CBN Bike Product Review



今週のピックアップ


Continental GP 4000S II

Oakley Jawbreaker Prizm

Shimano 105 5800

rh+ Logo EVO Jacket

Shimano Ultegra R8000

CAT EYE VOLT400
サイスポ2018年4月号

弱虫ペダル 54

南鎌倉高校女子自転車部10

TOP >  ロードタイヤ > 

[WO] Panaracer GravelKing SK


 
wartori  2017-10-24 23:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] Panaracer GravelKing SK
・使用環境
林道ツーリング

・周辺パーツ
バイク : GIANT DEFY ADVANCED PRO 2 (M) 2016 (チューブド使用)、
ARAYA MUDDYFOX 650B 2015 (チューブレス使用)
ホイール : Mavic Ksyrium Pro Disc 2015
チューブ : Panaracer R’Air 31-35
チューブレス : NoTubes シーラント



◆製品詳細 / 購入経緯
グラベル用のロードタイヤといえば真っ先に上がるのがこの「グラベルキング」シリーズ。発売当初は同名称で23,26,32cの展開があり、中でも32cのみがブロックパターンという展開でしたが、後にブロックパターンタイプが「グラベルキング SK」としてラインナップされ、26c、32c、35c、40cが用意されています。

林道も含めたツーリングのために、なるべく太めでブロックパターン、それでいて軽量なものをと探すとやはり候補はグラベルキング。
私のメインバイクDEFY ADVANCED PRO 2はディスク仕様のためブレーキキャリパーによるタイヤ幅の制限は無いものの、あくまでロードバイクなのでクリアランスはそれほど広くありません(メーカーの公式発表では28cまで)。26cは間違いなく入るのですが、32cがどうもギリギリ。某掲示板ではフロントは入るけどリアは無理だとか、Twitterでは両方入るだとか...
結局半信半疑のまま32cを購入しましたが、なんとか装着できました。

◆外観 / 重量
カラー展開はブラックとブラウンがありますが、ここは無難に黒で。ロゴの白地がいい味出してます。
ブロックパターンは中心の目が細かく、サイドが高めの配置。


実測重量は321g  R’Air 31-35cのチューブが実測115gだったので、トータルで436gとなります。

◆性能/使用感
乗り手の体重は約68kgで空気圧はオンロードなら4~4.5気圧ほど。ガレ道を走る際は3〜3.5気圧前後。
チューブは同じくパナレーサーのR’Airを使用。比較対象はGP4000SIIの23cです。

・オンロード
舗装路では抵抗増を覚悟していましたが、中心に配置された目の細かいノブ配置が効いているようであっけないほどによく転がります。23cの4000sIIとの比較では、重量の分だけ加速が重い感覚はありますが、30km/h程度までならそれほど苦労なくじんわり上げていけます。いつもの通勤コース(平地20km)でもタイムにほとんど差がないので、軽く流す程度の走り方であれば問題ありません。乗り心地は当然ながら大変良く、溝も段差も凸凹も程よく衝撃を吸収しながら転がってくれます。

・未舗装路
一番得意なのは締まった砂利道。特に舗装と未舗装が連続するような林道をシームレスに走り抜ける快感は他のタイヤでは味わえません。一方トレッドからもわかるようにそれほどトラクションが効くわけでは無いので、深い砂利や泥道では踏み込むとズリっと滑ります。でも面白いのは滑りながらも案外安定して走り続けられる点。少し高めのサイドノブで引っかかるせいか、思い切って脚を回せば案外ガレた砂利道でも登れます。

実際に走ってみた道はこんなところ。



これくらいの路面ならかなりの急斜度でもずりずり進めます。


◆チューブレス化 (※自己責任)
グラベルキングSKは、公式には40cのみTL対応しています。ですがいろいろ海外の掲示板等を見て回ったところ、この32cでもTL運用してると言う報告をちらほら見かけ、ものは試しに挑戦してみました。
…ちなみにホイール(MAVIC KSYRIUM DISC PRO 2015) もチューブレス対応ではありません。


結果から言えば、できました。
使用したのはNoTubesのシーラントとバルブ、GIANTのエアータンク。シーラントは40mlほど。初めてのチューブレス化作業でしたが、両輪とも難なく一発でビードが上がってくれました。
タイヤとシーラントを合わせても360gほどと、32cタイヤとしては大変軽量です。思い切って1.5気圧ほどで林道を走ってみると、タイヤの変形によってサイドのノブを効かせられるので荒れた道での安定感がさらに増しました。

…が、あくまでこれらはメーカ非推奨の組み合わせなので、あくまで自己責任でお願いします。

◆総評
オンロード・オフロードへの特製の割り振りがとても秀逸なタイヤだと思います。ロードバイクのDEFYが、このタイヤを着けると快速グラベルバイクに早変わり。最近は700c化したリジッドMTBに履かせて、林道開拓グラベルマシンとして大活躍です。
ダメ元でやってみたチューブレス化も成功し、いまのところ不満要素は全くありません。林道/グラベルを走りたいけど、山までの道のりが遠い…という都会のパスハンターにはうってつけではないでしょうか。


価格評価→★★★★☆(不満なし)
評  価→★★★★★(地形図眺める時間が増えました)

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC, Bellati, PBK, Tweeks, Evans













価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


NITTO UI-25EX  (ステム)  2018-2-19 1:28  _Thermit
Oture 携帯ポンプ  (携帯ポンプ)  2018-2-11 23:34  baru
Zefal Z-Hoze  (空気圧ゲージ)  2018-2-11 22:29  Xenon
ライト考  (JOKE)  2018-2-9 19:24  saejii
ABUS Bordo Lite 6050  (カギ)  2018-2-4 23:15  ManInside
コストコ自転車  (JOKE)  2018-2-4 17:00  Nickola








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review