CBN Bike Product Review
TOP >  シューズ > 

SPECIALIZED S-WORKS ロード

« 1 2 (3)

 
cancelala  2016-7-9 22:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPECIALIZED S-WORKS 6 ロード 2016年モデル
購入価格 ¥43200(国内正規販売店)←2016年7月9日現在で39960円(税込)に変わっています。

2016年モデルは、S-WORKS 6 ROADと名称が変更されていますが、こちらにレビュー記事を投稿させて頂きます。
以前履いていたシューズはシマノのSH-R133でサイズは42(26.5cm)です。


■サイズの選択
試着の際に41(26cm)か41.5(26.5cm)で非常に迷いました。41だと足の長さはピッタリですがかかとのホールドがきつく感じました。41.5だとかかとのホールドはちょうどですが指先が少し余る感じがありました。結局かかとのホールドは馴染みが出るだろうと考え、41を購入しましたが正解でした。


■フィット感
初回はかかとのホールドが硬く靴擦れしないか心配でしたが、自転車では靴が上下に動いて擦れることがほぼないため杞憂でした。その後2、3回も履くとかかとのホールドの硬さもなくなり丁度良いホールド感があります。
Boaダイアルも1段階ずつ締める・緩めるを調整することができ非常に良いです。特にヒルクライムやタイムトライアルなどの大きなトルクをかける場面では、以前のシューズだとベルクロとバックルをきつめに締めないとかかとが浮く感じがありましたが、このシューズでは浮く感覚がほとんど無くなりました。ゆったりめに履いてもかかとが浮くことがないことは長距離を走る際に非常にありがたいです。

■その他特色
シューズの軽さには一番驚きました。前のシューズが左右合計664g、S-Works 6が左右合計385gです。シューズだけで280gも軽量化できました。今でもクリートをつけていても軽いなぁと思ってしまいます。
また、前述したようにBoaダイアルの調整具合は抜群に良いです。クリートもねじ受けを移動させて標準から5mm後方に移動させることもできるので調整範囲は広めだと思います。かかとの樹脂部分も交換できるので長く使うことができます。
シューズ全体に細かな通気穴があるので通気性は良いと思います。冬は厚めのシューズカバーが必須ですね。

■注意点
非常に優れたS-WORKS 6シューズですが注意点が何点かあります。
(1)履く・脱ぐ際の注意点
ホールド性が良すぎるため、履く・脱ぐ際にはBoaダイヤルを全開に緩めてやらないといけません。特に履く際には無理やり履こうとするとかかとを潰しかねないので注意が必要です。

(2)Boaダイヤルの締め加減
あまりに履き心地がいいので、ついついワイヤーを締めすぎてしまいがちになってしまいます。締めすぎに気づかずに100kmぐらい漕いだ際には足全体が少し痺れていたので締めすぎには注意が必要です。

(3)クリートの取り付け位置
ホールド性がいいということは、それだけ遊びが少ないということですのでクリートの取り付け位置にはシビアにならざるを得ないと思います。私自身も少し漕いだだけで違和感があり、すぐにクリートの角度・前後位置を調整しました。

(4)全ての人に合うわけではない
ネットのブログを見るとS WORKS 6シューズは全ての人に合うわけではないようです。長時間履くと足の甲が痛くなってしまう場合や痺れが出てしまう場合があるようです。足の大きさや形は人それぞれですので、身に着けるもの(特にシューズは)は必ず試着することが一番大切だと思います。現在はいろいろなメーカーの優れたシューズがたくさんありますので自分に合ったシューズを見つけることが必要ですね。


価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★★
<オプション>
年   式→2016年
カタログ重量→ 224g(実測重量192g←片足です)
 
neri  2017-12-14 22:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPECIALIZED S-WORKS ロード
購入価格 ¥26000

2010モデルのレビューです。
2011ではタンが硬くなり重量も増えたので、2010モデルの(市場在庫の)方が人気がありました。
とにかくヒットしたのでいまでも使っている方を見ます。

インソールはローアーチが付属していて、BOAはワンアクションリリースこそありませんが、締め戻しが
自由にできてコンパクトなリールがふたつ付いていました。
ソールは独特の反りがありパワーを掛けやすくなっています。
また伝統の3mmカントもあって膝に優しくてセッティングもしやすかったです。
なんだかんだで3万kmくらいは苦楽を共にして、ショートでもロングでも快適でお気に入りのシューズでした。

難点は、クリートの取り付けが若干カカト寄りになってしまうこと。LOOK式クリートだと気になる方も
いたようですが、私はスピードプレイだったので気になりませんでした。
あとは耐久性ですね。ヒールカップがすぐに弱ってきて、アッパーもどんどん柔らかく伸びてきてしまうので
スプリントができなくなってきます。自身の経験と他の人の話を見ると大体2万kmで健康寿命を終えるようです。
それと大事なことですが、かなりのナロー幅です。アッパーで誤魔化されていますが明らかにナロー。
ロングのあとに小指が擦れてたまに出血まで起こるのが不思議でしたが、下位のコンプMTBを購入してから
足型が細いことに気が付きました。否、確信しました。

難点に目を瞑ってでも新型を買おうと思っていたのですが、海外通販はシャットアウトされるわ年々インフレが
ひどくなるわで買い続けるのをやめちゃいました。
初期の実勢2~2.5万円くらいだったら気軽に履き続けられたんですけど、1年で4マンの機材投資は常人には厳しいです。


価格評価→★☆☆☆☆
評   価→★★★★☆
 
cancelala  2018-4-7 14:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPECIALIZED S-WORKS ロード
以前投稿したs-works6 2016年モデルのシューズの追記です。
結果から言うと、数回履いて馴染みが出てから1年間ぐらいが一番良かった期間でした。

購入から2年半程度、15000km程度走りましたが、明らかに伸びました。
特にダンシング、スプリントのような全開走行時には顕著に分かります。
シューズの中でつま先寄り or かかと寄りのどちらに足を置くか選べるぐらいには伸びています。
登りでダンシングを多用するときには足の位置が安定しないことが非常に不快でそろそろ買い替えを検討しています。
他のレビュー(過去モデル)でも書かれているようにアッパーが柔らかいことが伸びの原因だと思います。
最近のシューズは昔のシューズよりも伸びにくいからフィッティングが大切だとどこかの雑誌で読みましたが、このシューズは違うようです。

あとは、シューズの通気性が良いので足先の冷えに敏感になったと感じます。
私の場合は気温15度以下からトゥーカバーかシューズカバーが必要で、以前のシューズよりも早い段階で使うようになりました。
足先・指先の冷えの感じ方は人によってかなり違いますが、このシューズは薄く・通気性が良いので厚めのシューズカバーが必要でしょう。
Boaダイアルは全開放はできないものの、ラチェットよりも操作が簡単かつ微調整が可能でフィット感は良好でした。
スペアパーツは高いですがカラーコーディネート可能で、よほど手荒に扱わないかぎりはワイヤー切れの心配もないでしょう。

新型のs-works7がデビューしたようですが、私は別メーカーのシューズに乗り換えます。
重量、剛性、Boaダイアルの使い勝手は文句がないだけにここまで伸びてくれたのが残念でした。

価格評価→★★★☆☆(高い)
評   価→★★★☆☆(残念です)
 
baru  2018-7-26 22:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SPECIALIZED S-WORKS 7 ロード
購入価格 ¥39960

SPECIALIZEDの最高級ロードシューズ。第7世代の製品になります。


■購入動機
それまで使っていたS-WORKSシューズ(2014)の表皮がボロボロになってきたため。ローラー用に退役させ、新しいシューズを買うことにしました。これで3足目。

 1足目: SPECIALIZED S-WORKS ロード 2011モデル
 http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=3718&forum=63&post_id=21198#forumpost21198
 2足目: SPECIALIZED S-WORKS ロード 2014モデル
 http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=3718&forum=63&post_id=23241#forumpost23241

SHIMANOやリンタマンのロードシューズにも浮気しましたが、結局戻ってきたのはS-WORKS。SPDシューズはSHIMANOが一番足に合うんですが、SPD-SLシューズはS-WORKSが一番足に合うのでした。

購入検討したのは、S-WORKS 6とS-WORKS 7。一世代前で少し割引されている6か、それとも最新で定価の7か。見た目には大きな差があるようには思えなかったんですが、新宿エルブレスで説明を聞くと「かなり違う」とのこと。

6はカカトがかなり細く、アッパーも硬め。7はその反省を受けてなのか、カカトは余裕があり、アッパーは柔らかく。全体的に7の方が快適性が高いとのことです。実際、6を試着してみると木靴のよう。7はそれに比べると履きやすい印象。

私の使い方だとガチガチに硬いシューズよりは、ある程度快適な方が合っているので、7を購入することにしました。


■製品概要
実測重量は233g(42サイズ・片足)。シューズバッグ代わりのサコッシュが付属。

アッパーはDyneemaメッシュ。BOAはアルミダイヤルのS3-Snapダイヤルを採用しています。


■使用感

レース用、高強度の練習時に使用しています。ペダルはSPD-SLの、SHIMANO-PD7900を使用。2018年6月から使用開始しました。比較対象は、S-WORKSシューズ(2014)です。

(1) フィット感
2014年版と同様の高いフィット感ですが、特にカカト側のフィット感が素晴らしいです。圧迫感は無いのに、しっかりと固定されてペダリングしやすい。「Padlockヒール」と名付けられているようですが、これは確かに良いです。


そして、試着時に店員さんがやっていて気づいたんですが、このBOAはワイヤーが外れるんですね……(2014年版も同様に外れる)。この状態で履くのが正しいそうです。これまでワイヤーを外さずに頑張って入っていたのですが、かなり履きやすくなりました。


ベロの裏側にはクッションを配置。これは個人的にはあまり良くなかったです。圧迫感がありました。

(2) 剛性感

アウトソールの剛性感は2014年版と比べても圧倒的に高くなっています。公式発表の剛性指数は、

 2014年→13
 2018年→15

と増加していますが、数字以上の変化を感じました。踏んだ力が無駄なくペダルに伝わる感触があります。スタックハイトには敏感な方ですが、特に乗り換えても違和感がないので厚みは2014年版と大きく変わっていないはず。

ただ、これだけ硬いと200㎞以上の長距離では足裏が痛くなりそうな感じもしますが……それは追って報告しようと思います。

(3) 重量
2014年版は片足230g、2018年版は片足233gと、実は重量化しています(いずれも実測重量)。アッパーが軽量生地として有名なDyneemaになったので軽量化しているかと思いきや、重くなっていて驚きました。とはいえ、ロードシューズで見ると軽い部類に入るはずです。この軽さでこの剛性と履き心地を実現しているのは凄いですね。

(4) その他

新型のアルミ製BOAダイヤルですが、「回したときの音にもこだわった」とのこと。実際、かなり動きが滑らかで、調整幅も細かいです。最高級製品は官能性能も加わってくる場合がありますが、S-WORKSシューズのダイヤルはまさにそれですね。


■まとめ
アウトソールは固く、アッパーはしなやかに。昨今のカーボンフレームの定石(ダウンチューブとチェーンステーは固く、トップチューブとシートステーは柔らかく)にも似て、方向性が明確なシューズです。世代を重ねてその方向性は強化されていますが、直前の「S-WORKS 6」よりは、2014年版の遺伝子を感じます。6は突然変異だったのかもしれません。

とりあえず、今回もS-WORKSを選びましたが、間違いはありませんでした。次回買い替えの際も、恐らくS-WORKSを購入すると思います。


価格評価→★★★☆☆(高くはなったが納得のクオリティ)
評   価→★★★★★(多分次もS-WORKS)
<オプション>
年   式→2018
カタログ重量→ 224g(実測重量 233g)

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC, Bellati, PBK, Tweeks, Evans, Ribble

« 1 2 (3)







主要ショップ セール&クーポン情報・人気商品一覧

ショップセール&クーポン
Bellati Sports【安心】CBNイチ推し! ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
amazon.co.jp【無料体験】サイクルロードレースをamazonで見よう!詳細はこちら
amazon.co.jp【人気】XOSS ANT + Bluetooth 4.0対応ケイデンス or スピードセンサー ¥ 2,199
amazon.co.jp【人気】携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ ¥1,799
amazon.co.jp【人気】パイオニア左クランク用パワーメーター FC-R8000 10%OFF ¥ 45,496
Chain Reaction Cycles【最安】Tacx Neo Smart Trainer ¥127,299(送料無料)
Evans Cycles【人気】Tacx Neo Smart Trainer ¥123,702(送料1.1万)
Tweeks Cycles【人気】Tacx Neo Smart Trainer ¥131,249(送料1.1万)
MyProteinAUG37 追加37%OFF
ProbikekitCBN10 対象商品がさらに10%OFF
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitTYREMBタイヤ2本で5%、4本で10%OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsPowerTap P1 8.9万・P1S 5.8万円
Bellati SportsVittoriaホイール各種取扱い開始
Bellati SportsCinelliフレーム・完成車取扱い開始
Chain Reaction CyclesSALE2018 セール品¥11,250で¥1,500 OFF
WiggleトライアスロンSPEND & SAVE 最大1.2万OFF
WiggleSUMMER18 初回限定¥7,000で¥1,500 OFF
ProbikekitSHOE15 シューズ15%OFF
ProbikekitWH5 対象ホイール5%OFF
ProbikekitSS18SS 使用で春・夏ウェア最大3,000円OFF
ProbikekitCOMPO10 対象コンポーネント10%OFF
Ribble CyclesTURBO10 対象ターボトレーナー10%OFF
Merlin CyclesSelle San Marco最大59%OFF
Evans Cyclesホイール最大50%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


Fizik Terra X5  (シューズ)  2018-8-15 20:54  wartori
SHIMANO SH-M088  (シューズ)  2018-8-15 14:36  wartori
edco 3AXペダル  (ペダル)  2018-8-9 1:55  333
SAPIM CX-RAY  (スポーク)  2018-8-7 23:29  kazane
自転車の異音  (JOKE)  2018-8-5 10:34  tyaride5hun
MET Strale  (ヘルメット)  2018-7-31 21:55  sole
OGK Koofu WG-1  (ヘルメット)  2018-7-30 21:53  canzana7
KASK Mojito  (ヘルメット)  2018-7-30 21:14  canzana7
OGK FLAIR  (ヘルメット)  2018-7-26 12:33  JINX








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review