CBN Bike Product Review
TOP >  サイクリングコース・峠・名所名物・レース > 

[Cycling Courses] 地蔵峠


 
GlennGould  2009-9-25 19:54
このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 地蔵峠

先週末の話、車坂峠(http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=5485&forum=124)
からの続きです。

車坂峠からの気持ちいい下りを堪能し、国道18号を経由して、地蔵峠への出発地点を、しなの鉄道の滋野駅に定めました。第三セクター鉄道、しなの鉄道の滋野駅から県道94号線をひたすら上る地蔵峠への道のり。

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=2deaf6247ca7a7e9d1e5a3c8eb0ab20e

1983年の春、群馬県の横川駅まで輪行して碓氷峠を越え、軽井沢から滋野駅まで下り、その足で地蔵峠に上って以来、26年ぶりです。当時、滋野駅は、JR以前の国鉄信越線の駅でした。実はここ、自分の生まれ故郷で、高校時代まで住んでいた町の近くです。実家はないものの、地蔵峠に自転車で上るのが26年ぶりとは、随分と不義理をしていたものです。

隣の車坂峠と双子のようなこの道は、滋野駅を起点とすると、標高差は約1170m。対する車坂峠は標高差が約1300m、いずれも平均勾配は8%を超えます。こちらのほうが地味な道ですが、まさに双子のようなの関係です。26年前はロードでローエンドが42×20という、無知で無謀なギヤ比でも何とかなりましたが、もはやそんなパワーがあるはずもなく、歳相応のギヤ比で淡々と上ります。



それにしても容赦ない登坂です。車坂峠に続いて似たような手ごたえの登坂はちょっと堪えます。高度を上げていくと、気が遠くなるというか、眠りたくなるような気分。苦し気持ちイイ感じ?上りながらデジカメを操作するのが最早、至難の業となってきました。

お地蔵様のようなものがひとつ、またひとつと、現れます。百体観音と呼ばれるものですが、非常に古いものから、そうでもないものまでいろいろあるように見えます。小学生の時、遠足登山のバスの中で、先生は、「百体観音だけど、なくなっているのも、あるんです」と。なるほど、なくなってしまったものは後で再建したのかもしれません。



余談ですが、このときの遠足登山を引率した隣のクラスの先生が、その後、71歳で世界最高齢エベレスト登頂に成功(その後、三浦雄一郎氏が記録ホルダーに)するような、卓越した岳人だった、などということを知る術は、全くありませんでした。

途中、二人乗りの若い男女が、小さいバイクで楽しそうに喋りながらゆっくり抜いて行きました。高校三年生位でしょうか。なんだか和んでしまう雰囲気です。カーブで折り返して上っていく二人はこっちを見てにこにこしています。というわけで、手を振ってみたところ、後ろに乗っている男子(!)が大きく手を振ってくれました。なんだかうれしい感じ。

もうすぐ峠だ!と思ったところで先ほどのバイクが下ってきました。今度は女の子が後ろに乗っています。お互い手を振って笑顔ですれ違いました。

車坂峠に勝るとも劣らない、この地蔵峠。開放的な場所です。ぐぁ~着いた!という感じ。



先ほどの百体観音。この先、群馬県側に下って3kmの旧鹿沢温泉で、完結します。



やがて、体が冷えてきました。売店に入って温かい牛乳を飲みます。ここから先、群馬県嬬恋村へ下るのも面白いのですが、今日はもう、限界。車坂峠のある高峰高原方面に少しだけ行ってみます。途中の池の平湿原までは舗装道路ですが、ロードの場合は、ここまでは行ってみた方がよいでしょう。夏ならば、高山植物がキレイですので、お勧めです。

今日はクルマでの遠距離移動もあったし、もう限界なので、ウインドブレイカーとハンディタイツで下ります。下りはスピードが出ますが、車坂峠の道のような良路ではなく、多少荒れた部分もあるので、小径車の高速ダウンヒルは要注意です。下界に近づくと段々暖かくなってきます。国道18号とその裏道を経由して懐古園(小諸なる古城のほとり・・・)側から小諸駅に戻り、今日のサイクリングは終了です。なんだかんだで、累積標高差で2600mほど走っています。たった75kmしか走っていないのに、も~ヘロヘロ。

そのまんまの恰好でクルマで宿へ。風呂に入って、自転車ウエアを洗濯ネットに入れて宿のコインランドリーで洗って、スッキリ。裏の蕎麦屋でこの地の名物、くるみ蕎麦を食いました。

疲れたなあ、明日は帰るだけにしようかな。。。

(鳥居峠へ、つづく)



評   価→★★★★★
 
GlennGould  2011-10-7 21:42
このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 地蔵峠
9月末某平日。さきほど登坂した車坂峠から1400mを下り切って、しなの鉄道の滋野駅。いや~のどかな駅だ。地蔵峠が一体、日本に幾つあるのかわかりませんが、これから上るのは「日本の裏ラルプ・デュエズ」(?)の地蔵峠です。獲得標高が1160m、平均勾配が8%強。これまた本家のラルプ・デュエズよりも上。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=b819a1766c7d4b9c6fc9ada35bf4d50e

というわけで、信州は東御市のこの登坂コース、たった今、

  「日本の裏ラルプ・デュエズ」

として宣言します。(オイオイ)


こちらの駅はローカルそのもの。

ホッタテ小屋とまではいかないが地味な駅だ


車坂峠への出発点のJR小諸駅と同じで、駅前からいきなり登坂。序盤の道が狭くてイイ感じ。淡々と上ります。9月末というのに、気温が上がり過ぎで、暑い。真夏と全く同じウエアで登坂しますが、汗ダラダラ。きつい~。走りながらのデジカメ撮影は辛いので、下るときに撮ることにしよう。。。

お地蔵さまが次から次へと現れ、励ましてくれます。地味なからも、厳しく、味わい深い道です。

お地蔵様こんにちは!あ、観音様か


それにしてもきつかった~。調子が少しはいいような気がしていたのですが。前回、一昨年のダブル・ラルプ(笑)よりもきついのか楽なのか?


優しき地元民の手作り「S字カーブ注意」


挙句、年に一度か二度しか使わない最終秘儀、5回踏んで2回分休むという必殺技を繰り出して、乗ったまま休憩し、何とか持ちこたえ、ようやく峠に到着。峠は展望がそれほど効かず、山に登ってしまいたい衝動に駆られます。

ところで相棒は苦行の末、スキー場の草っ原に突っ伏してノビてしまいました。

湯の丸高原スキー場の草むらでノビてる相棒

 
紅葉には早すぎで、しかも平日ということで、売店前には人も少なく、実に長閑。あまりの天気のよさに、ひたすらイイ気分です。自販機の飲み物と持参した食料で一休みして、さて下るか。

下る途中、田畑が現れたところで一本東側の農道に移ります。浅間山から高峰高原、湯の丸高原そして西に連なる山々が一望できます。自分の生まれ育った場所、毎日眺めていた山々です。一度、一日かけて縦走してみたいものです(徒歩で)。収穫直後の田んぼもイイですね。




滋野の小さい集落の裏道に入り、古い町並みを見ながらゆっくり走りました。癒されます。

ダブル・ラルプ(笑)を達成して小諸駅の駐車場に戻りましたが、まだまだ全然、走れるゼ!!しかし、旅館で強いめまいがしたときには、「あ、ヤバッ。。。」
歳なんですかねえ。



評   価→★★★★★

年   式→2011年9月末















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Lake mx237  (シューズ)  2017-1-23 12:02  yontour
SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2017-1-22 22:04  LZPT2IB
SHIMANO CN-6600  (チェーン)  2017-1-22 19:48  MERIDAkko
Giro ATMOS ll  (ヘルメット)  2017-1-21 8:40  yoshirin
SERFAS FP200  (フロアポンプ)  2017-1-20 20:19  yoshirin
OGK KOOFU BC-GLOSBE  (ヘルメット)  2017-1-19 18:42  saejii
SIDI Hydro gore-tex  (シューズ)  2017-1-17 22:41  ReClimber
ベランダで洗車  (DIY・小技)  2017-1-14 21:43  LZPT2IB
風呂場で洗車  (DIY・小技)  2017-1-14 21:32  LZPT2IB












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review