CBN Bike Product Review
今週のピックアップ


Continental GP 4000S II

Oakley Jawbreaker Prizm

Shimano 105 5800

rh+ Logo EVO Jacket

Shimano Ultegra R8000

CAT EYE VOLT400

サイスポ2018年3月号

弱虫ペダル 53

南鎌倉高校女子自転車部10



TOP >  ボトルケージ > 

Cannondale Speed C-Cage


 
PHILLY  2018-1-9 18:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cannondale Speed C-Cage
購入価格 ¥1,300


キャノンデール製の、一見なんの変哲も無い ただのボトルケージに見えます。
このボトルケージ、真横から見ると アルファベットの「C」の字に見える事から、「Cケージ」と呼ばれているようです。

価格も重量も ごく平凡なボトルケージ、だと思っていたのですが ある条件下では非常に有用なパーツとなり得る事に気づきました。


CAAD10(後期型)のボトル事情について。
このフレームは、数えサイズ50と やや小さめである事も影響していますが
前三角が狭いため ロングボトルが使いづらいのです。
それだけならまだ良いほうで、シートチューブ側のボトルケージ(以下 白ケージ)取り付け位置が妙に高く、ボトルとBBシェルの間に空間ができてしまっています。
ダウンチューブとの接触もあるので ただ下げれば良い訳でもないですが、これは高すぎる。

実際、この状態から 白ケージのボトルを抜こうとするとトップチューブに干渉します。
エリートのカンニバルなど、横からねじり出せるボトルケージに替えると多少は改善しますが
ロングボトルを差せない点では同じ事。

シマノのSM-BA01というアダプターを使えば、白ケージの位置をガッツリ下げる事が可能です。
ただ、ダウンチューブ側のボトルケージ(以下 黒ケージ)位置は かなり下寄りに設定されているため アダプターで少しでも白ケージが持ち上がると
ボトル同士が接触する原因になります。
上の画像でも うっすら接触していますが、このあと黒ケージの位置を上へ移動したところ解決しました。

バンド式のフロントメカを使うバイクの場合、ボトルケージがバンドをうまく跨ぐように設定する必要がありますが
CAAD10は直付なので問題ありません。


CAAD10を買うまで乗っていた トレックのマドンです。
スローピングフレームは ボトルの干渉が起こりやすいのですが、
ダウンチューブ側のボトル位置が練られているので、ダウンチューブに接触しないギリギリまでボトルが下げられ、
取り出し時のトップチューブへの干渉も起こりません。

今回の目標は、アダプターの類を一切使わずに このマドンの状態に近づける事です。


黒ケージことカスタムレースとCケージを並べました。
ねじ穴の上端が畳の境目に重なるようにしています(=ボトル位置を最低にした状態の再現)。
ボトルの底の部分で見比べると、Cケージのほうが編み目3本ぶん低くなっているのが分かります。

つまり、キャノンデール Cケージは「取り付けただけでボトル位置が下がる」ように出来ているのです。


白ケージを Cケージに取り替えました。先ほどよりも ボトル位置が下がっています。
マドンには及びませんでしたが、ボトルを抜き差ししてもトップチューブに当たらなくなりました。

内径はエリートのボトルケージよりも大きいので、大抵のボトルはスムーズに出し入れできます。
Cケージに差してある迷彩柄のツール缶は、エリートのボトルケージには差せない事が多いです。


午後の紅茶のペットボトルは くびれの無い形なので、Cケージに入れても落下したりはしません。

チウッシィは じゃがびーを持ち運ぶのに最適の形状で、この写真を撮った後で10kmほど走っても全然ずれませんでした。
真似してもOKですが 振動で吹き飛んでも責任はとれません。


Cケージには一つだけ難点があります。
ねじを突っ込む穴を 長穴と丸穴から選ぶのですが、一方のねじを長穴に通すと 他方は必ず丸穴になります。
丸穴の中では ねじを上下させる事ができないので、取り付け位置の無段階調整ができず 2通りに限られてしまいます。

今回は「可能な限り下げる」を目標にしていたので問題ありませんでしたが、
細かな位置調整をしたい場合は 丸棒ヤスリでブチ抜いて丸穴を拡げる必要があります。




ボトル位置を下げたい場合、最も有用なボトルケージは エリートのパタオ74です。
Cケージどころではない調整範囲の広さが特徴の名品・・・だったのですが、あいにく廃版となってしまいました。
その上、エリートのケージあるあるに漏れず 内径が小さめなので、先ほどの迷彩ツール缶も差しづらいです。
(頑張れば差さりますが 傷つくのが嫌なのでやりません)

パタオ74の代用品を!という事で いろんなボトルケージを物色していたのですが、
まさかキャノンデールが出しているとは思いもしませんでした。
エヴァディオのボトルケージも良いですが、入手しやすさは 恐らくキャノンデールの方が優れています。


価格評価→★★★★★
評  価→★★★★★

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC


















新着レビュー


mavic monthlery 700C  (リム)  2018-1-23 15:01  neri
MAVIC GP4  (リム)  2018-1-23 14:20  neri
KINLIN TB-25  (リム)  2018-1-23 14:09  neri
ISM ADAMO PN1.1  (サドル)  2018-1-20 0:26  nkmz
ISM ADAMO ROAD  (サドル)  2018-1-20 0:06  nkmz
OGK ZENARD  (ヘルメット)  2018-1-11 23:07  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review