CBN Bike Product Review
TOP >  サイクリングコース・峠・名所名物・レース > 

[Cycling Courses] 車坂峠(チェリーパークライン)

(1) 2 3 »

 
GlennGould  2009-9-24 19:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 車坂峠(チェリーパークライン)
先週末、長野県東部、浅間山の西側の車坂峠を走ってきました。実に20数年ぶりです。

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=45275ab179a63f4298205d808ba9a0ff

第三セクター鉄道、しなの鉄道の小諸駅に隣接する駐車場(500円/day)にクルマを停めます。関東方面からの輪行の場合は、新幹線の軽井沢駅で降りて、下り基調の道を20kmほど、ウォーミングアップを兼ねて小諸駅まで走ってもよいでしょう。ずーっと緩い下りなので、楽勝です。

長野新幹線とは無縁の小諸駅前は、昔ながらの風情を色濃く残す城下町です。駅のキレイなトイレに立ち寄ってから小径車で出発。標高差1300m、平均勾配が8%を超える登坂は、駅前からいきなり始まります。このまま行くと、ウォーミングアップ区間なし、です。激坂商店街の相生町を抜け、国道18号を渡り、手ごたえのある坂は延々、続きます。

しばらく民家が続きます。りんご園が点在し、旬の果実が実っています。直売所では店番のおばさんが・・・、と思ったらマネキンでした。まだ時間が早いので店番を任せているのでしょう。



詩歌を詠んだ歌碑が幾つも現れます。小諸に縁のある詩歌人のものですが、クルマで駆け上がったらとても詠めますまい。勾配のきつい車坂峠で自転車であればこそ、左側にある歌碑ならば、かろうじて詠みながら上ることが出来ます。



かつては有料道路だった、このチェリーパークライン、路面が随分いいですね。何年か前にクルマで来たときには路面が荒れていたのですが、再舗装されたようです。走りやすい。しかもこの時期はクルマが少ない。紅葉シーズンはこれじゃすまないでしょうが。それにしてもきつい坂道です。上の方は九十九折で、多少は気が紛れます。

汗ダラダラでようやく到着です。
上りきったところは、黒斑山などへの登山口となっており、若者二人が元気よく、登山者に挨拶しています。「おはようございまーす。登山者カードに記入をお願いしまーす。」

車坂峠は、佐久平を望む眺望がなかなか素晴らしく、八ヶ岳、北アルプス、富士山まで一望できます。下の画像にも富士山がちゃんといますヨ。季節の高山植物や紅葉も非常に美しい。無論、峠よりもはるかに素晴らしい眺めを体感したいのならば、ここから山に登るのがベストな選択です。



で、その若者の一人が、「友達が最近、いい自転車を買って、僕にも勧めるんですよぉ。すごく高い買い物なんでビビっちゃうんですけど、高いヤツじゃないとだめなんですか?」と、私の変な小径車を見ながら尋ねてきました。私は、「初めて買うのなら、・・・」と、私なりの回答をさせてもらいました。

ちょうど11時でしたが、ビジターセンターのレストランがすでに営業していると彼が教えてくれたので、レストランでサラダとコーヒー付きのカレーセット1400円を選択。観光地らしからぬ真っ当な昼飯に辿りつけて満足。カウンターのお姉さんは、「さっき、小さいタイヤの自転車で上っていた方ですか?」と言いました。



車坂峠が位置する高峰高原の西隣は湯の丸高原ですが、そこには車坂峠と並び称される地蔵峠があり、ダートの林道が2つの峠をつないでいます。MTBなら絶対にお勧めの絶景コースですが、残念ながらロードバイクが走るには、厳しい路面です。せいぜい、隣の高峰温泉までが限界でしょう。

サイスポ6月号特集「信州の峠ベスト20」では、「(前略)アップダウンが少なく路面状況もいいので心配はない。(後略)」 と書いてあり、まるで、この林道をロードバイクで走っても大丈夫であるかのような記述が見られます。不可能ではないですが、信じない方が無難です。この筆者は、自分の目で確認していないのではないでしょうか。700×32Cは欲しいところです。コンチネンタルのTプロフィールを装着したALANのシクロクロス車ならば例外ですが(っていつの話だ?)。

せっかく隣にある地蔵峠ですが、どうせならチェリーパークラインのダウンヒルを堪能してから、西隣りの県道をもう一度登坂して地蔵峠に行くことにします(って件の若者に言ったら、「えっ?」と絶句)。というわけで長居はせず、来た道を戻ることにします。

上りは汗タラタラですが、下りは体が思いっきり冷えますので、ウインドブレイカーとハンディタイツをバックパックから出して着ます。いや~、持ってきてよかったぁ。コーナーは路面がよく、官能的です。時々、クルマがすごい勢いで突っ走っていきますが、気持ちはわかりますねぇ。そして直線部は速度がかなり出ます。気がつけば70km/hを越えていたりしますが、さすがに20インチ車でこれだけ飛ばすと、ちょっと怖くなります。




気持ちいい道を堪能しながら下り、国道18号を経由して、地蔵峠への出発地点を、しなの鉄道の滋野駅に定めました。

(地蔵峠へ、つづく)



評   価→★★★★★
 
ManInside  2009-10-6 20:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 車坂峠(チェリーパークライン)
車坂峠に挑戦しました。前々日から軽井沢入りしましたが、天気はあいにくの雨模様。今年の春、一度挑戦しようとして、悪天候で断念していたため、またかと心配していたところ・・・挑戦の日は朝から快晴。ま、まま待ってろよ高峰山!(ちょっとビビリ入っています)

車坂峠は一部で「日本のラルプ・デュエズ」と呼ばれているようです。ラルプ・デュエズは走ったことがないので似ているかどうかはわかりませんが、サイスポの「信州の峠」特集でも「登りごたえ」は★★★★★とされていたし(渋峠は★★★★☆)、かなりきついのではないか? と予想し、前日から十分に体調を整えて臨みました。

見晴台(旧碓氷峠)など、軽井沢付近を軽く流した後、夜は「鳥勝」(http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=5056&forum=124)のニワトリ丸焼きと地ワインで軽めの夕食を終え、早めに就寝。このワイン、おいしかったな。



翌朝、軽井沢から浅間サンライン(これまたサイコーな道)へと入り、松井トンネルを抜けてチェリーパークラインへ(注・松井トンネルは狭くて暗いので無理をせず歩道を押して歩きましょう)。登坂を開始してまもなく、右手側にGlennGouldさんがマネキンを見かけたリンゴ屋さんを発見。人間のおばさんもいたが、マネキンもしっかり隣に!!



平均斜度8度、距離12km、獲得予定標高1003m。標高は1973m。乗鞍も富士山も登ったことがない私には、それがどのくらいきついものかまったく想像できません。ですが、距離3.5km、標高1205mの浅間橋付近で、ちょっときつくなってきました。それまで華麗なコーナリングで避けてきた毛虫やクモやバッタが邪魔になってきます。俺に無駄な体力を使わせないでくれ!!



素敵な歌碑が点在しています。風流で良いものです。読む余裕などこれっぽっちもありません。これまで登った山は、どんなに辛くとも「えっもう終わりなの? そうか、頂上まで来たのか」という瞬間が来たものですが、この車坂峠、とにかく終わりません。汗がダラダラ落ちてきます。「クマ出没注意」という看板も見ました。注意・・・注意してなんとかなるものだろうか? 前方にいたら下って逃げればいいけど、後方にいたら・・・それなんて罰ゲームだよ! と頭の中でぶつぶつ呟きながら登ります。



なんだかだいぶ上まで来たようです。この日、私ははじめて自分のサイコンで3.5km/h という表示を目撃しました。そんな低速まで計測できるのか! というか、なんて恥ずかしい数値なんだ!! しかし、この日の私の目標は「足をつかずに登ること」。タイムはお構いなしです。はじめての山は、足をつくと何か負けたような感じがして、嫌です。



まだ終わらない!! 時々、ダンシングをまじえて九十九折をクリアします。というか、たまにそうやって気合を入れないと足を付きそうになります。頂上付近ではもう平均時速4.5km/hになるほどヘロヘロ。時速6~8km/hで走れる区間なんていうのは、もう「天国」でした。それ以外の区間に比べれば、平地のようなものです(実際にはすごい坂なのに)。



もう、いいじゃないか。足を着いたって、誰も何も言わないだろう。楽になれよ・・・絶対に嫌だ! と自問自答を繰り返し、ビジターセンターがすぐ上に見えたあたりから狂ったようにダンシングでゴールを目指します。時速12, 14, 16km/h・・・アレ・リシャール・アレ!! と、一人ツール・ド・フランスごっこ(http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=5488&forum=48)をして遊びます(遊びっていうか、本気でした)。

ようやく山頂に到着。
車坂峠は、すごい!! これに比べれば、鬼押し出しなどお散歩コース。奥多摩の風張峠でさえ上品なもんだ・・・俺は今まで本当のヒルクライムを知らなかったようだ! 世界は広いぜじっちゃん!! 最終奥義の時速3.5km/h走法まで使わせるとは、車坂峠恐るべし。

ようやく終わった・・・感慨に浸っていたその時、私の脚が突然ぶるぶる震えはじめました。太腿から下が痙攣を・・・!! こんなのは初めてです。



ビジターセンターのレストランでごはんを食べます。これはGlennGouldさんも食されたらしいカレーライス。疲労のあまり、写真を撮るのを忘れてちょっと食いかけになっている(汚くてすみませんw) 素揚げの野菜がのっていてとてもおいしい。このレストラン、確かにとても良さそうな料理がたくさんありました。おすすめできます。競争がないのに、ちゃんとした料理を出すのは本当に立派です。



チェリーパークラインをダウンヒルする前に、景色を眺めます。この後に地蔵峠に挑戦する人とかマジで信じられません!!! そんな人がいたら、たぶんそれはサイクル仙人に違いありません。そう、クロモリ小径車を駆る伝説のあの人なら、あるいは・・・・クレイジーすぎるぜ!!



このチェリーパークライン、本当に下りやすいです。路面も良いし、クルマも少ないし、九十九折でもコーナリングを堪能できます。とはいえ、調子に乗らないよう慎重に下ります。ウィンドブレーカーは必須です。



ベースキャンプに帰還すると全身ボロボロ、フラフラでした。眠い。総走行距離は65km程度でしたが、平地160kmのほうが三倍ラク。すごいぞ高峰山。予想をはるかに上回る日本のラルプ・デュエズ。俺は、満足だ。また挑戦しに来るぞ。

「だからとりあえず、明日予定していた渋峠ヒルクライムはキャンセルして、完全休養日とする。以上」と、自分に言い聞かせ、風呂に入る・・・

久しぶりに限界体験を堪能させてくれた車坂峠。何かが一つ突出してすごい場所というより、いつまで経っても終わらないそのエンドレス加減が最高でした。今後、渋峠や乗鞍や富士山を走ることがあっても、車坂峠のことは決して忘れないでしょう。良い思い出になりました。


評   価→★★★★★ 前評判に偽りなし
 
ManInside  2010-10-13 15:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 車坂峠(チェリーパークライン)
秋の車坂峠に挑戦しました。通算で今回が三度目の挑戦です。いやぁ、やっぱり登り甲斐のある山です。激坂が出現するわけではないのですが、コースを通じて容赦ない印象です。私のレベルでは、登りながらゆっくり体力を回復できるような区間がほとんどない感じです。派手さはないものの、地味に厳しい。厳しすぎる。そんな感じのコースです。

しかし、前半を乗り切ると、身体が慣れてくるのか、坂が「あたりまえ」になってきます。何というか、8%くらいの坂ならそれが「標準」になるので、15%くらいの坂が8%に戻ると「ああ、なんてラクなんだ」と思います。この感覚はなかなか他の峠では味わえません(他の峠はそんなに知らないのでアレですが)。今回も、最終奥義の「時速3.5km/h走法」を織り交ぜつつ、無事に完走しました(奥義を使ったから寿命が縮まったぜ・・・!!)。

夏は路面に虫が多かったのですが、この季節はどんぐりや栗が多く、知らぬ間に乗り上げるとパチパチと爆ぜるような音がして気持ちが良いです。ただ、これらの木の実を求めてクマがやってくるでしょうから、クマよけベル的なものがあったほうが良いでしょう。

路面も非常に良く、短時間で吐きそうになるほど追い込めるコースではないでしょうか。

山頂付近はモーターサイクルのライダーが多く、コーナーでかなり無理な走りをしているのを多く見かけました。対向車と衝突寸前になっている人もいました。タイトコーナーが多く、オートバイもクルマも外側に大きく膨らんでくるので上り・下りとも十分気をつけたほうが良いと思います。

この時期は木々が黄色くなっています。山頂付近では赤くなっている木がちらほら。10月下旬頃には紅葉全開ではないでしょうか。



山頂のビジターセンターでは前回、カレーを食べたのですが、今回は「ムーンバーグ」を食べました。デミグラスソースの上にハンバーグと目玉焼きが乗っていて、チーズがかかっています。



しかし、目が食べたかっただけなんですね。あまりに強度の高いサイクリングをしたせいか、食べていて気持ち悪くなってきました(笑) でもかなりおいしいです。「ぐえっ、吐き気がする。だがウマイ。」という感じです。1400円とちょっと値は張りますが、競争のない山頂でこれだけちゃんとしたものが食べられるのはすごいことです。他人と比較されているわけではないけれど、自分の基準でちゃんとつくる。プロの仕事というのはまさにこういうことだと思います。

なお、小諸駅前からスタートしたかったのですが諸事情から実現ならず。今回も浅間サンライン -> 松井田トンネル上からの参戦となりました。小諸駅前からの激坂に挑戦できなかったのは残念でしたが、浅間サンラインからの素晴らしい佐久平の眺望を拝めたので良しとしたいと思います。



評   価→★★★★★

 
ManInside  2011-8-23 2:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 車坂峠(チェリーパークライン)
車坂峠はこれまでに五回挑戦しました(うち一回はギア選択ミスで玉砕・リタイア)。今回はGarmin Edge 705を持っていったので、斜度を眺めながら走ることができました。

基本的に8%の区間が多いですが、10〜12%は頻出、15%くらいの坂も稀ではなく、5%まで落ちればほっとしてスピードを上げられる、という感じです。5%くらいの楽な区間は、三箇所くらいしかないように思いました。ほっとできるのはそこだけで、残りは基本が8%です。自分の場合、重力を強く意識しはじめるのが8%からということを知りました。

最初に挑戦したときはどうしても足をつきたくなかったので超スローペースで登りましたが、今回はこまめに小休止を取り、途中でパワーバーも食べたりしたところ以前よりだいぶ速く登れました。自転車に乗ったまま休んで体力を回復できれば良いのですが、当分先のことになりそうです。

個人的な印象では、車坂峠の強度が100とすると、奥多摩の都民の森(風張峠)は70、中軽井沢〜鬼押出しが40、碓氷峠が10、という感じです(あくまで主観)。

車坂峠を登ると、あまりのキツさに身体が最も効率良く出力することを勝手に模索しはじめるため、ペダリングやポジションが矯正されてくる感覚があり、浄められていくような気分にもなります(笑)

評   価→★★★★★ この過酷さがサイコー!


 
GlennGould  2011-10-7 21:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[Cycling Courses] 車坂峠(チェリーパークライン)
9月末某平日。カイシャをサボって未明にクルマを飛ばして信州のJR(と、しなの鉄道の)小諸駅へ。朝8時頃着いたのがまずかった~。駅隣の駐車場にクルマを停めて着替えていると、その隣の駐輪場に駐輪した女子高生が三々五々歩いてくるじゃないか。パンツも脱いでレーパンに着替えるのだが、一歩間違えれば現行犯で○○されちゃうじゃん。緊張の一瞬だ(マジ)。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=7baf8c03f0771c07b9844629fbe12afe

箱庭のような一角にある駅前トイレに立ち寄り、水を1リットルほどローディングして、出発。ちなみに5月に行われている車坂峠へのヒルクライム大会では、300m位上の標高からのスタートとなっているようです。

実は駅前からすでに激坂は始まっているのだ(笑)。

屈指の激坂を誇る( ? )相生町商店街


屈指の激坂を誇る商店街、相生町を抜け、このコースで最難関(?)の国道交差点を切り抜け、淡々と上っていきます。相変わらずキレイなご婦人(マネキンです)が店番を務めるりんごの売店を過ぎ、所詮サイクリングさ、と気楽に構えてケイデンス60あたりで上ります。

ものすごく天気がいい。ちょっと遠くがかすんでいますが。シラビソかコメツガか、気持ちイイ針葉樹林(植林の杉林とあまりにも違いスギ)をひたすら上ります。まだまだ黄葉は先。10月中旬からでしょうか。明るくて気持ちいいですねぇ。この、車坂峠への道(チェリーパークライン)を走りながら、「隣の地蔵峠も今日、上っちゃうぜ」、などと考えていました。まだこっちも終わっていないのに、そんなことを考えてしまうほどに好天。

気持ちイイ針葉樹林の道


はるか遠く上の方に、目指す車坂峠の高峰高原ホテル(天文ドーム付き)が見えます。小諸駅から標高差1300mほど、平均勾配が8%の手応え十分のこの坂、誰が最初に言ったのか、  

「日本のラルプ・デュエズ」

偉大なカンピオーネ、マルコ・パンターニは、散々走った挙句、最後に待ち構えるラルプ・デュエズの登坂で、もはや誰も破れないような記録をたたき出しています。ところで標高差、勾配共に、「日本のラルプ・デュエズ」は本家より上だったんですね。気が向くとパンターニの下ハンダンシングを真似て見たりしますが、ほんの50mほどで止めてしまいます(トホホ)。

あそこを上ってきたのね


勾配がきついのでとにかく速度が出ません。距離はそれほどでもないと思うのですが、なかなか終わらない感じ。延々と上り続けると、途中から九十九折れの道が現れ、多少は休める感じです。
ふ~、着いた。

展望がスバラシイ


イイ天気だ~。そして展望抜群の峠。ちょっとかすんでいますが、八ヶ岳から遠く富士山も望めます。夜の星空もすごいんだろうなあ。

一昨年のぼった時と違って今日は平日。浅間山、黒斑山などへの登山口には、ほとんど気配なし。山の人は既に入山済かも。梟がお出迎えのビジターセンタで前回同様カレーセットを食します。

眠そうなフクロウがお出迎え


さて、お隣の峠に行くか、というわけで下り始めてすぐに、DAHONかなにかで、身悶えながら大学生くらいの若者が上ってきました。「もうちょい!」と声をかけたら、顔を多少歪ませてうなずきました。がんばれ!!

あ、そうだ。この2年ほどで、この道を何と5回も登坂しておられるManInside氏とばったり出くわす日も近いかも知れません。



下りですが、良路ではありますが、思ったよりも荒れています。前回はかなり良い路面だと感じたのですが、傷みが早いのか? しかし野放図にいくらでも速度が上がっていく下り。下ると気温がどんどん上がり、やがて浅間サンラインに出ます。これに乗って西に高速移動し、道の駅の先の交差点で左折して、小諸駅のお隣の滋野駅へ向かいます。




評   価→★★★★★

年   式→2011年9月末





(1) 2 3 »















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Syncros XR1.5  (サドル)  2017-3-15 19:03  canzana7
FFC METAL GRIP  (グリップ)  2017-3-15 9:22  saejii
ESI grips RACER'S EDGE  (グリップ)  2017-3-14 21:51  KDR
ROECKL KALAMARIS  (グローブ)  2017-3-14 13:12  saejii












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review