CBN Bike Product Review
TOP >  ヘッドパーツ > 

Tune Bobo Headset 1 1/8 +GumGum


 
numero_nero  2008-12-25 3:52
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tune Bobo Headset 1 1/8 +GumGum
購入価格 €110.50(送料込み)@starbike




Chris Kingの性能は私も重々承知しております。
かつて悪行三昧を共にした我がMTBに装着されていたChris Kingは、実質ノーメンテで50,000km以上を様々な走行条件の下走破し、破綻の兆候すら見せませんでした。
万が一の破損の際にも補修部品が比較的簡単に手に入りますし見た目も美しいのですが・・・私のロードに装着するには問題がありました。

・スタックハイト
Kingは意外と嵩張ります(31.4mm)。
私のロード(OSアヘッド)に純正装着されていたのはcane creek S-6で27.0mmありましたが、これをどうしても下げたかったので25mmを切るヘッドセットを探し彷徨いました。
しかしOSアヘッドはインテグラルにかなり駆逐されてしまっていて、選択の余地は思った程ありません。

ショートリストに残ったのは3つ: Tune Bobo (24.6mm)、Extralite The Head2 (20.5mm)、crank brothers Cobalt SL (21.0mm)でした。

・重量
Extraliteは衝撃の62g! しかし下カップが10mmと薄く、耐久性が激しく不安なので外しました。
次にcrank bros、直線基調のシンプルなデザインでステンレス製なのに94gとそこそこ軽いのですが、ヘッドチューブ外径(36mm)よりもカップの外径がどうやら細いようなのが気になり、あきらめました。
Boboはキャップとエキスパンダー込みで87gとExtraliteには敵いませんがやはり軽く、何よりヘッドチューブとほぼツライチになるのが決め手になりました。

・品質
CNC切削の精度もアノダイズ加工の質も抜群です。ロゴはごく控えめながらプリントではなくレーザーエッチングとKing並に綺麗です。
ベアリングは上下ともシールドで球のグレードは不明ですがスムースに回ります。どちらもカップに圧入されてるので確認はできなかったのですが、
恐らく36/45°か45/45°のアンギュラーで、プーラーと圧入工具があれば交換できるかもしれません。

・組み付け/メンテナンス性
明らかにメンテナンス性よりも精度と軽量化を優先しています。
上カップのカバーはカップ中程で分割されるタイプになっていて耐候性がちと不安になりますが、カップもカバーも工作精度が異様に高いので
グリスを切らさない限りロード使用なら大丈夫そうです。クラウンレースはアルミ製で割が入っており、工具無しで装着できますがラバーリップ等
は付いていないのでシールドとは言えMTBでトレイルを走る方や雨天でもガンガン走る方にはお勧めできません。
プリロード調整は通常ならば割の入った金属製リングを使用しますが、これはプラスチック製で嵌合がきつく手では押し入れられません。
スペーサー・ステム・トップキャップを装着した後にボルトを締め込むと圧入されるような形で噛み合わさります。
組み上がればガタもなく綺麗に回りますが、なにぶんプラ製なので繰り返しの分解は避けた方が良さそうです。
スモールパーツとして入手・・・できないでしょう多分。




・回転性能/耐久性
オフロード走行や派手なジャンプはしていない(しない方がいいでしょう)ので分からないのですが、500km程走ってみて今のところガタや緩みは全くなしです。
カートリッジベアリングが割と良いモノらしく回転もKingと比べても殆ど見劣りしませんし、どうやらワンレースのみでパアになるようなものでもなさそうです。
ただ、前項の繰り返しになりますが耐候性は期待できず、頻繁な分解も避けた方がいいかと思います。

・GumGum
同時に交換したフォークとの兼ね合いで私は使用できませんでしたが、ちょっと変わったエキスパンダーが付属しています。
トップキャップのボルトに、下から順でフランジ付アルミナット→シリコンゴム→アルミワッシャー→硬質ゴムの順で重ねてボルトを締めると
アルミナットとワッシャーに挟まれて潰れたシリコンゴムがコラム内壁に密着して固定する、という構造になっています。
キャップはドライカーボン製でアルミのM6皿ネジが付属、全部併せて12g程に仕上がっています。
これは単品€10前後でも買えるものらしく、固定力もまずまずのようなので重量を削ぎ落としたい方は試してみるのも良いかもしれません。




・総評
ロード用途でそこそこの低スタックハイトのヘッドセットをお探しの方には意味があるパーツだと思います。
King比20~30gの軽量化が望めますが、メンテナンス性や耐候性など怪しい部分も多く、ポジションの都合からKingはちょっと・・・
という方以外はこんな変態パーツは止めて素直にKingにしておきましょう。

ちなみにインテグラル用にBubu(何ちゅうネーミング・・・)もあります。

価格評価→★★★★☆(国内だと25,000円近いらしいですが・・・)
評   価→★★★☆☆(主観だけなら★x4でも)

カタログ重量→ 79g キャップ・GumGum含まず (実測総重量 92g)
 
numero_nero  2010-6-1 23:52
このエントリーをはてなブックマークに追加
Tune Bobo Headset 1 1/8 +GumGum
Boboを使い始めて1年ちょっと、完全トラブルフリーで10,000km近く走破しています。ベアリングも新品時の性能から落ちている感じは全くなし。トラディショナルタイプのヘッドセットを必要とするフレームを購入する予定は当面ありませんが、必要になったらまたBoboを買うと思います。

それとレビューする、といいつつ放置していたGumGum。
使いだしてからしばらく経ちました。



ちゃんと使えます。

気を付ける点といえば装着前にコラム内を一応脱脂しておくことと、キャップはうす〜いカーボンなので2Nm以上の締付トルクをかけない・ステム固定が済んだらキャップが外れない必要最小限の固定力まで弱めておくこと位。新品のカーボンコラムは離型剤やらで粉を吹いていることが多く、そのままでGumGumを突っ込んでも滑ってきちんとグリップしない場合があるかもしれません。アルコールでもアセトンでも樹脂を痛めない脱脂剤ならOKそうだし、接着する訳ではないから汚れや粉が大まかに取れるなら絞った雑巾で拭うだけでも構わないのかもしれません。

そもそもプラグの役目はヘッドセット内のベアリングに与圧をかけてガタがでないようにする、この1点のみで、ステムのクランプを補助したりフォークコラムそのものの破断強度をアップする役目はほとんど果たさないでしょう。与圧に必要なトルクはキャップのボルト部で2Nm以内であることがほとんどですし、圧をかけた状態でステムのクランプを固定してしまうのだから、極端な話セットアップ完了後はボルトとステムキャップを外してしまっても強度上はほとんど影響はないはず。GumGum程度のオモチャみたいなものでも十分機能します。

価格評価→★★★★☆ おまけで付いてきたから・・・単品だとちょっと高いかも。
評   価→★★★★★ 必要十分な機能。


Tune Bobo Headset 1 1/8 +GumGum を購入する

| 楽天市場 | Wiggle | CRC













新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Giro ATMOS ll  (ヘルメット)  2017-1-21 8:40  yoshirin
SERFAS FP200  (フロアポンプ)  2017-1-20 20:19  yoshirin
OGK KOOFU BC-GLOSBE  (ヘルメット)  2017-1-19 18:42  saejii
SIDI Hydro gore-tex  (シューズ)  2017-1-17 22:41  ReClimber
ベランダで洗車  (DIY・小技)  2017-1-14 21:43  LZPT2IB
風呂場で洗車  (DIY・小技)  2017-1-14 21:32  LZPT2IB
LAS KRIPTON  (ヘルメット)  2017-1-13 8:11  yoshirin












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review