CBN Bike Product Review

今週のピックアップ

15%OFF(-11/30)

rh+ Logo EVO Jacket

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット
サイスポ2018年1月号

弱虫ペダル 52

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  デュアルコントロールレバー(STI・エルゴパワー) > 

Campagnolo VELOCE Ergopower 2011


 
PHILLY  2017-9-11 17:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Campagnolo VELOCE Ergopower 2011
購入価格 ¥セット購入のため不明


スラムREDを しばらく使っていましたが、日常的に乗るバイクには不適かと思い
コンポごとヴェローチェに載せ替えました。段数はいずれも10速です。
前後メカ、スプロケット、フリーボディ、クランクセット、BB、チェーン、ワイヤーなど ことごとく互換性が無いので
ブレーキ以外はほぼ全交換となりました。


カンパニョーロ純正の白ブラケットカバーを使っているのですが、
以前試したスラムのものと比べて明らかに汚れにくいです。
表面が若干ツルツルしていて、多少汚れても 水で洗えば簡単に落ちます。
ゴムの質が良いのでしょう。

だからといって、ブラケットカバーのグリップ力が弱いわけではないのがまた絶妙です。


《握り心地》
現行シマノのSTIレバーや スラムのダブルタップレバーは、ブラケットのツノが小ぶりで
握りやすいのは確かなのですが、下り坂では握りたくない(下ハンにしたい)不安な感じがあります。
ハードブレーキングの時に 手が前にズルっと滑ってしまうのではないか、などと要らぬ心配をしてしまうのです。
ツノが低いので、下りのブレーキングで 手を前方に突っ張る事が難しいのだと思います。

今の形状のエルゴパワーは ツノが大きいのに細身で握りやすく、下りでブラケットポジションをとった時の安心感が半端ではありません。
実際、カンパニョーロに替えてから ブラケットを握っている体感的な時間は長くなっています。


《変速性能》
本来、変速性能の優劣は スプロケットやチェーン、ディレイラー、チェーンリングの性能で左右されるので
ここに書くべきではありませんが いちおう書きます。

リヤ変速は ごく普通で、特に悪いとは思いません。カチャンカチャンと静かな駆動音です。
スラムのリヤメカはシングルテンション、カンパニョーロはダブルテンションで
スラムに比べてチェーンの移動が滑らかになるので、シマノ寄りの性格を示します。
↑結局ディレイラーの話じゃないか。

このヴェローチェはパワーシフトで、多段シフトアップ機能が使えません。シフトダウンは3段いっきに出来ます。
が、僕はエルゴパワーの取り扱いに まだ慣れきっていないので
ヘタに多段変速機能付きのレバーにしたら「やばい!シフトアップしすぎた!」
という失敗を頻発するかもしれません。

昔、ケンタウル(ウルトラシフト)組の自転車に乗った時も、加速する直前に下ハンからのシフトアップを試みたところ
「ズガガガンッッ!!」と一気にアウター×トップまで叩き込んでしまった経験があります。

なので、リヤのパワーシフト自体に不満はありません。


問題はフロント変速です。
組み付け時の変速調整が非常にシビアで、何度やり直したか知れません。
フロントトリプルのシフトレバーと インデックスを共用しているらしく、
アウターを遥かに通り過ぎた所までシフトワイヤーを引いてから解除すると トリムなしで2段ぶん動きます。

また、アウターにチェーンが落ち着くまでに シフトレバーを3ノッチ押す必要があるのですが
フロントメカがアウターの真上で静止するのは 2.7ノッチくらいのポイントです。
ワイヤーに過剰テンションを掛けるのは良くないので アウターに合わせた変速調整をすると
インナーに落とした時に シフトワイヤーが少したるみます。
ここは残念ポイントでした。


《引きの軽さ》
エルゴパワーのブレーキレバーにはリターンスプリングが付いておらず、
レバーから指を離したときに キャリパーがしっかり開き切るかどうかはキャリパー本体のスプリング次第です。

尚且つ カンパニョーロの純正インナーワイヤーにはコーティングインナーが存在しないので、
アウターの端面処理などを少しでも怠ると ブレーキの戻りがすぐ悪くなります。


野口のカラーアウターを使いましたが、インナーは何のコーティングも無い純正品です。
僕は左前ブレーキ派なので ワイヤーの取り回し的には好都合でした。輪ゴム2~3本でブレーキが引けます。
アウターの端面処理だけでは ここまで軽くできないので、ブレーキのアジャスター内部にライナーも仕込んでいます。

ジャグワイヤーのコーティングインナーを使って組めばもっと簡単ですが、間違いなく長持ちしないので避けました。



《重量》
実測重量はペア約390gでした。これはデュラエースより数グラム重い程度です。
それ以前に REDのレバーが284gしかないので、ハンドリングはちょっと重くなりました。

まぁ、400gを切っている時点で 優秀なのは間違いないですけどね。



《まとめ》
フロント変速がかなり気難しいのを除けば、これといってダメな点も無い
エントリーグレードとしては優秀なレバーだと思います。

「エントリーグレードとしては」というのは輪界における魔の言葉ですね。
10速ではなくなるものの 上位コンポの方が軽くて使いやすいのも間違いないはずです。


価格評価→★★★★★(現行品は、実はティアグラのSTIより安いのです)
評  価→★★★★☆

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Fabric Hex Tape  (バーテープ)  2017-11-23 20:37  canzana7
SERFAS FP200  (フロアポンプ)  2017-11-20 23:38  neri
のびのび手袋  (100均)  2017-11-16 9:56  neri
KASHIMAX KX-2A  (サドル)  2017-11-16 0:50  Minagi_Ichirino
redshift SHOCKSTOP  (ステム)  2017-11-14 23:31  canzana7
Vipro's Blue-no  (ケミカル関連)  2017-11-13 23:56  FFF
ASTVTE SKYLINE VT  (サドル)  2017-11-13 22:29  cancelala
自転車あるある  (JOKE)  2017-11-7 0:09  baru
Prologo Nago Evo Ti 1.4  (サドル)  2017-11-3 22:44  neri
SHIMANO SH-XC31  (シューズ)  2017-11-1 22:44  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review