CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


rh+ Logo EVO Jacket

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット
サイスポ2018年1月号

弱虫ペダル 52

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  ライト > 

[流用] オーム電機 OHM LED-Y204ZU-K [LEDズームライト USB充電式]


 
Charie  2017-11-18 15:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[流用] オーム電機 OHM LED-Y204ZU-K [LEDズームライト USB充電式]
[流用] オーム電機 OHM LED-Y204ZU-K [LEDズームライト USB充電式]

購入価格 ¥3,280 (家電量販店Y)

[購入理由]
まず最初に、筆者のライト遍歴について軽く述べる。
メーカー、型式、次のライト購入動機の順となっている。

Bridgestone HL-SP1 バイク付属品。単三電池一本のライトでは暗すぎて何の役にも立たない・・・
AKSLEN HB-122 これだけでは照射範囲が狭い。光量も足らない。ランタイムは○。
CATEYE HL-EL540 明るさは狭いが満足。単三4本でも点灯は◎。しかし大きい!重い!
GENTOS SB-355B 明るさ、照射範囲、単四3本と非常にバランスが良い。ランタイム△。入れっぱなしだといつの間にか電池切れ。
MARKLIGHT XML-T6 中華爆光ライト。18500使用でとてもとても明るい。が、明るすぎてハレて見づらい。そして大きい!重い!
メーカー不明 不明 中華爆光ライト。14500もしくは単三1本で運用。小さくて軽い。とても明るいがランタイムが短すぎる。

CATEYE Volt400もしくは800を購入すれば、自分でも満足できると思うのだが
価格に躊躇して購入をためらい、他に何か無いのかと探していると首記のライトに行き当たった。

明るさ:スペック最大120ルーメン
照射範囲:スポット~ワイドへ変更可能
ランタイム:フルモード3時間、標準モード7時間のスペック。エコモードは50時間

・・・なかなか良さげなスペック。あまりレビューも無かったので、人柱ということで購入してみることにした。

[外観比較]
GENTOS SB-355Bと比較して、前後は少し短く太さはほぼ同一というところ。ハンディライトとして一番持ちやすい太さだと個人的には思う。
黒く塗装されたアルミ製ボディは高級感は無いが、安っぽさも感じない。
照射範囲のスライドはSB-355Bは回転方向だが、Y204ZUは前後方向だった。伸ばすとスポット、縮めるとワイドとなる。
この調整機構、少し固く調整がやりにくい。ハンドルに取り付けたあとは、停車してからでないと安全に調整するのは難しいかもしれない。
勝手に変わってしまうことよりはマシだと思っておく。


[機能比較]
LEDの発色は、ほぼSB-355Bと同一だった。中華爆光ライトの白いを通り越して青さを感じるLEDに比べれば随分と見やすい色である。
ワイド時はSB-355Bよりもキレイな円形スポット光で、流用ライトの問題点の一つである照射位置の調整は難しいと思われる。
スポットにすると四角いLEDチップがそのまま映る形になった。
中華爆光ライトほど光が収束していないようで、スポットのままでも辛うじて使えるかもしれない
明るさについては、測定器が無いため体感でしかないが下記の様に感じた。

小型中華ライト>>SB-355B=Y204ZU(フルモード)>Y204ZU(標準モード)>>実用の壁>>Y204ZU(エコモード)

点滅モードはSB-355Bに比較すると間隔が早く、忙しない点滅になっている。

ランタイムを実測してみたが、100%充電からフルモードで3時間、標準モードで7時間の発光持続は確認出来た。
スペックそのままのランタイムは確認できたが、光量は残念ながら明らかに落ちている。これも体感だが2割から3割落ちといったところか。
ダラ落ちにはならないが、そのまま持続ということでもない。

[総評]
一灯単独ではフルモードで運用せざるを得ず、その為ランタイムが短くなる。
かといって標準モードでは照度が足りず、街灯が無い場所での運用には不安がよぎる。

このため、二灯装備し標準モードで運用することで、照度とランタイムが満足できるレベルになるのではないか。
・・・しかしこれでは¥6,000越え。ライトマウントを考えるともっと掛かってしまう。
大人しくVOLT400買うほうが無難かつハンドル周りのスペース保護にも・・・。

しかし、このライトの真の価値はエコモードにある。ランタイムは上記の通りスペック50時間(実測 )と長い。
普段はポジションライトとしてエコモード運用し、緊急時にフルモードで用いることが可能と考えれば、
二灯目としてこのライトは良い選択肢と言えるのではないかと思う。
小さめなボディサイズを活かしてヘルメットマウントのライトとしても良い。

但し、電池切れには充分に気を払うべきである。電池交換が不可のため、充電が切れたらそれまでになってしまう。
Micro-USB経由での充電のため、出先での充電はモバイルバッテリーとケーブルがなければ不可。
出来れば電池交換は出来る形が望ましかったが、日本では馴染みのない型の電池を使っているのならば、安全のため仕方ないだろう。

価格評価→★★★☆☆(←もうあと少し、安ければなぁ)
評   価→★★★★☆(←サブ灯としての評価。メインとするなら★一つ減)
<オプション>
年   式→ 2014年08月販売開始
カタログ重量→ 約67g(付属品除く)

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

SILVA モルビダン  (バーテープ)  2017-12-14 22:49  neri
GIRO EMPIRE ACC  (シューズ)  2017-12-6 22:36  kurotomato
SIDI Hydro gore-tex  (シューズ)  2017-12-5 22:48  ReClimber
SIDI Diablo  (シューズ)  2017-12-5 21:55  ReClimber
Mavic CROSSRIDE SL  (ペダル)  2017-12-5 17:32  ReClimber








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review