CBN Bike Product Review
TOP >  フレーム・完成車 > 

[ROAD] Bianchi via Nirone ALUCARBON 2008


 
flare  2008-11-27 18:00
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ROAD] Bianchi via Nirone ALUCARBON 2008
購入価格 ¥15.5万円 アルテグラ・105ミックスモデル

走行距離が3000kmを越えたのでインプレします。


ビアンキの本国モデルの中では入門車種として位置づけられているニローネ。
Via Nirone(ニローネ通り)はビアンキ社の発祥の地であるが、「初めてのロードバイク」になぞらえたネーミングなのだろう。

C2Cシリーズは同社のレース向けシリーズ、B4P、HoCに比べ、
リヤセンター、フロントセンターが数mmずつ長めのジオメトリ。
ちなみにニローネの55サイズでリヤセンター410mm。
同じサイズの1885は405mmだから、5mmほど長い。
ヘッドチューブも長めに作ってあるが、
俺の場合スペーサーを5mm入れてサドルトップ~ハンドルトップ落差60mm。(参考までにサドル高735mm)
落差が出せないと嘆く人はそんなにいないのでは?


以前乗っていたフルアルミロード(44ティアグラで10kg、定価15万)に比べると、
実測8.9kgのニローネのほうが明らかに登りが楽。
通学で毎朝通る上り坂でぐんぐん加速していけるのに感動した。
カーボンバックの効果はあるみたいで、地面から拾う振動の質が変わった。
ガタガタ震えるのではなく、硬質なゴムを挟んだような感じ。
カーボンの振動減衰効果を実感した。
100kmを越え、150km、200kmに届くロングライドでも疲労度が全く違った。

ロングライド向けのジオメトリなので、スラローム走行などはやっぱりもたつく。
以前のロードはリヤセンター400mm、10mm伸びると結構違う。
が、コーナリング中の安定性はあがったように思う。
コラムが1インチから1.5インチになったせいもあるだろうが、
以前より狙ったライン通り走れる。
これまた通学路にあるカーブを通るとき、
道路の白線を踏み外さずに曲がれるようになった。
峠の下りでも安心して攻められる。

以上のように、乗車感はおおむね良好。
さすがにフルカーボンのロードレーサーのような鋭さは無いが、
単独で走る上では不満を感じない。
2007年本国サイトによるとフレーム1.49kgでお世辞にも軽いとは言えないが、
通学用兼練習用兼決戦用ロードにこれ以上求めると、盗難やらイタズラやらが怖い。
購入後クランクやらブレーキやらホイールやら色々交換して総額25万を越え、
街乗りに激しく不向きな気がしてるけどな…

不満といえば、塗装が弱いこと。
食いつきが弱いみたいで、ワイヤー錠の先をコツンとぶつけるだけで
米粒大に塗装が剥がれる。塗膜も強いとは言えず、自動車用のポリマーコート剤をかけて対処している。
あんまり不満なので、そのうち再塗装するかも。

パーツアセンブルは、クランクがFSAのコンパクトなのを除けば
STIとRDがアルテ、他は全て105と、コストパフォーマンスは悪くない。
ホイールはR500だが、まぁこれつけとけば悪くないだろう。
特に2008年モデルからはブレーキもシマノ製(このモデルだと105)を採用したことに好感が持てる。
俺はモータースポーツもやるので、ブレーキでコストダウンする完成車メーカーは理解できない。

モータースポーツといえば、ビアンキを選んだ理由はアウトビアンキを知っていたから。
割と珍しい購入動機かもしれない。


☆以下チラシの裏。

自転車に興味を持ってショップに足を運ぶようになり、一目ぼれしたのがニローネだった。
ヘッドマークや、断面形状を変えながら緩くカーブするトップチューブ、
そして何より、かつてアウトビアンキを生み出したメーカーということに魅力を感じた。
しかしまだ興味を持ち始めた頃のこと。
10万オーバーの金額を自転車につぎ込めず、他社のクロスを買うことになった。
しかし、いつかはニローネを買いたいと思っていた。

そして時は流れ、バイトで稼いだ20万円を握り締めて俺はうち震えていた。
時期は去年の今頃。そう、各社の新モデル発表が出揃う11月下旬。
親切にしてもらっていたショップに行き、購入の意思を伝える。
20万ならもう1ランク上のロードにも手が届く。
1ヶ月迷ったが、ニローネに決定。当然シリーズの最上位、アルテ105コンポ、カーボンバックで色は白にした。

そして月日が流れ、入荷予定が2度3度伸び、
あまりにも伸びるので途中中古でロードを購入したりしつつ、
それでもまだ来ないビアンキを断ち切れず、待ち続けた。
そして7ヵ月半後、8月の真夏日に納車と相成った。
いやぁ嬉しかった。

というわけで、2台目のロードにこいつを選ぶ変人もいますよ。ってことで。

価格評価→★★★★☆シフト周りアルテグラでこれは安い
評   価→★★★★☆重いのはいいが、塗装は弱い

<オプション>
年   式→2008
実測重量8.9kg
フレーム単体重量1.49kg@本国サイト

 
Emikan  2009-6-7 16:15
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ROAD] Bianchi via Nirone ALUCARBON 2009
2009年ヴェローチェモデル

購入価格 ¥16万(ペダル込)

始めにお断りですが、以前使っていたものとフレーム交換のためアセンブルパーツは全くの別物です。なので完成車重量はこのあたりの重量まで軽くなるのかと思っていただく程度でお願いします。

ちなみにコンポは08コーラスとレコード(RD、チェーン、BB)、7900DURA(スプロケ←シフトメイト不使用)のミックスです。

このインプレは対COLNAGO EPSで書いてます。

よくこのモデルは軽量ではないという文面を目にしますが、私の場合アンカーRA5からこのフレームにしただけで400gほど軽くなったので十分に軽いフレームだと思います。そして完成車重量が物語るとおり、パーツ選択によっては中途半端なフルカーボン完成車よりも軽いです。

そして肝心の性能ですが、剛性は非常に高く、ガツンと踏んだ時の反応、安心感はいいです。しかし、剛性が高く、フレーム自体のしなりが乏しいため踏むポイントが限られているという感じを大いに受けます。 剛性についてはEPSと同等だと感じております。しかしEPSと同等の剛性を持っていますがやはりアルミのカーボンバックである以上、路面からの突き上げに「カド」があり辛い場合もよくあり、しなやかさという観点では皆無だと言えます。またこのフレームの設定速度はおそらく30km/h~であると思われ、それ以下でのスピード域で顕著に感じます。


特にシャマル、ユーラス、レーシングゼロ、1、キシリウムSLなど高剛性ホイールをインストールする場合は組み合わせるタイヤを心がける必要があります。(ちなみにレーシングゼロ&ヴィットリア コルサエヴォCXⅡチューブラー8気圧で二ノ瀬峠を含む100キロ、途中休憩、食事なしで走るとかなり疲れます。ラストの15キロ当たりは35km/h維持できるかできないか・・・)
また、上記の足まわりでは同じリズムで続く凸凹ではものすごく共振してしまいます。

最後に完成車スペックとビアンキについてですが、クランク、チェーンがFSAですが他はヴェローチェ、ハブも中国や台湾のどこかの安物ではなく結構滑らかに回るものであったり、フルカーボンシートポストがついていたり、入荷時期とユーロとの関係でおまけがついてきたりと(先日ショップのオーナーの話ではペダルレスのモデルにLOOKのKEOがついてきたのだとか)コストパフォーマンス的には素晴らしい限りです。


価格評価→★★★★★ ビアンキのコスパは脱帽もの
評  価→★★★☆☆ 値段的にはいいが全体からみるとこんなもん
<オプション>
年   式→2009
カタログ重量→ g(実測重量 7.7kg)



[ROAD] Bianchi via Nirone ALUCARBON 2008 を購入する

| 楽天市場 | Wiggle | CRC













新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

fabric Knurl tape  (バーテープ)  2016-12-2 23:49  LZPT2IB
自転車あるある  (JOKE)  2016-11-29 23:09  UmeTKY
Knog Oi Small  (ベル・方位磁石)  2016-11-29 18:00  saejii
TIME ATAC XC12  (ペダル)  2016-11-28 22:32  bison
SONY DSC-QX100  (カメラ関連)  2016-11-28 17:09  saejii
書籍まとめ買い  (JOKE)  2016-11-27 3:09  AKIRA










第96回アンケート実施中
cbnanashi基礎データ2016

Q1 あなたの性別を教えてください
男性
女性
その他



Q2 あなたの大体の年齢を教えてください
14歳以下
15-19歳
20-24歳
25-29歳
30-34歳
35-39歳
40-44歳
45-49歳
50-54歳
55-59歳
60-64歳
65歳以上



Q3 あなたの居住エリアを教えてください
北海道
東北
関東
甲信越
北陸東海
関西
中国・四国
九州
沖縄・外国



Q4. あなたの自転車の楽しみ方を教えて下さい(複数回答可)
100km以下のサイクリング
100km超えのロングライド
レース・イベント
山岳サイクリング(MTB)
山岳サイクリング(ロード)
のんびりポタリング
自転車通勤
メカいじり・改造





CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review