CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年11月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  ブレーキシュー・パッド > 

TIOGA タイオガ 459C(シルバー BRH10701)


 
GlennGould  2011-6-10 20:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TIOGA タイオガ 459C(シルバー BRH10701)
購入価格 ¥890


舟つきブレーキシューでシマノ用です。
今のブレーキは舟固定部が球面ジョイント風で、球面ワッシャが入りトーイン調整が可能ですが、TIOGAのこの製品も同様です。

で、これを2世代前の65アルテ(トーイン調整機構無し)のブレーキに取り付けようとしましたが、スモールアーチのブレーキで、なおかつシューをギリギリまで上にあげて取り付けてピッタリという、驚異的スレスレ(下の画像をご覧ください)のフレームを使っているため、ワッシャを挟むとアーチがかなり広がってしまい、無理がありました。

 65アルテとTIOGAシュー

というわけで、ワッシャを撤去して、取り付けを敢行。舟の球面部がどうなるのか?と思いましたが、何と意外にも問題なし。しかもトーインもそれなりに設定できてしまった(本当に大丈夫なのかちょっと心配デスネ!)。ただし、球面ワッシャを撤去した分、ボルトの長さが少々余り気味になるので、65アルテで使っていた薄いワッシャを追加しました。

ところでTIOGAのシューはシマノ純正よりも微妙にごく僅かだけ長いのですが、気がつかない程度。シマノシューもTIOGA舟に問題なく装着できます。

使用感ですが、交換した次の日、通勤で走ったときに、交換したことを忘れて走っていた位で、しばらくして、「あ、そういえば交換したんだ」という感じ。自分が鈍感なだけかもしれませんが、それまでとほぼ同様の使用感、というわけで問題なく普通に使うことができました。

65アルテといえばテカテカのブレーキ本体に、どんよりした梨地の舟ということで、自分のロードでは13年越しのモヤモヤ感があったのですが、お値段も手頃のTIOGAシューのお陰でスッキリ!65アルテのブレーキは末永く使い続けるつもりです。

なお、ラージサイズブレーキでアルテグラ・グレードの旧品BR-R600というのがあります。これもトーイン調整機構なしですが、こちらにはTIOGA舟をトーイン調整機構付きでキレイに取り付けることができました。

BR-R600とTIOGAシュー

ラージサイズであり、かつマドガード装着のため舟をかなり下にセットするからでしょう。こちらも10年越しのモヤモヤがスッキリ!(現行ラージサイズ品BR-R650はトーイン調整機構付きです)


価格評価→★★★★★
評   価→★★★☆☆
 
GlennGould  2014-8-29 20:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TIOGA タイオガ 459C(シルバー BRH10701)
購入価格 ¥890

ロード2台を、居住している集合住宅の自室玄関先にディスプレイスタンドを使って置いています。洞穴の奥に玄関ドアがあるような玄関先なので雨に濡れる心配はないのですが、寒暖や湿度変化など、室内保管よりは条件が悪くなります。こういう微妙な環境に自転車を置いていると、粗悪なボルト類などには、いずれ錆が現れる、という算段です。

で、タイオガのブレーキシュー459Cの固定ボルト。上のレビューから3年半が経ち、見事に錆びてしまいました。この錆びっぷりはなかなかのものです。

あれから三年半!(綾小路きみまろ風で)

65アルテのブレーキ本体はすでに15年ほど使っていますが、ワイヤ固定ボルトなど、何の変化もなし。さすがシマノ(ってことなんでしょうか)

一方、こちらの過去レビューは似たような価格帯で似たような効きっぷりのブレーキシューALLIGATOR RD-300です。
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=8091&forum=23
同じく3年半が経ちますが、こちらは、同じ環境下で全く錆びる気配なし、です。

TIOGA 459CとALLIGATOR RD-300の差。
それは価格でも機能でもなく、ボルトの錆タフネスだった!

TIOGA 459CとALLIGATOR RD-300、この似て非なるもの。

私は800円程度で買えてしまうALLIGATOR RD-300に溜飲を下げたのでした。

※なお、洞穴の奥のような(笑)玄関先ではなく、室内保管の別の自転車に装着しているTIOGA 459Cのボルトは、全く錆びていません。走行距離が少ないせいもあるかもしれませんが、室内保管すれば粗悪なボルト類でも錆びにくい、ということでしょう。

少々使った程度ではこういったモノの善し悪しというのはなかなか、わからないもんですね。


価格評価→★★☆☆☆
評   価→★★☆☆☆
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新100件)

SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2017-9-19 23:21  kuromitsu2
OGK XF-1 ADJUSTER  (ヘルメット)  2017-9-19 19:38  baru
J&C JC-015  (カギ)  2017-9-18 22:35  sosu
SAIKO 4365 リング錠  (カギ)  2017-9-18 22:06  sosu
Fabric TOOL KEG BOTTLE  (ボトル)  2017-9-17 18:22  canzana7
TIOGA MonoBlock XL  (ペダル)  2017-9-14 1:45  jisakufree
ISM ADAMO PR1.0  (サドル)  2017-9-10 10:23  biriken3
GIYO GF-31  (フロアポンプ)  2017-9-7 20:34  sosu
Wellgo R096B  (ペダル)  2017-9-6 1:17  jisakufree
Selle Anatomica X2  (サドル)  2017-8-23 14:39  kuro_sirius
ELITE VICO CARBON  (ボトルケージ)  2017-8-22 23:45  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review