CBN Bike Product Review
TOP >  DIY・小技 > 

ORTLIEB サドルバッグの垂れ下がり防止法


 
baru  2018-7-23 20:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ORTLIEB サドルバッグの垂れ下がり防止法
発売からかなりの年月が経ちますが、未だに人気のある「オルトリーブ サドルバッグ」。

 ORTLIEB サドルバッグL
 http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=1838&forum=69&post_id=6435#forumpost6435
 ORTLIEB サドルバッグM
 http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=4500&forum=69&post_id=7024#forumpost7024
 ORTLIEB サドルバッグS
 http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=7061&forum=69&post_id=11941#forumpost11941

最近は大型サドルバッグ登場の影響もあり、ブルベで本製品を使う人の数は減りつつあります。ただ、未だに使用している人は多く、根強い人気を感じます。防水かつ取扱いに特別な手間が要らないのが理由だと思っています。

-----

ちょっと気になるのが、サドルバッグの取り付け角度です。


↑の写真のように、サドルバッグの後ろ側が垂れ下がっている人を結構な確率で見かけます。単純に垂れ下がっているだけならば大きな問題ではないのですが、タイヤと擦ってしまうと破損の原因となります。シートポストの出しろが少なく、サドルバッグとタイヤのクリアランスが小さい人ほど、取り付け方には気を付ける必要があるでしょう。


これが理想的なサドルバッグの角度。バッグの後端が上がっており、タイヤとのクリアランスが十分に確保されています。私の普段のポジションだと、シートポストのセットバックが大きい上にサドルを後ろに引いているので、ここまで後端が上がることはないのですが、あくまで理想。

特にマニュアルには記載は無いのですが、このサドルバッグを上手く付けるには少しコツがあります。具体的には、アタッチメントの取付位置が重要になります。オルトリーブのサドルバッグは、サドル側のアタッチメントにバッグ側のアタッチメントを取り付ける形になるので、それぞれに分けて解説します。


(1) サドル側のアタッチメント

サドルレールを上下から挟み込むこちらのアタッチメントの取付位置について。


サドルレールは地面に平行な部分(Aとする)と、地面から垂直(実際には少し斜め)な部分(Bとする)に分かれています。


アタッチメントの取付位置は、AとBの間か、Bに取り付けるのが望ましいです。Aに取り付けてしまうと、それだけでサドルバッグの後ろ側が垂れ下がる原因となります。逆にBに取り付けるとレールの角度によってはサドルバッグの後ろ側が上がり過ぎてしまうこともあります。現実的には、AとBの間に取り付ける人が多いはずです。


(2) バッグ側のアタッチメント

バッグ上部に付いているこのパーツです(仮にアジャスターと呼びます)。



このアジャスターは、前後位置を4パターンから選ぶことが可能。矢印の付いたツマミを、左右同時につまむと、前後に移動出来ます。


理想は、この位置。サドルバッグに対してアジャスターを一番後ろに付けています。この位置だと、相対的にサドルバッグ全体が前に移動するため、前傾することになります。前傾するので、サドルバッグの後ろ側は上がる……というわけです。

ただし、アジャスター一番後ろに付けるとサドルバッグが付かなくなることもあります。セットバックの小さいシートポストを使い、更にサドルを前に出している場合です。シートポスト~サドル側のアタッチメントに十分な距離が無いため、サドルバッグの先端部分がシートポストに当たってしまうわけですね。

この場合は、「アジャスターをなるべく後ろに付ける」が解決策となります。

-----

この対策をしても後ろ側が垂れ下がる場合、サドルバッグが耐荷重を越えている可能性があります。あまり知られていませんが、このサドルバッグの耐荷重は3kgです(S~Lサイズ共通)。バッグ自体の重量が300g程度あるので、中身に入るのは2.7kg程でしょうか。

収容能力があるからといって、あまり重いものを入れるのは推奨されません。過度な積載はアタッチメント破損の原因になりますので注意しましょう。

また、耐荷重内であったとしても、先ほどの例で、

 ・サドル側のアタッチメント
  →Aに付ける
 ・アジャスター
  →一番前に付ける

という組み合わせは危険です。


サドルレールに取り付けたアタッチメントから、サドルバッグ後端の距離が遠くなるため、テコの原理により支点となるサドルレールやアタッチメントに大きな負荷が掛かります。サドルレールそのものの破損や、アタッチメントの破損に繋がるので、そういった意味でもアタッチメント位置の調整は重要です。

-----

シートポストのセットバック量、シートポストに対するサドルの前後位置で前傾の度合いは変わりますが、少なくともサドルバッグの後ろが垂れ下がるような状態は回避可能だと思います。是非、適正なアタッチメント位置の調整を行ってみてください。


評   価→★★★★★(正しくセットすれば、非常に安定します)

ORTLIEB サドルバッグの垂れ下がり防止法 を購入する : Amazon, 楽天市場








主要ショップ セール&クーポン情報・人気商品一覧

ショップセール&クーポン
Bellati Sports【安心】CBNイチ推し! ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
amazon.co.jp【無料体験】サイクルロードレースをamazonで見よう!詳細はこちら
amazon.co.jp【人気】XOSS ANT + Bluetooth 4.0対応ケイデンス or スピードセンサー ¥ 2,199
amazon.co.jp【人気】携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ ¥1,799
amazon.co.jp【人気】パイオニア左クランク用パワーメーター FC-R8000 10%OFF ¥ 45,496
Chain Reaction Cycles【最安】Tacx Neo Smart Trainer ¥127,299(送料無料)
Evans Cycles【人気】Tacx Neo Smart Trainer ¥123,702(送料1.1万)
Tweeks Cycles【人気】Tacx Neo Smart Trainer ¥131,249(送料1.1万)
MyProteinAUG37 追加37%OFF
ProbikekitCBN10 対象商品がさらに10%OFF
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitTYREMBタイヤ2本で5%、4本で10%OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsPowerTap P1 8.9万・P1S 5.8万円
Bellati SportsVittoriaホイール各種取扱い開始
Bellati SportsCinelliフレーム・完成車取扱い開始
Chain Reaction CyclesSALE2018 セール品¥11,250で¥1,500 OFF
WiggleトライアスロンSPEND & SAVE 最大1.2万OFF
WiggleSUMMER18 初回限定¥7,000で¥1,500 OFF
ProbikekitSHOE15 シューズ15%OFF
ProbikekitWH5 対象ホイール5%OFF
ProbikekitSS18SS 使用で春・夏ウェア最大3,000円OFF
ProbikekitCOMPO10 対象コンポーネント10%OFF
Ribble CyclesTURBO10 対象ターボトレーナー10%OFF
Merlin CyclesSelle San Marco最大59%OFF
Evans Cyclesホイール最大50%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


Fizik Terra X5  (シューズ)  2018-8-15 20:54  wartori
SHIMANO SH-M088  (シューズ)  2018-8-15 14:36  wartori
edco 3AXペダル  (ペダル)  2018-8-9 1:55  333
SAPIM CX-RAY  (スポーク)  2018-8-7 23:29  kazane
自転車の異音  (JOKE)  2018-8-5 10:34  tyaride5hun
MET Strale  (ヘルメット)  2018-7-31 21:55  sole
OGK Koofu WG-1  (ヘルメット)  2018-7-30 21:53  canzana7
KASK Mojito  (ヘルメット)  2018-7-30 21:14  canzana7
OGK FLAIR  (ヘルメット)  2018-7-26 12:33  JINX








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review