CBN Bike Product Review



今週のピックアップ


Continental GP 4000S II

Oakley Jawbreaker Prizm

Shimano 105 5800

rh+ Logo EVO Jacket

Shimano Ultegra R8000

CAT EYE VOLT400
サイスポ2018年4月号

弱虫ペダル 54

南鎌倉高校女子自転車部10

TOP >  DIY・小技 > 

廃チューブを利用したブレーキレバーのカバー


 
LZPT2IB  2017-5-12 22:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
廃チューブを利用したブレーキレバーのカバー
購入価格: ¥0

『使い終わったチューブを適当な長さに切り、ブレーキレバーに取り付ければメンテナンスで汚れない』



■ 廃チューブをカットしてカバーを作る
大手自転車量販店で展示されている完成車には、ブレーキレバー(デュアルコントロールレバーのメインレバー)に、傷がつかないようにカバーが取り付けられていることがある。どこのメーカーが販売しているカバーか知るために近づいてチェックしたところ、廃チューブをカットしたものだとわかった。便利そうなので、私も真似してやってみた。


廃チューブを利用したブレーキレバーのカバー




■ 作り方
作り方はチューブを適当な長さに切るだけだが、チューブの中には粉が入っているので、中性洗剤などで洗ったほうがいい。シングルスピードやVブレーキ用のレバーなら、MICHELINの18〜25C、もしくは、SCHWALBEの18〜28Cのチューブがぴったりだ。ただ、デュアルコントロールレバーのメインレバーに根元が太いため、レバーの一部しかカバーできない。

  
チューブを適当な長さに切り、中性洗剤で洗えば完成(左)、Vブレーキレバーの取り付け(中央)
デュアルコントロールレバーはメインレバーの一部しかカバーできない(右)




■ メンテナンスでの使用
私はチューブで作ったカバーを、傷からの保護ではなく、汚れ防止のために使っている。メンテナンスでグリスやオイルがパーツに付着すると、きれいにするのが少々面倒。カバーをしておけば、指が汚れていても、ためらわずにレバーを操作してブレーキの動作確認ができる。

ちょっとした応用として、チューブを短めにカットすれば、ラピッドファイヤープラスレバーのカバーとして使うことも可能。上記のチューブの場合、メインレバーには無理なく入るが、リリースレバーには少し伸ばせば入る。これなら指が汚れていても変速調整ができる。

だが、デュアルコントロールレバーの場合は、メインレバーとリリースレバーの片方もしくは両方にカバー取り付けると、カバーとレバーが干渉して変速操作後にレバーが元の位置に戻らない。だから、デュアルコントロールレバーではブレーキの動作確認しかできない。


こうすればメンテナンスでラピッドファイヤープラスレバーも汚れなくなる




■ 総評
デュアルコントロールレバーのメインレバーは一部しかカバーできないが、Vブレーキやシングルスピードのブレーキレバーには問題なく取り付けることができ、メンテナンスでレバーを汚さずに済むようになった。特にケーブルの交換やグリスアップの後で、レバーを操作してブレーキや変速の動作確認をする際にオススメ。サランラップをレバーに巻く方法もあるが、チューブならゴムの伸縮によってフィット感が高く、再利用も可能なことがメリットだ。



価格評価→★★★★★ (使い終わったチューブを保存しておけば費用はかからない)
評  価→★★★★☆ (使いやすさはレバーの太さによる)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→ ー

廃チューブを利用したブレーキレバーのカバー を購入する : Amazon, 楽天市場













価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


shimano RP5  (シューズ)  2018-2-23 0:53  piyo
NITTO UI-25EX  (ステム)  2018-2-19 1:28  _Thermit
Oture 携帯ポンプ  (携帯ポンプ)  2018-2-11 23:34  baru
Zefal Z-Hoze  (空気圧ゲージ)  2018-2-11 22:29  Xenon
ライト考  (JOKE)  2018-2-9 19:24  saejii








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review