CBN Bike Product Review
TOP >  クランク・チェーンリング > 

Campagnolo Centaur CTウルトラトルククランクセット


 
biriken3  2008-6-8 21:38
このエントリーをはてなブックマークに追加
Campagnolo Centaur CTウルトラトルククランクセット
購入価格 ¥ 23000くらい(初期ロット)

シングル化して通勤に使用していたが、約10000km使用して、クランク軸を固定するセンターボルトが折れた、疲労破壊だと思われる。 
初期ロットだったので、現在のボルトは改良されているかもしれない。
初期段階で、よく緩むので、増し締めをしすぎたのが原因かもしれない。
体重84kgで、街中スタートダッシュの連続には、酷だった様だ。
いいクランクなのにちょっと、ショック。
クランクは固めで、力を逃がさない感じなので、フレームはアルミよりカーボンやクロモリのような撓んでくれるフレームと相性がいいと思う。
次にボルトが折れたら、買い替え予定だが、シマノ以外に駆け込む寺が無いのが悩みの種になった。

価格評価→★★★★☆(トラブルが無かったら、めちゃお気に入り)
評   価→★☆☆☆☆(腐ってもカンパ!)
 
superbe  2008-11-27 8:39
このエントリーをはてなブックマークに追加
Campagnolo Centaur CTウルトラトルククランクセット
購入価格 ¥19000

2台所有するロードのうち一台を先にレコードのコンパクトクランク(非ウルトラトルク)に交換し、なかなか調子が良かったため、もう一台もコンパクト化した。
レコードでは48×34Tを購入したので同じギヤを選択したかったのだが、商品数整理のためか50×34Tしか選択できず。以前は他の歯数もあり、「さすがカンパ、シマノとは違う」と思っていたのに残念。せめてチェーンリング単体でも歯数選択のバリエーションを増やすべきだと思う。

ウルトラトルクシステムの組み付けは初めてだったが、取扱説明書を見ながらやればさほど難しいことはなかった。センターボルトの締め付けにはカンパの専用工具もあるが、あえて購入するほどのものでもないので10mmのアーレンキーをホームセンターで購入。普段ペダルの脱着時の補助に使用しているステンレスパイプをアーレンキーの短い方に差し入れて締め付けを行った。

アルミクランクで育った世代なので、やはりしっとり落ち着いたアルマイト仕上げのアルミクランクに親しみを感じる。クランク同士を軽くぶつけてみると、澄んで引き締まった音がし、よい素材を使っているのが感じられる。中心に大きな穴が開いたウルトラトルクのデザインそのものはちょっと無粋な感じもするが、最近の派手なデザインのフレームと組み合わせるにはパーツにも押し出しの強さが求められるのだろう。”campagnolo”のロゴは筆記体の方が良かったと思う。

ケンタウルの2009モデルフロントディレイラーと組み合わせて、変則性能に関しては問題なし。軽めのギヤで回転で走るタイプなので、クランクの剛性云々については分からない。レコードアルミ(ノーマル、非ウルトラトルク)、レコードカーボン(コンパクト、非ウルトラトルク)と比較しても、自分のレベルではクランクがたわむほど踏み込めないので差を感じない。まだ長距離を走り込んでいないので、冬場せっせと走って評価してみたい。

価格評価→★★★★☆(定価のままなら高すぎる。為替に応じてもう少し値下げを)
評   価→★★★★☆(ギヤが50×34Tしか選べない。48T、36Tも用意すべき)

 
ManInside  2008-12-8 14:56
このエントリーをはてなブックマークに追加
Campagnolo Centaur CTウルトラトルククランクセット
購入価格 ¥ 21900

50x36を購入。というよりこのグレードではそれ以外に選択肢なし。初コンパクトクランクなので、他の製品と比べて云々は言えませんが、これまでクロモリマシンで使用してきた53x39のCentaurクランクと交換してみたところ、すぐに「これはいい!」と思いました(より正確には「うはwこれいいかもww」と思った)。大きいギアがあるとやはり欲を出して使ってしまいますが、これなら上限レシオが自動的に下がるので(リアは同じ12-25T)身体に優しい親切設計(笑) 非常に扱いやすいもので新鮮な驚きでした。原理はよくわかりませんが、以前と同じようなギア比で走っていても、軽快な印象を受けます(気のせいかもしれませんが。トルクが渡される場所が変わるのかな?)。必然的に回すペダリングになるし、登坂ではMTBなみに軽くてビックリ。長年の夢であった激坂でのケイデンス90を初体験できました(一瞬だけ)。最近寒くなってきたせいか、それとも距離が伸びてきたせいか、膝が少し故障気味の私にはありがたいアイテムとなりそうです。

まだ少ししか使っていませんがコンパクトクランク自体はとても良いものだと思いました。経験豊富な皆さんのレビューを拝読しているとアウターは48や46が最適のように見えますが、将来の楽しみとしておこうとおもいます。カセットの寿命がきたらクロースレシオも試してみたいところです。

このシルバーのクランクはクロモリフレームによく似合うので2009年モデルが出て一安心でした。

価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★★

年   式→ 2009モデル(2008年製造)
 
yoshirin  2017-2-7 17:37
このエントリーをはてなブックマークに追加
Campagnolo Centaur CTウルトラトルククランクセット
購入価格 ¥18000(円高時)

ケンタウルのウルトラトルククランクはコンパクト・ノーマル問わず年式によって
大きな違いがあるので注意。

私のものは2008年(2007~2008)で、以下の画像のコーラス相当のチェーン
リングがついたものです。



2009以降は以下のようにウルトラトルクのヴェローチェと同じリングになり、
ヴェローチェとは単に名前が違うだけになります。


2007~2008年モデルに関してはリングがかなり良いので質感・変速性能ともに
申し分ありません。内外のインターネッツでもこの時期のケンタウルのクランクは
コーラス相当のプレミアムものとして扱われています。
以降のものに関しては、私は同等品のヴェローチェを持っていますが変速性能は今ひとつです。
最初はいいのですが、少しでもセッティングアウトするともう上がってくれません。
かなり面倒です。

まぁ2008モデルもチェーンリングがコーラス「相当」ではあるのですが、若干耐久性は低い
ように感じます。大体3万kmで刃先が随分摩耗します。コーラスはそこまで摩耗しませんでした。
単純にロットとか時期のものなのかもしれませんし、カンパは品番と商品の管理が適当なので
そんなものなのかも。
事実アメリカからこの時期のケンタウルのチェーンリングだけ購入したことがあるのですが、
妙にギラギラ磨かれてちょっと質感が違うものが届いて驚きました。
決してニセモノではなく仕上げにバラつきがあるだけで、その時期のリングはそんなもの
だったようです。

またケンタウルに限った話ではないのですが、ウルトラトルクのベアリングは相当長い期間持ちます。
UTを幾つか使い倒してきましたが、ノーマルBBカップを使うぶんには浸水は皆無で異物も噛みません。
ベアリング寿命はクランクの寿命と同じくらいなのではないでしょうか。
スーレコのカップを使う場合は内側がシールされないので寿命が大きく縮みます。
ノーマルタイプのBBカップをおすすめします。

という感じです。年式による違いの話がほとんどでしたが、基本的にはとても良いクランクです。
カーボンケンタウルと異なり普通の設計になっていて、チェーンリングに上位互換性があるので
安心して使えます。
今はカンパのアルミクランクは全てパワートルクになってしまいましたが、出来るならウルトラトルクを
探してつけることをお薦めします。特に銀色になるとデザインの良し悪しと仕上げの差が顕著に出るので
尚更です。パワートルクの銀クランクは3万円のルック車みたいな安っぽさがあります。
なんであんなことしたんだろう。。

価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★★ 2008モデルなら高評価、以降のものでも星ひとつマイナス程度。


Campagnolo Centaur CTウルトラトルククランクセット を購入する

| 楽天市場 | Wiggle | CRC














新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2017-2-22 21:10  baru
redshift SHOCKSTOP  (ステム)  2017-2-21 21:32  baru
SHIMANO SH-XC31  (シューズ)  2017-2-20 21:34  baru
SHIMANO SH-RC700(RC7)  (シューズ)  2017-2-15 21:41  baru
自転車あるある  (JOKE)  2017-2-14 0:45  hitaka
SHIMANO DURA-ACE PD-7900  (ペダル)  2017-2-9 22:02  baru
パワーストーン  (JOKE)  2017-2-9 21:30  Qtac












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review