/senn/SG-325/

■主な用途
長距離のブルベではヘルメットライトが必須のため、ヘルメットにマウントして前照灯として使用。
真っ暗闇の山の中や、雨中での使用も含んでいるので割とシビアな環境。


■配光パターン
どのような絞り方をしても、四角い。
周囲も若干光るが、周囲との光量差は大きい。
しかし、首を振った方向を照らすためのヘルメットライトという用途では周囲が明るいほうが眩惑しやすいので、あまり広がりがないというのはかえって都合が良い。

とはいえ、光軸を中心に均等に広がる配光のため、あまり水平に向けると対向車を眩惑してしまう。ヘルメットライトは手元の地図やサイコンを見る用途が多いと思うので、かなり下向きにつけると良い。

■実用時間
mascagniさんが詳しい光量変化を書かれているので、私は具体的な数字ではなく「夜間ブルベで走っていて、交換の必要を感じるまでの時間」を主観的に書きたい。

ズバリ6時間。

mascagniさんのグラフががくっと落ちるあたりだと考えて良い。
これを過ぎると、テラス先を一生懸命見ないとコーナリングに必要な情報が集まらなくなる。
したがって、オールナイトを電池交換なしに走るのは難しい。
必ず1回は交換が必要。

実用上少し困ることがあるのは(その優れた明るさ特性によるのであるが)急激に暗くなること。あれ、暗くなってきたかな、と感じてから本当に使用に耐えられなくなるまで15分程度です。※ナイトラン前提
そうなると、真夜中に山の中等で使うケースだと電池交換を暗い場所でやる可能性があるということで。
とはいえ、ブルベの場合は他にライトは必須ですのでハブダイナモでもない限り問題はなかろう。


■耐水性
2013年9月14日の台風(東北~北海道が豪雨に見舞われた)の中、1時間50mm以上の雨の中を3時間以上点灯しながら走ったが問題なかったので問題なかろうw
電池交換の時の水滴のほうを気にしたくらいで、防水性は極めて高いと感じる。

■ヘルメットマウントした時は?
重さはあまり気にはならないが、ヘルメットを脱いだ時に若干跡になることがあるかもしれない。
スイッチは手探りでも見つけられるし、スイッチはグローブ越しでも全く問題なく操作可能。


価格評価→★★★★★(安い上に性能がよく使い勝手も良い)
評  価→★★★★★(他のを使おうと思わない。明るさとランタイムのバランスは秀逸)
<オプション>
年   式→2012

(1) 2 »

[流用] GENTOS SG-325 を















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

SHIMANO RT5  (シューズ)  2017-5-30 0:07  LZPT2IB
fabric CELL  (サドル)  2017-5-30 0:03  neco_non
THOMSON Elite X2 Stem  (ステム)  2017-5-29 23:45  LZPT2IB
GIANT PROWAY  (ボトルケージ)  2017-5-28 23:51  LZPT2IB
DAZN  (その他(パーツ以外))  2017-5-28 22:28  baru
GIRO×MASH DND gloves  (グローブ)  2017-5-26 22:57  LZPT2IB












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review