CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年12月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  ロードタイヤ > 

[TU] Vittoria Strada

« 1 2 (3)

 
yoshirin  2016-11-27 14:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[TU] Vittoria Strada
購入価格 ¥1800(ゆーたさん)

旧モデルの安かった頃のストラーダのレビューです。今は高くて手が出せませんね。。

造りや質感、パーツの感じはライオンタイヤです。
カラッカラにドライな感じで、コルサのモッチリした感じを知っていると拍子抜けします。
フンドシは雑な接着をされていて、セメントで貼っている傍からフンドシの端が剥がれていきます。
TPI数は多めですがケーシングが弱いらしく、120psiまでとなっています。
チューブラーなんだからOKッショなんて舐めて120psi以上入れると、ケーシングが早期に破断する
可能性があるのでやめましょう。(私はボントレのタイヤでこれをやりました)

<走行感など>
転がりはあまり良くはありません。クリンチャーで言えばルビノプロレベルで若干重い。
リアに使うと引きずるように感じるシーンがあります。
コルサCXとTTして比べると確実にタイムが落ちます。100回摂って有意に2%は落ちてます。
2%って誤差レベルに感じるかもしれませんが、8分で抜けるところが8分10秒になります(実際なってます)。
これってレースじゃなくてもかなり大きい差です。
まあ、コルサCXは高圧で使用できるし、実走行でタイムを出しやすいタイヤなので比べるのは酷かもですね。
なお、乗り心地はブチルにしてはかなりいいほうです。

<耐久性>
耐パンクベルトが入っていますが気休め程度です。それでもラリーより断然強い。
これまでに6本ほど消費していますが、1500kmまでは平和に使えて、その後に貫通パンクやトレッド剥離を
起こして退役というパティーンです。フンドシが剥がしやすいこともあり、貫通に関しては都度開腹して修理
していますがその後も長持ちしません。寿命は概ね2500kmで、運よく持って4000kmかなと思います。
最近はフロントに使っていますが、フロントなのに磨耗が妙に早いです。謎だ…

<総評>
昔の価格なら気兼ねなく使えましたが、今の価格だとあまりおすすめできません。
「安いわりにいい」という評価がなされるタイプの製品なので、安さを失うと悪評になるだけ。
どうしても使いたい、でも高い!という方はプラクティスを買う方法もあります。これらはライオ…おっとこんな時間に誰か来たようだ。

まぁ、チューブラーのくせに120psiしか入れられない時点で高圧化による様々なメリットを享受できないわけで
(しかもケーシングも弱い)、素直にスプリンターやコルサエリートあたりを買ったほうがいいと思います。

価格評価→★★★★★ 昔の値段なら。 
評   価→★★★☆☆ 昔の値段なら「安いわりに良い」という評価。
 
PHILLY  2017-4-19 23:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[TU] Vittoria Strada
購入価格:¥2,300


ヴィットリアの廉価帯チューブラータイヤで、実売価格は1,700~3,000円くらい、
店によっては2,000円を切ることもあったようです。

僕が高校生の頃は、タイヤ1本に5,000円以上かけられるだけの財力が無かったので
常用タイヤとして使いまくりました。

今でも、手元に1本だけ残っています。当時使っていたのは もちろんオールブラックですが。
イエローにしたのは、このタイヤをスペアタイヤ専用として使うことが確定していたからで、単なるネタです。


同社の もう一つの廉価チューブラータイヤとして候補に挙がるのは「ラリー」ですね。
あちらはパンク防止ベルトが省かれている事もありますが、ストラーダとの最大の違いはバルブコアが外せるか否かです。
リム高30mm以上のホイールで使う場合は 延長バルブが必要不可欠ですから、
中継ぎ派の僕としては ラリーは選択肢には入りません。
延長バルブを取り付けた状態で折りたたんで携帯しています。


性能には全く関係ない話ですが、ちょっと細かいことを。
この場合、画像の上側が進行方向になるのですが、これに異論のある方はおられないと思います。
が、それに倣うと このタイヤのVittoriaラベルは進行方向左側に貼られている事になります。

僕は これ以外に ヴィットリアのタイヤを5本持っていまして、それら全てに回転方向の指定があるのですが、
どれも進行方向右側にラベルが貼ってあります。
ヴィットリアに限らず、前後の区別があるチューブラータイヤは 右ラベルであるケースがほとんどなので(むしろ例外のほうが少ない)、
このタイヤは 通常とは逆という事になります。

重ねて書きますが、タイヤの性能には全く関係のない話なので、これはただの愚痴に過ぎません。


ここから愚痴以外の話を書きます(笑)。
皆さんが仰るように、タイヤそのものに結構な縦振れがあります。
7気圧くらい空気を入れた状態のタイヤを回転させる、までもなく トレッドを指で撫でるだけで縦振れが分かります。
上の写真はバルブの真上を写しているので、最も縦振れの大きい箇所になります。
画面越しだと伝わりづらいですね。肉眼では もうちょっとハッキリ見えるのに・・・。

折りたたんでおいたタイヤを広げて 空気をパンパンに入れても全然真円になりません。


また、バルブ周辺の縦振れが大きすぎて フンドシがリムから浮いてしまっています。
この辺りは リムセメントを普通に塗った程度では、ちゃんと接着できません。
かといって ここだけリムセメントを厚塗りすると、縦振れの少ないタイヤに交換した時に
却って縦振れを増大させてしまうかもしれません(未検証)。

もっとも、これは安いチューブラータイヤには付き物の現象ですから ある程度は目を瞑りますが。


ここからは 耐久性についてです。
新品のストラーダをリムに嵌め、空気を入れて2~3日ほど使うと
フンドシの端っこ(ピンセットで指し示した部分)が1周にわたってペローンと剥がれてきます。
ハズレの個体を引いたとか そういう類の不具合ではなく、何本買っても同じ事が起こるので間違いありません。
酷い時は、新品を嵌めて空気を入れた瞬間に剥がれた事もありました。

走行距離ですが、1本あたり2,000kmもった試しがありません。
高校生の頃の走行ペースで言えば、長くもっても2~3ヶ月に1回はタイヤを買い換えていました。
とはいえ、当時はこれ以外のロードタイヤを(WOも含め)全く知らなかったので
「ロードバイクのタイヤは これくらいで寿命なんだな」としか考えませんでした。
同社のコルサエリートや コンチネンタルの存在を知る今から思えば、恐ろしいランニングコストの高さです。

また、緩斜面の登りで 強めに立ち漕ぎすると、リヤタイヤが空転する様な感触があります。
たとえ晴れていて アスファルトがカラカラに乾いていても、です。
ホイールが軽すぎて トラクションが足りないのか?とも思いましたが、
当時の組み合わせより 自転車の総重量も リムの重量も軽くなった現在は全く起こりません。グリップが低いのでしょうか?


要するに、低価格の実現のために グリップ力や軽さどころか 耐久性をも犠牲にしてしまった ちょっと残念なタイヤです。
恐らく、僕自身が このタイヤをスペアタイヤ以外の目的で買う事は今後ないでしょう。
パンクしたら このタイヤを仮に張っておき、帰宅したら その場で別のタイヤに交換する、という感じで。

シマノに R50T2という自称ブレーキシューが存在しますが、「自転車屋から家に帰るまでしか使わない」などと酷評されています。
あれのタイヤ版といったところですね。


価格評価→★★★★☆
評  価→★☆☆☆☆
 
neri  2017-7-26 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[TU] Vittoria STRADA 21-28
購入価格 ¥2100

旧モデルですが10本程度使いきったのでインプレを。

■■■■ 質感など ■■■■
質感は高くはありません。ライオン製なので某パナのものと類似(というか激似)です。
フンドシの接着が弱く、長期放置しているだけで剥がれてきます。
精度が悪くて20%くらいしか真っ直ぐ貼れる個体がありません。

■■■■ グリップ・転がり・乗り心地 ■■■■
グリップは悪くありません。適正空気圧の範囲で使えばコルサCX2よりいいかもしれません。
転がりについては、あまり良い感触はありません。タイムも伸びません。
乗り心地は柔らかくて良い方ですが、ものすごく良いわけでもなく。
ただ現在使っているカーボンリムだとそういう印象であって、アルミリムだと乗り心地が良く
感じた記憶があります。なので体重や使用リムによって印象は変わってくると思います。


■■■■ 耐久性 ■■■■
リアは4000km、フロントは5000kmが限界でしょうか。
リアが減るのは分かりますが、フロントに使っても減りまくることには驚きました。
10本程度使ってパンクは8本。ほとんどの個数が寿命を全うできずにパンクで引退しています。
直せるものは直して使いましたが、元がぼろいタイヤのため修理してもあまり芳しくありません
でした。
7分山あたりに差し掛かるとパンクしやすくなります。フロントには使わないほうが良さそうです。
アンチパンクベルトは入っていますが、あまり仕事していません。引っ張り出してチェックした
ところ、かなり防御力が低いベルトのようです。


■■■■ 総評 ■■■■
かつては安かったので定番化しています。
安ければ買ってもいいタイヤだと思います。
今は高すぎて手が出ません。
諸々考慮し、個人的には今ストラーダを買うくらいならTUFO S33PROを推します。


価格評価→★★★☆☆ 高くなりましたね
評   価→★★☆☆☆ 安心して常用できるギリギリの性能かな?

« 1 2 (3)















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新100件)

自転車あるある  (JOKE)  2017-10-20 23:33  kuromitsu2
ダイソー タイヤレバー  (100均)  2017-10-16 21:36  neri
fabric Knurl tape  (バーテープ)  2017-10-11 22:39  canzana7
OGK ZENARD  (ヘルメット)  2017-10-10 20:24  baru
PEDRO'S GO!  (ケミカル関連)  2017-10-9 13:36  neri
SHIMANO XTR PD-M9000  (ペダル)  2017-10-8 17:48  oreore3
Bontrager FS2000  (サドル)  2017-10-2 23:20  kazane
バニー坂  (書籍・DVD)  2017-10-2 20:23  kuromitsu2
grunge Carry  (輪行バッグ)  2017-9-29 21:07  asatamagawa
Sidi Cape MTB  (シューズ)  2017-9-25 0:52  oreore3
Vipro's Blue-no  (ケミカル関連)  2017-9-24 23:17  taka888
SHIMANO SL-3S90  (シフトレバー)  2017-9-24 15:44  KDR
SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2017-9-19 23:21  kuromitsu2
OGK XF-1 ADJUSTER  (ヘルメット)  2017-9-19 19:38  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review