CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


rh+ Logo EVO Jacket

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット
サイスポ2018年1月号

弱虫ペダル 52

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  フレーム・完成車 > 

[ROAD] TNi 7005MKⅡ フレーム

« 1 ... 4 5 6 (7)

 
omegamega  2017-3-13 2:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[ROAD] TNi 7005MKⅡ フレーム
購入価格 ¥ 31700 (BBタップ&フェイスカット/ヘッドフェイスカット/コラム切断費用込)

■結論

お安くフル機能を持つアルミロードバイク。
他と比較してしまうと性能面での見劣りはあるものの、変な仕様はほぼない。何より安く、たくさんの利用実績がある。これでロードの基本が学べました

■購入に至るまで

2014年の年末、当時はクロスバイクでホイールを交換したり50kmオーバー走ったりしてました。例によってズブズブと自転車沼の気配を感じ、自転車置場のために引っ越しをし、ロードバイクをお迎えする準備が整いました

とはいえ、これと言ったロードバイクメーカーがあるわけでもなく、どちらかといえば「ロードバイクを組んでみたい」欲が高かったのです。いろいろネットで調べていくと、フレームセットは上級者が求めるもので当然グレードが高いものであり、かと言って適当な型落ちを買うのもイマイチピンと来ず。安くてホリゾンタルのがいいなあと思いつつもあまりなく…
そんな時に見つけたのがこのTNI 7005mk2でした。安い、(ほぼ)ホリゾンタル、好みのじみーな単色、そしてcbnanashiを始め多くのウェブサイトで語られる実績。安心して組み立てられる予感がしました


■組み立て

105(5800)コンポとRS-31ホイールをメインに組みました。
FDはバンドタイプ、BBはBSAとやや古いながら非常に一般的。古典的な規格で作られていると、情報がウェブに溢れているだけでなく、専用工具が安く入手できるのもメリットですね。
ワイヤーも全部外出し。シマノ・ディーラーマニュアルpdfを見ながら作業すれば問題なく出来ます。アウターケーブル周辺は手付けると後戻りが出来ないのでドキドキでしたが、無事なんとかなりました。

塗装は一色でしたので、ビニールテープを巻いて差し色を入れる程度にしました

■走った感じ

硬い。硬いです。
「硬さ」は自分のイメージでは「ペダルの入力に自転車の推進力が連動する具合」と「路面の衝撃を伝える度合い」の2つが大きくあると考えてますが、このフレームは両方あります。

前者は踏んだ感じがそのまま出る感触になり、スポーツバイクらしい鋭い加速が出来て楽しいです。ただ、踏み込みを受け付けるクランク角度の狭さも、この硬さ故か出てしまっており、受け付ける角度以外で踏み込むと足を消費するだけに終わります。軽めのトルクでケイデンス高めに回すのが良い感じですね。平坦であれば、速度が乗ってからの巡航は気持ちいいです
一方、トルクの掛かる低ケイデンスが苦手です。つまり上りではコレが顕著で、ペダリングがミスれば疲れる割に進まない、最適なペダリングのためにケイデンスを下げられず疲れるという、どうしようもない状況になってしまいます。可能ならコンパクト、シクロ用のクランクに、28T以上のスプロケがあると山向けかと思います

後者はそのまま乗り心地、お尻と足の疲労につながります。フォークも硬く、アスファルトの違いから砂利道までまんべんなくロードノイズを広い、あらゆる段差で抜重を要求しますが、それ故に路面を気をつけるクセができるでしょう。
下り坂ではフレームが激しく振動を拾うため、コントロールのために速度を落とさねばなりません。上り下りとも苦手ですね…

逆に、硬さ故にパーツ交換がよりわかりやすいメリットもあります。例えばタイヤの硬さ、空気圧、サドル、シートポストの交換は、乗り心地の変化がハッキリわかります。メカいじりをする人にとっては、これは楽しいフィードバックでしょう

■感想

何も変哲もない、マニュアル通り作って走れる。いろいろマイナスのクセは多いですが、基本に忠実なロードバイクがこの値段で買える、というのがやはり素晴らしいでしょう。多くのユーザの使用レポートがウェブで見ることができる実績、というのが強みです。

欠点、ケイデンスの受付レンジの狭さはペダリング技術を鍛え、乗り心地の悪さは乗り手の技術向上やパーツいじりの原動力になるでしょう。

購入組み立てから2年、このフレームのおかげで一通りの自転車メンテができるようになり、30km/h巡航ができるようになり、ヒルクライムもして、1日200kmもこの自転車で走れるようになりました。


価格評価→★★★★★(価格分は楽しい)
評   価→★★★★☆(性能面はオーナーのがんばりでカバー)
<オプション>
年   式→ 2015
カタログ重量→ 1520+530g(実測重量 1487+577g)


この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC

« 1 ... 4 5 6 (7)















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

GIRO EMPIRE ACC  (シューズ)  2017-12-6 22:36  kurotomato
SIDI Hydro gore-tex  (シューズ)  2017-12-5 22:48  ReClimber
SIDI Diablo  (シューズ)  2017-12-5 21:55  ReClimber
Mavic CROSSRIDE SL  (ペダル)  2017-12-5 17:32  ReClimber
SHIMANO CN-HG901-11  (チェーン)  2017-11-28 21:10  baru
MINOURA MOZ-RolleR  (ローラー台)  2017-11-28 20:21  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review